全ての記事の表示

キルギス戦 【 4試合連続無失点だが守備の戦術的な質は落ちてきている。攻撃も雑な感じだった。チームとしての戦術的な部分の質を落とさないようにしてもらいたい。 】
2019/11/15
画一的な評価基準や状況の判断基準を持つと正しい方向性を見失いかねない。
2019/11/14
柴崎岳は3試合連続でスタメンから外れて途中出場も無し。とにかく中盤中央のところの改善を。代表で活躍してスタメン復帰を狙いたい。 【 デポルティーボ vs エルチェ 】
2019/11/13
乾貴士はスタメン出場。個の力の差が際立っていた試合。乾のパフォーマンスは物足りなかった。 【 エイバル vs レアル・マドリード 】
2019/11/13
香川真司はスタメン出場。アウェイでの引き分けは悪くない結果。香川はあまり良いパフォーマンスではなかった。 【 アルメリア vs サラゴサ 】
2019/11/12
久保建英が2試合連続スタメン出場で1得点1アシストで3得点全てに絡む。久保建英のミドルシュートが決まって勝利。ダニ・ロドリゲスとの連携が良かった久保。攻守に成長し続けている久保。 【 マジョルカ vs ビジャレアル 】
2019/11/11
岡崎慎司の2つの得点は幻に。ハイプレスが機能して快勝。とても岡崎は効いていたが難しさもある。 【 ウエスカ vs オビエド 】
2019/11/10
皆様への質問。森保ジャパンとU17W杯2019ブラジル大会の日本代表について。
2019/11/09
メキシコ戦(U17) 【 下がるのが早かったDFライン。セットプレーを練っていたメキシコ。決定力を欠いた日本。 】
2019/11/08
カタールW杯アジア2次予選キルギス戦へ向けてのメンバーについて。キリンチャレンジ杯ベネズエラ戦へ向けてのメンバーについて。キリンチャレンジ杯コロンビア戦へ向けてのU22代表メンバーについて。
2019/11/07
乾貴士はスタメン出場。2連勝も改善の必要性は依然として高い。乾のパフォーマンスはやや低調だった。 【 レガネス vs エイバル 】
2019/11/06
久保建英がスタメン出場。久保のパフォーマンスは良かったと言える。但し、1つ大きな不満点だったのは。 【 バジャドリード vs マジョルカ 】
2019/11/05
岡崎慎司は先発フル出場。昇格を狙うためには。もう少し個によるプレーの質が上がれば。 【 テネリフェ vs ウエスカ 】
2019/11/04
柴崎岳は2試合連続でスタメンから外れて途中出場も無し。チームに大きな変化は生まれておらず。扉を開けるためには鍵を見つけなければならない。 【 フエンラブラーダ vs デポルティーボ 】
2019/11/03
乾貴士は先発フル出場で劇的勝利弾の起点となる。勝つには勝ったが攻守の問題点は解決されておらず。乾のパフォーマンスは堅調。 【 エイバル vs ビジャレアル 】
2019/11/02
久保建英は出場無し。チームとしての攻守の改善点は明確。やはり手っ取り早い解決策は結果を出す事。 【 マジョルカ vs オサスナ 】
2019/11/01
メッシの2得点2アシストで大勝。人数をかけて守るを無効化されてしまったのが痛かった。パラドックスを作り出す事。 【 バルセロナ vs バジャドリード 】
2019/10/31
柴崎岳はスタメンから外れて途中出場も無し。柴崎を外しても中盤中央のユニットは良くならず。良い連携(連動性)を築けない状態に陥ってしまうと厳しくなる。 【 ラシン vs デポルティーボ 】
2019/10/30
乾貴士は2試合連続でスタメンから外れて今節は途中出場も無し。やはり得点力不足は乾貴士の立場を苦しくさせているのかも。しかしチームとしての問題は攻撃よりも守備だと思う。 【 バジャドリード vs エイバル 】
2019/10/29
香川真司はスタメン出場。グリッポの退場で崩壊。香川のパフォーマンスも低調だった。ロジカルな攻守の構築が全く感じられなかった。 【 S・ヒホン vs サラゴサ 】
2019/10/28
久保建英は後半14分から出場。中央のパフォーマンスが低かったら良い攻撃は生み出せない。もちろんとして、もっと信頼して欲しい、という事はあるが。 【 レガネス vs マジョルカ 】
2019/10/27
ドリブルについて。乾にしても中島にしても、あるいは、久保にしても。
2019/10/26
南野拓実は先発フル出場。守備の穴になっていた左SHの時のファン・ヒチャン。特にハーランドと南野は良い連携を見せていた。どちらのチームもDF(最終)ラインが崩れがちだった。 【 ザルツブルク vs ナポリ 】
2019/10/25
久保建英。守備力を上げるための2つのポイント。
2019/10/24
香川真司に必要なのは流動性とポジションチェンジ。
2019/10/23
柴崎岳はスタメン出場。柴崎のパフォーマンスは改善傾向にある。運動量と中盤中央のユニットの連動性の向上を。 【 デポルティーボ vs マラガ 】
2019/10/22
岡崎慎司は先発フル出場で1得点。後半になって同点に追い付けた要因は。岡崎は判断が的確ではない部分もある。 【 ルゴ vs ウエスカ 】
2019/10/21
乾貴士はスタメンから外れる。乾貴士は後半26分から途中出場。グリーズマンが1得点1アシスト1起点、メッシとスアレスも1得点ずつ。 【 エイバル vs バルセロナ 】
2019/10/20
森保ジャパンを構成している3つのゲームモデル。
2019/10/19
リターンだけを見てしまうと簡単に転倒する。大概の選手たちにはスイッチの切り替えが必要。ザックジャパンの時の選手の固定化の弊害というのは正しくない。
2019/10/18
トレンド化している1トップでもあり2トップでもある方法。
2019/10/17
タジキスタン戦 【 やはりアジアの弱いチームは空中戦やクロスへの対応力が低い。途中で鎌田と南野の位置が入れ替わっていた。森保ジャパンになってから一番悪い守備だったのではないだろうか。 】
2019/10/16
香川真司はスタメン出場。この試合は無失点だったが全体的な守備力の低さは否めない。コンビネーションが、とか、他の味方選手が、とか、そういう事ばかりも言っていられない。 【 ヌマンシア vs サラゴサ 】
2019/10/15
岡崎慎司は先発フル出場。スムーズなのはやはり。岡崎は大迫のようなタイプの選手ではないので。 【 ウエスカ vs ラシン・サンタンデール 】
2019/10/14
森保ジャパンとnoteの記事について。皆様への質問。
2019/10/13
大きな差があるアジアの格下が相手の試合でのポイント。冨安の負傷はボローニャでの使われ方が原因としては大きい。こういう試合でも個の能力やパフォーマンスの精査や評価は必要。
2019/10/12
モンゴル戦 【 狙いを持っていた日本の攻撃。中島は飛び道具的な存在なので。トップ下が模索された試合でもあった。 】
2019/10/11
かなりサイド攻撃でやられていたのだが。スアレスの卓越した能力。攻撃についてはパワーアップしているような気がする。 【 バルセロナ vs セビージャ 】
2019/10/10
岡崎慎司は先発フル出場。「beautiful football Huesca!」。岡崎が得点の量産態勢に入る事も可能なのではないか。 【 ウエスカ vs マラガ 】
2019/10/09
香川真司がスタメン出場。失点の多さが課題。香川は後半13分に交代。 【 サラゴサ vs カディス 】
2019/10/08
柴崎岳がスタメン出場。この試合の柴崎は良かったと思う。運動量を増やすべし。 【 デポルティーボ vs アルメリア 】
2019/10/08
堂安律がスタメン出場。やはり全体的に個々の選手たちの力が強かった。バランスを取る存在やリンクマンとしての堂安。 【 PSV vs フェンロ 】
2019/10/07
攻撃力で勝利。レバンテ戦と同じ事を繰り返してしまった。選手層が厚い攻撃陣。 【 レアル・マドリード vs グラナダ 】
2019/10/07
乾貴士は先発フル出場。引き分けでも良い結果だったと言えるとは思うが・・・。なかなか攻撃面では高いパフォーマンスを発揮できていない。 【 ベティス vs エイバル 】
2019/10/06
南野拓実がスタメン出場。南野とファン・ヒチャンが1得点1アシストと活躍。トップ下に移動してからの南野は大活躍だった。 【 リヴァプール vs ザルツブルク 】
2019/10/06
後半に2得点を奪って逆転勝利。本当にスアレスの個の力で得点を取る力は凄いなと。サンドバッグ状態になってしまうと・・・。 【 バルセロナ vs インテル 】
2019/10/05
日本代表。モンゴル戦やタジキスタン戦へ向けてのメンバーについて。
2019/10/04
岡崎慎司は先発フル出場。かなり、足元へ足元へ、というパスが多い。意外と自らドリブルで仕掛けるプレーも多かった岡崎。 【 カディス vs ウエスカ 】
2019/10/04
2点ビハインドの状態から引き分けに持ち込む。精彩を欠いたアザールとモドリッチとS・ラモス。 【 レアル・マドリード vs クラブ・ブルージュ 】
2019/10/03
マドリード・ダービー。攻撃陣のパフォーマンス不足が勿体ない。ヴィニシウスとロドリゴに出番は与えられず。 【 アトレティコ・マドリード vs レアル・マドリード 】
2019/10/03
乾貴士は先発フル出場で1アシスト。「4-1-2-3」というシステムが機能している。守備力が生んだ1アシスト。 【 エイバル vs セルタ 】
2019/10/02
怪我人が多い状態が続いているが。C・ペレスとアンス・ファティの台頭が救いに。トータルフットボール的なダイナミズムを失っているからなのかなと。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】
2019/10/01
柴崎岳は後半21分で交代。もっと中盤中央の高い位置で良いプレーを。もっと得点やアシストという結果に強く拘ったプレーを。 【 デポルティーボ vs ミランデス 】
2019/10/01
香川真司はトップ下でスタメン出場。香川は後半38分に交代。香川にある大きな課題。 【 オビエド vs サラゴサ 】
2019/09/30
岡崎慎司の初得点はゴラッソ。岡崎を活かすためには。岡崎は次の試合にも強い期待を抱かせる良いパフォーマンスだった。 【 ウエスカ vs ジローナ 】
2019/09/29
ビジャが1得点。イニエスタも得点に絡む。酒井高徳、フェルマーレン、飯倉大樹、という3人の選手たちの加入は大きい。決定力不足が苦しい原因。 【 川崎フロンターレ vs ヴィッセル神戸 】
2019/09/28
鎌田大地と長谷部誠がスタメン出場。鎌田大地は後半26分で交代。長谷部誠は及第点のパフォーマンス。 【 ウニオン・ベルリン vs フランクフルト 】
2019/09/28
乾貴士は前半32分で交代。後半に3得点を奪って逆転勝利。戦術的な交代ではあったとは思うが・・・。 【 エイバル vs セビージャ 】
2019/09/27
堂安律と板倉滉の日本人対決。フル出場したが不完全燃焼だった堂安。主力CBとして出場し続けている板倉。 【 PSV vs フローニンゲン 】
2019/09/26
スアレス、メッシ、グリーズマンが揃ってスタメン出場。デンべレとアンス・ファティが入って攻撃は活性化したが。勝利はしたが不安は残った試合だった。 【 バルセロナ vs ビジャレアル 】
2019/09/26
柴崎岳を活かすための戦い方? そうだとしてもそれだけでは・・・。柴崎は個の対人守備力に課題。 【 デポルティーボ vs カディス 】
2019/09/25
岡崎慎司はスタメン出場。繋ぐサッカーをしたい? まだまだ苦戦が続きそうな先行きを感じさせた試合。 【 ウエスカ vs エストレマドゥーラ 】
2019/09/24
香川真司はトップ下でスタメン出場。なかなか良い位置では楔のパスを受けられず。かなりフィジカル・コンディションは良くなっている。 【 サラゴサ vs ルゴ 】
2019/09/23
J・フェリックスを左SHにした意図は? 意図した通りにならない試合が続く。難しくなっている大きな原因は? 【 アトレティコ・マドリード vs セルタ 】
2019/09/23
乾貴士はスタメン出場。改善されない2つの大きなマイナス要素。フィジカル・コンディションは良さそうな乾だが。 【 レバンテ vs エイバル 】
2019/09/22
柴崎岳はスタメン出場。柴崎岳は後半15分に交代。柴崎岳の評価は? 【 デポルティーボ vs ヌマンシア 】
2019/09/21
岡崎慎司がスタメン出場。FWを主導的にした攻撃をしないと。フル出場で何回か決定機はあった岡崎だが。 【 ウエスカ vs アルバセーテ 】
2019/09/20
柴崎の守備面での不安について。
2019/09/19
柴崎岳はスタメン出場。柴崎岳は後半25分に交代。柴崎岳の評価は? 【 ヒホン vs デポルティーボ 】
2019/09/18
香川真司はトップ下で躍動。香川真司が後半35分に得点。楔のパスを受けまくった香川真司。 【 サラゴサ vs エストレマドゥーラ 】
2019/09/17
16歳のアンス・ファティが1得点1アシスト。個の力のシュート力だけで2得点を奪ったスアレス。主力争いが激化しそうな流れ。 【 バルセロナ vs バレンシア 】
2019/09/16
乾貴士の個としてのパフォーマンスは良かったが。ラミスの負傷交代で守備が崩壊。2つの大きなマイナス要素。 【 エイバル vs エスパニョール 】
2019/09/16
シメオネ監督の交代采配の意図は? シメオネ監督が思っていたようにはならなかった。サッカーにある難しさ。 【 ソシエダ vs アトレティコ・マドリード 】
2019/09/15
岡崎慎司はスタメンならず。岡崎慎司は後半28分から出場。かなり難しいチームに岡崎は入ってしまったかも。 【 ヌマンシア vs ウエスカ 】
2019/09/15
油断大敵。余裕から一転、薄氷を踏む勝利。好材料と不安材料が顕著な状態。 【 レアル・マドリード vs レバンテ 】
2019/09/14
森保ジャパンについて。ストライカー的なSHと「4-1-2-3」と「5-3-2」(「3-1-4-2」)と「3-4-1-2」。
2019/09/14
個としてのプレーの連続性の重要性。複数人としてのプレーの連続性をチームに落とし込む時にも、そういう個としてのプレーの連続性に着目する事が重要になってくると思う。
2019/09/13
森保ジャパンについてとnoteの記事について。皆様への質問。
2019/09/12
ミャンマー戦 【 過信は最大の敵。パラグアイ戦の選手評価で書いたように。やはり課題の1つは。 】
2019/09/11
香川真司はトップ下でスタメン出場。L・スアレスとドゥワメナ。香川真司の評価は? 【 アルコルコン vs サラゴサ 】
2019/09/10
岡崎慎司がベンチ入り。岡崎慎司は後半40分から出場。これからどうなる? 【 ウエスカ vs スポルティング・ヒホン 】
2019/09/09
偽9番や偽SBと表現する事への違和感。
2019/09/08
戦術なりの引き出しの多さとは、閃ける速さと回数の多さであり、つまり、即興力である。そして、即興力は、エビデンス至上主義や二元論至上主義に陥ると育まれない。
2019/09/07
パラグアイ戦 【 手応え的な部分は、有ったような無かったような、というような試合だった。 】
2019/09/06
大迫勇也が先制点。大迫勇也の2得点目が勝利に導く。トップ下で輝く大迫勇也。 【 ブレーメン vs アウグスブルク 】
2019/09/05
ヨヴィッチを起用した「4-4-2」。交代采配で試合が動く。活躍しているベイルだが退場。 【 ビジャレアル vs レアル・マドリード 】
2019/09/04
先制点を奪ったが前半で2失点。柴崎岳は後半19分に交代。柴崎の評価は? 【 ラージョ vs デポルティーボ 】
2019/09/04
やはりポゼッションサッカーにはハイプレス。しかし2点返したバルセロナ。だがしかし結果は引き分け。 【 オサスナ vs バルセロナ 】
2019/09/03
エイバルの2得点を生んだロジック。アトレティコ・マドリードの逆転を生んだロジック。2試合連続で出場が無かった乾がスタメン出場。 【 アトレティコ・マドリード vs エイバル 】
2019/09/03
両チームの守備の改善点は? ヴィッセル神戸の攻撃は? 北海道コンサドーレ札幌の攻撃は? 【 ヴィッセル神戸 vs 北海道コンサドーレ札幌 】
2019/09/02
PKで2失点。久保建英は後半34分から途中出場。久保の評価は? 【 バレンシア vs マジョルカ 】
2019/09/02
勝てなかった原因は? 勝ったが課題も。偏重の罠。 【 名古屋グランパス vs FC東京 】
2019/09/01
香川真司は後半26分まで出場。VAR判定でPK獲得。やはり香川にも求められる、個で剥がす、個で剥がせる、という事。 【 サラゴサ vs エルチェ 】
2019/09/01
久保や堂安や中島などは移籍直後なので呼ぶべきではなかった、という意見を耳にするのだが、やはり、森保監督にそうである事を選択させなかったのは、強いプレッシャーがあるせいだと思う。
2019/08/31
終盤に得点を取り合って引き分け。ベイルとハメス・ロドリゲス。しっかり体を寄せる守備で1失点に留めた。 【 レアル・マドリード vs バジャドリード 】
2019/08/30
冨安健洋が相手のCKにしてしまったところから失点。「3-1-4-2」にして攻めたが引き分け。 【 ヴェローナ vs ボローニャ 】
2019/08/29
前半35分頃から裏を取れるようになってきて。10分間で3得点。下がり過ぎ。 【 バルセロナ vs ベティス 】
2019/08/28
大迫の得点も勝利には繋がらず。守備力の高いチームでプレーできない難しさ。 【 ホッフェンハイム vs ブレーメン 】
2019/08/28
イタリアンなシメオネ。システム変更で得点を生み出す。ミラーゲームにしてきた? 【 レガネス vs アトレティコ・マドリード 】
2019/08/27
柴崎岳のミスから先制点を奪われる。後半27分に一矢報いたが。パフォーマンスとしては低調だった。 【 ウエスカ vs デポルティーボ 】
2019/08/27
前の2枚とダブルボランチで中央のゾーンを守る。CKからのカウンターで撃沈。久保建英はどうなる? 【 マジョルカ vs ソシエダ 】
2019/08/26
香川真司はトップ下で出場し後半14分に得点。しかし結果は引き分け。「4-3-1-2」であるならば尚更。 【 ポンフェラディーナ vs サラゴサ 】
2019/08/26
それだと勝てるわけがない。結局は降格したとしても。いかにして得点力も高めるか。 【 ジュビロ磐田 vs セレッソ大阪 】
2019/08/25
先行きが不安なエイバル。単調だったオサスナ。2試合連続で出場が無かった乾。 【 オサスナ vs エイバル 】
2019/08/25
前線の4枚が躍動。攻撃的である事を貫いたが。勝負強さ、あるいは、勝負弱さ。 【 名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス 】
2019/08/24
フェルナンド・トーレスの引退試合を有終の美で飾れず。強い輝きを放つイニエスタ。フェルマーレンの質の高い大きなサイドチェンジにも注目。 【 サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸 】
2019/08/24
アトレティコ・マドリードの先制点を生んだロジック。どちらのチームにも退場者が出て「4-4-1」のミラーゲームに。新戦力のJ・フェリックスとトリッピアーも活躍しての開幕戦での勝利。【 アトレティコ・マドリードvsヘタフェ 】
2019/08/23
移籍すると思われていたベイルが先制点を生み出す。モドリッチの一発退場も、どこ吹く風。18歳のロサダの得点が唯一の好材料。【 セルタ・デ・ビーゴvsレアル・マドリード 】
2019/08/22
乾貴士の序列はオレジャナとP・レオンの次の3番手? 【 マジョルカ vs エイバル 】
2019/08/21
柴崎岳はボランチでスタメン出場。殴り合いの試合を制す。中心選手として昇格に導けるか。 【 デポルティーボ vs オビエド 】
2019/08/20
言語化に潜む危険性。生まれる誤解とデストピア。
2019/08/19
香川真司はトップ下でスタメン出場。L・スアレスとハビ・ロスの2得点で勝利。香川のポジションはトップ下かインテリオールか。 【 サラゴサ vs テネリフェ 】
2019/08/18
メッシ不在のバルセロナ。スアレスも前半で負傷交代。グリーズマンとF・デ・ヨングがスタメン出場。ヒーローは今季限りでの引退を表明した38歳アドゥリス。【 アスレティック・ビルバオvsバルセロナ 】
2019/08/17
「4-1-2-3」のミラーゲーム。DFラインの裏の取り合い。内容的には互角か、ややチェルシーの方が優勢だったように感じた。【 リバプールvsチェルシー 】
2019/08/16
ターニングポイントは後半27分だった可能性。攻撃のクオリティに差。強い相手にはハードワークで差を埋めるしかない。【 ウェストハムvsマンチェスター・シティ 】
2019/08/15
上田綺世の得点で勝利。注目の東京五輪世代の選手たち。 【 鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス 】
2019/08/14
イニエスタが2人抜きドリブルで魅せた。 【 大分トリニータ vs ヴィッセル神戸 】
2019/08/13
【 中村敬斗 】【 堂安律 】【 板倉滉 】 得点という結果は素晴らしかったが。 【 フローニンゲン vs トウェンテ 】
2019/08/12
結果に大きな影響を与えた要素は3つ。 【 名古屋グランパス vs 川崎フロンターレ 】
2019/08/11
「質の良い勝利」と「質の悪い勝利」について考えるべき。重要なことは、 その結果として未来に何が起こるのか、そこを考えて評価する、という事だと思う。
2019/08/10
どうすれば女子サッカーあるいは日本の女子サッカーの人気を上げられるのか、それを文化にできるのか。
2019/08/09
現代サッカーで、より強く求められてきているのは、ハードワークではなく、攻撃でも守備でも貢献できる選手、だと思う。
2019/08/08
皆様への質問。最近、よく考える、あるいは、知りたいと思っている事について。
2019/08/06
Jリーグの試合、Jリーグのクラブの試合を観ていて、やはり強く感じる事は、個で剥がす、個で剥がせる、という事の少なさ。
2019/08/05
決定力を欠いてしまい、そういう流れになると・・・、という試合。 【 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 】
2019/08/04
イニエスタを使いこなせていなかったら成り立たない。
2019/08/03
哲学とは?
2019/08/02
レアル・マドリード対フェネルバフチェ。久保建英は良いアピールができたと思う。
2019/08/01
レアル・マドリード対トッテナム。久保建英は良い可能性を見せ続けていると思う。
2019/07/31
不足しているのは、体の強さ、ではなく、フィジカル・コンタクトの技術、巧さ。
2019/07/30
横浜F・マリノス対マンチェスター・シティ。そこにあった本質的な差とは何か?
2019/07/29
ヴィッセル神戸対バルセロナ。2つのチームの注目ポイントは?
2019/07/28
乾のエイバル(1部)への移籍。柴崎のデポルティーボ(2部)への移籍。岡崎のマラガ(2部)への移籍。
2019/07/26
日本のサッカーの課題の1つは、クロスボール、外からのボール、横からのボール、への守備対応力。
2019/07/25
教育ビジネス、学校ビジネス、というのは、生徒たちから学費を取る、というモデルで成立してはならない。
2019/07/24
レアル・マドリード対バイエルン・ミュンヘン。過剰な期待は禁物。
2019/07/22
川崎フロンターレ対チェルシー。最も重要な事は?
2019/07/20
結果に一喜一憂する、成功か失敗かに囚われる、それは本質を見失う。
2019/07/19
御質問への回答。記事依頼に関して。
2019/07/17
コメントもしていただけると嬉しいです。有料ですが個人的な依頼も「管理者にだけ表示を許可する」コメントにて受け付けています。
2019/07/16
特にミラーゲームでは個々のプレーの質の差が結果にとても大きな影響を与える。 【 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ 】
2019/07/14
本当は「らしさ」の呪縛から解き放たれた時に「強さ」というのは発揮されるのではないだろうか。
2019/07/12
決定力(不足)からサッカーを評する事を語る。即興性の否定は本質を見失う。
2019/07/10
ますます時間とスペースが少なくなる状況で、いかにプレーするのか。
2019/07/08
海外(アウェイ)での代表戦を増やしても強化に大きな意味を持つとは思えない。
2019/07/06
「4-1-2-3」と「4-4-2」が流動的に変化するシステムの機能(効果)性。
2019/07/03
CFに起用する選手のタイプを変化させて相手の守備の機能性を消失させるロジック。
2019/07/02
優勝の要因は? 【 スペインvsドイツ 】Uー21欧州選手権2019
2019/07/01
守備の改善が東京五輪での鍵になると思う。【 ドイツvsルーマニア 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/30
パスワークを高いインテンシティで封じないと勝機は得られない。【 スペインvsフランス 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/29
前への推進力が出ないのはパスミスが多いから。そして、パスミスが多い理由は主に2つ。なでしこジャパン分析。
2019/06/28
今回の南米選手権で得られたと思う成果。そして、得られなかったと思う成果。
2019/06/27
オランダ戦(女子) 【 戦い方や1つ1つのプレーについての検証を。 】
2019/06/26
エクアドル戦 【 善戦した、から脱するためには? 】
2019/06/25
主導的な役割がFWである事は機能性の鍵の1つ。【 オーストリアvsドイツ 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/24
ストロングを消すどころか、ストロングを出させてしまう。【 スペインvsポーランド 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/24
基本的には「4-1-2-3」をベースにした方が良いと思う。
2019/06/23
やはり戦い方は変えてきたが、終始テンポは上がらず、クリエイティブ性にも欠けていた。【 フランスvsクロアチア 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/23
ハジの息子の2試合連続得点などでルーマニアが勝利。イングランドは泥沼の2連敗。【 イングランドvsルーマニア 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/22
とりあえず今のところは、ドイツの攻撃力は半端ない、としか言い様がない。【 ドイツvsセルビア 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/22
ウルグアイ戦 【 特に守り方が変更されていたので善戦できた。 】
2019/06/21
リトリートして守るにしても、ある程度はハイプレスも掛けないと。【 スペインvsベルギー 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/20
イングランド戦(女子) 【 まずは相手を疲労させてから、という事で良かった。 】
2019/06/20
ファースト・ディフェンスが緩い+DFラインが高いは机上の空論的な戦術だと思うのだが。【 イングランドvsフランス 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/19
チリ戦 【 予想していたよりは良かったと思う。 】
2019/06/18
個の力と組織力の総和がチームの本当の実力。【 ポーランドvsベルギー 】Uー21欧州選手権2019
2019/06/17
ブラジル戦(Uー22) 【 この後どう成長できているのかの方が重要である。 】
2019/06/16
スコットランド戦(女子) 【 アルゼンチン戦と比べ、多くの要素で良くなっていたと思う。しかし、ミスを減らすなど、まだまだ良くしていかなければならない。 】
2019/06/15
勝点3を取る事よりも、なでしこジャパンがやるべき4つの重要な事。
2019/06/14
メキシコ戦(Uー22) 【 攻守の課題をクリアして優勝を手にしてもらいたい。 】
2019/06/13
アルゼンチン戦(女子) 【 球際の争いで負けていたら苦戦するのは必然。 】
2019/06/12
選手評価 エルサルバドル戦 【 永井謙佑。南野拓実。堂安律。原口元気。伊東純也。橋本拳人。小林祐希。畠中槙之輔。昌子源。冨安健洋。シュミット・ダニエル。山中亮輔。室屋成。大迫勇也。中島翔哉。久保建英。柴崎岳。 】
2019/06/11
エルサルバドル戦 【 この試合の「3-4-2-1」の評価は70から80点ぐらいの高評価。 】
2019/06/10
5つのチェックポイント。森保監督の3バックのシステム。
2019/06/09
ポルトガル戦(Uー22) 【 対策されて苦しくなり敗戦。 】
2019/06/08
Uー20W杯 総括的な選手評価 体の強さやパワーのレベルアップが鍵。
2019/06/08
選手評価 トリニダード・トバゴ戦 【 大迫勇也。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。守田英正。長友佑都。酒井宏樹。畠中槙之輔。昌子源。冨安健洋。シュミット・ダニエル。南野拓実。伊東純也。原口元気。室屋成。小林祐希。 】
2019/06/07
トリニダード・トバゴ戦 【 どちらの戦い方をするためのものであるのか。 】
2019/06/06
チリ戦(Uー22) 【 驚きは少ない大勝だったと思うが、ここまで日本が良いと、次戦からは対策される可能性もあると思う。 】
2019/06/05
スペイン戦(女子) 【 進化している女子サッカーに取り残されないように。 】
2019/06/04
選手評価 イングランド戦(Uー22) 【 小川航基。伊藤達哉。神谷優太。椎橋慧也。田中碧。舩木翔。長沼洋一。古賀太陽。岡崎慎。大南拓磨。オビ・パウエルオビンナ。岩崎悠人。 】
2019/06/03
イングランド戦(Uー22) 【 黄金世代のイングランドに逆転勝利。しかし継続性が無ければ意味は無い。 】
2019/06/02
戦術的ピリオダイゼーションはプライオリティの問題に過ぎない。
2019/06/01
選手評価 イタリア戦(Uー20) 【 斉藤光毅。田川亨介。山田康太。西川潤。齊藤未月。伊藤洋輝。東俊希。菅原由勢。小林友希。三國ケネディエブス。若原智哉。中村敬斗。鈴木冬一。原大智。 】
2019/05/31
イタリア戦(Uー20) 【 日本のサッカーが考えなければならない事。 】
2019/05/30
多くの人は即効性のある魔法を期待するが、現実においては魔法は存在せず。
2019/05/29
メキシコ戦選手評価(Uー20) 【 宮代大聖。田川亨介。山田康太。斉藤光毅。齊藤未月。藤本寛也。鈴木冬一。菅原由勢。小林友希。瀬古歩夢。若原智哉。中村敬斗。伊藤洋輝。原大智。 】
2019/05/28
メキシコ戦(Uー20) 【 終わってみれば日本の快勝。しかし兜の緒は強く締めたい。 】
2019/05/27
エクアドル戦選手評価(Uー20) 【 田川亨介。斉藤光毅。山田康太。郷家友太。伊藤洋輝。齊藤未月。東俊希。菅原由勢。小林友希。瀬古歩夢。宮代大聖。西川潤。中村敬斗。 】
2019/05/26
気になるのは香川真司と中山雄太。
2019/05/25
エクアドル戦(Uー20) 【 大会中に試合を重ねて成長するチームが勝ち進む。 】
2019/05/24
守備対応のコツ。
2019/05/23
クロップのサッカーもグアルディオラのサッカーも、強さ、結果、という事を最終到達点とするならば、最終到達点の形は同質になる。
2019/05/22
現状を憂う。
2019/05/21
チーム作りは段階的に行われるべきで短期的な視野では崩壊する。
2019/05/20
前半の決定機でセレッソが得点を奪えなかった事、後半5分にセレッソが戦い方を変更した事。 【 ガンバ大阪 vs セレッソ大阪 】
2019/05/19
なぜ宇佐美貴史はブンデスリーガで輝けなかったのか。
2019/05/18
ポゼッションサッカーを実現させるために必要な事。
2019/05/17
岡崎慎司がレスターで示したもの。我々に見せてくれたもの。
2019/05/16
森保ジャパンのサッカーを解説。その正体は継承による複合体。
2019/05/15
【 柴崎岳 】 リーガ・エスパニョーラの文化に合わせないと活躍は難しいと思う。 【 バルセロナ vs ヘタフェ 】
2019/05/13
様々な要素が様々なベクトルへ向かわないように集約させる。 【 サガン鳥栖 vs ガンバ大阪 】
2019/05/12
「FWを信じて守れ」「流動性」「あと一歩でも半歩でも」。
2019/05/11
【 長谷部誠 】 胸を張れるベスト4。 【 チェルシー vs フランクフルト 】
2019/05/10
後半の45分で全てがひっくり返った。 【 アヤックス vs トッテナム 】
2019/05/09
バルサの守備にある悪さ、弱点、というものが、この試合では全て出てしまった。 【 リヴァプール vs バルセロナ 】
2019/05/08
ヴィッセル神戸の現状を企業で例えてみる。
2019/05/07
【 大迫勇也 】 流れや形に拘り過ぎている。 【 ブレーメン vs ドルトムント 】
2019/05/05
【 長谷部誠 】 中盤起用、アンカーの位置で苦しんだ長谷部。 【 フランクフルト vs チェルシー 】
2019/05/03
スアレスも半端ないが結局はメッシ。 【 バルセロナ vs リヴァプール 】
2019/05/02
今季のCLで旋風を巻き起こしているアヤックスがアウェイで先勝。 【 トッテナム vs アヤックス 】
2019/05/01
柴崎岳(日本人選手)がリーガ・エスパニョーラ(トップレベルのリーグ)で活躍できない理由。
2019/04/30
【 柴崎岳 】 ヘタフェも柴崎も足踏み。 【 R・ソシエダ vs ヘタフェ 】
2019/04/29
【 乾貴士 】 乾は後半37分からの途中出場で決定的なチャンスを作る。アラベスが悪循環に陥っている原因とそこからの脱出方法について。 【 A・ビルバオ vs アラベス 】
2019/04/28
ヘタフェにおける柴崎の一番の問題点とは何か? ジダン監督復帰もまだ光明が見えない白い巨人。 【 ヘタフェ vs R・マドリード 】
2019/04/27
シメオネのA・マドリードは来季から変化する? 【 A・マドリード vs バレンシア 】
2019/04/25
乾は怪我で欠場のアラベス。チーム状態が良好なバルサ。 【 アラベス vs バルセロナ 】
2019/04/24
オリヴェイラ監督のサッカーの3つの特徴。
2019/04/23
【 柴崎岳 】 久々のスタメン出場で3点目の起点にはなったが・・・。 【 ヘタフェ vs セビージャ 】
2019/04/22
イニエスタ不在でゴールは遠かったが問題はやはり守備面。 【 浦和レッズ vs ヴィッセル神戸 】
2019/04/21
【 乾貴士 】 チームも乾も良いリズムを失っている。 【 アラベス vs バリャドリッド 】
2019/04/20
【 長谷部誠 】 3CBの中央で水を得た魚のように活き活きと。 【 フランクフルト vs ベンフィカ 】
2019/04/19
リージョ監督辞任から思う事。バルサは一日にして成らず。
2019/04/18
メッシの凄さが炸裂した試合。 【 バルセロナ vs マンチェスター・U 】
2019/04/17
制約主導型のアプローチについて。
2019/04/16
自分たちのやりたい事偏重過ぎたかなと。 【 横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス 】
2019/04/15
【 乾貴士 】 クリアしなければならない課題は明確。 【 エスパニョール vs アラベス 】
2019/04/14
「5-3-2」というシステムの捉え方。
2019/04/13
【 長谷部誠 】 今はもう3CBの中央がベターなポジションだと思う。 【 ベンフィカ vs フランクフルト 】
2019/04/12
バルセロナは守備の時は「4-4-2」で攻撃の時は「4-3-3」になるようなシステムが機能している。 【 マンチェスター・U vs バルセロナ 】
2019/04/11
ドイツ戦(女子) 【 成長なくしてW杯での良い結果は有りない。 】
2019/04/10
本当にメッシとスアレスは半端ない。 【 バルセロナ vs A・マドリード 】
2019/04/09
【 乾貴士 】 代表後の試合では苦しんでいる。 【 アラベス vs レガネス 】
2019/04/08
ヴィッセル神戸とイニエスタについて。
2019/04/07
フランス戦(女子) 【 とにかく一歩でも半歩でも、という事をやるだけ。 】
2019/04/06
【 乾貴士 】 強豪との2試合で完全に力不足が露呈。 【 セビージャ vs アラベス 】
2019/04/05
ボリビア戦から感じた、この先のチーム作りについて。
2019/04/04
コロンビア戦から感じた、この先のチーム作りについて。
2019/04/03
現在の香川真司についての個人的な評価。
2019/04/02
【 乾貴士 】 後半13分から途中出場。試合結果は無得点4失点で大敗。 【 アラベス vs A・マドリード 】
2019/04/01
皆様への質問。日本代表(森保ジャパン)について。
2019/03/31
コロンビア戦とボリビア戦にあった2つの有意義な事。
2019/03/30
ボリビア戦選手評価 【 畠中槙之輔。三浦弦太。シュミット・ダニエル。中島翔哉。南野拓実。堂安律。柴崎岳。佐々木翔。鈴木武蔵。 】
2019/03/29
ボリビア戦選手評価 【 鎌田大地。香川真司。乾貴士。宇佐美貴史。小林祐希。橋本拳人。安西幸輝。西大伍。 】
2019/03/28
ボリビア戦 【 乾と香川の招集には厳しい条件を。 】
2019/03/27
森保監督のコロンビア戦後のコメントから、相手の中央の守備が堅い場合には、という事について。
2019/03/26
コロンビア戦選手評価 【 昌子源。冨安健洋。東口順昭。香川真司。乾貴士。小林祐希。鎌田大地。安西幸輝。 】
2019/03/25
コロンビア戦選手評価 【 鈴木武蔵。南野拓実。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。山口蛍。佐々木翔。室屋成。 】
2019/03/24
コロンビア戦 【 結果は敗戦ではあったが、チームとしても個としても、きちんとした課題が出た、という意味では、収穫の多い強化試合になったのではないかと思う。 】
2019/03/23
森保監督が乾と香川に求めたいのは、ポジション争いよりも、乾や香川ならでは、という部分だと思う。
2019/03/22
コロンビア戦とボリビア戦のスタメン案と、その理由や意図について。
2019/03/21
やはり、世界の中での日本というのは、ヘタフェやアラベスのような立ち位置に該当すると思うので、そこにヒントがあると感じる。 【 バレンシア vs ヘタフェ 】
2019/03/20
チェンジを成功させたバルセロナは本当に手堅く強いチームになった。日本代表もそうなってもらいたい。 【 ベティス vs バルセロナ 】
2019/03/19
具体的にどこが重要なのか。コロンビア戦とボリビア戦。
2019/03/18
【 乾貴士 】 加入してから6戦3勝3分0敗の負け無し。代表戦後も今の調子を維持してもらいたい。 【 ウエスカ vs アラベス 】
2019/03/17
AFC、U-23選手権の最終予選へ向けてのメンバーについて。
2019/03/16
コロンビア戦とボリビア戦へ向けてのメンバーについて。
2019/03/15
様々な考慮点がある状況で、このタイミングで森保監督は誰をフル代表に招集するのか注目したい。
2019/03/14
本田圭佑のコメントから考える日本のサッカー。
2019/03/13
特に武藤や浅野や北川のような選手たちがCFをやる場合にはビジャがとても参考になる選手だと思う。
2019/03/12
ビジャ、イニエスタ、ポドルスキ、古橋、山口、と力を発揮。 【 ベガルタ仙台 vs ヴィッセル神戸 】
2019/03/11
【 乾貴士 】 2試合連続得点。しかし結果は引き分け。 【 アラベス vs エイバル 】
2019/03/10
コパ・アメリカ(南米選手権)への参加は辞退するのが妥当だったと思う。
2019/03/09
小規模や中規模の資金力であるクラブが、スペイン人の選手を獲得すれば、スペイン人の監督を招聘すれば、という安易な気持ちでそこに挑戦するのは。
2019/03/08
強豪国は少しの甘さも見逃してくれない。なでしこジャパンのシービリーブスカップ総括。
2019/03/07
完成度の差。殴り合いの強さの差。 【 R・マドリード vs バルセロナ 】
2019/03/06
ブラジル戦(女子) 【 悪い流れを変えられる力を。 】
2019/03/05
【 乾貴士 】 得点を取ってチームを勝たせられた試合。 【 ビジャレアル vs アラベス 】
2019/03/04
ビジャの得点で勝利はしたが・・・。 【 ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖 】
2019/03/03
アメリカ戦(女子) 【 解決策は見えてないわけではない。 】
2019/03/01
香川と乾。そこにある日本のサッカーの伸び代の1つ。
2019/02/28
バルセロナの逆転勝利とメッシのハットトリックを生んだ両チームの采配。 【 セビージャ vs バルセロナ 】
2019/02/27
ヴィッセル神戸とビジャとポドルスキとイニエスタ。
2019/02/26
【 乾貴士 】 得点を取って勝たせられる選手に進化できるかどうか。 【 アラベス vs セルタ 】
2019/02/25
堂安や柴崎も安泰ではない久保と守田の存在。 【 川崎フロンターレ vs FC東京 】
2019/02/24
なぜJリーグでプレーしているよりも海外でプレーしていた方が個の力が高くなるのか。
2019/02/22
【 乾貴士 】 特に今の乾にとっては、得点力を期待されるよりも、まずは守備で良さ見せる事で、という方がやりやすいのではないだろうか。 【 ベティス vs アラベス 】
2019/02/19
ジャパンズ・ウェイという言葉にジャパニーズ・オンリーという意味も含めているのであれば危険。
2019/02/18
ゼロックス・スーパーカップから今季の川崎フロンターレと浦和レッズについて。
2019/02/17
とにかく、少しでも上の環境で、少しでもチャレンジのモチベーションが保てる場で、という方が良いと思う。
2019/02/15
【 乾貴士 】 スタメン出場し勝利に貢献。 【 アラベス vs レバンテ 】
2019/02/13
森保ジャパンの攻撃時の理想形は?
2019/02/08
決勝戦のカタール戦について、システム的なミスマッチがあり、それが故にカタール側が優位に立った、というのは間違っている。
2019/02/07
総括。森保ジャパンのアジアカップ。ポジティブな要素が3つ。ネガティブな要素が3つ。
2019/02/06
カタール戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。武藤嘉紀。 】
2019/02/05
カタール戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。堂安律。塩谷司。柴崎岳。 】
2019/02/04
選手評価の前に、システム的なミスマッチがあった、という事について。
2019/02/03
カタール戦 【 ポテンシャルはある。しかし、足りない部分も多い。それが、今回のアジアカップで確かめられた事かと。 】
2019/02/02
もう少しだけイラン戦について。そしてカタール戦で改善してもらいたい部分について。
2019/02/01
イラン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。塩谷司。室屋成。 】
2019/01/31
イラン戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】
2019/01/30
イラン戦 【 今回の結果は日本の確実な成長を示していると思う。 】
2019/01/29
最大のポイントは、球際(デュエル)の巧さ、そして、粘り強い対応、という事が、どれぐらいのレベルで発揮できるのか。
2019/01/28
ベトナム戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。大迫勇也。乾貴士。塩谷司。 】
2019/01/27
ベトナム戦選手評価 【 北川航也。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】
2019/01/26
ベトナム戦 【 攻守に問題点有り。次からは更に相手のレベルが上がる。 】
2019/01/25
サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。伊東純也。塩谷司。 】
2019/01/24
サウジアラビア戦選手評価 【 武藤嘉紀。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】
2019/01/23
サウジアラビア戦 【 戦い方のプランはどうあれ、この試合で最も良かった事は、粘り強く戦えた、という事なのではないだろうか。 】
2019/01/22
最良のプランは、粘り強く戦う、という事。そして、その力を成長させるために戦う、という事。
2019/01/21
ウズベキスタン戦選手評価 【 佐々木翔。室屋成。槙野智章。三浦弦太。シュミット・ダニエル。原口元気。遠藤航。 】
2019/01/20
ウズベキスタン戦選手評価 【 武藤嘉紀。北川航也。乾貴士。伊東純也。塩谷司。青山敏弘。 】
2019/01/19
ウズベキスタン戦 【 この試合の失点もスローインからだったが、もうその失点の仕方は絶対に繰り返さないようにしたい。 】
2019/01/18
ザックジャパン+ハリルジャパン=西野ジャパンから継続性と今の日本の選手たちの守備力を考えると。
2019/01/17
オマーン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。権田修一。武藤嘉紀。伊東純也。 】
2019/01/16
オマーン戦選手評価 【 北川航也。南野拓実。原口元気。堂安律。遠藤航。柴崎岳。 】
2019/01/15
オマーン戦 【 まだまだ優勝へ向けての視界は良好ではない。 】
2019/01/14
しっかり戦い方を整理してオマーン戦からは内容も良くしたい。
2019/01/13
トルクメニスタン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。権田修一。北川航也。 】
2019/01/12
トルクメニスタン戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。堂安律。柴崎岳。冨安健洋。 】
2019/01/11
トルクメニスタン戦 【 想定内の苦戦だが、日本のサッカーの悪い癖も。 】
2019/01/10
小笠原満男。中澤佑二。楢崎正剛。川口能活。引退。
2019/01/09
大きすぎる存在のメッシ。バルセロナにあるジレンマ。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】
2019/01/08
武藤嘉紀と乾貴士と塩谷司の追加招集について。
2019/01/07
アジアカップでの選手たちのパフォーマンスやチームとしての戦い方というのは、良い意味でも悪い意味でも、その後に与える影響は少なくはない。
2019/01/06
過去のアジアカップを要点だけでザックリと振り返る。
2019/01/05
やはり、書きたい事を書きたい、という事で、ロシアW杯のポーランド戦について。
2019/01/03
本質的な部分でのシステムの理解につながる1つの考え方。
2019/01/02
今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2018年も御愛読ありがとうございました。
2018/12/31
個の能力って何? 個の能力が高いってどういう事?
2018/12/30
それが本物なのかどうか、あるいは、それが本格化するのかどうか。
2018/12/28
ロシアW杯はいくつかのモヤモヤが残った大会だった。
2018/12/27
ハリルホジッチ監督の解任とは何だったのか。
2018/12/26
少なからずのショックが選手たちにもあったと思うが、完全に力不足だった、と認識して次を考えた方が、割り切って先へ進めると思う。 【 鹿島アントラーズ vs リーベルプレート 】
2018/12/23
ロシアW杯の時の川島への大きな批判は通過儀礼だと思う。
2018/12/22
【 宇佐美貴史 】 何を評価するのか。何をどこまで求めるのか。 【 デュッセルドルフ vs ドルトムント 】
2018/12/21
惜しかったよりも成長の糧にできる試合だったと思う。 【 鹿島アントラーズ vs レアル・マドリード 】
2018/12/20
柴崎岳と大迫勇也。15日の試合のパフォーマンスについて。
2018/12/19
【 浅野琢磨 】【 原口元気 】 相手が強かったので難しさはあったが。 【 ハノーファー vs バイエルン 】
2018/12/17
逆転勝利。安部裕葵のパフォーマンスが素晴らしかった。 【 鹿島アントラーズ vs グアダラハラ 】
2018/12/16
ここで残した活躍、結果、というのは、4年後のW杯のメンバー入りの大きなアドバンテージになる。
2018/12/15
アジアカップに向けたメンバーについて。「これが現状のベスト」+「新しい代表を築く」の成功を願う。
2018/12/13
【 浅野琢磨 】【 原口元気 】 どちらの選手も、もっと個の能力の部分を追及し、高めてもらいたい。 【 マインツ vs ハノーファー 】
2018/12/10
【 乾貴士 】 久々のスタメン出場、フル出場ではあったが、アピールに成功できていたとは言えなかった。 【 ベティス vs ラシン・サンタンデール 】
2018/12/07
イニエスタとF・トーレスを通して見えるJリーグの現在と未来。
2018/12/06
【 柴崎岳 】一見すると、日本のサッカーとは遠いようなイメージを抱くヘタフェのサッカーだが。 【 ヘタフェ vs エスパニョール 】
2018/12/04
【 乾貴士 】 出場無し。ベティスの戦い方に変化の兆し? 【 ベティス vs ソシエダ 】
2018/12/03
【 大迫勇也 】 1得点。しかしやはり中央のFWとして活躍したい。 【 ブレーメン vs バイエルン 】
2018/12/02
とても重要だと思うのは、現状認識を正しく、という事であると思う。
2018/11/30
【 乾貴士 】 最後は力業で押し切れるのかどうかも重要。 【 ビジャレアル vs ベティス 】
2018/11/28
アジアカップのメンバーに選ぶ選手たちを年齢や世代という観点から考察。
2018/11/26
キルギス戦選手評価 【 山中亮輔。室屋成。槙野智章。三浦弦太。権田修一。大迫勇也。南野拓実。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。吉田麻也。 】
2018/11/23
キルギス戦選手評価 【 杉本健勇。北川航也。原口元気。伊東純也。守田英正。三竿健斗。 】
2018/11/22
キルギス戦 【 アジアカップのメンバーに選ばれそうなのは誰か? 】
2018/11/21
アジアカップのメンバーに選ばれるためには?
2018/11/20
ベネズエラ戦選手評価 【 佐々木翔。酒井宏樹。吉田麻也。冨安健洋。シュミット・ダニエル。杉本健勇。北川航也。原口元気。伊東純也。 】
2018/11/19
ベネズエラ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。遠藤航。 】
2018/11/18
ベネズエラ戦 【 守から攻への切り替えの部分で更に上のサッカーを目指すべし。 】
2018/11/17
アジアカップに向けて。攻守で突き詰めておきたい部分。
2018/11/16
守田英正と杉本健勇を招集。アジアカップに向けてのラストチャンス。
2018/11/14
ノルウェー戦(女子) 【 攻撃は素晴らしかったが、セットプレーの守備に大きな課題を残したまま。 】
2018/11/13
【 乾貴士 】 左サイドからの攻撃で殴り合い。乾の状況は厳しくなっている。 【 バルセロナ vs ベティス 】
2018/11/12
ドバイカップUー23へ向けてのメンバーについて。
2018/11/09
ベネズエラ戦とキルギス戦へ向けてのメンバーとその後について。
2018/11/08
香川真司。岡崎慎司。本田圭佑。長友佑都。吉田麻也。それぞれのクラブと代表と。
2018/11/07
【 乾貴士 】 攻撃と守備のシーソー状態。 【 ベティス vs セルタ 】
2018/11/06
【 大迫勇也 】 サイドでの起用に苦しんでいる感じがする。 【 マインツ vs ブレーメン 】
2018/11/05
多角的な視野と自分の範囲外を理解しようとする努力。
2018/11/04
現状把握とトレーニング、それが育成の基本原理。
2018/11/03
具体的な目標を掲げてクリアする事、結局はそれが大きな目標への近道であり、それが最も必要な準備。
2018/11/02
分析の第一歩は長所と短所の発見からであり、強化の第一歩はその分析から。
2018/11/01
個の力(個性)重視と個人(利己)主義は異なる。
2018/10/31
【 クラシコ 】 監督の采配に面白さがあった。 【 バルセロナ vs R・マドリード 】
2018/10/30
【 柴崎岳 】【 乾貴士 】 2人とも出場無し。苦戦中のスペイン組。 【 ヘタフェ vs ベティス 】
2018/10/29
【 武藤嘉紀 】 日本代表の事を考えるのが1つのヒントになると思う。 【 ニューカッスル vs サウザンプトン 】
2018/10/28
何事も上手く進めるには、パワーバランス、という事が重要。
2018/10/26
2つの要素の連動性、共通認識、というものが、強い組織においては存在していなければならない。
2018/10/25
ヴィッセル神戸について少し。サガン鳥栖についても少し。
2018/10/23
【 乾貴士 】 乾は後半15で交代。持ち味が出せない苦しい状況。 【 ベティス vs バリャドリッド 】
2018/10/22
森保ジャパンについての3つのキーワード。
2018/10/20
ウルグアイ戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。三浦弦太。東口順昭。原口元気。青山敏弘。 】
2018/10/19
ウルグアイ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。遠藤航。 】
2018/10/18
ウルグアイ戦 【 アジアカップに向けては晴天。W杯に向けては曇天。 】
2018/10/17
ウルグアイ戦の重要な観点。ポジショナルプレーと個の力。
2018/10/16
パナマ戦選手評価 【 佐々木翔。室屋成。槙野智章。冨安健洋。権田修一。川又堅碁。北川航也。堂安律。柴崎岳。 】
2018/10/15
パナマ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。伊東純也。三竿健斗。青山敏弘。 】
2018/10/14
パナマ戦 【 世代交代が順調に進みそうな期待感も高まった。しかし、3つの課題有り。 】
2018/10/13
根源でもありプラスαでもある持ち味(個性)をいかに発揮するのか。
2018/10/12
森保監督の目指すサッカーを知るためにもトータルフットボールを理解したい。
2018/10/11
トータルフットボールとポジショナルプレー。
2018/10/10
ポジショナルプレーとフレキシブルさを理解する。
2018/10/09
【 乾貴士 】 出場無し。まだチャンスは大きくあるとは思うが。 【 A・マドリード vs ベティス 】
2018/10/08
サイドの選手のポジショニングによってディフェンスの枚数を使い分ける、というのは、どのような意図の戦術なのか?
2018/10/07
森保ジャパンは西野ジャパンが初戦のガーナ戦で試した戦い方に再びトライしても良いのかなと。
2018/10/06
パナマ戦とウルグアイ戦に向けて招集されたメンバーについて。
2018/10/05
個人的に思う10月の2試合に招集してもらいたいメンバー22名。
2018/10/04
【 柴崎岳 】 出場無し。やりたい事よりも、求められる事をやった方が良い時期もある。 【 セルタ vs ヘタフェ 】
2018/10/03
宇佐美貴史。テクニックはあるけど・・・、という典型的な選手になっている。
2018/10/02
【 乾貴士 】 出場無し。どうやってスピードを上げるスイッチを入れるのか。 【 ベティス vs レガネス 】
2018/10/01
【 武藤嘉紀 】 後半25分から途中出場。まずは1つ結果を。岡崎は出場無し。 【 ニューカッスル vs レスター 】
2018/09/30
【 乾貴士 】 結果が出るか否かに関わらず、ドリブルでの仕掛けやシュートへの積極性、という部分については、きちんと毎試合担保しておかないと、印象は悪くなるかなと。 【 ジローナ vs ベティス 】
2018/09/28
最終的には、必ず複数で対応する、それから、ゾーンディフェンスでやる、という事ではあるが、最初はマンツーマンディフェンスでやって、まずは個の守備力を高めると。
2018/09/27
欧州式のゾーンディフェンスはこうだ、日本式のゾーンディフェンスはこうだ、というのは、あまり意味が無い。
2018/09/26
香川真司の現状と将来についての考察。
2018/09/25
【 乾貴士 】 後半33分から出場。まだスイッチが入っていない感じがする。 【 ベティス vs ビルバオ 】
2018/09/24
【 柴崎岳 】 出場無し。チャンスが少しでも多く訪れてくれると良いのだが。 【 ヘタフェ vs A・マドリード 】
2018/09/23
プレーの連続性を高める必要があると思う。
2018/09/22
森保ジャパンのサイクル的な立ち位置は西野ジャパンを継承する形でのビルド。
2018/09/21
ハリルジャパンを正しく評価すべき。
2018/09/20
秋春制への移行と外国籍枠の拡大が必要。
2018/09/19
グアルディオラ時代のバルセロナのサッカーは特殊なサッカー。
2018/09/18
【 柴崎岳 】 後半17分から途中出場したが良さは見られず。 【 セビージャ vs ヘタフェ 】
2018/09/17
【 乾貴士 】 攻守に良いパフォーマンスだったが物足りず。 【 バレンシア vs ベティス 】
2018/09/16
コスタリカ戦選手評価 【 槙野智章。三浦弦太。東口順昭。浅野拓磨。天野純。伊東純也。車屋紳太郎。守田英正。三竿健斗。 】
2018/09/14
コスタリカ戦選手評価 【 小林悠。南野拓実。中島翔哉。堂安律。遠藤航。青山敏弘。佐々木翔。室屋成。 】
2018/09/13
コスタリカ戦 【 リオ五輪世代が躍動。しかし、初戦なのに良すぎたかも、という印象は残った。 】
2018/09/12
アジアカップに向けてのアプローチは? 森保ジャパンのコンセプトは?
2018/09/11
森保監督のサッカーの特性について。最大の注意点はポゼッションに拘りすぎない事。
2018/09/10
まずは、どれぐらいの人数なら守れそうなのか、という事を確かめてもらいたい。
2018/09/09
「ジャパンズ・ウェイ」や「日本らしさ」という事に対しての違和感。
2018/09/08
森保監督のサッカーの特性について。
2018/09/07
まずは、自分を出しきる、という部分を重視してピッチに立ってもらいたい。
2018/09/06
【 乾貴士 】 もう少し乾も動きの量を増やした方がパフォーマンスが上がると思う。 【 ベティス vs セビージャ 】
2018/09/05
韓国戦選手評価(Uー21) 【 板倉滉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。遠藤渓太。旗手怜央。神谷優太。初瀬亮。 】
2018/09/04
韓国戦選手評価(Uー21) 【 上田綺世。岩崎悠人。三好康児。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。 】
2018/09/03
韓国戦(Uー21) 【 選手たちも監督もここからの成長が重要。 】
2018/09/02
中国戦(女子) 【 アジア内だけの内弁慶で終わらないように。 】
2018/09/01
次のW杯へ向けてのサバイバルがスタート。
2018/08/31
UAE戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。神谷優太。渡辺皓太。遠藤渓太。初瀬亮。杉岡大暉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。松本泰志。 】
2018/08/31
UAE戦(Uー21) 【 勝った事よりも課題と向き合うべき。 】
2018/08/30
サウジアラビア戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。板倉滉。大南拓磨。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。三好康児。遠藤渓太。 】
2018/08/29
サウジアラビア戦(Uー21) 【 アプローチの変更と柔軟性を森保監督に求めたい。 】
2018/08/28
【 乾貴士 】 序盤は良かった。しかし乾の使い方にはやや疑問符。 【 アラベス vs ベティス 】
2018/08/27
マレーシア戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。板倉滉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。 】
2018/08/26
マレーシア戦(Uー21) 【 かなり現状は、やはり、五輪は厳しくなるとしか思えない。 】
2018/08/25
F・トーレスとイニエスタとポドルスキ。それぞれの現状。
2018/08/23
【 柴崎岳 】 次の試合でもスタメン起用されるのかどうかに注目したい。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】
2018/08/22
ベトナム戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。三笘薫。三好康児。神谷優太。渡辺皓太。遠藤渓太。初瀬亮。杉岡大暉。原輝綺。立田悠悟。オビ・パウエルオビンナ。松本泰志。上田綺世。岩崎悠人。 】
2018/08/21
ベトナム戦(Uー21) 【 足りなかった個の力。想定外とは言えない敗戦。 】
2018/08/20
【 乾貴士 】 途中出場で上々のパフォーマンスを見せる。 【 ベティス vs レバンテ 】
2018/08/19
パキスタン戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。松本泰志。神谷優太。遠藤渓太。長沼洋一。大南拓磨。岡崎慎。板倉滉。小島亨介。オビ・パウエルオビンナ。原輝綺。初瀬亮。 】
2018/08/18
パキスタン戦(Uー21) 【 まず見たいのは個の力でありスタイルや形はその次。 】
2018/08/17
ネパール戦選手評価(Uー21) 【 上田綺世。三笘薫。三好康児。松本泰志。渡辺皓太。初瀬亮。長沼洋一。杉岡大暉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。前田大然。板倉滉。 】
2018/08/16
ネパール戦(Uー21) 【 もっと個をアピールしてもらいたい。個の力を見せてもらいたい。 】
2018/08/15
イニエスタのJ初ゴール。後半期の代表活動の難しさ。
2018/08/12
代表というのは資金力の乏しいクラブと同じ性質を持つチーム。そして、育成のためにも活用されなければならない場。
2018/08/10
F・トーレスとイニエスタの活かし方。
2018/08/08
攻撃的なサッカーとは何か? ではなく、勝てる攻撃的なサッカーとは何か? または、負けない攻撃的なサッカーとは何か? という事が重要。
2018/08/07
18歳から23歳ぐらいまでの選手の育成にもっと力を入れるべき。
2018/08/06
高倉ジャパン。3連敗で得られたものを成長の糧にできるかどうか。
2018/08/05
皆様への質問でいただいたコメントから考える森保ジャパン。
2018/08/03
外国人枠撤廃について。過ぎたるは及ばざるが如し。
2018/08/01
皆様への質問。森保ジャパンについて。
2018/07/31
日本代表で3バックをやる場合に見極めの大きなポイントになる要素。
2018/07/30
3バックで前からはめ込むハイプレス型の守備を機能させる方法。
2018/07/29
森保ジャパンのこれからについて。とりあえず来年1月のアジアカップまでは。
2018/07/28
森保監督を支持できるポイントと支持できないポイント。
2018/07/27
ボランチとSBとCBとGK。それぞれに求められる能力。
2018/07/26
CFとトップ下とサイドアタッカー。それぞれに求められる能力。
2018/07/25
イニエスタとF・トーレス。その2人から何を学ぶべきなのか。
2018/07/23
日本代表の監督人事について。監督の能力と選手の能力というのは両輪であり、どちらが足りなくても難しくなると思う。
2018/07/21
正しい認識を持ってもらいたい3つの事。
2018/07/20
属人的な組織の継続性と日本のサッカーの確立について。
2018/07/19
もっと属人的であるべき。強い組織は属人的でなければ生まれない。
2018/07/18
ロシアW杯総括。変わらないものと変わりゆくもの。どちらの要素も重要。
2018/07/17
イングランド。ベルギー。クロアチア。フランス。それぞれのチームに対する雑感。
2018/07/16
GK川島永嗣。何が問題だったのか。間違いなく、今回の川島と、そういう川島を使い続けた西野監督への批判は、あって当然のもの。
2018/07/14
ハリルホジッチ監督も西野監督も方向性に合わない選手たちを除外したのは同じ。
2018/07/13
4年前との違い。個の変化と成長。
2018/07/12
スペイン。ロシア。デンマーク。スウェーデン。スイス。コロンビア。それぞれのチームに対しての雑感。
2018/07/11
ウルグアイ。ポルトガル。ブラジル。メキシコ。それぞれのチームに対しての雑感。
2018/07/10
次の日本代表監督にも望む事は、日本のサッカーに無いもの、足りないもの、それをもたらしてくれる人である事。
2018/07/09
【後編】西野ジャパン総括。ザックジャパン+アギーレジャパン+ハリルジャパン。
2018/07/08
【前編】西野ジャパン総括。スイス戦後がターニングポイントだった。
2018/07/07
ベルギー戦のあれこれについて。結果論で良い悪いを判断するのは正しくない。
2018/07/06
ベルギー戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。本田圭佑。山口蛍。 】
2018/07/05
ベルギー戦選手評価 【 大迫勇也。香川真司。乾貴士。原口元気。長谷部誠。柴崎岳。 】
2018/07/04
ベルギー戦 【 見えていないようで見えている差。それが個としての守備力。 】
2018/07/03
ポーランド戦選手評価 【 岡崎慎司。武藤嘉紀。宇佐美貴史。酒井高徳。山口蛍。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。大迫勇也。乾貴士。長谷部誠。 】
2018/07/02
結果が全てではない。評価は結果だけで判断されない。物事はそんな単純ではない。
2018/07/02
今回の事については、西野監督や一部の選手たちが、きちんと正しい認識と理解をしている事が、最大の救いだなと。
2018/07/01
「あれは正しかった」という集団ヒステリー状態の日本。それというのは、誰かを袋叩きにする悪しき風潮と、何も変わらない。
2018/07/01
西野監督も認めているようにあれは下策。あれは最低の作戦だったが、とりあえず先には進めたので、ベルギー戦では頑張ろう、というのが正しい考え方。
2018/06/30
ポーランド戦 【 結果オーライで良しとするのは、個人的には肯定し難い。結果論で良い悪いを判断するのは、正しくない、と思う。 】
2018/06/29
取らぬ狸の皮算用をして、勘違いの余裕を出して、グループステージを敗退してしまう事だけは、絶対にやってもらいたくない。
2018/06/28
セネガル戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。岡崎慎司。本田圭佑。宇佐美貴史。 】
2018/06/27
セネガル戦選手評価 【 大迫勇也。香川真司。乾貴士。原口元気。長谷部誠。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。 】
2018/06/26
セネガル戦 【 問題は右サイドとGK。そして、勝てた試合だった、という事についての考え方。 】
2018/06/25
グループステージ第2戦。グループAからGまでの感想。
2018/06/24
アトランタ五輪の時のナイジェリア戦を繰り返さないように。
2018/06/23
コロンビア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。本田圭佑。山口蛍。岡崎慎司。 】
2018/06/22
コロンビア戦選手評価 【 大迫勇也。香川真司。乾貴士。原口元気。長谷部誠。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。 】
2018/06/21
コロンビア戦 【 最も戦いやすい状況になった試合。更に個々のパフォーマンスもチームとしての機能性も上げてグループステージを突破してもらいたい。 】
2018/06/20
グループステージ第1戦。グループAからGまでの感想。
2018/06/19
引き分けであっても勝ったに等しい、最小得失点差での負けであっても悪くはない。
2018/06/18
優秀な監督とそうではない監督の差となる要素の1つ。
2018/06/17
崩されての失点はありません、というのは、最低限の守備しかできていません、という事。
2018/06/16
パラグアイ戦選手評価 【 昌子源。植田直通。東口順昭。中村航輔。酒井宏樹。大迫勇也。原口元気。宇佐美貴史。 】
2018/06/15
パラグアイ戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。乾貴士。武藤嘉紀。山口蛍。柴崎岳。酒井高徳。遠藤航。 】
2018/06/14
パラグアイ戦 【 今こそ、周囲からも厳しい指摘が必要であると思う。 】
2018/06/13
岡田ジャパンのシステムと守備+ザックジャパンの攻撃パターン+アギーレジャパンのビルドアップの方法+ハリルジャパンの攻撃のコンセプト。
2018/06/12
スイス戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。武藤嘉紀。乾貴士。酒井宏樹。柴崎岳。香川真司。 】
2018/06/11
スイス戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。宇佐美貴史。原口元気。長谷部誠。大島僚太。長友佑都。酒井高徳。 】
2018/06/10
スイス戦 【 西野ジャパン、6戦して0勝、という事が、現実味を帯びてきた。 】
2018/06/09
日本代表の守備力を上げられる人。それが日本代表の監督に必要な一番の資質なのだと思う。
2018/06/08
GKとボランチの人選を重要視してもらいたい。
2018/06/07
大事だと思うのは、過大評価するでもなく、過小評価するでもなく、虚勢を張るでもなく、何かに固執するでもなく、素直な気持ちで、手応えを見つける事であると思う。
2018/06/06
今、とても悲しく思うのは、日本代表とそのファンが、やや対立構造にある、という事。
2018/06/05
カナダ戦(Uー21) 【 グループステージ突破はならず。収穫と課題は明確。 】
2018/06/04
ポルトガル戦(Uー21) 【 劇的な逆転勝利と2試合から見えたもの。 】
2018/06/03
ガーナ戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。長谷部誠。川島永嗣。香川真司。武藤嘉紀。酒井高徳。岡崎慎司。柴崎岳。井手口陽介。 】
2018/06/02
ガーナ戦選手評価 【 大迫勇也。宇佐美貴史。本田圭佑。大島僚太。山口蛍。長友佑都。原口元気。 】
2018/06/01
ガーナ戦 【 むしろ、1%でも2%でも勝つ確率を上げるために、という事ではなく、勝つ確率を1%か2%にした、という事なのではないかと思う。 】
2018/05/31
「5-4-1」もしくは「3-4-2-1」をやるならば注意してもらいたい事。そして、西野ジャパンの前にある最初のハードルについて。
2018/05/30
トルコ戦(Uー21) 【 本当にそういうサッカーをやり続ければ、いつの日にかは改善されるのだろうか。 】
2018/05/29
日本代表の監督や日本人の指導者に求めるべきだと思う事。
2018/05/28
ハリルホジッチ方式で選択した方がスッキリと迷いなく決められるのかなと。
2018/05/27
本当は既に答えが出ていると思う日本らしいW杯での戦い方。
2018/05/26
今回は満身創痍の日本代表で挑むW杯になってしまうかもしれない。
2018/05/25
皆様への質問。日本代表について。
2018/05/24
岡崎と香川と本田を起用して「5-4-1」(「3-4-2-1」)をやる場合に問題となりそうな事。
2018/05/23
甘い辛いを交互に繰り返しているだけに見える日本代表の歴史。
2018/05/22
勝つ確率を1%でも2%でも上げるためにはPKとセットプレイが鍵。
2018/05/21
西野ジャパンで採用されるシステムを推測してみる。
2018/05/20
ハリルホジッチの時よりも良くなる事が絶対要素。
2018/05/19
システム的な観点から岡崎と香川と本田の選出の可能性を考える。
2018/05/18
信頼関係の薄れが決定的なものだったのかどうか、そこに疑問を感じる。
2018/05/17
現時点での西野ジャパンのロシアW杯の展望。
2018/05/16
何を重視するのか。誰を信頼するのか。あまりにも難しい状況の選手選考。
2018/05/15
過去の日本代表から学べた事。温故知新。修正。それが前に正しく進める道。
2018/05/14
【 乾貴士 】 先制点を生み出す素晴らしいパスを見せる。代表では中央での起用の可能性が高まってきた? 【 エイバル vs ラス・パルマス 】
2018/05/13
2014年のブラジルW杯のザックジャパンから学べた事。
2018/05/11
2010年の南アフリカW杯の岡田ジャパンから学べた事。
2018/05/09
【 柴崎岳 】 後半の途中からパフォーマンスを上げて勝利に貢献。 【 ラス・パルマス vs ヘタフェ 】
2018/05/08
2006年のドイツW杯のジーコジャパンから学べた事。
2018/05/07
【 乾貴士 】 1ゴール1アシスト、3つの得点に絡む活躍。 【 ジローナ vs エイバル 】
2018/05/06
2002年の日韓W杯のトルシエジャパンから学べた事。
2018/05/05
1998年のフランスW杯の岡田ジャパンから学べた事。
2018/05/04
絆が排他的な集団化すると加速度的に進化から取り残される可能性がある。
2018/05/02
その罪は目先の結果が良かったとしても免罪されない。
2018/05/01
【 乾貴士 】 結果なり、もう少し良いパフォーマンスを見せておく必要がある。 【 バレンシア vs エイバル 】
2018/04/30
ハリルホジッチの会見に思う。日本のサッカーは襟を正して謙虚になるべき。
2018/04/28
ハリルホジッチの解任を支持しない理由。
2018/04/27
日本人の性格的な特性を受け入れない、という事にも一理ある。
2018/04/26
発想の出発点が間違っている。間違った認識のままでは永遠に強くならない。
2018/04/25
弱点が弱点として明確に存在していると停滞する、という事であり、そこからは逃げられない。
2018/04/24
悩みどころの多い日本代表。残り少ない時間でベターを見つけられるのか。
2018/04/23
オーストラリア戦(女子) 【 高倉ジャパンのポテンシャルの高さを示した。 】
2018/04/21
ハリルジャパンとゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの話。
2018/04/20
今回の解任劇というのは、まさにその不毛な水掛け論に日本のサッカーを放り込んでしまった、という事に他ならない。
2018/04/19
中国戦(女子) 【 光った岩渕の個の力とボランチの宇津木のサイドの高い位置へと繰り出すミドルあるいはロングのパス。 】
2018/04/18
個の力が足りないと話は永遠にループし続けるだけ。
2018/04/17
それ以上の歩み寄りはザックジャパンを繰り返すだけだった。
2018/04/16
むしろ、今回の解任劇で協会が作り出したのは、日本代表を応援し難くなる雰囲気であり、更には、選手たちへの過剰なプレッシャーであると思う。
2018/04/15
オーストラリア戦(女子) 【 高倉ジャパンのスタートはここから。 】
2018/04/14
西野朗監督の日本代表監督就任会見を聞いて思った事。
2018/04/13
韓国戦(女子) 【 全く改善されていなかった。 】
2018/04/13
ハリルホジッチを解任すべき理由もタイミングも無かった。
2018/04/12
大きな裏切り行為以外の何物でもない。手柄の横取りか責任逃れか。卑怯者は去るべし。
2018/04/11
ハリルホジッチの解任に思う。成長を諦めてしまった事に失望する。
2018/04/10
【 柴崎岳 】 チャンスは与えられている。 【 アラベス vs ヘタフェ 】
2018/04/09
ベトナム戦(女子) 【 次の試合からは1つ2つギアを上げて戦う必要がある。 】
2018/04/08
ザックジャパンで思い出してもらいたい6つの試合。そこに重要な鍵がある。
2018/04/06
ハリルホジッチには期待できない、ではなく、全くその逆に、日本はハリルホジッチの本番での采配に期待するしかない。
2018/04/04
ハリルホジッチの選手起用の大きな2つの謎。
2018/04/03
ガーナ戦(女子) 【 成長しながらW杯への出場権を得るしか道は無い。 】
2018/04/02
マリ戦とウクライナ戦の総括。重要な事は3つ。
2018/03/31
ウクライナ戦選手評価 【 槙野智章。植田直通。川島永嗣。小林悠。久保裕也。中島翔哉。三竿健斗。宇佐美貴史。 】
2018/03/30
ウクライナ戦選手評価 【 杉本健勇。柴崎岳。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。長友佑都。酒井高徳。 】
2018/03/29
ウクライナ戦 【 一定の手応えが得られた試合だったと思う。 】
2018/03/28
ガッカリして大きな悲壮感が漂っている事に対して、とてもガッカリする。
2018/03/27
そこを理解する事がファンにもメディアにも必要。
2018/03/27
マリ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。中村航輔。山口蛍。酒井高徳。本田圭佑。小林悠。三竿健斗。中島翔哉。 】
2018/03/26
マリ戦選手評価 【 大迫勇也。森岡亮太。宇佐美貴史。久保裕也。大島僚太。長谷部誠。長友佑都。宇賀神友弥。 】
2018/03/25
マリ戦 【 収穫はGKの中村とボランチの三竿と左ウイング(SH)の中島。 】
2018/03/24
日本代表、あるいは、日本のサッカーに足りていないのは、あらゆる要素の強度。タフさ。それから、それを生む柔軟性。
2018/03/23
個人的に思う、今回の2試合で主に試してもらいたい形とメンバー。
2018/03/22
アジアカップに挑む、なでしこジャパンは、高倉監督の真価が問われる。
2018/03/21
【 岡崎慎司 】 機能性のスイッチを入れた。 【 レスター vs チェルシー 】
2018/03/20
【 柴崎岳 】 ドン底のようで恵まれている状況下にある。 【 ソシエダ vs ヘタフェ 】
2018/03/19
【 乾貴士 】チームも乾も低調なパフォーマンスだった。 【 レバンテ vs エイバル 】
2018/03/18
日本代表に関する2つの質問について。
2018/03/17
マリ戦とウクライナ戦へ挑むメンバーについて。
2018/03/16
ハリルジャパンは1トップのシステムであれば岡崎や浅野などを1トップにした戦い方を機能させるべきだと思う。
2018/03/14
本田圭佑の招集はあるか? 森岡亮太と中島翔哉と堂安律の招集はあるか? 懸念される井手口陽介の状態と吉田麻也が不在のCB。
2018/03/13
【 柴崎岳 】 ドン底の状態から這い上がれる強さがあるのかどうか。 【 ヘタフェ vs レバンテ 】
2018/03/12
【 乾貴士 】どこに結果を左右する差があったのか。 【 エイバル vs レアル・マドリード 】
2018/03/11
アルガルベカップ2018の総括と高倉ジャパンの現在地。
2018/03/09
カナダ戦(女子) 【 課題を1つ1つ克服して成長するチームなってもらいたい。 】
2018/03/08
森保監督が得意とする「5-4-1」というシステムの特性について。
2018/03/07
デンマーク戦(女子) 【 2連勝。しかし改善すべき部分は明確。 】
2018/03/06
【 柴崎岳 】 厳しい状態は続く。今はまだ少し個の力不足があると思う。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】
2018/03/05
【 乾貴士 】今季の4得点目。しかし途中交代+引き分け。 【 デポルティーボ vs エイバル 】
2018/03/04
【 乾貴士 】ポジション争いの激化で更なるレベルアップを。 【 エイバル vs ビジャレアル 】
2018/03/03
アイスランド戦(女子) 【 もっともっと危機感を持ってもらいたい。 】
2018/03/03
【 柴崎岳 】 次節のレアル・マドリード戦できっかけを掴めるのかどうか。 【 ヘタフェ vs デポルティーボ 】
2018/03/02
オランダ戦(女子) 【 恥ずかしい試合となってしまった。 】
2018/03/01
最近は復活傾向の「5-3-2」というシステムの特性について。
2018/02/28
【 大迫勇也 】 2得点に絡む活躍で逆転勝利に導く。 【 ライプツィヒ vs ケルン 】
2018/02/27
【 柴崎岳 】 腐らずに諦めずに頑張れるのか、そこが分かれ道になると思う。 【 ビジャレアル vs ヘタフェ 】
2018/02/26
【 乾貴士 】2つの決定機を外してしまう。 【 セルタ vs エイバル 】
2018/02/25
「4-4-2」における「3」によるユニットの考え方。
2018/02/24
「3」が支配するサッカーの世界。全ての基準となる「3」という数字。
2018/02/23
なぜ「個の力を必要としない」に惹かれてしまうのか?
2018/02/22
【 長谷部誠 】 怪我からの復帰後も安定した良いパフォーマンス。 【 フランクフルト vs ライプツィヒ 】
2018/02/21
【 柴崎岳 】 ライバルの活躍で厳しい状況に。 【 ヘタフェ vs セルタ 】
2018/02/20
【 大迫勇也 】 素晴らしい得点。このまま好調を維持して欲しい。 【 ケルン vs ハノーファー 】
2018/02/19
【 乾貴士 】強豪クラブとの差は大概にして個の力の差。 【 エイバル vs バルセロナ 】
2018/02/18
守備力の向上って何だろう? 守備力を向上させるには具体的に何をすれば良いのだろう?
2018/02/16
乾にもやってもらいたいメッシやコウチーニョのようなクロスやシュート。
2018/02/15
柴崎の適性ポジションや役割。守備的な戦術とサイド。
2018/02/14
【 香川真司 】 前半はボランチでプレイ。軽症である事を強く願いたい。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】
2018/02/13
【 柴崎岳 】 中央よりもサイドの方が良いプレイができている。 【 バルセロナ vs ヘタフェ 】
2018/02/12
【 乾貴士 】勝利したが乾もチームも苦戦した。 【 レガネス vs エイバル 】
2018/02/11
アルガルベカップ2018へ挑むメンバーと高倉ジャパンの現状について。
2018/02/10
CF+右SH(ウイング)のポジションを勝ち取るのは誰か?
2018/02/09
森岡亮太と中島翔哉のロシアW杯行きの可能性はあるだろうか?
2018/02/08
【 香川真司 】 日本代表でも必要な香川を起用する場合の注意点。 【 ケルン vs ドルトムント 】
2018/02/07
【 柴崎岳 】 何か柴崎が先に可能性を感じさせないと。 【 ヘタフェ vs レガネス 】
2018/02/06
【 岡崎慎司 】 やはり、そろそろ得点やアシストという結果も欲しいところ。 【 レスター vs スウォンジー 】
2018/02/05
【 乾貴士 】5得点の大勝。しかし乾には一回休みが必要だと思う。 【 エイバル vs セビージャ 】
2018/02/04
岡崎慎司と柴崎岳が現状を変えるには?
2018/02/01
【 大迫勇也 】 今はフィットネスを良くする事が最も重要だと思う。 【 ケルン vs アウグスブルク 】
2018/01/31
【 柴崎岳 】 もっと高い個の力を見せてもらいたい。 【 セビージャ vs ヘタフェ 】
2018/01/30
【 香川真司 】 現在はとてもフィジカル・コンディションが良い。 【 ドルトムント vs フライブルク 】
2018/01/29
【 乾貴士 】対策され始めたサイド攻撃をどう打開するのか。 【 ビルバオ vs エイバル 】
2018/01/28
森保ジャパンに求めたい個の力を伸ばすための戦い方。
2018/01/25
【 乾貴士 】この試合に関しては交代も仕方なかったかなと。 【 エイバル vs マラガ 】
2018/01/24
【 大迫勇也 】 ここからギアを上げる必要があると思う。 【 ハンブルガー vs ケルン 】
2018/01/23
【 岡崎慎司 】 そろそろ得点も欲しいところ。 【 レスター vs ワトフォード 】
2018/01/22
【 柴崎岳 】 打開力やキープ力やミドルシュート。 【 ヘタフェ vs ビルバオ 】
2018/01/21
ウズベキスタン戦(Uー21) 【 もう少しシンプルでリスクを減らしたサッカーを。 】
2018/01/20
【 香川真司 】 低い位置からのロングパスが鍵。 【 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 】
2018/01/19
森保ジャパンの選手たちに伸ばしてもらいたい個の力。
2018/01/18
北朝鮮戦(Uー21) 【 今回の失点の形に対する解決策が必要だと思う。 】
2018/01/17
【 乾貴士 】点差以上に力の差は強く感じられた。 【 エイバル vs A・マドリード 】
2018/01/16
【 岡崎慎司 】 とても持ち味が発揮された試合だった。 【 チェルシー vs レスター 】
2018/01/15
タイ戦(Uー21) 【 特に個の質の向上は急ぐ必要があると思う。 】
2018/01/14
【 柴崎岳 】 左SHへ移動してからの方が効いていた。 【 ヘタフェ vs マラガ 】
2018/01/13
パレスチナ戦(Uー21) 【 この試合で気になった事は主に2つ。 】
2018/01/11
【 乾貴士 】好調を維持。そのままどこまで維持できるのかどうか。 【 ラス・パルマス vs エイバル 】
2018/01/07
例えば主にシステムやメンバー的な観点でのロシアW杯での戦い方を考えてみる。
2018/01/04
【 岡崎慎司 】 ここから先のポジション争いは更に厳しくなると思う。 【 レスター vs ハダーズフィールド・タウン 】
2018/01/02
今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2017年も御愛読ありがとうございました。
2017/12/31
2017年の日本代表の総括としてのハリルホジッチについての考察。
2017/12/29
【 岡崎慎司 】 先制点の起点となる。香川なのかと思うようなテクニックやスルーパスも見せる。 【 ワトフォード vs レスター 】
2017/12/27
単純に攻撃の部分を更に伸ばすのか守備の部分を伸ばすのか。もちろん最良は両方。
2017/12/26
2017年の日本代表の総括としてのロシアW杯メンバーはこれ。
2017/12/25
【 乾貴士 】2得点。良い感じで2017-18シーズンの前半戦を折り返す。 【 エイバル vs ジローナ 】
2017/12/23
ハリルジャパンの戦い方の現在地。そこの悩みを香川や本田や岡崎が解決できるのかどうか。
2017/12/22
成長や進化の原理原則。今の日本は短所を補うべき成長サイクルに在る。
2017/12/21
本田圭佑の可能性を探る。ハリルジャパンあるいはロシアW杯において。
2017/12/20
韓国戦選手評価 【 車屋紳太郎。植田直通。昌子源。三浦弦太。中村航輔。三竿健斗。阿部浩之。 】
2017/12/19
韓国戦選手評価 【 小林悠。土居聖真。伊東純也。倉田秋。井手口陽介。今野泰幸。川又堅碁。 】
2017/12/18
韓国戦 【 4失点完敗の大失態。その結果の主な原因は2つ。 】
2017/12/17
北朝鮮戦(女子) 【 もう1つレベルが不足していると確かめられた。 】
2017/12/16
中国戦選手評価 【 山本脩斗。植田直通。昌子源。三浦弦太。東口順昭。川又堅碁。阿部浩之。 】
2017/12/15
中国戦選手評価 【 小林悠。土居聖真。伊東純也。倉田秋。大島僚太。今野泰幸。井手口陽介。 】
2017/12/14
浦和レッズは第5位。守備力と決定力と初戦の戦い方が重要。
2017/12/13
中国戦 【 勝利という結果を出す事でチームも選手も成長する。 】
2017/12/13
浦和レッズがアル・ジャジーラに勝てなかった原因は?
2017/12/12
中国戦(女子) 【 田中美南と中島依美が攻撃を牽引。 】
2017/12/11
北朝鮮戦選手評価 【 金崎夢生。高萩洋次郎。倉田秋。小林悠。井手口陽介。今野泰幸。車屋紳太郎。室屋成。昌子源。谷口彰悟。中村航輔。川又堅碁。伊東純也。阿部浩之。 】
2017/12/11
北朝鮮戦 【 大惨事になっていた可能性もあったと思う。劇的勝利の立役者はGK中村航輔。 】
2017/12/10
韓国戦(女子) 【 SBの戦力不足は続いているが決定力は発揮した。 】
2017/12/09
離脱者が続いているE-1サッカー選手権をどう戦う?
2017/12/08
浦和レッズの対戦相手はテン・カテ監督率いる開催国王者のアル・ジャジーラ。
2017/12/07
クラシカルな10番タイプの司令塔が必要とされなくなったのは悲観的な要素ではない。
2017/12/06
【 乾貴士 】もう1つパフォーマンスを上げられると思う。 【 エイバル vs エスパニョール 】
2017/12/05
香川真司をどう使う? 岡崎慎司をどう使う? 本田圭佑をどう使う?
2017/12/04
日本はロシアW杯でどう戦う?
2017/12/03
日本の対戦相手はポーランドとセネガルとコロンビア。
2017/12/02
E-1サッカー選手権をどう戦う? 鍵とストロングポイントはどこか。
2017/12/01
E-1サッカー選手権に挑むメンバーについて。
2017/11/30
レスターというチームとレスターというチームでの岡崎について思う事。
2017/11/29
E-1サッカー選手権で期待する事。
2017/11/28
【 乾貴士 】もし乾にそういう動きを求めるのであれば。 【 アラベス vs エイバル 】
2017/11/27
浦和レッズがACLで優勝。それには大きな意味も価値もある。E-1サッカー選手権とCWC。12月は国内組で盛り上がりそうだ。
2017/11/26
間違った考え方が多い日本のサッカー。
2017/11/24
天才型と秀才型。攻撃の選手と守備の選手の違い。
2017/11/23
【 乾貴士 】攻守に素晴らしいパフォーマンスだった。 【 エイバル vs ベティス 】
2017/11/22
E-1サッカー選手権に挑むメンバーは?
2017/11/21
「4-1-4-1」でのカウンター攻撃を機能させるにはゼロトップ。
2017/11/20
攻撃はパスと判断力のスピードの向上と仕掛けとワンタッチとワンツーで。
2017/11/19
代表の戦い方はシンプルであるべき。代表はより個の力で戦うべき。
2017/11/18
ベルギー戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。森岡亮太。久保裕也。乾貴士。酒井高徳。 】
2017/11/17
ベルギー戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。浅野拓磨。井手口陽介。長澤和輝。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】
2017/11/16
ベルギー戦 【 この試合のパフォーマンスが最低限のライン。 】
2017/11/15
守備はゾーンディフェンスの守備ブロックで。
2017/11/14
ブラジル戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。乾貴士。杉本健勇。森岡亮太。遠藤航。 】
2017/11/13
ブラジル戦選手評価 【 大迫勇也。井手口陽介。原口元気。久保裕也。山口蛍。長谷部誠。 】
2017/11/12
ブラジル戦 【 前半36分までしか、ほぼ参考にならない試合だった。 】
2017/11/11
ブラジル戦とベルギー戦でチェックすべき3つのクオリティ。
2017/11/10
日本代表あるいは日本サッカーのキーワードは3つの「奪う」。
2017/11/09
【 香川真司 】 100点満点で60点か65点ぐらいのパフォーマンスだった。 【 ドルトムント vs バイエルン 】
2017/11/08
【 乾貴士 】現在はとても苦しいチーム状態。 【 ソシエダ vs エイバル 】
2017/11/07
【 岡崎慎司 】 決定機もあったが、この試合では活きず。 【 ストーク vs レスター 】
2017/11/06
どの選手はどのタイプ? という事からアプローチする考え方も有り。
2017/11/05
日本の選手たちに改善してもらいたいテクニックやフィジカルではない要素の個の力とは?
2017/11/04
日本の攻撃的なポジションの選手たちに上げてもらいたい個の力とは?
2017/11/03
支持率の多かった選手たちで「4-1-4-1」と「4-4-2(4-4-1-1)」と「3-5-2(5-3-2)」を考える。
2017/11/02
ブラジル戦とベルギー戦へ向けてのメンバーについてと今後。
2017/11/01
【 乾貴士 】 2得点を生み出し同点に追い付く立役者となる。 【 エイバル vs レバンテ 】
2017/10/31
【 岡崎慎司 】 新監督になり岡崎がどうなるのかに注目したい。 【 レスター vs エヴァートン 】
2017/10/30
皆様への質問。ハリルジャパンについて。
2017/10/27
本田圭佑と香川真司の現在地。特に代表において。
2017/10/26
どうやって得点力を高める? 日本の場合はやはり。
2017/10/25
【 乾貴士 】 強豪相手にどう戦うのか。 【 レアル・マドリード vs エイバル 】
2017/10/24
【 岡崎慎司 】 本当のポジション争いが始まるのは。 【 スウォンジー vs レスター 】
2017/10/23
岡崎は今のレスターを成り立たせるには必要不可欠な選手。
2017/10/20
Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。
2017/10/19
イングランド戦(Uー17) 【 ポジティブな戦いができたと思う。 】
2017/10/18
ハリルジャパンがベースとして使っている2つのシステムの特性について。
2017/10/17
理想はハイブリッド。二元論は不毛。
2017/10/16
ニューカレドニア戦(Uー17) 【 決勝トーナメントに入ってからが本当の勝負。 】
2017/10/15
フランス戦(Uー17) 【 そこは原理原則に近い要素。 】
2017/10/14
ハイチ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。東口順昭。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。香川真司。井手口陽介。車屋紳太郎。 】
2017/10/13
ハイチ戦選手評価 【 杉本健勇。乾貴士。浅野拓磨。倉田秋。小林祐希。遠藤航。長友佑都。酒井高徳。 】
2017/10/12
ハイチ戦 【 全くもって酷い試合だったなと。 】
2017/10/11
ホンジュラス戦(Uー17) 【 テクニックと組織的な動きで日本が上回る。 】
2017/10/10
ニュージーランド戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。乾貴士。小林祐希。浅野拓磨。倉田秋。 】
2017/10/09
ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】
2017/10/08
ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】
2017/10/07
これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?
2017/10/06
【 大迫勇也 】 ピサロの加入で良くなってもらいたい。 【 ケルン vs ライプツィヒ 】
2017/10/05
【 岡崎慎司 】 昨季の教訓を活かすとすれば。 【 ボーンマウス vs レスター 】
2017/10/04
【 香川真司 】 定着してしまっているイメージを打破したい。 【 アウグスブルク vs ドルトムント 】
2017/10/03
【 乾貴士 】 スタメンは確保しているがチームは厳しい状態。 【 ビジャレアル vs エイバル 】
2017/10/02
現代サッカーのモダンな傾向とは?
2017/09/30
ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。
2017/09/29
【 大迫勇也 】 ピンチはチャンスでもある。 【 ハノーファー vs ケルン 】
2017/09/26
【 乾貴士 】 前半36分で交代。 【 エイバル vs セルタ 】
2017/09/25
【 岡崎慎司 】 リーグ戦で3得点目。カップ戦も含めれば4得点目。 【 レスター vs リヴァプール 】
2017/09/24
【 香川真司 】 1得点も後半21分で交代。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】
2017/09/22
【 乾貴士 】 フル出場でチャンスも作ったが。 【 バルセロナ vs エイバル 】
2017/09/21
ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】
2017/09/20
ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】
2017/09/19
【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】
2017/09/18
【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】
2017/09/17
【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】
2017/09/16
【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】
2017/09/14
スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。
2017/09/12
日本らしいサッカーとは何か?
2017/09/11
【 乾貴士 】 今季の乾にあるエイバルでの2つの問題点。 【 セビージャ vs エイバル 】
2017/09/10
【 柴崎岳 】 何かを変えようとする必要があると思う。 【 レガネス vs ヘタフェ 】
2017/09/09
サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。杉本健勇。久保裕也。 】
2017/09/08
サウジアラビア戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。本田圭佑。井手口陽介。柴崎岳。山口蛍。 】
2017/09/07
サウジアラビア戦 【 オーストラリア戦が過大評価気味だったので、ここで負けた事は良かったのかなと。 】
2017/09/06
サウジアラビア戦で試してもらいたい選手とシステム。
2017/09/05
オーストラリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。原口元気。久保裕也。岡崎慎司。 】
2017/09/04
オーストラリア戦選手評価 【 大迫勇也。乾貴士。浅野拓磨。井手口陽介。山口蛍。長谷部誠。 】
2017/09/02
オーストラリア戦 【 まだゼロ地点に到達していない。ゼロ地点はW杯でのグループステージ突破。 】
2017/09/01
【 柴崎岳 】 守備面では良さを見せた。 【 ヘタフェ vs セビージャ 】
2017/08/29
【 乾貴士 】 今季の乾の問題は? 【 エイバル vs ビルバオ 】
2017/08/28
対オーストラリアを考える。攻守においてのポイント。
2017/08/26
オーストラリア戦とサウジアラビア戦に向けたメンバーについて。
2017/08/25
【 乾貴士 】 昨季に引き続き良いパフォーマンスを維持。 【 マラガ vs エイバル 】
2017/08/24
【 柴崎岳 】 体を張ってボールをキープする力が必要。 【 ビルバオ vs ヘタフェ 】
2017/08/23
【 長谷部誠 】【 鎌田大地 】 「フィジカル」あるいは「インテンシティ」の「差」あるいは「違い」。 【 フライブルク vs フランクフルト 】
2017/08/22
【 岡崎慎司 】 2試合連続得点で存在感を示す。 【 レスター vs ブライトン 】
2017/08/21
総括。コンフェデレーションズカップ2017。
2017/07/05
やはりサッカーはドイツが勝つようにできている? 【 ドイツ vs チリ 】
2017/07/03
若手中心のドイツが躍進。 【 ドイツ vs メキシコ 】
2017/06/30
個の力を担保するのか運動量を担保するのか。質を担保するのか量を担保するのか。 【 ポルトガル vs チリ 】
2017/06/29
攻略の糸口は見えている。 【 チリ vs オーストラリア 】
2017/06/28
ポルトガルの黄金期は到来するだろうか? 【 ポルトガル vs ニュージーランド 】
2017/06/27
厳しい開催国ロシアと攻撃力は高いメキシコ。 【 ロシア vs メキシコ 】
2017/06/26
若手のドイツと円熟のチリ。 【 ドイツ vs チリ 】
2017/06/25
攻撃を封じてしまえば勝算は高くなるかなと。 【 カメルーン vs オーストラリア 】
2017/06/24
相手の弱い部分を攻める戦い。 【 メキシコ vs ニュージーランド 】
2017/06/23
背骨が強いポルトガル。個の力が不足しているロシア。 【 ロシア vs ポルトガル 】
2017/06/22
攻撃についてはかなり手強そうなオーストラリア。 【 ドイツ vs オーストラリア 】
2017/06/21
チリ旋風は起こるだろうか? 【 カメルーン vs チリ 】
2017/06/20
ポルトガルはまた引き分けが多くなるのか? 【 ポルトガル vs メキシコ 】
2017/06/19
イラク戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。今野泰幸。酒井高徳。 】
2017/06/16
イラク戦選手評価 【 大迫勇也。久保裕也。本田圭佑。原口元気。井手口陽介。遠藤航。 】
2017/06/15
イラク戦 【 消耗戦で試された日本の底力。その結果はイラクに引き分け。 】
2017/06/14
困難な状況で試される監督の手腕と選手たちの個の力。
2017/06/13
トップギアの時間帯。平均的なギアの高さ。それが重要。
2017/06/12
オランダ戦(女子) 【 横山以外が決定力不足。それからSBが戦力不足。 】
2017/06/11
シリア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。井手口陽介。浅野拓磨。岡崎慎司。乾貴士。 】
2017/06/10
シリア戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。香川真司。今野泰幸。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】
2017/06/09
シリア戦 【 本田か岡崎か。原口か乾か。昌子か槙野か。ボランチも。 】
2017/06/08
ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのか。どこが修正されていたのか。
2017/06/03
選手短評。Uー20W杯2017。
2017/06/01
ベネズエラ戦(Uー20) 【 この大会に出場した事の本当の価値は。 】
2017/05/31
「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。
2017/05/30
【 香川真司 】 EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのように。 【 フランクフルト vs ドルトムント 】
2017/05/29
イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】
2017/05/28
引き分けにする事が最優先のイタリア戦。
2017/05/27
親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。
2017/05/26
ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】
2017/05/25
【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】
2017/05/23
南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】
2017/05/22
ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。
2017/05/16
【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】
2017/05/15
【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】
2017/05/14
岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?
2017/05/10
【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】
2017/05/08
【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】
2017/05/07
【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】
2017/05/02
【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】
2017/05/01
【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】
2017/04/30
【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】
2017/04/29
【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】
2017/04/28
【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】
2017/04/27
【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】
2017/04/25
宇佐美貴史がやるべき事。
2017/04/21
【 香川真司 】 まだ好調を維持している。 【 モナコ vs ドルトムント 】
2017/04/20
【 岡崎慎司 】 パフォーマンスは良かったが戦術的に仕方ない交代だった。 【 レスター vs A・マドリード 】
2017/04/19
【 武藤嘉紀 】【 原口元気 】 頑張っている割には効いていないと定まってきている方向性。 【 マインツ vs ヘルタ 】
2017/04/18
【 宇佐美貴史 】【 大迫勇也 】 まだ変わらない状況と怪我明けの影響。 【 アウグスブルク vs ケルン 】
2017/04/17
【 香川真司 】 代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】
2017/04/16
【 岡崎慎司 】 1回あった得点機を決めてもらいたかった。 【 A・マドリード vs レスター 】
2017/04/14
【 香川真司 】 1ゴール1アシスト。完全に復活した? 【 ドルトムント vs モナコ 】
2017/04/13
コスタリカ戦(女子) 【 日本の良さが100%近く発揮された試合だった。 】
2017/04/10
【 香川真司 】【 酒井高徳 】 1ゴール1アシストの香川。現在は絶好調。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】
2017/04/06
【 岡崎慎司 】 監督交代後は常にスタメンで6連勝。 【 レスター vs サンダーランド 】
2017/04/05
【 香川真司 】 1アシスト。代表戦から戻っても好調を維持。 【 シャルケ vs ドルトムント 】
2017/04/04
【 乾貴士 】 ようやく今季の初ゴールを決める。 【 ビジャレアル vs エイバル 】
2017/04/03
【 岡崎慎司 】 そろそろ得点も取れそうな気配が漂ってきた。 【 レスター vs ストーク 】
2017/04/02
香川の2.5列目と「4-4-1-1」について。
2017/04/01
タイ戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。本田圭佑。清武弘嗣。宇佐美貴史。 】
2017/03/31
タイ戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。久保裕也。香川真司。酒井高徳。山口蛍。 】
2017/03/30
タイ戦 【 ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣だったから。 】
2017/03/29
ダイアゴナル。大きなワンツー。DFラインを破るドリブル。
2017/03/28
タイ戦のスタメンについて。
2017/03/27
UAE戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。岡崎慎司。 】
2017/03/26
UAE戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。今野泰幸。香川真司。山口蛍。 】
2017/03/25
UAE戦 【 素晴らしかった結果と今野のパフォーマンス。しかし守備と交代采配には問題や不満も。 】
2017/03/24
選手の距離感。セットプレイ。守備の設定位置と個々の選手の粘り強い対応。
2017/03/23
UAE戦のスタメンについて。交代で対応できるプランを。
2017/03/22
【 乾貴士 】 壁を乗り越えられない原因。 【 エイバル vs エスパニョール 】
2017/03/21
【 大迫勇也 】 1ゴール1アシスト。半端ない大迫を代表戦でも見せて欲しい。 【 ケルン vs ヘルタ 】
2017/03/20
【 岡崎慎司 】 4試合連続スタメンで4連勝。 【 ウェストハム vs レスター 】
2017/03/19
【 香川真司 】 最高の状態で代表戦へ。 【 ドルトムント vs インゴルシュタット 】
2017/03/18
意外だったのは中盤の選出と宇佐美の選出。
2017/03/17
【 岡崎慎司 】 レスターに欠かせない選手の一人。 【 レスター vs セビージャ 】
2017/03/16
【 乾貴士 】 運が無いというのか、そういう流れにハマってしまったというのか。 【 オサスナ vs エイバル 】
2017/03/15
ポテンシャルが発揮できないのはなぜか?
2017/03/14
【 香川真司 】 敗戦だったが香川のパフォーマンスはかなり高かった。 【 ヘルタ vs ドルトムント 】
2017/03/13
【 大迫勇也 】 チーム状態が悪く我慢が続くのかなと。 【 インゴルシュタット vs ケルン 】
2017/03/12
自分でシュートを打つスペースを作る卓越した技術力と賢さ。ルイス・スアレス。
2017/03/11
より求められる、個で「はがす」能力。
2017/03/10
オランダ戦(女子) 【 ずっとある課題は依然として改善されておらず。 】
2017/03/09
【 大迫勇也 】 前半18分頃に決定的な得点チャンスがあった。 【 ケルン vs バイエルン・ミュンヘン 】
2017/03/08
ノルウェー戦(女子) 【 横山がFWの軸へ。GK池田の安定感も光った。 】
2017/03/07
【 長谷部誠 】 オフサイド・トラップ有りきの守備は難しい。 【 フランクフルト vs フライブルク 】
2017/03/06
【 岡崎慎司 】 今の感じを続ける事がベターだと思う。 【 レスター vs ハル 】
2017/03/05
アイスランド戦(女子) 【 世代交代は上手く進みそうな気配がする。 】
2017/03/04
現時点でのハリルジャパンの23人を予想。
2017/03/03
【 乾貴士 】 攻撃面だけでも連携を良くしたい。 【 ソシエダ vs エイバル 】
2017/03/02
【 岡崎慎司 】 必要不可欠な存在になるはず。 【 レスター vs リヴァプール 】
2017/03/01
【 乾貴士 】 気持ちもフィジカル・コンディションもリフレッシュしたい。 【 エイバル vs マラガ 】
2017/02/28
【 原口元気 】【 長谷部誠 】 対照的なチーム状態になりつつある? 【 ヘルタ vs フランクフルト 】
2017/02/27
【 大迫勇也 】 1得点。しかし最近は3試合で0勝1分2敗。 【 ライプツィヒ vs ケルン 】
2017/02/26
【 岡崎慎司 】 その後の結果はどうあれ・・・。 【 セビージャ vs レスター 】
2017/02/25
【 原口元気 】 だいぶ右サイドでのプレイも慣れてきた様子だった。 【 ヘルタ vs バイエルン 】
2017/02/24
【 香川真司 】 そこは鶏と卵みたいな状態。 【 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 】
2017/02/23
【 長谷部誠 】 PKを決められず。 【 フランクフルト vs インゴルシュタット 】
2017/02/22
【 大迫勇也 】 半分冗談、半分本気で、大迫が3人ぐらい必要だなと。 【 ケルン vs シャルケ 】
2017/02/21
【 酒井高徳 】 1アシスト。守備はタイミングや当たり方に工夫を。 【 ハンブルガー vs フライブルク 】
2017/02/20
【 岡崎慎司 】 やはりそろそろラニエリは潮時かなと。 【 ミルウォール vs レスター 】
2017/02/19
【 岡崎慎司 】 大鉈を振るう事で断ち切れるかどうか。 【 スウォンジー vs レスター 】
2017/02/17
【 香川真司 】 使わざるを得ない状況にするしかない。 【 ダルムシュタット vs ドルトムント 】
2017/02/16
【 乾貴士 】 チームは好調だが・・・。 【 エイバル vs グラナダ 】
2017/02/15
【 大迫勇也 】 ボランチとして攻撃のタクトを揮った。 【 フライブルク vs ケルン 】
2017/02/14
【 原口元気 】 早く右での攻守感覚に慣れる必要があると思う。 【 シャルケ vs ヘルタ 】
2017/02/13
【 長谷部誠 】 守備のフィルターがかからないと・・・。 【 レヴァークーゼン vs フランクフルト 】
2017/02/12
【 武藤嘉紀 】 まずは小さなユニットによる連携を。 【 マインツ vs アウグスブルク 】
2017/02/11
【 長谷部誠 】 ニコ・コバチ監督の戦術にハマっている。 【 フランクフルト vs ダルムシュタット 】
2017/02/09
【 武藤嘉紀 】 パートナー探し。 【 ホッフェンハイム vs マインツ 】
2017/02/08
【 大迫勇也 】 そこの壁を早く打ち破ってもらいたい。 【 ケルン vs ヴォルフスブルク 】
2017/02/07
【 岡崎慎司 】 不運による流れの悪さとは言えない。 【 レスター vs マンチェスター・U 】
2017/02/06
【 原口元気 】 1ゴール。しかし全体的な印象としてはやや大人しい感じだった。 【 ヘルタ vs インゴルシュタット 】
2017/02/05
【 岡崎慎司 】 もはや泥舟? 【 バーンリー vs レスター 】
2017/02/03
【 武藤嘉紀 】 まずは前の2人による形と連携が大きなポイント。 【 マインツ vs ドルトムント 】
2017/02/02
【 長友佑都 】 もっと工夫やアイデアが欲しいかなと。 【 インテル vs ペスカラ 】
2017/02/01
【 大迫勇也 】 ビッグ・サプライズとは言えない。 【 ダルムシュタット vs ケルン 】
2017/01/31
【 乾貴士 】 警戒されているなかでどうプレイするのか。 【 エイバル vs デポルティーボ・ラ・コルーニャ 】
2017/01/30
【 宇佐美貴史 】 馴染めていない。 【 ヴォルフスブルク vs アウグスブルク 】
2017/01/29
【 長谷部誠 】 やはり今季は3バックの中央の方がしっくりくる。 【 シャルケ vs フランクフルト 】
2017/01/28
【 武藤嘉紀 】【 大迫勇也 】 どちらも悪くないパフォーマンスだった。 【 マインツ vs ケルン 】
2017/01/25
【 乾貴士 】 チームも乾も次のステージに上がれるかどうか。 【 エイバル vs バルセロナ 】
2017/01/24
【 岡崎慎司 】【 吉田麻也 】 そろそろラニエリの首も危ない? 【 サウザンプトン vs レスター 】
2017/01/23
【 香川真司 】 調子の良い相手、強い相手との試合でどうなのか、という事が問題なので。 【 ブレーメン vs ドルトムント 】
2017/01/22
A・マドリードの次はセビージャが二強を喰う? 【 セビージャ vs R・マドリード 】
2017/01/17
【 乾貴士 】 とにかく決定機でシュートを決めてもらいたい。 【 スポルティング・ヒホン vs エイバル 】
2017/01/16
【 岡崎慎司 】 一歩進んだと思ったら一歩戻る状態。 【 レスター vs チェルシー 】
2017/01/15
【 乾貴士 】 特に前半は個としての輝きを強く放っていた。 【 エイバル vs A・マドリード 】
2017/01/08
【 岡崎慎司 】 もっと個の質を追求する事が鍵。 【 ミドルスブラ vs レスター 】
2017/01/04
2017年からのJリーグは常に強さと質を高めようとする知恵と切磋琢磨がある事。
2017/01/02
今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2016年も御愛読ありがとうございました。
2016/12/30
本田圭佑。長友佑都。岡崎慎司。清武弘嗣。乾貴士。2016ー17の前半期を見て思った事。
2016/12/28
【 岡崎慎司 】 その扱いが少し可哀想だなと。 【 レスター vs エヴァートン 】
2016/12/27
日本人ブンデスリーガーの2016ー17の前半期を見て思った事。
2016/12/26
【 大迫勇也 】 個のパフォーマンスは相変わらず攻守に良さを見せている。 【 ケルン vs レヴァークーゼン 】
2016/12/22
【 宇佐美貴史 】 どちらかと言えば周囲との連携力が無い事の方が問題だと思う。 【 アウグスブルク vs メンヘングラードバッハ 】
2016/12/21
【 乾貴士 】 どうにかして、決定力を上げられないものか。 【 レガネス vs エイバル 】
2016/12/20
日本のサッカーは1つの勝利を手に入れたと言っても良いのではないだろうか。 【 鹿島アントラーズ vs レアル・マドリード 】
2016/12/19
【 岡崎慎司 】 すごくチャンスではあると思うのだが・・・。 【 ストーク vs レスター 】
2016/12/18
日本のサッカーを進化させる道。リアクションの速さを上げる。
2016/12/16
壁というのは、想像しなかったタイミングで、壊せる時には簡単に壊せるものだなと。 【 鹿島アントラーズ vs A・ナシオナル 】
2016/12/15
【 本田圭佑 】 ポジションはどこであれ良いパフォーマンスを見せるしかない。 【 ローマ vs ミラン 】
2016/12/14
【 乾貴士 】 こういう試合で違いを見せられる選手になれれば。 【 エイバル vs アラベス 】
2016/12/13
【 岡崎慎司 】 ヴァーディが復活したら岡崎はどうなる? 【 レスター vs マンチェスター・シティ 】
2016/12/12
【 大迫勇也 】 本田の後継者は大迫? 【 ケルン vs ドルトムント 】
2016/12/11
日本のサッカーを進化させる道。個の力で強引に、という部分もないと厳しい。
2016/12/09
【 岡崎慎司 】 チームの選手層の薄さが深刻な状態。 【 ポルト vs レスター 】
2016/12/08
日本のサッカーを進化させる道。フィジカル・コンタクトの技術を高める。
2016/12/07
本田圭佑。ポジションごとの役割やプレイの仕方を考察。
2016/12/06
【 乾貴士 】 1アシスト。今は決定力さえ高ければ文句無しなのだが。 【 ビルバオ vs エイバル 】
2016/12/05
【 岡崎慎司 】 今は岡崎を軸にした攻撃を考えた方が良いのではないか。 【 サンダーランド vs レスター 】
2016/12/04
浅野拓磨。中央でもサイドでも、という事が鍵。
2016/12/02
清武弘嗣。万能である必要はないが、しかし。
2016/12/01
【 清武弘嗣 】 それでもおそらくまだ厳しい状況は変わらないと思う。 【 セビージャ vs バレンシア 】
2016/11/30
【 乾貴士 】 後半46分まで出場し、1アシスト、2得点に絡む活躍。 【 エイバル vs ベティス 】
2016/11/29
【 岡崎慎司 】 ヴァーディやマフレズよりも良いパフォーマンスだった。 【 レスター vs ミドルスブラ 】
2016/11/28
2016年のハリルジャパンを皆様の御意見で検証。そして2017年にはどうするべきか。
2016/11/26
山口蛍。攻撃面だけではなく守備面についても改善点が多くある。
2016/11/25
皆様への質問。ハリルジャパンについて。
2016/11/24
CLの試合で輝きを放った岡崎慎司と香川真司。
2016/11/23
原点回帰は基礎的な事の再確認。例えば岡崎なら。
2016/11/22
こうあるべきだ、という事が重要なのではない。そして、トレンドは、守備的な戦術の中で活きるのか、どう活きるのか、という事がポイントになっている。
2016/11/21
【 岡崎慎司 】 ヴァーディのPK獲得をアシストしたが。 【 ワトフォード vs レスター 】
2016/11/20
2016年のハリルジャパンを検証。そして2017年にはどうするべきか。
2016/11/19
サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。本田圭佑。香川真司。岡崎慎司。 】
2016/11/18
サウジアラビア戦選手評価 【 大迫勇也。清武弘嗣。原口元気。久保裕也。長谷部誠。山口蛍。 】
2016/11/17
サウジアラビア戦 【 これからも臆せず新戦力や若い選手を使うべし。 】
2016/11/16
ドリブラーへの対応。崩す(得点を取る)イメージ。セットプレイでのミスマッチ。
2016/11/15
オマーン戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。丸山祐市。吉田麻也。森重真人。西川周作。岡崎慎司。浅野拓磨。久保裕也。小林祐希。原口元気。 】
2016/11/14
オマーン戦選手評価 【 大迫勇也。清武弘嗣。齋藤学。本田圭佑。永木亮太。山口蛍。 】
2016/11/13
オマーン戦 【 4つの形の改善点。岡崎と香川と本田がスタメンから外れる可能性。 】
2016/11/12
ハリルジャパン。機能性を上げる重要な3つのポイント。
2016/11/11
中盤の守備力の必要性が高くなっている3つの理由。
2016/11/10
ハリルジャパン。「4-4-2」のシステムにするならば。
2016/11/09
ハリルジャパン。3バックのシステムにするならば。
2016/11/08
酒井高徳のボランチと長谷部のCB(3バックの中央)。
2016/11/06
ハリルジャパン。テーマは、チャレンジ、であってもらいたい。
2016/11/05
その判断材料はセオリーとトレンド。そして、良い流れを作る、という事。
2016/11/04
ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる事は、ハイプレス&ポゼッションの至上主義になる事と変わらない。
2016/11/03
【 岡崎慎司 】 昨季よも重要な存在になっているとも言える。 【 トッテナム vs レスター 】
2016/11/02
【 香川真司 】 ゴール前に行くタイミングが早過ぎるかなと。 【 ドルトムント vs シャルケ 】
2016/11/01
サウジアラビア戦(Uー19) 【 高い意識を持って個の能力の成長に努めてもらいたい。 】
2016/10/31
ベトナム戦(Uー19) 【 その時から戦術やスタイルがやるからできるになる。 】
2016/10/29
【 本田圭佑 】 きちんと公平に評するならば。 【 ジェノア vs ミラン 】
2016/10/27
個の力という前提が存在していなければ全ては成り立たない。
2016/10/26
タジキスタン戦(Uー19) 【 中山雄太はハリルジャパンに加えても良いと思う。 】
2016/10/25
【 岡崎慎司 】 最もトレンドなトップ下だった岡崎。 【 レスター vs クリスタル・パレス 】
2016/10/24
【 香川真司 】 日本代表でもドルトムントでも香川に残されている席は。 【 インゴルシュタット vs ドルトムント 】
2016/10/23
ハリル叩きについて思う。感情的な批判や悪意のある煽りは得が無い。
2016/10/22
カタール戦(Uー19) 【 ゴリゴリジャパンで次の試合も勝利を。 】
2016/10/21
香川真司。右SBだと思ってプレイする感じで良い。
2016/10/20
ハリル叩きについて思う。批判だけして解決策を提示しないならば意味が無い。
2016/10/19
イラン戦(Uー19) 【 少し全体的にボール扱いのテクニックが不足しているように感じる。 】
2016/10/18
皆様への質問。日本代表について。
2016/10/17
イエメン戦(Uー19) 【 ファースト・コンタクト。意外性。個の輝き。 】
2016/10/16
現行のシステムの限界。国内のマスコミとファンの成熟度。原口のPKのシーン。
2016/10/15
オーストラリア戦選手評価 【 槙野智章。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。清武弘嗣。浅野拓磨。丸山祐市。 】
2016/10/14
オーストラリア戦選手評価 【 本田圭佑。香川真司。原口元気。小林悠。長谷部誠。山口蛍。 】
2016/10/13
オーストラリア戦 【 多くの要素が正しかったと思う。勝てる可能性も感じられた。 】
2016/10/12
日本のサッカーは後退したのか? それは「YES」でもあり「NO」でもある。
2016/10/11
イラク戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。浅野拓磨。山口蛍。小林悠。 】
2016/10/09
イラク戦選手評価 【 岡崎慎司。清武弘嗣。原口元気。本田圭佑。柏木陽介。長谷部誠。 】
2016/10/08
イラク戦 【 高いパフォーマンスを見せた選手は? 低いパフォーマンスを見せた選手は? それがほぼ全てだったと思う。 】
2016/10/07
こういう時こそ何が重要なのか?
2016/10/06
個人的に思うイラク戦のベターなスタメン。
2016/10/04
日本の選手の決定力を改善するためには外的な要因が必要。
2016/10/01
変えるリスクか。変えないリスクか。しかし何かしらの新しい目に見えるチャレンジはするべきタイミングだと思う。
2016/09/30
あえて香川を活かすなら? ポイントは3つ。
2016/09/29
日本のサッカーあるいは日本代表が向かうべき先。
2016/09/27
個人的に考えるイラク戦のベターなスタメン。
2016/09/26
岡崎、大迫、武藤、浅野、実は日本代表のFWは充実してきた?
2016/09/23
岡崎慎司。カップ戦のチェルシー戦で2得点。しかしヴァーディやマレズがいた場合には。
2016/09/21
岡崎は38試合で10得点で良い。つまり昨季から5得点増やすだけで良い。
2016/09/20
岡崎はミドルシュートをガンガン打つべき。
2016/09/19
【 清武弘嗣 】 魔法をかけた1アシスト。しかし課題も見えた試合だった。 【 エイバル vs セビージャ 】
2016/09/18
【 本田圭佑 】 流れ的に本田を使うタイミングが無かった。 【 サンプドリア vs ミラン 】
2016/09/17
何が問題だったのか。形としての問題と、しかし、大前提としての個の力。
2016/09/16
香川がどうすれば活躍できるのかは答えが出ていると思う。
2016/09/15
本田が中央へ入る事は絶対悪ではないと思う。
2016/09/14
ザックジャパンの「3-4-3」から考える「3-4-2-1」。
2016/09/13
【 本田圭佑 】 途中出場で攻撃を活性化させ決定機は作った。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】
2016/09/12
現在の「4-2-3-1」はマンネリ感があって停滞している。
2016/09/10
タイ戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。武藤嘉紀。宇佐美貴史。小林悠。 】
2016/09/09
タイ戦選手評価 【 浅野拓磨。香川真司。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】
2016/09/08
タイ戦 【 2割の期待、8割の不安、という印象しか抱けなかった。 】
2016/09/07
それはやはり個の力の強さに起因している。
2016/09/06
レスターのシステムは? 大島については? 中央渋滞については?
2016/09/05
UAE戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。原口元気。浅野拓磨。 】
2016/09/04
UAE戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。清武弘嗣。本田圭佑。大島僚太。長谷部誠。 】
2016/09/03
UAE戦 【 望んだ厳しさでもあるはず。是非とも乗り越えてもらいたい。 】
2016/09/02
そのハードルを乗り越えるために重要なのは成長であり、尽きない向上心。
2016/09/01
【 清武弘嗣 】 後半15分で交代になった原因は? 【 ビジャレアル vs セビージャ 】
2016/08/31
【 岡崎慎司 】 岡崎とオルブライトンの代わりは見当たらない。 【 レスター vs スウォンジー 】
2016/08/30
【 本田圭佑 】 勝てなければ意味が無い。本田は出場無し。 【 ナポリ vs ミラン 】
2016/08/29
【 香川真司 】【 武藤嘉紀 】 勝利に貢献の香川真司。1得点の武藤嘉紀。 【 ドルトムント vs マインツ 】
2016/08/28
育成の問題は指導者の問題。
2016/08/27
W杯最終予選のUAE戦とタイ戦のメンバーについて。
2016/08/26
今季のボルシア・ドルトムントについて。
2016/08/25
【 本田圭佑 】 昨季と変わらないミラン。本田は出場無し。 【 ミラン vs トリノ 】
2016/08/24
【 清武弘嗣 】 1ゴール1アシストの活躍。多くのアシストや得点に期待できそう。 【 セビージャ vs エスパニョール 】
2016/08/23
【 岡崎慎司 】 レスターには岡崎とオルブライトンの守備力が欠かせない。 【 レスター vs アーセナル 】
2016/08/22
【 乾貴士 】 攻守において欠かせない選手になれるかどうか。 【 デポルティーボ・ラ・コルーニャ vs エイバル 】
2016/08/21
清武弘嗣とセビージャについて。
2016/08/19
【 清武弘嗣 】 どれだけ連携を高められるかが鍵になると思う。 【 セビージャ vs バルセロナ 】
2016/08/15
【 岡崎慎司 】 早い段階での個あるいはチームとしての結果がポジション争いの鍵か。 【 ハル vs レスター 】
2016/08/14
リオデジャネイロ五輪選手評価。 【 井手口陽介。遠藤航。藤春廣輝。室屋成。亀川諒史。植田直通。塩谷司。櫛引政敏。中村航輔。 】
2016/08/13
リオデジャネイロ五輪選手評価。 【 興梠慎三。浅野拓磨。鈴木武蔵。中島翔哉。南野拓実。矢島慎也。原川力。大島僚太。 】
2016/08/12
スウェーデン戦(Uー23) 【 総括的には成功したと言えるのではないだろうか。 】
2016/08/11