日本のサッカーを進化させる道。個の力で強引に、という部分もないと厳しい。
言葉の壁というのは確かにあると思うのだが、必ずしも、と思うところはあって、例えば清武だったら、ホルヘ・サンパオリ監督のサッカーというのは、得点を取るところの能力の高さ、ポリバレントな能力の高さ、そこの部分の個の能力の高さを重視していて、もちろん、相手や状況によって、あるいは、試合の流れによって、戦い方やシステムを変えるにおいては、言葉が通じればプラスになるが、セオリーという事も含めて、ある程度は個人でも判断できると思うから、そういう個人戦術の能力だと思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2016/12/09 12:10】 | 育成・技術・練習論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【 岡崎慎司 】 チームの選手層の薄さが深刻な状態。 【 ポルト vs レスター 】
試合 :CL グループG
開催日:2016年12月7日
結果 :ポルト勝利
スコア:「5-0」
得点者:シウヴァ コロナ ブライミ シウヴァ ジョタ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2016/12/08 14:51】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本のサッカーを進化させる道。フィジカル・コンタクトの技術を高める。
最近は、守備の文化、という事が、日本のサッカー文化にも、その小さな芽が生まれ始めているように感じるが、ハリルホジッチが日本代表の監督になり、デュエル、という事がクローズアップされているので、1対1における守備について、その考察を書きたいと思う。とにかく重要なのは、フィジカル・コンタクトにも技術がある、という事であり、日本のサッカー文化においては、そこが見過ごされてきたと思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2016/12/07 11:52】 | 育成・技術・練習論 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
本田圭佑。ポジションごとの役割やプレイの仕方を考察。
FW(CF)

本田をFW(CF)で起用した時に最も期待したいのはボールを収める力と高さ(空中戦の力)。そして、次に得点力。守備的な戦い方をした場合、独力で一気にゴールまで、というのはあまり期待できないが、時間を作れる、という部分では良。それから、縦に速く、という部分でも、中盤の本田にボールを集めた場合には、そこで縦への速さが失われてしまう場合もあるが、しかし、中盤を飛ばした縦パスがFW(CF)の本田に収まれば、むしろ、そこで縦への速さが生まれる。更には、空中戦の強さは、クロスからヘディングで、という事だけではなく、ロングフィードからであったり、あるいは、パワープレイであったり、という場面でも有効になる。また、中盤やサイドで使われるよりも、最前線のFWであれば、スタミナを保ちながらプレイできる利点もある。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2016/12/06 11:51】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
【 乾貴士 】 1アシスト。今は決定力さえ高ければ文句無しなのだが。 【 ビルバオ vs エイバル 】
試合 :リーガ・エスパニョーラ 第14節
開催日:2016年12月4日
結果 :ビルバオ勝利
スコア:「3-1」
得点者:ベニャ ウィリアムズ エンリヒ ムニアイン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2016/12/05 12:00】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【 岡崎慎司 】 今は岡崎を軸にした攻撃を考えた方が良いのではないか。 【 サンダーランド vs レスター 】
試合 :プレミアリーグ 第14節
開催日:2016年12月3日
結果 :サンダーランド勝利
スコア:「2-1」
得点者:O.G. デフォー 岡崎慎司

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2016/12/04 11:50】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浅野拓磨。中央でもサイドでも、という事が鍵。
使う側の立場からすれば、浅野のようなスピード系の選手は、中央(CF)とサイド(SHやウイングやウイングバック)、2つのポジションでプレイできるようになってくれると、かなり使いやすくなる。それは、相手が守備的でスペースが少ない場合はFWとして使い難い、相手が攻撃的でスペースが多い場合はFWとして使い安い、という単純明快な事だけではなく、相手を分析して、スピード系の選手はどこのポジションで使うのが最も効果的なのか、であるとか、自チームの戦力状況を考えると、その選手はどこのポジションで使いたいとか、実はそういう事も大きな理由の1つになる。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2016/12/02 15:25】 | 選手評価 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ