全ての記事の表示

森保ジャパンについての3つのキーワード。
2018/10/20
ウルグアイ戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。吉田麻也。三浦弦太。東口順昭。原口元気。青山敏弘。 】
2018/10/19
ウルグアイ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。遠藤航。 】
2018/10/18
ウルグアイ戦 【 アジアカップに向けては晴天。W杯に向けては曇天。 】
2018/10/17
ウルグアイ戦の重要な観点。ポジショナルプレーと個の力。
2018/10/16
パナマ戦選手評価 【 佐々木翔。室屋成。槙野智章。冨安健洋。権田修一。川又堅碁。北川航也。堂安律。柴崎岳。 】
2018/10/15
パナマ戦選手評価 【 大迫勇也。南野拓実。原口元気。伊東純也。三竿健斗。青山敏弘。 】
2018/10/14
パナマ戦 【 世代交代が順調に進みそうな期待感も高まった。しかし、3つの課題有り。 】
2018/10/13
根源でもありプラスαでもある持ち味(個性)をいかに発揮するのか。
2018/10/12
森保監督の目指すサッカーを知るためにもトータルフットボールを理解したい。
2018/10/11
トータルフットボールとポジショナルプレー。
2018/10/10
ポジショナルプレーとフレキシブルさを理解する。
2018/10/09
【 乾貴士 】 出場無し。まだチャンスは大きくあるとは思うが。 【 A・マドリード vs ベティス 】
2018/10/08
サイドの選手のポジショニングによってディフェンスの枚数を使い分ける、というのは、どのような意図の戦術なのか?
2018/10/07
森保ジャパンは西野ジャパンが初戦のガーナ戦で試した戦い方に再びトライしても良いのかなと。
2018/10/06
パナマ戦とウルグアイ戦に向けて招集されたメンバーについて。
2018/10/05
個人的に思う10月の2試合に招集してもらいたいメンバー22名。
2018/10/04
【 柴崎岳 】 出場無し。やりたい事よりも、求められる事をやった方が良い時期もある。 【 セルタ vs ヘタフェ 】
2018/10/03
宇佐美貴史。テクニックはあるけど・・・、という典型的な選手になっている。
2018/10/02
【 乾貴士 】 出場無し。どうやってスピードを上げるスイッチを入れるのか。 【 ベティス vs レガネス 】
2018/10/01
【 武藤嘉紀 】 後半25分から途中出場。まずは1つ結果を。岡崎は出場無し。 【 ニューカッスル vs レスター 】
2018/09/30
【 乾貴士 】 結果が出るか否かに関わらず、ドリブルでの仕掛けやシュートへの積極性、という部分については、きちんと毎試合担保しておかないと、印象は悪くなるかなと。 【 ジローナ vs ベティス 】
2018/09/28
最終的には、必ず複数で対応する、それから、ゾーンディフェンスでやる、という事ではあるが、最初はマンツーマンディフェンスでやって、まずは個の守備力を高めると。
2018/09/27
欧州式のゾーンディフェンスはこうだ、日本式のゾーンディフェンスはこうだ、というのは、あまり意味が無い。
2018/09/26
香川真司の現状と将来についての考察。
2018/09/25
【 乾貴士 】 後半33分から出場。まだスイッチが入っていない感じがする。 【 ベティス vs ビルバオ 】
2018/09/24
【 柴崎岳 】 出場無し。チャンスが少しでも多く訪れてくれると良いのだが。 【 ヘタフェ vs A・マドリード 】
2018/09/23
プレーの連続性を高める必要があると思う。
2018/09/22
森保ジャパンのサイクル的な立ち位置は西野ジャパンを継承する形でのビルド。
2018/09/21
ハリルジャパンを正しく評価すべき。
2018/09/20
秋春制への移行と外国籍枠の拡大が必要。
2018/09/19
グアルディオラ時代のバルセロナのサッカーは特殊なサッカー。
2018/09/18
【 柴崎岳 】 後半17分から途中出場したが良さは見られず。 【 セビージャ vs ヘタフェ 】
2018/09/17
【 乾貴士 】 攻守に良いパフォーマンスだったが物足りず。 【 バレンシア vs ベティス 】
2018/09/16
コスタリカ戦選手評価 【 槙野智章。三浦弦太。東口順昭。浅野拓磨。天野純。伊東純也。車屋紳太郎。守田英正。三竿健斗。 】
2018/09/14
コスタリカ戦選手評価 【 小林悠。南野拓実。中島翔哉。堂安律。遠藤航。青山敏弘。佐々木翔。室屋成。 】
2018/09/13
コスタリカ戦 【 リオ五輪世代が躍動。しかし、初戦なのに良すぎたかも、という印象は残った。 】
2018/09/12
アジアカップに向けてのアプローチは? 森保ジャパンのコンセプトは?
2018/09/11
森保監督のサッカーの特性について。最大の注意点はポゼッションに拘りすぎない事。
2018/09/10
まずは、どれぐらいの人数なら守れそうなのか、という事を確かめてもらいたい。
2018/09/09
「ジャパンズ・ウェイ」や「日本らしさ」という事に対しての違和感。
2018/09/08
森保監督のサッカーの特性について。
2018/09/07
まずは、自分を出しきる、という部分を重視してピッチに立ってもらいたい。
2018/09/06
【 乾貴士 】 もう少し乾も動きの量を増やした方がパフォーマンスが上がると思う。 【 ベティス vs セビージャ 】
2018/09/05
韓国戦選手評価(Uー21) 【 板倉滉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。遠藤渓太。旗手怜央。神谷優太。初瀬亮。 】
2018/09/04
韓国戦選手評価(Uー21) 【 上田綺世。岩崎悠人。三好康児。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。 】
2018/09/03
韓国戦(Uー21) 【 選手たちも監督もここからの成長が重要。 】
2018/09/02
中国戦(女子) 【 アジア内だけの内弁慶で終わらないように。 】
2018/09/01
次のW杯へ向けてのサバイバルがスタート。
2018/08/31
UAE戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。神谷優太。渡辺皓太。遠藤渓太。初瀬亮。杉岡大暉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。松本泰志。 】
2018/08/31
UAE戦(Uー21) 【 勝った事よりも課題と向き合うべき。 】
2018/08/30
サウジアラビア戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。板倉滉。大南拓磨。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。三好康児。遠藤渓太。 】
2018/08/29
サウジアラビア戦(Uー21) 【 アプローチの変更と柔軟性を森保監督に求めたい。 】
2018/08/28
【 乾貴士 】 序盤は良かった。しかし乾の使い方にはやや疑問符。 【 アラベス vs ベティス 】
2018/08/27
マレーシア戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。松本泰志。渡辺皓太。杉岡大暉。長沼洋一。板倉滉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。上田綺世。 】
2018/08/26
マレーシア戦(Uー21) 【 かなり現状は、やはり、五輪は厳しくなるとしか思えない。 】
2018/08/25
F・トーレスとイニエスタとポドルスキ。それぞれの現状。
2018/08/23
【 柴崎岳 】 次の試合でもスタメン起用されるのかどうかに注目したい。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】
2018/08/22
ベトナム戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。三笘薫。三好康児。神谷優太。渡辺皓太。遠藤渓太。初瀬亮。杉岡大暉。原輝綺。立田悠悟。オビ・パウエルオビンナ。松本泰志。上田綺世。岩崎悠人。 】
2018/08/21
ベトナム戦(Uー21) 【 足りなかった個の力。想定外とは言えない敗戦。 】
2018/08/20
【 乾貴士 】 途中出場で上々のパフォーマンスを見せる。 【 ベティス vs レバンテ 】
2018/08/19
パキスタン戦選手評価(Uー21) 【 前田大然。岩崎悠人。旗手怜央。松本泰志。神谷優太。遠藤渓太。長沼洋一。大南拓磨。岡崎慎。板倉滉。小島亨介。オビ・パウエルオビンナ。原輝綺。初瀬亮。 】
2018/08/18
パキスタン戦(Uー21) 【 まず見たいのは個の力でありスタイルや形はその次。 】
2018/08/17
ネパール戦選手評価(Uー21) 【 上田綺世。三笘薫。三好康児。松本泰志。渡辺皓太。初瀬亮。長沼洋一。杉岡大暉。原輝綺。立田悠悟。小島亨介。前田大然。板倉滉。 】
2018/08/16
ネパール戦(Uー21) 【 もっと個をアピールしてもらいたい。個の力を見せてもらいたい。 】
2018/08/15
イニエスタのJ初ゴール。後半期の代表活動の難しさ。
2018/08/12
代表というのは資金力の乏しいクラブと同じ性質を持つチーム。そして、育成のためにも活用されなければならない場。
2018/08/10
F・トーレスとイニエスタの活かし方。
2018/08/08
攻撃的なサッカーとは何か? ではなく、勝てる攻撃的なサッカーとは何か? または、負けない攻撃的なサッカーとは何か? という事が重要。
2018/08/07
18歳から23歳ぐらいまでの選手の育成にもっと力を入れるべき。
2018/08/06
高倉ジャパン。3連敗で得られたものを成長の糧にできるかどうか。
2018/08/05
皆様への質問でいただいたコメントから考える森保ジャパン。
2018/08/03
外国人枠撤廃について。過ぎたるは及ばざるが如し。
2018/08/01
皆様への質問。森保ジャパンについて。
2018/07/31
日本代表で3バックをやる場合に見極めの大きなポイントになる要素。
2018/07/30
3バックで前からはめ込むハイプレス型の守備を機能させる方法。
2018/07/29
森保ジャパンのこれからについて。とりあえず来年1月のアジアカップまでは。
2018/07/28
森保監督を支持できるポイントと支持できないポイント。
2018/07/27
ボランチとSBとCBとGK。それぞれに求められる能力。
2018/07/26
CFとトップ下とサイドアタッカー。それぞれに求められる能力。
2018/07/25
イニエスタとF・トーレス。その2人から何を学ぶべきなのか。
2018/07/23
日本代表の監督人事について。監督の能力と選手の能力というのは両輪であり、どちらが足りなくても難しくなると思う。
2018/07/21
正しい認識を持ってもらいたい3つの事。
2018/07/20
属人的な組織の継続性と日本のサッカーの確立について。
2018/07/19
もっと属人的であるべき。強い組織は属人的でなければ生まれない。
2018/07/18
ロシアW杯総括。変わらないものと変わりゆくもの。どちらの要素も重要。
2018/07/17
イングランド。ベルギー。クロアチア。フランス。それぞれのチームに対する雑感。
2018/07/16
GK川島永嗣。何が問題だったのか。間違いなく、今回の川島と、そういう川島を使い続けた西野監督への批判は、あって当然のもの。
2018/07/14
ハリルホジッチ監督も西野監督も方向性に合わない選手たちを除外したのは同じ。
2018/07/13
4年前との違い。個の変化と成長。
2018/07/12
スペイン。ロシア。デンマーク。スウェーデン。スイス。コロンビア。それぞれのチームに対しての雑感。
2018/07/11
ウルグアイ。ポルトガル。ブラジル。メキシコ。それぞれのチームに対しての雑感。
2018/07/10
次の日本代表監督にも望む事は、日本のサッカーに無いもの、足りないもの、それをもたらしてくれる人である事。
2018/07/09
【後編】西野ジャパン総括。ザックジャパン+アギーレジャパン+ハリルジャパン。
2018/07/08
【前編】西野ジャパン総括。スイス戦後がターニングポイントだった。
2018/07/07
ベルギー戦のあれこれについて。結果論で良い悪いを判断するのは正しくない。
2018/07/06
ベルギー戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。本田圭佑。山口蛍。 】
2018/07/05
ベルギー戦選手評価 【 大迫勇也。香川真司。乾貴士。原口元気。長谷部誠。柴崎岳。 】
2018/07/04
ベルギー戦 【 見えていないようで見えている差。それが個としての守備力。 】
2018/07/03
ポーランド戦選手評価 【 岡崎慎司。武藤嘉紀。宇佐美貴史。酒井高徳。山口蛍。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。大迫勇也。乾貴士。長谷部誠。 】
2018/07/02
結果が全てではない。評価は結果だけで判断されない。物事はそんな単純ではない。
2018/07/02
今回の事については、西野監督や一部の選手たちが、きちんと正しい認識と理解をしている事が、最大の救いだなと。
2018/07/01
「あれは正しかった」という集団ヒステリー状態の日本。それというのは、誰かを袋叩きにする悪しき風潮と、何も変わらない。
2018/07/01
西野監督も認めているようにあれは下策。あれは最低の作戦だったが、とりあえず先には進めたので、ベルギー戦では頑張ろう、というのが正しい考え方。
2018/06/30
ポーランド戦 【 結果オーライで良しとするのは、個人的には肯定し難い。結果論で良い悪いを判断するのは、正しくない、と思う。 】
2018/06/29
取らぬ狸の皮算用をして、勘違いの余裕を出して、グループステージを敗退してしまう事だけは、絶対にやってもらいたくない。
2018/06/28
セネガル戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。岡崎慎司。本田圭佑。宇佐美貴史。 】
2018/06/27
セネガル戦選手評価 【 大迫勇也。香川真司。乾貴士。原口元気。長谷部誠。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。 】
2018/06/26
セネガル戦 【 問題は右サイドとGK。そして、勝てた試合だった、という事についての考え方。 】
2018/06/25
グループステージ第2戦。グループAからGまでの感想。
2018/06/24
アトランタ五輪の時のナイジェリア戦を繰り返さないように。
2018/06/23
コロンビア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。本田圭佑。山口蛍。岡崎慎司。 】
2018/06/22
コロンビア戦選手評価 【 大迫勇也。香川真司。乾貴士。原口元気。長谷部誠。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。 】
2018/06/21
コロンビア戦 【 最も戦いやすい状況になった試合。更に個々のパフォーマンスもチームとしての機能性も上げてグループステージを突破してもらいたい。 】
2018/06/20
グループステージ第1戦。グループAからGまでの感想。
2018/06/19
引き分けであっても勝ったに等しい、最小得失点差での負けであっても悪くはない。
2018/06/18
優秀な監督とそうではない監督の差となる要素の1つ。
2018/06/17
崩されての失点はありません、というのは、最低限の守備しかできていません、という事。
2018/06/16
パラグアイ戦選手評価 【 昌子源。植田直通。東口順昭。中村航輔。酒井宏樹。大迫勇也。原口元気。宇佐美貴史。 】
2018/06/15
パラグアイ戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。乾貴士。武藤嘉紀。山口蛍。柴崎岳。酒井高徳。遠藤航。 】
2018/06/14
パラグアイ戦 【 今こそ、周囲からも厳しい指摘が必要であると思う。 】
2018/06/13
岡田ジャパンのシステムと守備+ザックジャパンの攻撃パターン+アギーレジャパンのビルドアップの方法+ハリルジャパンの攻撃のコンセプト。
2018/06/12
スイス戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。武藤嘉紀。乾貴士。酒井宏樹。柴崎岳。香川真司。 】
2018/06/11
スイス戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。宇佐美貴史。原口元気。長谷部誠。大島僚太。長友佑都。酒井高徳。 】
2018/06/10
スイス戦 【 西野ジャパン、6戦して0勝、という事が、現実味を帯びてきた。 】
2018/06/09
日本代表の守備力を上げられる人。それが日本代表の監督に必要な一番の資質なのだと思う。
2018/06/08
GKとボランチの人選を重要視してもらいたい。
2018/06/07
大事だと思うのは、過大評価するでもなく、過小評価するでもなく、虚勢を張るでもなく、何かに固執するでもなく、素直な気持ちで、手応えを見つける事であると思う。
2018/06/06
今、とても悲しく思うのは、日本代表とそのファンが、やや対立構造にある、という事。
2018/06/05
カナダ戦(Uー21) 【 グループステージ突破はならず。収穫と課題は明確。 】
2018/06/04
ポルトガル戦(Uー21) 【 劇的な逆転勝利と2試合から見えたもの。 】
2018/06/03
ガーナ戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。長谷部誠。川島永嗣。香川真司。武藤嘉紀。酒井高徳。岡崎慎司。柴崎岳。井手口陽介。 】
2018/06/02
ガーナ戦選手評価 【 大迫勇也。宇佐美貴史。本田圭佑。大島僚太。山口蛍。長友佑都。原口元気。 】
2018/06/01
ガーナ戦 【 むしろ、1%でも2%でも勝つ確率を上げるために、という事ではなく、勝つ確率を1%か2%にした、という事なのではないかと思う。 】
2018/05/31
「5-4-1」もしくは「3-4-2-1」をやるならば注意してもらいたい事。そして、西野ジャパンの前にある最初のハードルについて。
2018/05/30
トルコ戦(Uー21) 【 本当にそういうサッカーをやり続ければ、いつの日にかは改善されるのだろうか。 】
2018/05/29
日本代表の監督や日本人の指導者に求めるべきだと思う事。
2018/05/28
ハリルホジッチ方式で選択した方がスッキリと迷いなく決められるのかなと。
2018/05/27
本当は既に答えが出ていると思う日本らしいW杯での戦い方。
2018/05/26
今回は満身創痍の日本代表で挑むW杯になってしまうかもしれない。
2018/05/25
皆様への質問。日本代表について。
2018/05/24
岡崎と香川と本田を起用して「5-4-1」(「3-4-2-1」)をやる場合に問題となりそうな事。
2018/05/23
甘い辛いを交互に繰り返しているだけに見える日本代表の歴史。
2018/05/22
勝つ確率を1%でも2%でも上げるためにはPKとセットプレイが鍵。
2018/05/21
西野ジャパンで採用されるシステムを推測してみる。
2018/05/20
ハリルホジッチの時よりも良くなる事が絶対要素。
2018/05/19
システム的な観点から岡崎と香川と本田の選出の可能性を考える。
2018/05/18
信頼関係の薄れが決定的なものだったのかどうか、そこに疑問を感じる。
2018/05/17
現時点での西野ジャパンのロシアW杯の展望。
2018/05/16
何を重視するのか。誰を信頼するのか。あまりにも難しい状況の選手選考。
2018/05/15
過去の日本代表から学べた事。温故知新。修正。それが前に正しく進める道。
2018/05/14
【 乾貴士 】 先制点を生み出す素晴らしいパスを見せる。代表では中央での起用の可能性が高まってきた? 【 エイバル vs ラス・パルマス 】
2018/05/13
2014年のブラジルW杯のザックジャパンから学べた事。
2018/05/11
2010年の南アフリカW杯の岡田ジャパンから学べた事。
2018/05/09
【 柴崎岳 】 後半の途中からパフォーマンスを上げて勝利に貢献。 【 ラス・パルマス vs ヘタフェ 】
2018/05/08
2006年のドイツW杯のジーコジャパンから学べた事。
2018/05/07
【 乾貴士 】 1ゴール1アシスト、3つの得点に絡む活躍。 【 ジローナ vs エイバル 】
2018/05/06
2002年の日韓W杯のトルシエジャパンから学べた事。
2018/05/05
1998年のフランスW杯の岡田ジャパンから学べた事。
2018/05/04
絆が排他的な集団化すると加速度的に進化から取り残される可能性がある。
2018/05/02
その罪は目先の結果が良かったとしても免罪されない。
2018/05/01
【 乾貴士 】 結果なり、もう少し良いパフォーマンスを見せておく必要がある。 【 バレンシア vs エイバル 】
2018/04/30
ハリルホジッチの会見に思う。日本のサッカーは襟を正して謙虚になるべき。
2018/04/28
ハリルホジッチの解任を支持しない理由。
2018/04/27
日本人の性格的な特性を受け入れない、という事にも一理ある。
2018/04/26
発想の出発点が間違っている。間違った認識のままでは永遠に強くならない。
2018/04/25
弱点が弱点として明確に存在していると停滞する、という事であり、そこからは逃げられない。
2018/04/24
悩みどころの多い日本代表。残り少ない時間でベターを見つけられるのか。
2018/04/23
オーストラリア戦(女子) 【 高倉ジャパンのポテンシャルの高さを示した。 】
2018/04/21
ハリルジャパンとゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの話。
2018/04/20
今回の解任劇というのは、まさにその不毛な水掛け論に日本のサッカーを放り込んでしまった、という事に他ならない。
2018/04/19
中国戦(女子) 【 光った岩渕の個の力とボランチの宇津木のサイドの高い位置へと繰り出すミドルあるいはロングのパス。 】
2018/04/18
個の力が足りないと話は永遠にループし続けるだけ。
2018/04/17
それ以上の歩み寄りはザックジャパンを繰り返すだけだった。
2018/04/16
むしろ、今回の解任劇で協会が作り出したのは、日本代表を応援し難くなる雰囲気であり、更には、選手たちへの過剰なプレッシャーであると思う。
2018/04/15
オーストラリア戦(女子) 【 高倉ジャパンのスタートはここから。 】
2018/04/14
西野朗監督の日本代表監督就任会見を聞いて思った事。
2018/04/13
韓国戦(女子) 【 全く改善されていなかった。 】
2018/04/13
ハリルホジッチを解任すべき理由もタイミングも無かった。
2018/04/12
大きな裏切り行為以外の何物でもない。手柄の横取りか責任逃れか。卑怯者は去るべし。
2018/04/11
ハリルホジッチの解任に思う。成長を諦めてしまった事に失望する。
2018/04/10
【 柴崎岳 】 チャンスは与えられている。 【 アラベス vs ヘタフェ 】
2018/04/09
ベトナム戦(女子) 【 次の試合からは1つ2つギアを上げて戦う必要がある。 】
2018/04/08
ザックジャパンで思い出してもらいたい6つの試合。そこに重要な鍵がある。
2018/04/06
ハリルホジッチには期待できない、ではなく、全くその逆に、日本はハリルホジッチの本番での采配に期待するしかない。
2018/04/04
ハリルホジッチの選手起用の大きな2つの謎。
2018/04/03
ガーナ戦(女子) 【 成長しながらW杯への出場権を得るしか道は無い。 】
2018/04/02
マリ戦とウクライナ戦の総括。重要な事は3つ。
2018/03/31
ウクライナ戦選手評価 【 槙野智章。植田直通。川島永嗣。小林悠。久保裕也。中島翔哉。三竿健斗。宇佐美貴史。 】
2018/03/30
ウクライナ戦選手評価 【 杉本健勇。柴崎岳。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。長友佑都。酒井高徳。 】
2018/03/29
ウクライナ戦 【 一定の手応えが得られた試合だったと思う。 】
2018/03/28
ガッカリして大きな悲壮感が漂っている事に対して、とてもガッカリする。
2018/03/27
そこを理解する事がファンにもメディアにも必要。
2018/03/27
マリ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。中村航輔。山口蛍。酒井高徳。本田圭佑。小林悠。三竿健斗。中島翔哉。 】
2018/03/26
マリ戦選手評価 【 大迫勇也。森岡亮太。宇佐美貴史。久保裕也。大島僚太。長谷部誠。長友佑都。宇賀神友弥。 】
2018/03/25
マリ戦 【 収穫はGKの中村とボランチの三竿と左ウイング(SH)の中島。 】
2018/03/24
日本代表、あるいは、日本のサッカーに足りていないのは、あらゆる要素の強度。タフさ。それから、それを生む柔軟性。
2018/03/23
個人的に思う、今回の2試合で主に試してもらいたい形とメンバー。
2018/03/22
アジアカップに挑む、なでしこジャパンは、高倉監督の真価が問われる。
2018/03/21
【 岡崎慎司 】 機能性のスイッチを入れた。 【 レスター vs チェルシー 】
2018/03/20
【 柴崎岳 】 ドン底のようで恵まれている状況下にある。 【 ソシエダ vs ヘタフェ 】
2018/03/19
【 乾貴士 】チームも乾も低調なパフォーマンスだった。 【 レバンテ vs エイバル 】
2018/03/18
日本代表に関する2つの質問について。
2018/03/17
マリ戦とウクライナ戦へ挑むメンバーについて。
2018/03/16
ハリルジャパンは1トップのシステムであれば岡崎や浅野などを1トップにした戦い方を機能させるべきだと思う。
2018/03/14
本田圭佑の招集はあるか? 森岡亮太と中島翔哉と堂安律の招集はあるか? 懸念される井手口陽介の状態と吉田麻也が不在のCB。
2018/03/13
【 柴崎岳 】 ドン底の状態から這い上がれる強さがあるのかどうか。 【 ヘタフェ vs レバンテ 】
2018/03/12
【 乾貴士 】どこに結果を左右する差があったのか。 【 エイバル vs レアル・マドリード 】
2018/03/11
アルガルベカップ2018の総括と高倉ジャパンの現在地。
2018/03/09
カナダ戦(女子) 【 課題を1つ1つ克服して成長するチームなってもらいたい。 】
2018/03/08
森保監督が得意とする「5-4-1」というシステムの特性について。
2018/03/07
デンマーク戦(女子) 【 2連勝。しかし改善すべき部分は明確。 】
2018/03/06
【 柴崎岳 】 厳しい状態は続く。今はまだ少し個の力不足があると思う。 【 レアル・マドリード vs ヘタフェ 】
2018/03/05
【 乾貴士 】今季の4得点目。しかし途中交代+引き分け。 【 デポルティーボ vs エイバル 】
2018/03/04
【 乾貴士 】ポジション争いの激化で更なるレベルアップを。 【 エイバル vs ビジャレアル 】
2018/03/03
アイスランド戦(女子) 【 もっともっと危機感を持ってもらいたい。 】
2018/03/03
【 柴崎岳 】 次節のレアル・マドリード戦できっかけを掴めるのかどうか。 【 ヘタフェ vs デポルティーボ 】
2018/03/02
オランダ戦(女子) 【 恥ずかしい試合となってしまった。 】
2018/03/01
最近は復活傾向の「5-3-2」というシステムの特性について。
2018/02/28
【 大迫勇也 】 2得点に絡む活躍で逆転勝利に導く。 【 ライプツィヒ vs ケルン 】
2018/02/27
【 柴崎岳 】 腐らずに諦めずに頑張れるのか、そこが分かれ道になると思う。 【 ビジャレアル vs ヘタフェ 】
2018/02/26
【 乾貴士 】2つの決定機を外してしまう。 【 セルタ vs エイバル 】
2018/02/25
「4-4-2」における「3」によるユニットの考え方。
2018/02/24
「3」が支配するサッカーの世界。全ての基準となる「3」という数字。
2018/02/23
なぜ「個の力を必要としない」に惹かれてしまうのか?
2018/02/22
【 長谷部誠 】 怪我からの復帰後も安定した良いパフォーマンス。 【 フランクフルト vs ライプツィヒ 】
2018/02/21
【 柴崎岳 】 ライバルの活躍で厳しい状況に。 【 ヘタフェ vs セルタ 】
2018/02/20
【 大迫勇也 】 素晴らしい得点。このまま好調を維持して欲しい。 【 ケルン vs ハノーファー 】
2018/02/19
【 乾貴士 】強豪クラブとの差は大概にして個の力の差。 【 エイバル vs バルセロナ 】
2018/02/18
守備力の向上って何だろう? 守備力を向上させるには具体的に何をすれば良いのだろう?
2018/02/16
乾にもやってもらいたいメッシやコウチーニョのようなクロスやシュート。
2018/02/15
柴崎の適性ポジションや役割。守備的な戦術とサイド。
2018/02/14
【 香川真司 】 前半はボランチでプレイ。軽症である事を強く願いたい。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】
2018/02/13
【 柴崎岳 】 中央よりもサイドの方が良いプレイができている。 【 バルセロナ vs ヘタフェ 】
2018/02/12
【 乾貴士 】勝利したが乾もチームも苦戦した。 【 レガネス vs エイバル 】
2018/02/11
アルガルベカップ2018へ挑むメンバーと高倉ジャパンの現状について。
2018/02/10
CF+右SH(ウイング)のポジションを勝ち取るのは誰か?
2018/02/09
森岡亮太と中島翔哉のロシアW杯行きの可能性はあるだろうか?
2018/02/08
【 香川真司 】 日本代表でも必要な香川を起用する場合の注意点。 【 ケルン vs ドルトムント 】
2018/02/07
【 柴崎岳 】 何か柴崎が先に可能性を感じさせないと。 【 ヘタフェ vs レガネス 】
2018/02/06
【 岡崎慎司 】 やはり、そろそろ得点やアシストという結果も欲しいところ。 【 レスター vs スウォンジー 】
2018/02/05
【 乾貴士 】5得点の大勝。しかし乾には一回休みが必要だと思う。 【 エイバル vs セビージャ 】
2018/02/04
岡崎慎司と柴崎岳が現状を変えるには?
2018/02/01
【 大迫勇也 】 今はフィットネスを良くする事が最も重要だと思う。 【 ケルン vs アウグスブルク 】
2018/01/31
【 柴崎岳 】 もっと高い個の力を見せてもらいたい。 【 セビージャ vs ヘタフェ 】
2018/01/30
【 香川真司 】 現在はとてもフィジカル・コンディションが良い。 【 ドルトムント vs フライブルク 】
2018/01/29
【 乾貴士 】対策され始めたサイド攻撃をどう打開するのか。 【 ビルバオ vs エイバル 】
2018/01/28
森保ジャパンに求めたい個の力を伸ばすための戦い方。
2018/01/25
【 乾貴士 】この試合に関しては交代も仕方なかったかなと。 【 エイバル vs マラガ 】
2018/01/24
【 大迫勇也 】 ここからギアを上げる必要があると思う。 【 ハンブルガー vs ケルン 】
2018/01/23
【 岡崎慎司 】 そろそろ得点も欲しいところ。 【 レスター vs ワトフォード 】
2018/01/22
【 柴崎岳 】 打開力やキープ力やミドルシュート。 【 ヘタフェ vs ビルバオ 】
2018/01/21
ウズベキスタン戦(Uー21) 【 もう少しシンプルでリスクを減らしたサッカーを。 】
2018/01/20
【 香川真司 】 低い位置からのロングパスが鍵。 【 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 】
2018/01/19
森保ジャパンの選手たちに伸ばしてもらいたい個の力。
2018/01/18
北朝鮮戦(Uー21) 【 今回の失点の形に対する解決策が必要だと思う。 】
2018/01/17
【 乾貴士 】点差以上に力の差は強く感じられた。 【 エイバル vs A・マドリード 】
2018/01/16
【 岡崎慎司 】 とても持ち味が発揮された試合だった。 【 チェルシー vs レスター 】
2018/01/15
タイ戦(Uー21) 【 特に個の質の向上は急ぐ必要があると思う。 】
2018/01/14
【 柴崎岳 】 左SHへ移動してからの方が効いていた。 【 ヘタフェ vs マラガ 】
2018/01/13
パレスチナ戦(Uー21) 【 この試合で気になった事は主に2つ。 】
2018/01/11
【 乾貴士 】好調を維持。そのままどこまで維持できるのかどうか。 【 ラス・パルマス vs エイバル 】
2018/01/07
例えば主にシステムやメンバー的な観点でのロシアW杯での戦い方を考えてみる。
2018/01/04
【 岡崎慎司 】 ここから先のポジション争いは更に厳しくなると思う。 【 レスター vs ハダーズフィールド・タウン 】
2018/01/02
今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2017年も御愛読ありがとうございました。
2017/12/31
2017年の日本代表の総括としてのハリルホジッチについての考察。
2017/12/29
【 岡崎慎司 】 先制点の起点となる。香川なのかと思うようなテクニックやスルーパスも見せる。 【 ワトフォード vs レスター 】
2017/12/27
単純に攻撃の部分を更に伸ばすのか守備の部分を伸ばすのか。もちろん最良は両方。
2017/12/26
2017年の日本代表の総括としてのロシアW杯メンバーはこれ。
2017/12/25
【 乾貴士 】2得点。良い感じで2017-18シーズンの前半戦を折り返す。 【 エイバル vs ジローナ 】
2017/12/23
ハリルジャパンの戦い方の現在地。そこの悩みを香川や本田や岡崎が解決できるのかどうか。
2017/12/22
成長や進化の原理原則。今の日本は短所を補うべき成長サイクルに在る。
2017/12/21
本田圭佑の可能性を探る。ハリルジャパンあるいはロシアW杯において。
2017/12/20
韓国戦選手評価 【 車屋紳太郎。植田直通。昌子源。三浦弦太。中村航輔。三竿健斗。阿部浩之。 】
2017/12/19
韓国戦選手評価 【 小林悠。土居聖真。伊東純也。倉田秋。井手口陽介。今野泰幸。川又堅碁。 】
2017/12/18
韓国戦 【 4失点完敗の大失態。その結果の主な原因は2つ。 】
2017/12/17
北朝鮮戦(女子) 【 もう1つレベルが不足していると確かめられた。 】
2017/12/16
中国戦選手評価 【 山本脩斗。植田直通。昌子源。三浦弦太。東口順昭。川又堅碁。阿部浩之。 】
2017/12/15
中国戦選手評価 【 小林悠。土居聖真。伊東純也。倉田秋。大島僚太。今野泰幸。井手口陽介。 】
2017/12/14
浦和レッズは第5位。守備力と決定力と初戦の戦い方が重要。
2017/12/13
中国戦 【 勝利という結果を出す事でチームも選手も成長する。 】
2017/12/13
浦和レッズがアル・ジャジーラに勝てなかった原因は?
2017/12/12
中国戦(女子) 【 田中美南と中島依美が攻撃を牽引。 】
2017/12/11
北朝鮮戦選手評価 【 金崎夢生。高萩洋次郎。倉田秋。小林悠。井手口陽介。今野泰幸。車屋紳太郎。室屋成。昌子源。谷口彰悟。中村航輔。川又堅碁。伊東純也。阿部浩之。 】
2017/12/11
北朝鮮戦 【 大惨事になっていた可能性もあったと思う。劇的勝利の立役者はGK中村航輔。 】
2017/12/10
韓国戦(女子) 【 SBの戦力不足は続いているが決定力は発揮した。 】
2017/12/09
離脱者が続いているE-1サッカー選手権をどう戦う?
2017/12/08
浦和レッズの対戦相手はテン・カテ監督率いる開催国王者のアル・ジャジーラ。
2017/12/07
クラシカルな10番タイプの司令塔が必要とされなくなったのは悲観的な要素ではない。
2017/12/06
【 乾貴士 】もう1つパフォーマンスを上げられると思う。 【 エイバル vs エスパニョール 】
2017/12/05
香川真司をどう使う? 岡崎慎司をどう使う? 本田圭佑をどう使う?
2017/12/04
日本はロシアW杯でどう戦う?
2017/12/03
日本の対戦相手はポーランドとセネガルとコロンビア。
2017/12/02
E-1サッカー選手権をどう戦う? 鍵とストロングポイントはどこか。
2017/12/01
E-1サッカー選手権に挑むメンバーについて。
2017/11/30
レスターというチームとレスターというチームでの岡崎について思う事。
2017/11/29
E-1サッカー選手権で期待する事。
2017/11/28
【 乾貴士 】もし乾にそういう動きを求めるのであれば。 【 アラベス vs エイバル 】
2017/11/27
浦和レッズがACLで優勝。それには大きな意味も価値もある。E-1サッカー選手権とCWC。12月は国内組で盛り上がりそうだ。
2017/11/26
間違った考え方が多い日本のサッカー。
2017/11/24
天才型と秀才型。攻撃の選手と守備の選手の違い。
2017/11/23
【 乾貴士 】攻守に素晴らしいパフォーマンスだった。 【 エイバル vs ベティス 】
2017/11/22
E-1サッカー選手権に挑むメンバーは?
2017/11/21
「4-1-4-1」でのカウンター攻撃を機能させるにはゼロトップ。
2017/11/20
攻撃はパスと判断力のスピードの向上と仕掛けとワンタッチとワンツーで。
2017/11/19
代表の戦い方はシンプルであるべき。代表はより個の力で戦うべき。
2017/11/18
ベルギー戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。森岡亮太。久保裕也。乾貴士。酒井高徳。 】
2017/11/17
ベルギー戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。浅野拓磨。井手口陽介。長澤和輝。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】
2017/11/16
ベルギー戦 【 この試合のパフォーマンスが最低限のライン。 】
2017/11/15
守備はゾーンディフェンスの守備ブロックで。
2017/11/14
ブラジル戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。乾貴士。杉本健勇。森岡亮太。遠藤航。 】
2017/11/13
ブラジル戦選手評価 【 大迫勇也。井手口陽介。原口元気。久保裕也。山口蛍。長谷部誠。 】
2017/11/12
ブラジル戦 【 前半36分までしか、ほぼ参考にならない試合だった。 】
2017/11/11
ブラジル戦とベルギー戦でチェックすべき3つのクオリティ。
2017/11/10
日本代表あるいは日本サッカーのキーワードは3つの「奪う」。
2017/11/09
【 香川真司 】 100点満点で60点か65点ぐらいのパフォーマンスだった。 【 ドルトムント vs バイエルン 】
2017/11/08
【 乾貴士 】現在はとても苦しいチーム状態。 【 ソシエダ vs エイバル 】
2017/11/07
【 岡崎慎司 】 決定機もあったが、この試合では活きず。 【 ストーク vs レスター 】
2017/11/06
どの選手はどのタイプ? という事からアプローチする考え方も有り。
2017/11/05
日本の選手たちに改善してもらいたいテクニックやフィジカルではない要素の個の力とは?
2017/11/04
日本の攻撃的なポジションの選手たちに上げてもらいたい個の力とは?
2017/11/03
支持率の多かった選手たちで「4-1-4-1」と「4-4-2(4-4-1-1)」と「3-5-2(5-3-2)」を考える。
2017/11/02
ブラジル戦とベルギー戦へ向けてのメンバーについてと今後。
2017/11/01
【 乾貴士 】 2得点を生み出し同点に追い付く立役者となる。 【 エイバル vs レバンテ 】
2017/10/31
【 岡崎慎司 】 新監督になり岡崎がどうなるのかに注目したい。 【 レスター vs エヴァートン 】
2017/10/30
皆様への質問。ハリルジャパンについて。
2017/10/27
本田圭佑と香川真司の現在地。特に代表において。
2017/10/26
どうやって得点力を高める? 日本の場合はやはり。
2017/10/25
【 乾貴士 】 強豪相手にどう戦うのか。 【 レアル・マドリード vs エイバル 】
2017/10/24
【 岡崎慎司 】 本当のポジション争いが始まるのは。 【 スウォンジー vs レスター 】
2017/10/23
岡崎は今のレスターを成り立たせるには必要不可欠な選手。
2017/10/20
Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。
2017/10/19
イングランド戦(Uー17) 【 ポジティブな戦いができたと思う。 】
2017/10/18
ハリルジャパンがベースとして使っている2つのシステムの特性について。
2017/10/17
理想はハイブリッド。二元論は不毛。
2017/10/16
ニューカレドニア戦(Uー17) 【 決勝トーナメントに入ってからが本当の勝負。 】
2017/10/15
フランス戦(Uー17) 【 そこは原理原則に近い要素。 】
2017/10/14
ハイチ戦選手評価 【 槙野智章。昌子源。東口順昭。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。香川真司。井手口陽介。車屋紳太郎。 】
2017/10/13
ハイチ戦選手評価 【 杉本健勇。乾貴士。浅野拓磨。倉田秋。小林祐希。遠藤航。長友佑都。酒井高徳。 】
2017/10/12
ハイチ戦 【 全くもって酷い試合だったなと。 】
2017/10/11
ホンジュラス戦(Uー17) 【 テクニックと組織的な動きで日本が上回る。 】
2017/10/10
ニュージーランド戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。杉本健勇。乾貴士。小林祐希。浅野拓磨。倉田秋。 】
2017/10/09
ニュージーランド戦選手評価 【 大迫勇也。武藤嘉紀。久保裕也。香川真司。井手口陽介。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】
2017/10/08
ニュージーランド戦 【 1失点した事で2得点も勝利も無価値。 】
2017/10/07
これからW杯までの強化試合では、まず何を目標にしなければならないのか?
2017/10/06
【 大迫勇也 】 ピサロの加入で良くなってもらいたい。 【 ケルン vs ライプツィヒ 】
2017/10/05
【 岡崎慎司 】 昨季の教訓を活かすとすれば。 【 ボーンマウス vs レスター 】
2017/10/04
【 香川真司 】 定着してしまっているイメージを打破したい。 【 アウグスブルク vs ドルトムント 】
2017/10/03
【 乾貴士 】 スタメンは確保しているがチームは厳しい状態。 【 ビジャレアル vs エイバル 】
2017/10/02
現代サッカーのモダンな傾向とは?
2017/09/30
ニュージーランド戦とハイチ戦へ向けてのメンバーからの今後について。
2017/09/29
【 大迫勇也 】 ピンチはチャンスでもある。 【 ハノーファー vs ケルン 】
2017/09/26
【 乾貴士 】 前半36分で交代。 【 エイバル vs セルタ 】
2017/09/25
【 岡崎慎司 】 リーグ戦で3得点目。カップ戦も含めれば4得点目。 【 レスター vs リヴァプール 】
2017/09/24
【 香川真司 】 1得点も後半21分で交代。 【 ハンブルガー vs ドルトムント 】
2017/09/22
【 乾貴士 】 フル出場でチャンスも作ったが。 【 バルセロナ vs エイバル 】
2017/09/21
ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】
2017/09/20
ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 前編 】
2017/09/19
【 大迫勇也 】 チームの不調さに引っ張られている。 【 ドルトムント vs ケルン 】
2017/09/18
【 柴崎岳 】 ゴラッソな1得点も負傷交代。 【 ヘタフェ vs バルセロナ 】
2017/09/17
【 乾貴士 】 ピンポイントクロスで1アシスト。 【 エイバル vs レガネス 】
2017/09/16
【 香川真司 】 1アシストはあったが不完全燃焼な印象だった。 【 トッテナム vs ドルトムント 】
2017/09/14
スタイル(戦い方)論争よりも、個の力についての議論を。
2017/09/12
日本らしいサッカーとは何か?
2017/09/11
【 乾貴士 】 今季の乾にあるエイバルでの2つの問題点。 【 セビージャ vs エイバル 】
2017/09/10
【 柴崎岳 】 何かを変えようとする必要があると思う。 【 レガネス vs ヘタフェ 】
2017/09/09
サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。浅野拓磨。杉本健勇。久保裕也。 】
2017/09/08
サウジアラビア戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。本田圭佑。井手口陽介。柴崎岳。山口蛍。 】
2017/09/07
サウジアラビア戦 【 オーストラリア戦が過大評価気味だったので、ここで負けた事は良かったのかなと。 】
2017/09/06
サウジアラビア戦で試してもらいたい選手とシステム。
2017/09/05
オーストラリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。原口元気。久保裕也。岡崎慎司。 】
2017/09/04
オーストラリア戦選手評価 【 大迫勇也。乾貴士。浅野拓磨。井手口陽介。山口蛍。長谷部誠。 】
2017/09/02
オーストラリア戦 【 まだゼロ地点に到達していない。ゼロ地点はW杯でのグループステージ突破。 】
2017/09/01
【 柴崎岳 】 守備面では良さを見せた。 【 ヘタフェ vs セビージャ 】
2017/08/29
【 乾貴士 】 今季の乾の問題は? 【 エイバル vs ビルバオ 】
2017/08/28
対オーストラリアを考える。攻守においてのポイント。
2017/08/26
オーストラリア戦とサウジアラビア戦に向けたメンバーについて。
2017/08/25
【 乾貴士 】 昨季に引き続き良いパフォーマンスを維持。 【 マラガ vs エイバル 】
2017/08/24
【 柴崎岳 】 体を張ってボールをキープする力が必要。 【 ビルバオ vs ヘタフェ 】
2017/08/23
【 長谷部誠 】【 鎌田大地 】 「フィジカル」あるいは「インテンシティ」の「差」あるいは「違い」。 【 フライブルク vs フランクフルト 】
2017/08/22
【 岡崎慎司 】 2試合連続得点で存在感を示す。 【 レスター vs ブライトン 】
2017/08/21
総括。コンフェデレーションズカップ2017。
2017/07/05
やはりサッカーはドイツが勝つようにできている? 【 ドイツ vs チリ 】
2017/07/03
若手中心のドイツが躍進。 【 ドイツ vs メキシコ 】
2017/06/30
個の力を担保するのか運動量を担保するのか。質を担保するのか量を担保するのか。 【 ポルトガル vs チリ 】
2017/06/29
攻略の糸口は見えている。 【 チリ vs オーストラリア 】
2017/06/28
ポルトガルの黄金期は到来するだろうか? 【 ポルトガル vs ニュージーランド 】
2017/06/27
厳しい開催国ロシアと攻撃力は高いメキシコ。 【 ロシア vs メキシコ 】
2017/06/26
若手のドイツと円熟のチリ。 【 ドイツ vs チリ 】
2017/06/25
攻撃を封じてしまえば勝算は高くなるかなと。 【 カメルーン vs オーストラリア 】
2017/06/24
相手の弱い部分を攻める戦い。 【 メキシコ vs ニュージーランド 】
2017/06/23
背骨が強いポルトガル。個の力が不足しているロシア。 【 ロシア vs ポルトガル 】
2017/06/22
攻撃についてはかなり手強そうなオーストラリア。 【 ドイツ vs オーストラリア 】
2017/06/21
チリ旋風は起こるだろうか? 【 カメルーン vs チリ 】
2017/06/20
ポルトガルはまた引き分けが多くなるのか? 【 ポルトガル vs メキシコ 】
2017/06/19
イラク戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。今野泰幸。酒井高徳。 】
2017/06/16
イラク戦選手評価 【 大迫勇也。久保裕也。本田圭佑。原口元気。井手口陽介。遠藤航。 】
2017/06/15
イラク戦 【 消耗戦で試された日本の底力。その結果はイラクに引き分け。 】
2017/06/14
困難な状況で試される監督の手腕と選手たちの個の力。
2017/06/13
トップギアの時間帯。平均的なギアの高さ。それが重要。
2017/06/12
オランダ戦(女子) 【 横山以外が決定力不足。それからSBが戦力不足。 】
2017/06/11
シリア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。井手口陽介。浅野拓磨。岡崎慎司。乾貴士。 】
2017/06/10
シリア戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。香川真司。今野泰幸。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】
2017/06/09
シリア戦 【 本田か岡崎か。原口か乾か。昌子か槙野か。ボランチも。 】
2017/06/08
ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのか。どこが修正されていたのか。
2017/06/03
選手短評。Uー20W杯2017。
2017/06/01
ベネズエラ戦(Uー20) 【 この大会に出場した事の本当の価値は。 】
2017/05/31
「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。
2017/05/30
【 香川真司 】 EURO2016の時のウェールズ代表のラムジーのように。 【 フランクフルト vs ドルトムント 】
2017/05/29
イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】
2017/05/28
引き分けにする事が最優先のイタリア戦。
2017/05/27
親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。
2017/05/26
ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】
2017/05/25
【 乾貴士 】 今季の頑張りが報われたような2得点。 【 バルセロナ vs エイバル 】
2017/05/23
南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】
2017/05/22
ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。
2017/05/16
【 乾貴士 】 来季に向けて更に個の力を伸ばしたい。 【 エイバル vs スポルティング・ヒホン 】
2017/05/15
【 岡崎慎司 】 得点を多く取る事よりも少ないチャンスで決める事が重要。 【 マンチェスター・C vs レスター 】
2017/05/14
岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?
2017/05/10
【 乾貴士 】 試合の立ち上がりの時間帯が最大のチャンスだったかなと。 【 A・マドリード vs エイバル 】
2017/05/08
【 岡崎慎司 】 岡崎の存在がもたらしているもの。 【 レスター vs ワトフォード 】
2017/05/07
【 乾貴士 】 体力面や精神面で充実。 【 エイバル vs レガネス 】
2017/05/02
【 岡崎慎司 】 絶妙なパスでアシスト。 【 WBA vs レスター 】
2017/05/01
【 香川真司 】 守備的な戦術の中での事。 【 ドルトムント vs ケルン 】
2017/04/30
【 乾貴士 】 とてもタフなパフォーマンスだった。 【 アラベス vs エイバル 】
2017/04/29
【 岡崎慎司 】 それを決めるか決めないか。 【 アーセナル vs レスター 】
2017/04/28
【 香川真司 】 そのための方向性の選択肢は2つ。 【 バイエルン vs ドルトムント 】
2017/04/27
【 乾貴士 】 警戒されると苦しくなってしまう。 【 エイバル vs A・ビルバオ 】
2017/04/25
宇佐美貴史がやるべき事。
2017/04/21
【 香川真司 】 まだ好調を維持している。 【 モナコ vs ドルトムント 】
2017/04/20
【 岡崎慎司 】 パフォーマンスは良かったが戦術的に仕方ない交代だった。 【 レスター vs A・マドリード 】
2017/04/19
【 武藤嘉紀 】【 原口元気 】 頑張っている割には効いていないと定まってきている方向性。 【 マインツ vs ヘルタ 】
2017/04/18
【 宇佐美貴史 】【 大迫勇也 】 まだ変わらない状況と怪我明けの影響。 【 アウグスブルク vs ケルン 】
2017/04/17
【 香川真司 】 代表戦がある6月までは好調を維持してもらいたい。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】
2017/04/16
【 岡崎慎司 】 1回あった得点機を決めてもらいたかった。 【 A・マドリード vs レスター 】
2017/04/14
【 香川真司 】 1ゴール1アシスト。完全に復活した? 【 ドルトムント vs モナコ 】
2017/04/13
コスタリカ戦(女子) 【 日本の良さが100%近く発揮された試合だった。 】
2017/04/10
【 香川真司 】【 酒井高徳 】 1ゴール1アシストの香川。現在は絶好調。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】
2017/04/06
【 岡崎慎司 】 監督交代後は常にスタメンで6連勝。 【 レスター vs サンダーランド 】
2017/04/05
【 香川真司 】 1アシスト。代表戦から戻っても好調を維持。 【 シャルケ vs ドルトムント 】
2017/04/04
【 乾貴士 】 ようやく今季の初ゴールを決める。 【 ビジャレアル vs エイバル 】
2017/04/03
【 岡崎慎司 】 そろそろ得点も取れそうな気配が漂ってきた。 【 レスター vs ストーク 】
2017/04/02
香川の2.5列目と「4-4-1-1」について。
2017/04/01
タイ戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。本田圭佑。清武弘嗣。宇佐美貴史。 】
2017/03/31
タイ戦選手評価 【 岡崎慎司。原口元気。久保裕也。香川真司。酒井高徳。山口蛍。 】
2017/03/30
タイ戦 【 ポゼッション型になる試合で、カウンター型の布陣だったから。 】
2017/03/29
ダイアゴナル。大きなワンツー。DFラインを破るドリブル。
2017/03/28
タイ戦のスタメンについて。
2017/03/27
UAE戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。岡崎慎司。 】
2017/03/26
UAE戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。今野泰幸。香川真司。山口蛍。 】
2017/03/25
UAE戦 【 素晴らしかった結果と今野のパフォーマンス。しかし守備と交代采配には問題や不満も。 】
2017/03/24
選手の距離感。セットプレイ。守備の設定位置と個々の選手の粘り強い対応。
2017/03/23
UAE戦のスタメンについて。交代で対応できるプランを。
2017/03/22
【 乾貴士 】 壁を乗り越えられない原因。 【 エイバル vs エスパニョール 】
2017/03/21
【 大迫勇也 】 1ゴール1アシスト。半端ない大迫を代表戦でも見せて欲しい。 【 ケルン vs ヘルタ 】
2017/03/20
【 岡崎慎司 】 4試合連続スタメンで4連勝。 【 ウェストハム vs レスター 】
2017/03/19
【 香川真司 】 最高の状態で代表戦へ。 【 ドルトムント vs インゴルシュタット 】
2017/03/18
意外だったのは中盤の選出と宇佐美の選出。
2017/03/17
【 岡崎慎司 】 レスターに欠かせない選手の一人。 【 レスター vs セビージャ 】
2017/03/16
【 乾貴士 】 運が無いというのか、そういう流れにハマってしまったというのか。 【 オサスナ vs エイバル 】
2017/03/15
ポテンシャルが発揮できないのはなぜか?
2017/03/14
【 香川真司 】 敗戦だったが香川のパフォーマンスはかなり高かった。 【 ヘルタ vs ドルトムント 】
2017/03/13
【 大迫勇也 】 チーム状態が悪く我慢が続くのかなと。 【 インゴルシュタット vs ケルン 】
2017/03/12
自分でシュートを打つスペースを作る卓越した技術力と賢さ。ルイス・スアレス。
2017/03/11
より求められる、個で「はがす」能力。
2017/03/10
オランダ戦(女子) 【 ずっとある課題は依然として改善されておらず。 】
2017/03/09
【 大迫勇也 】 前半18分頃に決定的な得点チャンスがあった。 【 ケルン vs バイエルン・ミュンヘン 】
2017/03/08
ノルウェー戦(女子) 【 横山がFWの軸へ。GK池田の安定感も光った。 】
2017/03/07
【 長谷部誠 】 オフサイド・トラップ有りきの守備は難しい。 【 フランクフルト vs フライブルク 】
2017/03/06
【 岡崎慎司 】 今の感じを続ける事がベターだと思う。 【 レスター vs ハル 】
2017/03/05
アイスランド戦(女子) 【 世代交代は上手く進みそうな気配がする。 】
2017/03/04
現時点でのハリルジャパンの23人を予想。
2017/03/03
【 乾貴士 】 攻撃面だけでも連携を良くしたい。 【 ソシエダ vs エイバル 】
2017/03/02
【 岡崎慎司 】 必要不可欠な存在になるはず。 【 レスター vs リヴァプール 】
2017/03/01
【 乾貴士 】 気持ちもフィジカル・コンディションもリフレッシュしたい。 【 エイバル vs マラガ 】
2017/02/28
【 原口元気 】【 長谷部誠 】 対照的なチーム状態になりつつある? 【 ヘルタ vs フランクフルト 】
2017/02/27
【 大迫勇也 】 1得点。しかし最近は3試合で0勝1分2敗。 【 ライプツィヒ vs ケルン 】
2017/02/26
【 岡崎慎司 】 その後の結果はどうあれ・・・。 【 セビージャ vs レスター 】
2017/02/25
【 原口元気 】 だいぶ右サイドでのプレイも慣れてきた様子だった。 【 ヘルタ vs バイエルン 】
2017/02/24
【 香川真司 】 そこは鶏と卵みたいな状態。 【 ドルトムント vs ヴォルフスブルク 】
2017/02/23
【 長谷部誠 】 PKを決められず。 【 フランクフルト vs インゴルシュタット 】
2017/02/22
【 大迫勇也 】 半分冗談、半分本気で、大迫が3人ぐらい必要だなと。 【 ケルン vs シャルケ 】
2017/02/21
【 酒井高徳 】 1アシスト。守備はタイミングや当たり方に工夫を。 【 ハンブルガー vs フライブルク 】
2017/02/20
【 岡崎慎司 】 やはりそろそろラニエリは潮時かなと。 【 ミルウォール vs レスター 】
2017/02/19
【 岡崎慎司 】 大鉈を振るう事で断ち切れるかどうか。 【 スウォンジー vs レスター 】
2017/02/17
【 香川真司 】 使わざるを得ない状況にするしかない。 【 ダルムシュタット vs ドルトムント 】
2017/02/16
【 乾貴士 】 チームは好調だが・・・。 【 エイバル vs グラナダ 】
2017/02/15
【 大迫勇也 】 ボランチとして攻撃のタクトを揮った。 【 フライブルク vs ケルン 】
2017/02/14
【 原口元気 】 早く右での攻守感覚に慣れる必要があると思う。 【 シャルケ vs ヘルタ 】
2017/02/13
【 長谷部誠 】 守備のフィルターがかからないと・・・。 【 レヴァークーゼン vs フランクフルト 】
2017/02/12
【 武藤嘉紀 】 まずは小さなユニットによる連携を。 【 マインツ vs アウグスブルク 】
2017/02/11
【 長谷部誠 】 ニコ・コバチ監督の戦術にハマっている。 【 フランクフルト vs ダルムシュタット 】
2017/02/09
【 武藤嘉紀 】 パートナー探し。 【 ホッフェンハイム vs マインツ 】
2017/02/08
【 大迫勇也 】 そこの壁を早く打ち破ってもらいたい。 【 ケルン vs ヴォルフスブルク 】
2017/02/07
【 岡崎慎司 】 不運による流れの悪さとは言えない。 【 レスター vs マンチェスター・U 】
2017/02/06
【 原口元気 】 1ゴール。しかし全体的な印象としてはやや大人しい感じだった。 【 ヘルタ vs インゴルシュタット 】
2017/02/05
【 岡崎慎司 】 もはや泥舟? 【 バーンリー vs レスター 】
2017/02/03
【 武藤嘉紀 】 まずは前の2人による形と連携が大きなポイント。 【 マインツ vs ドルトムント 】
2017/02/02
【 長友佑都 】 もっと工夫やアイデアが欲しいかなと。 【 インテル vs ペスカラ 】
2017/02/01
【 大迫勇也 】 ビッグ・サプライズとは言えない。 【 ダルムシュタット vs ケルン 】
2017/01/31
【 乾貴士 】 警戒されているなかでどうプレイするのか。 【 エイバル vs デポルティーボ・ラ・コルーニャ 】
2017/01/30
【 宇佐美貴史 】 馴染めていない。 【 ヴォルフスブルク vs アウグスブルク 】
2017/01/29
【 長谷部誠 】 やはり今季は3バックの中央の方がしっくりくる。 【 シャルケ vs フランクフルト 】
2017/01/28
【 武藤嘉紀 】【 大迫勇也 】 どちらも悪くないパフォーマンスだった。 【 マインツ vs ケルン 】
2017/01/25
【 乾貴士 】 チームも乾も次のステージに上がれるかどうか。 【 エイバル vs バルセロナ 】
2017/01/24
【 岡崎慎司 】【 吉田麻也 】 そろそろラニエリの首も危ない? 【 サウザンプトン vs レスター 】
2017/01/23
【 香川真司 】 調子の良い相手、強い相手との試合でどうなのか、という事が問題なので。 【 ブレーメン vs ドルトムント 】
2017/01/22
A・マドリードの次はセビージャが二強を喰う? 【 セビージャ vs R・マドリード 】
2017/01/17
【 乾貴士 】 とにかく決定機でシュートを決めてもらいたい。 【 スポルティング・ヒホン vs エイバル 】
2017/01/16
【 岡崎慎司 】 一歩進んだと思ったら一歩戻る状態。 【 レスター vs チェルシー 】
2017/01/15
【 乾貴士 】 特に前半は個としての輝きを強く放っていた。 【 エイバル vs A・マドリード 】
2017/01/08
【 岡崎慎司 】 もっと個の質を追求する事が鍵。 【 ミドルスブラ vs レスター 】
2017/01/04
2017年からのJリーグは常に強さと質を高めようとする知恵と切磋琢磨がある事。
2017/01/02
今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2016年も御愛読ありがとうございました。
2016/12/30
本田圭佑。長友佑都。岡崎慎司。清武弘嗣。乾貴士。2016ー17の前半期を見て思った事。
2016/12/28
【 岡崎慎司 】 その扱いが少し可哀想だなと。 【 レスター vs エヴァートン 】
2016/12/27
日本人ブンデスリーガーの2016ー17の前半期を見て思った事。
2016/12/26
【 大迫勇也 】 個のパフォーマンスは相変わらず攻守に良さを見せている。 【 ケルン vs レヴァークーゼン 】
2016/12/22
【 宇佐美貴史 】 どちらかと言えば周囲との連携力が無い事の方が問題だと思う。 【 アウグスブルク vs メンヘングラードバッハ 】
2016/12/21
【 乾貴士 】 どうにかして、決定力を上げられないものか。 【 レガネス vs エイバル 】
2016/12/20
日本のサッカーは1つの勝利を手に入れたと言っても良いのではないだろうか。 【 鹿島アントラーズ vs レアル・マドリード 】
2016/12/19
【 岡崎慎司 】 すごくチャンスではあると思うのだが・・・。 【 ストーク vs レスター 】
2016/12/18
日本のサッカーを進化させる道。リアクションの速さを上げる。
2016/12/16
壁というのは、想像しなかったタイミングで、壊せる時には簡単に壊せるものだなと。 【 鹿島アントラーズ vs A・ナシオナル 】
2016/12/15
【 本田圭佑 】 ポジションはどこであれ良いパフォーマンスを見せるしかない。 【 ローマ vs ミラン 】
2016/12/14
【 乾貴士 】 こういう試合で違いを見せられる選手になれれば。 【 エイバル vs アラベス 】
2016/12/13
【 岡崎慎司 】 ヴァーディが復活したら岡崎はどうなる? 【 レスター vs マンチェスター・シティ 】
2016/12/12
【 大迫勇也 】 本田の後継者は大迫? 【 ケルン vs ドルトムント 】
2016/12/11
日本のサッカーを進化させる道。個の力で強引に、という部分もないと厳しい。
2016/12/09
【 岡崎慎司 】 チームの選手層の薄さが深刻な状態。 【 ポルト vs レスター 】
2016/12/08
日本のサッカーを進化させる道。フィジカル・コンタクトの技術を高める。
2016/12/07
本田圭佑。ポジションごとの役割やプレイの仕方を考察。
2016/12/06
【 乾貴士 】 1アシスト。今は決定力さえ高ければ文句無しなのだが。 【 ビルバオ vs エイバル 】
2016/12/05
【 岡崎慎司 】 今は岡崎を軸にした攻撃を考えた方が良いのではないか。 【 サンダーランド vs レスター 】
2016/12/04
浅野拓磨。中央でもサイドでも、という事が鍵。
2016/12/02
清武弘嗣。万能である必要はないが、しかし。
2016/12/01
【 清武弘嗣 】 それでもおそらくまだ厳しい状況は変わらないと思う。 【 セビージャ vs バレンシア 】
2016/11/30
【 乾貴士 】 後半46分まで出場し、1アシスト、2得点に絡む活躍。 【 エイバル vs ベティス 】
2016/11/29
【 岡崎慎司 】 ヴァーディやマフレズよりも良いパフォーマンスだった。 【 レスター vs ミドルスブラ 】
2016/11/28
2016年のハリルジャパンを皆様の御意見で検証。そして2017年にはどうするべきか。
2016/11/26
山口蛍。攻撃面だけではなく守備面についても改善点が多くある。
2016/11/25
皆様への質問。ハリルジャパンについて。
2016/11/24
CLの試合で輝きを放った岡崎慎司と香川真司。
2016/11/23
原点回帰は基礎的な事の再確認。例えば岡崎なら。
2016/11/22
こうあるべきだ、という事が重要なのではない。そして、トレンドは、守備的な戦術の中で活きるのか、どう活きるのか、という事がポイントになっている。
2016/11/21
【 岡崎慎司 】 ヴァーディのPK獲得をアシストしたが。 【 ワトフォード vs レスター 】
2016/11/20
2016年のハリルジャパンを検証。そして2017年にはどうするべきか。
2016/11/19
サウジアラビア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。本田圭佑。香川真司。岡崎慎司。 】
2016/11/18
サウジアラビア戦選手評価 【 大迫勇也。清武弘嗣。原口元気。久保裕也。長谷部誠。山口蛍。 】
2016/11/17
サウジアラビア戦 【 これからも臆せず新戦力や若い選手を使うべし。 】
2016/11/16
ドリブラーへの対応。崩す(得点を取る)イメージ。セットプレイでのミスマッチ。
2016/11/15
オマーン戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。丸山祐市。吉田麻也。森重真人。西川周作。岡崎慎司。浅野拓磨。久保裕也。小林祐希。原口元気。 】
2016/11/14
オマーン戦選手評価 【 大迫勇也。清武弘嗣。齋藤学。本田圭佑。永木亮太。山口蛍。 】
2016/11/13
オマーン戦 【 4つの形の改善点。岡崎と香川と本田がスタメンから外れる可能性。 】
2016/11/12
ハリルジャパン。機能性を上げる重要な3つのポイント。
2016/11/11
中盤の守備力の必要性が高くなっている3つの理由。
2016/11/10
ハリルジャパン。「4-4-2」のシステムにするならば。
2016/11/09
ハリルジャパン。3バックのシステムにするならば。
2016/11/08
酒井高徳のボランチと長谷部のCB(3バックの中央)。
2016/11/06
ハリルジャパン。テーマは、チャレンジ、であってもらいたい。
2016/11/05
その判断材料はセオリーとトレンド。そして、良い流れを作る、という事。
2016/11/04
ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる事は、ハイプレス&ポゼッションの至上主義になる事と変わらない。
2016/11/03
【 岡崎慎司 】 昨季よも重要な存在になっているとも言える。 【 トッテナム vs レスター 】
2016/11/02
【 香川真司 】 ゴール前に行くタイミングが早過ぎるかなと。 【 ドルトムント vs シャルケ 】
2016/11/01
サウジアラビア戦(Uー19) 【 高い意識を持って個の能力の成長に努めてもらいたい。 】
2016/10/31
ベトナム戦(Uー19) 【 その時から戦術やスタイルがやるからできるになる。 】
2016/10/29
【 本田圭佑 】 きちんと公平に評するならば。 【 ジェノア vs ミラン 】
2016/10/27
個の力という前提が存在していなければ全ては成り立たない。
2016/10/26
タジキスタン戦(Uー19) 【 中山雄太はハリルジャパンに加えても良いと思う。 】
2016/10/25
【 岡崎慎司 】 最もトレンドなトップ下だった岡崎。 【 レスター vs クリスタル・パレス 】
2016/10/24
【 香川真司 】 日本代表でもドルトムントでも香川に残されている席は。 【 インゴルシュタット vs ドルトムント 】
2016/10/23
ハリル叩きについて思う。感情的な批判や悪意のある煽りは得が無い。
2016/10/22
カタール戦(Uー19) 【 ゴリゴリジャパンで次の試合も勝利を。 】
2016/10/21
香川真司。右SBだと思ってプレイする感じで良い。
2016/10/20
ハリル叩きについて思う。批判だけして解決策を提示しないならば意味が無い。
2016/10/19
イラン戦(Uー19) 【 少し全体的にボール扱いのテクニックが不足しているように感じる。 】
2016/10/18
皆様への質問。日本代表について。
2016/10/17
イエメン戦(Uー19) 【 ファースト・コンタクト。意外性。個の輝き。 】
2016/10/16
現行のシステムの限界。国内のマスコミとファンの成熟度。原口のPKのシーン。
2016/10/15
オーストラリア戦選手評価 【 槙野智章。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。清武弘嗣。浅野拓磨。丸山祐市。 】
2016/10/14
オーストラリア戦選手評価 【 本田圭佑。香川真司。原口元気。小林悠。長谷部誠。山口蛍。 】
2016/10/13
オーストラリア戦 【 多くの要素が正しかったと思う。勝てる可能性も感じられた。 】
2016/10/12
日本のサッカーは後退したのか? それは「YES」でもあり「NO」でもある。
2016/10/11
イラク戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。浅野拓磨。山口蛍。小林悠。 】
2016/10/09
イラク戦選手評価 【 岡崎慎司。清武弘嗣。原口元気。本田圭佑。柏木陽介。長谷部誠。 】
2016/10/08
イラク戦 【 高いパフォーマンスを見せた選手は? 低いパフォーマンスを見せた選手は? それがほぼ全てだったと思う。 】
2016/10/07
こういう時こそ何が重要なのか?
2016/10/06
個人的に思うイラク戦のベターなスタメン。
2016/10/04
日本の選手の決定力を改善するためには外的な要因が必要。
2016/10/01
変えるリスクか。変えないリスクか。しかし何かしらの新しい目に見えるチャレンジはするべきタイミングだと思う。
2016/09/30
あえて香川を活かすなら? ポイントは3つ。
2016/09/29
日本のサッカーあるいは日本代表が向かうべき先。
2016/09/27
個人的に考えるイラク戦のベターなスタメン。
2016/09/26
岡崎、大迫、武藤、浅野、実は日本代表のFWは充実してきた?
2016/09/23
岡崎慎司。カップ戦のチェルシー戦で2得点。しかしヴァーディやマレズがいた場合には。
2016/09/21
岡崎は38試合で10得点で良い。つまり昨季から5得点増やすだけで良い。
2016/09/20
岡崎はミドルシュートをガンガン打つべき。
2016/09/19
【 清武弘嗣 】 魔法をかけた1アシスト。しかし課題も見えた試合だった。 【 エイバル vs セビージャ 】
2016/09/18
【 本田圭佑 】 流れ的に本田を使うタイミングが無かった。 【 サンプドリア vs ミラン 】
2016/09/17
何が問題だったのか。形としての問題と、しかし、大前提としての個の力。
2016/09/16
香川がどうすれば活躍できるのかは答えが出ていると思う。
2016/09/15
本田が中央へ入る事は絶対悪ではないと思う。
2016/09/14
ザックジャパンの「3-4-3」から考える「3-4-2-1」。
2016/09/13
【 本田圭佑 】 途中出場で攻撃を活性化させ決定機は作った。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】
2016/09/12
現在の「4-2-3-1」はマンネリ感があって停滞している。
2016/09/10
タイ戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。武藤嘉紀。宇佐美貴史。小林悠。 】
2016/09/09
タイ戦選手評価 【 浅野拓磨。香川真司。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】
2016/09/08
タイ戦 【 2割の期待、8割の不安、という印象しか抱けなかった。 】
2016/09/07
それはやはり個の力の強さに起因している。
2016/09/06
レスターのシステムは? 大島については? 中央渋滞については?
2016/09/05
UAE戦選手評価 【 酒井高徳。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。原口元気。浅野拓磨。 】
2016/09/04
UAE戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。清武弘嗣。本田圭佑。大島僚太。長谷部誠。 】
2016/09/03
UAE戦 【 望んだ厳しさでもあるはず。是非とも乗り越えてもらいたい。 】
2016/09/02
そのハードルを乗り越えるために重要なのは成長であり、尽きない向上心。
2016/09/01
【 清武弘嗣 】 後半15分で交代になった原因は? 【 ビジャレアル vs セビージャ 】
2016/08/31
【 岡崎慎司 】 岡崎とオルブライトンの代わりは見当たらない。 【 レスター vs スウォンジー 】
2016/08/30
【 本田圭佑 】 勝てなければ意味が無い。本田は出場無し。 【 ナポリ vs ミラン 】
2016/08/29
【 香川真司 】【 武藤嘉紀 】 勝利に貢献の香川真司。1得点の武藤嘉紀。 【 ドルトムント vs マインツ 】
2016/08/28
育成の問題は指導者の問題。
2016/08/27
W杯最終予選のUAE戦とタイ戦のメンバーについて。
2016/08/26
今季のボルシア・ドルトムントについて。
2016/08/25
【 本田圭佑 】 昨季と変わらないミラン。本田は出場無し。 【 ミラン vs トリノ 】
2016/08/24
【 清武弘嗣 】 1ゴール1アシストの活躍。多くのアシストや得点に期待できそう。 【 セビージャ vs エスパニョール 】
2016/08/23
【 岡崎慎司 】 レスターには岡崎とオルブライトンの守備力が欠かせない。 【 レスター vs アーセナル 】
2016/08/22
【 乾貴士 】 攻守において欠かせない選手になれるかどうか。 【 デポルティーボ・ラ・コルーニャ vs エイバル 】
2016/08/21
清武弘嗣とセビージャについて。
2016/08/19
【 清武弘嗣 】 どれだけ連携を高められるかが鍵になると思う。 【 セビージャ vs バルセロナ 】
2016/08/15
【 岡崎慎司 】 早い段階での個あるいはチームとしての結果がポジション争いの鍵か。 【 ハル vs レスター 】
2016/08/14
リオデジャネイロ五輪選手評価。 【 井手口陽介。遠藤航。藤春廣輝。室屋成。亀川諒史。植田直通。塩谷司。櫛引政敏。中村航輔。 】
2016/08/13
リオデジャネイロ五輪選手評価。 【 興梠慎三。浅野拓磨。鈴木武蔵。中島翔哉。南野拓実。矢島慎也。原川力。大島僚太。 】
2016/08/12
スウェーデン戦(Uー23) 【 総括的には成功したと言えるのではないだろうか。 】
2016/08/11
スウェーデン戦で勝利できれば評価は大きく変わる。
2016/08/09
コロンビア戦(Uー23) 【 我慢しきれない対応や戦い方をしてしまわない事。 】
2016/08/08
我慢と分析と成長がポイントになる。後は手倉森監督の試合中の采配。
2016/08/07
手倉森ジャパンの選手たちが次戦からやるべき事。
2016/08/06
ナイジェリア戦(Uー23) 【 なぜ機能してこなかった「4-1-4-1」を選択したのだろうか? 】
2016/08/05
手倉森ジャパンについて個人的に心配している2つの事。
2016/08/03
ブラジル戦(Uー23) 【 小さな変化に敏感になる事。しかし臆病にはならないように。 】
2016/08/01
香川真司と本田圭佑。2016-17シーズンはどうなる?
2016/07/29
スウェーデン戦(女子) 【 構えが緩い。刷新ではなくプラスαや改善を。 】
2016/07/22
近年のミランでの本田というのは、実はトレンドなSHであるとも言える。
2016/07/16
重要なのは、中央の最前線に得点力や起点力のある選手が必要である、という事。
2016/07/15
EURO2016は、日本が最も学べる大会だったと思う。
2016/07/14
EURO2016。個人的に選ぶポジションごとのベストプレイヤー。
2016/07/13
総括。EURO2016。守備で主導権を握り、攻撃は決定力で勝負。守備力が高ければトライ&エラーの攻撃が可能になる。
2016/07/12
C・ロナウドの負傷交代も乗り越え手にした初優勝。 【 フランス vs ポルトガル 】
2016/07/11
フランス代表について。
2016/07/10
ポルトガル代表について。
2016/07/09
神がかってきたグリーズマンの得点力(決定力)。 【 フランス vs ドイツ 】
2016/07/08
脱皮を繰り返して成長する蛇のようなチームになっている。 【 ポルトガル vs ウェールズ 】
2016/07/07
個人的に選ぶベスト8までのベスト11。
2016/07/06
リオ五輪に挑む最終メンバーについて。
2016/07/05
ここで負けてしまったが素晴らしいチームだった。 【 フランス vs アイスランド 】
2016/07/04
攻守においての戦術的な修正と個の力が少しだけ上回った。 【 ドイツ vs イタリア 】
2016/07/03
格上から得点を奪うにはこれ、という100%の攻撃だった。 【 ウェールズ vs ベルギー 】
2016/07/02
90分間では1回も勝たずに準決勝へ。 【 ポーランド vs ポルトガル 】
2016/07/01
南アフリカ戦(Uー23) 【 道は見えている。問題はその道を進めるかどうか。 】
2016/06/30
基本に忠実であり、尚且つ、最先端の戦い方。 【 イングランド vs アイスランド 】
2016/06/29
守護神ブッフォンはやはり守護神だった。 【 イタリア vs スペイン 】
2016/06/28
アザールの個の力というのが際立っていたが。 【 ハンガリー vs ベルギー 】
2016/06/28
怪物ボアテング。復活のマリオ・ゴメス。 【 ドイツ vs スロバキア 】
2016/06/27
グリーズマンの2得点で逆転勝利。 【 フランス vs アイルランド 】
2016/06/27
守備の改善と伏兵のナニとクアレズマとレナト・サンチェス。 【 クロアチア vs ポルトガル 】
2016/06/27
ベイルとラムジーと采配が勝敗の決め手となった。 【 ウェールズ vs 北アイルランド 】
2016/06/26
決定力の差が結果を決めた。 【 スイス vs ポーランド 】
2016/06/26
個人的に選ぶグループステージのベスト11またはベスト22。そして、グループステージで見られたGKの進化とCBの安定傾向について。
2016/06/25
様々な要素が劇的な勝利の理由となった。 【 イタリア vs アイルランド 】
2016/06/25
個と組織の関係性はプライオリティ。アイデアは多様性から。 【 スウェーデン vs ベルギー 】
2016/06/25
C・ロナウドが2ゴール1アシストの活躍。そして、グループステージも突破したが、しかし・・・。 【 ハンガリー vs ポルトガル 】
2016/06/24
チーム作りの差が出た感じだったと思う。 【 アイスランド vs オーストリア 】
2016/06/24
ドルトムントに加入の18歳エムレ・モルが先制点をアシスト。 【 チェコ vs トルコ 】
2016/06/23
ペリシッチが1ゴール1アシストと活躍。イニエスタとセスクとバランスと守備。 【 クロアチア vs スペイン 】
2016/06/23
マリオ・ゴメスが攻撃の鍵を握る選手になる? 【 北アイルランド vs ドイツ 】
2016/06/23
レヴァンドフスキのフィジカル・コンディションが少し気になった。 【 ウクライナ vs ポーランド 】
2016/06/22
CFをもっと活かす事が攻撃のポイントになると思う。 【 スロバキア vs イングランド 】
2016/06/22
ベイルとラムジーによる攻撃の機能性を担保する事。 【 ロシア vs ウェールズ 】
2016/06/22
シソコとキャバイのパフォーマンスも良かった。 【 スイス vs フランス 】
2016/06/21
パワー不足は攻守にマイナスの作用を与える。 【 ルーマニア vs アルバニア 】
2016/06/21
C・ロナウドのEURO2016はグループステージで終わる? 【 ポルトガル vs オーストリア 】
2016/06/20
どちらもグループステージ突破の可能性を高く残す勝点1を得る。 【 アイスランド vs ハンガリー 】
2016/06/20
前半はムキになって攻め過ぎていたと思う。 【 ベルギー vs アイルランド 】
2016/06/19
モラタとノリートがゴールも攻撃はイニエスタ次第か? 【 スペイン vs トルコ 】
2016/06/19
サポーターの愚行に影響された部分もあったと思う。 【 チェコ vs クロアチア 】
2016/06/19
日本代表や日本サッカーの手本になると思う。 【 イタリア vs スウェーデン 】
2016/06/18
左サイドとトップ下のエジルがあまり機能していない。 【 ドイツ vs ポーランド 】
2016/06/18
内容も結果も明暗がハッキリと出た。 【 ウクライナ vs 北アイルランド 】
2016/06/18
主役はベイル、かと思いきや、主役はヴァーディだった。 【 イングランド vs ウェールズ 】
2016/06/17
この試合の得点でグリーズマンのパフォーマンスが上がれば大きい。ペイェが2試合続けて活躍。 【 フランス vs アルバニア 】
2016/06/17
決定力とセットプレイと結果的に失点を許さない守備力と。 【 ルーマニア vs スイス 】
2016/06/17
ハムシクが1ゴール1アシストの活躍で勝利に導く。 【 ロシア vs スロバキア 】
2016/06/16
やはりC・ロナウドが不発だと苦しくなる。 【 ポルトガル vs アイスランド 】
2016/06/16
クラインハイスラーの活躍で古豪は復活する? 【 オーストリア vs ハンガリー 】
2016/06/15
タレント力で劣っても経験値と組織力で。 【 ベルギー vs イタリア 】
2016/06/15
イブラヒモヴィッチと交代采配がポイントになった。 【 アイルランド vs スウェーデン 】
2016/06/14
やはりイニエスタが攻撃の鍵となる選手か。 【 スペイン vs チェコ 】
2016/06/14
コノプリャンカとヤルモレンコが不発。 【 ドイツ vs ウクライナ 】
2016/06/13
レヴァンドフスキを意識し過ぎてしまうと・・・。 【 ポーランド vs 北アイルランド 】
2016/06/13
モドリッチの得点で勝利。今回は前評判通りの成績を残せるか? 【 トルコ vs クロアチア 】
2016/06/13
攻撃はCFのパフォーマンスがポイントになりそう。 【 イングランド vs ロシア 】
2016/06/13
ベイルのFKと監督の采配が試合の行方を左右した。 【 ウェールズ vs スロバキア 】
2016/06/12
GKのファインセーブとセットプレイが鍵となった。 【 アルバニア vs スイス 】
2016/06/12
ペイェがスーパーシュートを決めて開幕戦を勝利へ導く。 【 フランス vs ルーマニア 】
2016/06/11
ボスニア・ヘルツェゴビナ戦選手評価 【 長友佑都。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。遠藤航。小林祐希。金崎夢生。小林悠。槙野智章。 】
2016/06/10
ボスニア・ヘルツェゴビナ戦選手評価 【 岡崎慎司。清武弘嗣。宇佐美貴史。浅野拓磨。柏木陽介。長谷部誠。 】
2016/06/09
ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 【 アジアの先は近くなったようでまだ遠い。 】
2016/06/08
なでしこジャパン。アメリカ戦2試合を終えての選手評価。
2016/06/07
アメリカ戦(女子) 【 まだ何も変わっていない。監督と数人の選手が新しくなっただけ。 】
2016/06/06
ブルガリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。宇佐美貴史。金崎夢生。原口元気。浅野拓磨。遠藤航。 】
2016/06/06
ブルガリア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。清武弘嗣。小林悠。柏木陽介。長谷部誠。 】
2016/06/05
ブルガリア戦 【 爆発した攻撃力。但し、いくつか気になった事もあった。 】
2016/06/04
アメリカ戦(女子) 【 勝てそうでも勝てない、を、どうやって勝ちにするのか。 】
2016/06/03
キリンカップの3つのポイント。
2016/06/02
清武と香川の共存は可能性か? 清武と香川と本田の共存は可能か?
2016/06/01
個人的に思う現時点でのハリルジャパンのベスト布陣。
2016/05/31
個人的に選ぶ手倉森ジャパンの最終メンバーとOA候補。
2016/05/30
なぜ日本のサッカーは主に繋ぎの足元へのパスのスピードが遅いのか?
2016/05/29
イングランド戦(Uー23) 【 残された時間で選手たちと手倉森監督がやるべき事とは? 】
2016/05/28
キリンカップ2016へ向けてのメンバーについて。
2016/05/27
ギニア戦(Uー23) 【 攻撃はボールを奪う守備からスタートする。 】
2016/05/26
短評。Uー23日本代表の選手たち。トゥ-ロン国際を2試合終えた時点での。
2016/05/25
ポルトガル戦(Uー23) 【 OA枠が足りないぐらいの状況に陥っている。 】
2016/05/24
香川真司と本田圭佑。ドイツ杯決勝とイタリア杯決勝。ドルトムントとミラン。
2016/05/23
パラグアイ戦(Uー23) 【 重要なのは効いてるかどうか。 】
2016/05/22
今季のトゥヘルのボルシア・ドルトムントを総括。
2016/05/20
357の法則。グループの最小単位。横幅をしっかりと守るために必要な枚数。攻守の比率を決める基準点。
2016/05/19
香川派、本田派、みたいな争いは、いい加減やめるべきだ。
2016/05/18
これからの香川の進化の道。好不調の安定と守備的な戦い方の中で。
2016/05/17
【 本田圭佑 】 その全てが掛け違えたボタンのよう。復活の芽を自ら潰すミラン。先行き不透明なミランの経営。 【 ミラン vs ローマ 】
2016/05/16
手倉森監督のガーナ戦後のコメントから。縦に速くとカウンターは攻撃の基本中の基本。
2016/05/13
ガーナ戦(Uー23) 【 可能性を見せた富樫と伊東。チームの軸としての矢島と植田。やはり不安材料はSB。 】
2016/05/12
近年型の成功する「4-3-1-2」には3つのポイントがある。
2016/05/11
【 本田圭佑 】 今の状態のミランで本田を使わないのはナンセンス。 【 ボローニャ vs ミラン 】
2016/05/09
大迫勇也の現在地。それぞれのポジションでのプレイの仕方が1つの鍵。
2016/05/07
レスターそして岡崎、優勝おめでとう。今季のレスターと岡崎についてのまとめ的な過去記事を2つ。
2016/05/03
【 本田圭佑 】 下位チームに4戦して1勝2分1敗という結果。後半19分までプレイした本田のパフォーマンスは良かったと思う。 【 ミラン vs フロジノーネ 】
2016/05/02
ボールを奪う。縦方向へのパス。そして、個の力。辿り着くものがシステムとスタイル。
2016/04/28
現状のミランの戦力と「4-3-1-2」について。
2016/04/27
【 本田圭佑 】 ミドルシュートから先制点を生み出す。しかし結果は逆転負け。悪い流れに陥っているチームを救えるか? 【 ヴェローナ vs ミラン 】
2016/04/26
【 岡崎慎司 】 快勝も次戦に向けては少し不安を残す。また、より岡崎が得点を取れる攻撃の形も欲しいところ。 【 レスター vs スウォンジー 】
2016/04/25
【 香川真司 】 好調になってきた理由は? 更に良くなるには? 【 シュツットガルト vs ドルトムント 】
2016/04/24
今季のラストスパートへ。岡崎慎司。香川真司。本田圭佑。長友佑都。原口元気。武藤嘉紀。吉田麻也。大迫勇也。乾貴士。酒井高徳。長谷部誠。清武弘嗣。酒井宏樹。山口蛍。
2016/04/22
【 香川真司 】【 酒井高徳 】 2得点に絡む+相手GKを退場させるなど活躍を見せた香川。守備力と攻撃では最後のワンプレイに課題を見せた酒井高徳。 【 ドルトムント vs ハンブルガー 】
2016/04/21
【 岡崎慎司 】 岡崎にとっても次戦がとても重要な試合になってくると思う。 【 レスター vs ウェストハム 】
2016/04/20
【 本田圭佑 】 流れと守備と伝統と。組み合せとバランスと強さの根源と。 【 サンプドリア vs ミラン 】
2016/04/19
【 長友佑都 】 長友の真価とは? インテルで長友が長く生き残れている理由とは? 【 インテル vs ナポリ 】
2016/04/18
【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 清武と酒井宏樹もフル出場し、久々の快勝と言える試合だった。 【 ハノーファー vs メンヘングラードバッハ 】
2016/04/16
【 香川真司 】 守りに入って守るためには? 香川にある成長の余地とは? 【 リヴァプール vs ドルトムント 】
2016/04/15
ハッキリ言って、現在の日本代表がW杯でどのような戦い方をしなければならないのか、という事は決まっていると言える。
2016/04/14
アジア最終予選の日本の対戦相手は、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイ。
2016/04/13
【 岡崎慎司 】 もはや、岡崎がチームのために犠牲となっているのか、チームが岡崎を活かすための戦い方をしているのか、というのは、おそらく半々になってきていると思う。 【 サンダーランド vs レスター 】
2016/04/12
【 香川真司 】 見事なループシュートで1得点。しかし、守備的な戦い方の中で自分を活かせるのか? やはりそこかなと。 【 シャルケ vs ドルトムント 】
2016/04/11
【 本田圭佑 】 個としても組織としても小さくない力の差があった。しかし本田に問題は少なかったと思う。 【 ミラン vs ユヴェントス 】
2016/04/10
【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 原口元気 】 1アシストの清武。判断力に課題の酒井宏樹。シュートに課題の原口。 【 ヘルタ vs ハノーファー 】
2016/04/09
【 香川真司 】 トゥヘル対クロップの第一戦は引き分けという結果だったが内容的にはリヴァプールの方が上回っていたと思う。 【 ドルトムント vs リヴァプール 】
2016/04/08
【 本田圭佑 】 現在のミランというのは本田ありきでチームが成立していると言っても過言ではない。 【 アタランタ vs ミラン 】
2016/04/07
【 岡崎慎司 】 優勝へ向けて前進。このまま歴史に名を刻みたい。 【 レスター vs サウザンプトン 】
2016/04/06
今回のクラシコについては、バルセロナの完敗、レアル・マドリードの快勝だったと思う。 【 バルセロナ vs レアル・マドリード 】
2016/04/05
【 乾貴士 】 1対1の強さという守備の部分であったり、足元ではなく裏やスペースでという攻撃の部分であったり、そのあたりがずっと課題になっているかなと。 【 エイバル vs ビジャレアル 】
2016/04/04
【 香川真司 】 再び代表試合で復調のきっかけを掴んだか? 【 ドルトムント vs ブレーメン 】
2016/04/03
シリア戦後のハリルホジッチのコメントから。能動的に自分たちの戦い方をコントロールする力が必要。
2016/04/02
シリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。原口元気。金崎夢生。清武弘嗣。 】
2016/04/01
シリア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】
2016/03/31
シリア戦 【 守備は赤点。価値半減の5得点。期待感よりも不安感。日本代表というのは、ノーガードで打ち合いをするような、そういう戦い方に立ち戻ってしまってはいけない。 】
2016/03/30
2トップは継続されるべきか? 香川真司とハーフナー・マイクと宇佐美貴史。個で守る力とSBの的確な判断力とポジショニング。
2016/03/29
アフガニスタン戦後の岡崎慎司のコメントから。連動性や流動性のある攻撃を生み出すためにFWは動いた方が良い。
2016/03/28
アフガニスタン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。東口順昭。香川真司。ハーフナー・マイク。小林悠。 】
2016/03/27
アフガニスタン戦選手評価 【 金崎夢生。岡崎慎司。清武弘嗣。柏木陽介。原口元気。長谷部誠。 】
2016/03/26
アフガニスタン戦 【 素晴らしい試合だったが、それはあくまでも・・・、という事は忘れてもらいたくない。 】
2016/03/25
【 長友佑都 】 守備に徹し及第点のパフォーマンスだったと思う。 【 ローマ vs インテル 】
2016/03/24
【 乾貴士 】 同点ゴールをアシスト。なぜ乾は代表に招集されないのか? 【 ヘタフェ vs エイバル 】
2016/03/23
【 本田圭佑 】 少なくとも2試合から3試合ぐらいは本田を休ませるべきだと思う。 【 ミラン vs ラツィオ 】
2016/03/22
【 香川真司 】 2つの選択肢があり、当然、使い分けても良いと思う。 【 アウグスブルク vs ドルトムント 】
2016/03/21
【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 山口蛍 】【 長谷部誠 】 もはや個の課題を改善する事だけに取り組むしかないか? 【 フランクフルト vs ハノーファー 】
2016/03/20
【 香川真司 】 守備的な戦いの中で自分を活かせるか。 【 トットナム vs ドルトムント 】
2016/03/19
フガニスタン戦とシリア戦へ向けてのメンバー。2つの戦い方が必要だという事を忘れてはいけない。メンバー選考もその事を想定すべきだと思う。
2016/03/18
オーバーヘッドによる得点よりも価値のあるもの。それは、そうでありながらも素晴らしい得点を決めた、という事。
2016/03/17
【 長友佑都 】 勝率的には空中戦も頑張っていたし、得点には繋がらなかったが、個のドリブルでサイドを突破しようと積極的に何回もチャレンジしていた。 【 インテル vs ボローニャ 】
2016/03/16
【 香川真司 】 求められるセカンド・トップとしての動き。 【 ドルトムント vs マインツ 】
2016/03/15
アルビレックスはラファエル・シルバの退場が痛かった。マリノスは22歳の富樫敬真と18歳の遠藤渓太が攻撃で可能性を見せた。 【 アルビレックス新潟 vs 横浜F・マリノス 】
2016/03/15
【 本田圭佑 】 2トップあるいは1トップとトップ下の選手のオフ・ザ・ボールの動きと起点となる能力が攻撃の鍵。 【 キエーヴォ vs ミラン 】
2016/03/14
【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】【 山口螢 】【 大迫勇也 】 適切な使われ方が重要。そして、ただ出場できているだけでは意味が無い。 【 ハノーファー vs ケルン 】
2016/03/13
球際の激しいアグレッシブな好ゲーム。両チームの攻守における課題とは何か。 【 ベガルタ仙台 vs 鹿島アントラーズ 】
2016/03/13
もはやゾーンプレスやハイプレスはやろうとするのが当然で、重要なのはできるのかどうかとその見極め。
2016/03/12
【 香川真司 】 後半37分から途中出場。トゥヘルはどうしても香川をトップ下で機能させたいのだろうか? 【 ドルトムント vs トットナム 】
2016/03/11
大迫勇也。長谷部誠。乾貴士。それぞれの現在地。
2016/03/10
北朝鮮戦(女子) 【 悔しい2連勝。日本の自滅だったリオ五輪予選敗退。 】
2016/03/10
清武弘嗣。山口蛍。酒井宏樹。ハノーファーの3人の現在地。
2016/03/09
【 香川真司 】 もし自分が監督だったら・・・。香川には4月ぐらいからの復調に期待したい。 【 ドルトムント vs バイエルン 】
2016/03/08
ベトナム戦(女子) 【 安堵している場合ではない。まだ悪い部分も多かった。 】
2016/03/08
【 本田圭佑 】 ここからもう一山越えられるかが勝負。崩れずに踏ん張れるか。 【 サッスオロ vs ミラン 】
2016/03/07
【 岡崎慎司 】 今季の岡崎の仕事。岡崎の攻撃に関するプレイを良くする方法。 【 ワトフォード vs レスター 】
2016/03/06
なでしこジャパン。しばらく間が空くと元に戻ってしまうのはなぜか?
2016/03/06
トップ下としての香川真司。正しい使い方をすればトップ下としての能力は高い。
2016/03/05
中国戦(女子) 【 なぜ歯車は狂ったのか? ゼロからやり直すような気持ちで残りの試合を戦ってもらいたい。 】
2016/03/05
【 岡崎慎司 】 今季の岡崎の重要な役割というのは、どちらかと言えば? 【 レスター vs ウェスト・ブロムウィッチ 】
2016/03/04
なでしこジャパン。本質は正しく戦えているのかどうか。
2016/03/04
【 本田圭佑 】 本田のフィジカル・コンディションがどこまで好調を保てるのかが心配でならない。 【 ミラン vs アレッサンドリア 】
2016/03/03
韓国戦(女子) 【 リオ五輪出場が赤に近い黄色信号に。課題は攻撃に有り。 】
2016/03/03
【 香川真司 】 前半で香川が機能しなかった理由。現状は香川のトップ下は厳しいと思う。 【 ドルトムント vs ホッフェンハイム 】
2016/03/02
サンダサと阿部拓馬と小川諒也が特に良いパフォーマンスだった。 【 FC東京 vs ビンズオン 】
2016/03/02
【 本田圭佑 】 攻守共に高いパフォーマンスを見せた本田。チームも完全に機能し始めている。 【 ミラン vs トリノ 】
2016/03/01
オーストラリア戦(女子) 【 戦い方も攻撃も守備も問題有りだったと思う。 】
2016/03/01
【 岡崎慎司 】 勝ち切りたいというラニエリの采配が見事に成功。岡崎のパフォーマンスも上々だった。 【 レスター vs ノーウィッチ 】
2016/02/29
個のプレイのちょっとしたクオリティの部分が勝敗の明暗を分ける事も多い。 【 FC東京 vs 大宮アルディージャ 】
2016/02/29
【 乾貴士 】 ピッチ・コンディションに苦戦も、それだけにあらず。 【 エイバル vs ラス・パルマス 】
2016/02/28
以前までとは異なって守備をしっかりしてきた川崎フロンターレが勝利。 【 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ 】
2016/02/28
香川真司とトップ下と「4-1-2-3」と「4-2-3-1」とカウンターとポゼッションとトゥヘル。
2016/02/27
【 乾貴士 】 個としての乾のパフォーマンスは良かったが結果は敗戦。 【 セルタ・デ・ビーゴ vs エイバル 】
2016/02/26
【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 厳しいチーム状態だが、清武がやるべきプレイとは何か? 【 ハノーファー vs アウグスブルク 】
2016/02/25
今季はミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーに進化を望みたい。 【 浦和レッズ vs シドニーFC 】
2016/02/25
【 本田圭佑 】 守備面だけではなく攻撃面でも本田の個の能力は成長している。 【 ナポリ vs ミラン 】
2016/02/24
敗因は3つ。城福監督とFC東京はACL仕様の戦い方を身に付けられるのか。 【 全北現代 vs FC東京 】
2016/02/24
【 太田宏介 】 まずはコミュニケーション。そして攻守のプレイのレベルアップが必要。 【 デ・フラーフスハップ vs フィテッセ 】
2016/02/23
【 香川真司 】 香川の出場は無し。ギュンドアンが抜けた後どうするのか? 【 レヴァークーゼン vs ドルトムント 】
2016/02/22
【 大迫勇也 】 左SHでスタメン出場も前半だけで交代。少し肉体改造が必要かなと思う。 【 メンヘングラードバッハ vs ケルン 】
2016/02/21
ゼロックススーパーカップ2016について。鍵を握るウタカとアデミウソン。
2016/02/21
現在の香川真司とボルシア・ドルトムントについて。
2016/02/19
献身性論。成功するチームや組織や社会を作るために。
2016/02/18
【 長谷部誠 】 チームとしても個としても特に後半は上手くいっていない感じだった。 【 フランクフルト vs ケルン 】
2016/02/17
【 岡崎慎司 】 不必要なファールによってレスターが自滅。岡崎のパフォーマンスは良かったと思う。 【 アーセナル vs レスター 】
2016/02/16
【 本田圭佑 】 久々の得点はスーパーロング弾。守備でも貢献しつつ1ゴール1アシストの大活躍。 【 ミラン vs ジェノア 】
2016/02/15
【 香川真司 】 まだ全ては想定の範囲内。ザワザワする必要は無いと思う。 【 ドルトムント vs ハノーファー 】
2016/02/14
皆様への質問。リオ五輪代表(手倉森ジャパン)について。
2016/02/13
ウイング論。より多様性のあるポジションへ。より境界線の薄いポジションへ。
2016/02/12
Jリーグのスプリントの回数と距離についての考察。
2016/02/11
勝つための最善は尽くすべきだ。オーバーエイジについて。
2016/02/10
本田圭佑とミランはどうあるべきか? ウディネーゼ戦の本田圭佑とミランから。
2016/02/09
【 本田圭佑 】 引き分けという結果もポジティブに考えて良いと思う。本田は質の高いクロスで何回もチャンスを演出。 【 ミラン vs ウディネーゼ 】
2016/02/08
【 岡崎慎司 】 岡崎が良いパフォーマンスを保つ事もレスターの優勝には欠かせない。 【 マンチェスター・シティ vs レスター 】
2016/02/07
今季のJの注目はリオ五輪代表候補の選手たちか?
2016/02/06
【 本田圭佑 】 こういうプレイをする10番もまた、ファンタジスタであると言える。 【 パレルモ vs ミラン 】
2016/02/05
リオデジャネイロ五輪までの改善ポイント。
2016/02/04
【 本田圭佑 】 間違いなく本田の存在がミラノダービーを勝利に導いた。 【 ミラン vs インテル 】
2016/02/03
韓国戦(Uー23)選手評価 【 山中亮輔。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。原川力。浅野拓磨。豊川雄太。 】
2016/02/02
韓国戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。久保裕也。中島翔哉。矢島慎也。大島僚太。遠藤航。 】
2016/02/01
韓国戦(Uー23) 【 アジアでも勝てない、から、アジアの頂点へ。ただ、そこはこのチームのゴールではない。 】
2016/01/31
オーバーエイジ枠には誰が良いのか?
2016/01/30
イラク戦(Uー23)選手評価 【 山中亮輔。室屋成。奈良竜樹。植田直通。櫛引政敏。オナイウ阿道。浅野拓磨。豊川雄太。 】
2016/01/29
イラク戦(Uー23)選手評価 【 鈴木武蔵。久保裕也。中島翔哉。南野拓実。原川力。遠藤航。 】
2016/01/28
イラク戦(Uー23) 【 勝負強さを身に付けたU-23日本代表。ここからは五輪本大会で勝つための戦いがスタートする。 】
2016/01/27
【 本田圭佑 】 現在のミランが抱えている2つの問題が出ていた試合だった。 【 エンポリ vs ミラン 】
2016/01/26
イラン戦(Uー23)選手評価 【 亀川諒史。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。浅野拓磨。豊川雄太。大島僚太。 】
2016/01/25
イラン戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。久保裕也。中島翔哉。矢島慎也。原川力。遠藤航。 】
2016/01/24
イラン戦(Uー23) 【 成長し続ける事がオリンピックへの道。プレッシャーに勝てる強さが真の強さ。 】
2016/01/23
サウジアラビア戦(Uー23)選手評価 【 オナイウ阿道。中島翔哉。南野拓実。井手口陽介。大島僚太。三竿建斗。山中亮輔。松原健。奈良竜樹。植田直通。杉本大地。浅野拓磨。亀川諒史。久保裕也。 】
2016/01/21
サウジアラビア戦(Uー23) 【 プレッシャーを感じないようにするのではなく、プレッシャーを感じながらどう勝つのか。 】
2016/01/20
【 本田圭佑 】 勝利のためには必要な選手であるという評価が高まっている。 【 ミラン vs フィオレンティーナ 】
2016/01/19
タイ戦(Uー23)選手評価 【 鈴木武蔵。浅野拓磨。豊川雄太。矢島慎也。原川力。遠藤航。亀川諒史。室屋成。奈良竜樹。岩波拓也。櫛引政敏。オナイウ阿道。久保裕也。南野拓実。 】
2016/01/18
タイ戦(Uー23) 【 まだ五輪への出場権を獲得したわけではない。 】
2016/01/17
北朝鮮戦(Uー23)選手評価 【 鈴木武蔵。久保裕也。中島翔哉。南野拓実。大島僚太。遠藤航。山中亮輔。室屋成。植田直通。岩波拓也。櫛引政敏。矢島慎也。原川力。豊川雄太。 】
2016/01/15
北朝鮮戦(Uー23) 【 勝つ事で成長させながら、このチームのアイデンティティを確立させるべし。 】
2016/01/14
【 乾貴士 】 1得点。1つのPK獲得。間違いなくチームの最高点評価を得られてもおかしくないような活躍だった。 【 エイバル vs エスパニョール 】
2016/01/11
【 本田圭佑 】 同点ゴールをアシスト。追い風になりそうな気配。 【 ローマ vs ミラン 】
2016/01/10
【 本田圭佑 】 良い守備で主導権を握り、良い守備から良い攻撃の形を作り、3人以上の選手たちによる連動性、連携力、それをチームに落とし込んで、最後は個によるクオリティ、最後は個による決定力。 【 ミラン vs ボローニャ 】
2016/01/07
【 乾貴士 】 課題は、コミュニケーション、走れる、集中力を保てる、という部分。 【 ベティス vs エイバル 】
2016/01/04
【 岡崎慎司 】 オプションの1つとして右サイドでも使ってみて欲しい。 【 レスター vs ボーンマウス 】
2016/01/03
勝負弱さはどこから生まれるのだろうか?
2016/01/02
今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2015年も御愛読ありがとうございました。
2015/12/31
【 岡崎慎司 】 難しい試合だったがネガティブになる必要はないと思う。 【 リヴァプール vs レスター 】
2015/12/27
日本サッカーのアイデンティティの確立とは?
2015/12/25
澤穂希の引退。サンフレッチェ広島の3位とバルセロナの優勝。モウリーニョとグアルディオラの退任。批評するという事。
2015/12/24
【 香川真司 】 少しのターンオーバーでは回復しきれない疲労の蓄積があるのかなと。 【 ケルン vs ドルトムント 】
2015/12/23
【 原口元気 】【 武藤嘉紀 】 2人の課題はテクニックと判断力。 【 ヘルタ vs マインツ 】
2015/12/22
【 本田圭佑 】 アバーテとのコンビ復活か? スタメン、フル出場の本田が、イタリア杯のサンプドリア戦に続き、2試合連続でのアシスト。 【 フロジノーネ vs ミラン 】
2015/12/21
【 岡崎慎司 】 スタメン、フル出場の岡崎が1つのPK獲得と1得点で勝利に大きく貢献。 【 エヴァートン vs レスター 】
2015/12/20
【 本田圭佑 】 ロングパスから一人で本田が起点を作り2点目をアシスト。 【 サンプドリア vs ミラン 】
2015/12/18
アフリカ王者に勝利し、南米王者に善戦した事は、間違い無く素晴らしい事だったが、そのレベルをスタンダードにするためには、という事を考える事が重要。 【 サンフレッチェ広島 vs リバープレート 】
2015/12/17
【 香川真司 】 ピッチにどれだけ長い時間立っているのか、という事よりも、ピッチに立った時に、どれだけ高いパフォーマンスを発揮できるのか、勝利に貢献できるのか、という事の方が重要。 【 ドルトムント vs フランクフルト 】
2015/12/16
【 本田圭佑 】 香川や本田のような選手が活きているか、機能しているか、というのは、そのチームの良し悪しのバロメーターにもなる。 【 ミラン vs ヴェローナ 】
2015/12/15
勝利できた5つのポイント。アフリカ大陸王者に快勝。 【 サンフレッチェ広島 vs マゼンベ 】
2015/12/14
【 大迫勇也 】 多くの日本人選手に足りない身体能力、あるいは、多くの日本人選手に足りないフィジカル、というのは何か。 【 ブレーメン vs ケルン 】
2015/12/13
システマティックな攻守が躍進の鍵。 【 サンフレッチェ広島 vs オークランド・シティ 】
2015/12/11
セットプレイとミドルシュート。放り込み攻撃に対する守備。サイドの選手の得点力あるいは決定力。
2015/12/10
評価は減点方式ではなく加点方式で。個ではなく組織は桃源郷のようなもの。いかにシンプルにできるのか。そしてそのクオリティ。
2015/12/09
【 本田圭佑 】 攻守においてもっと中盤を制しないといけない。本田は不出場。 【 カルピ vs ミラン 】
2015/12/08
トラップの美学。攻撃の約束事。才能をチームに落とす。
2015/12/07
チャンピオンシップという大会は新たなモチベーションになると思う。
2015/12/06
結局その原因の根本にあるのは考え方。
2015/12/05
皆様への質問。Jリーグについての3つの質問。
2015/12/04
どうすればJリーグが変わるか? 根本的に必要なのは2つの事。
2015/12/03
【 乾貴士 】 この試合の後半のような動きであれば、おそらくハリルホジッチも目を細めるはず。 【 エイバル vs レアル・マドリード 】
2015/12/02
【 本田圭佑 】 それは能力のダウンではなくプレイスタイルの変化。 【 ミラン vs サンプドリア 】
2015/12/01
【 岡崎慎司 】 岡崎が2人いればと感じた試合。プレイに緩急をつけられるようになりたい。 【 レスター vs マンチェスター・ユナイテッド 】
2015/11/30
チャレンジの時期。正しいアプローチで試行錯誤しているならば問題無い。
2015/11/28
デュエル。そしてポゼッションサッカーをするなら必要である事。
2015/11/26
縦に速い攻撃についての考え方。日本のスタイルや特性とは関係無し。
2015/11/25
【 本田圭佑 】 自分からミランを出て行く気は無いと言っていたが・・・。 【 ユヴェントス vs ミラン 】
2015/11/24
【 岡崎慎司 】 得点を取るための3つの形あるいはパターン。 【 ニューカッスル vs レスター 】
2015/11/23
皆様への質問。日本代表(ハリルジャパン)について。
2015/11/22
カンボジア戦後の本田圭佑と遠藤航と吉田麻也のコメントから。
2015/11/21
カンボジア戦選手評価 【 藤春廣輝。長友佑都。槙野智章。吉田麻也。西川周作。柏木陽介。本田圭佑。南野拓実。 】
2015/11/20
カンボジア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。原口元気。山口蛍。遠藤航。 】
2015/11/19
カンボジア戦 【 きちんと理解ある人たちが増えてくれれば良いのだが・・・。 】
2015/11/18
W杯を見据えた日本代表のチーム作りについて。
2015/11/17
シンガポール戦後の長谷部誠と清武弘嗣と吉田麻也のコメントから。
2015/11/16
シンガポール戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。香川真司。原口元気。 】
2015/11/15
シンガポール戦選手評価 【 金崎夢生。清武弘嗣。武藤嘉紀。本田圭佑。柏木陽介。長谷部誠。 】
2015/11/14
シンガポール戦 【 個々の1つ1つのプレイを精査すれば実現性は半分だったのではないだろうか。 】
2015/11/13
自分が何ができるか、相手に何をさせないか、という挑戦。
2015/11/12
本田圭佑と岡崎慎司の現在地。人が道を作り、道が人を作る。何かやる事を見つけて、その事に重要性を持たせる。
2015/11/11
皆様への質問。日本代表(ハリルジャパン)について。
2015/11/10
【 本田圭佑 】 今の苦しさや厳しさを打ち破る事ができれば選手として1つ上のレベルに到達できる。 【 ミラン vs アタランタ 】
2015/11/09
【 岡崎慎司 】 パフォーマンスは上々だが得点を取るのは難しい状況。 【 レスター vs ワトフォード 】
2015/11/08
変化に能動的に対応する。長所を伸ばし短所を補う。個々のレベルアップが全体のレベルアップに繋がる。
2015/11/07
シンガポール戦とカンボジア戦に向けてのメンバーについて。
2015/11/06
日本のサッカーの向上を目指すためのチャレンジを称賛し応援しよう。
2015/11/05
本田圭佑が復活するための3つポイント。
2015/11/04
武藤嘉紀。長谷部誠。酒井宏樹。それぞれの現在地。
2015/11/03
【 本田圭佑 】 復調を感じさせたミラン。挽回の可能性を感じさせている本田。 【 ラツィオ vs ミラン 】
2015/11/02
【 岡崎慎司 】 守備を頑張ると・・・、と考える必要は無く、むしろ、攻守どちらを良くしたい場合でも起用される可能性を作った、と考えた方が良い。 【 ウェスト・ブロムウィッチ vs レスター 】
2015/11/01
長友佑都。清武弘嗣。大迫勇也。原口元気。それぞれの現在地。
2015/10/31
香川真司の現在地。再び輝きを取り戻せた3つの理由。
2015/10/30
【 本田圭佑 】 本田は9分間で前節のサッスオロ戦でチェルチがやった2つの仕事と同じ仕事をやったと言える。 【 ミラン vs キエーヴォ 】
2015/10/29
岡崎慎司の現在地。ジレンマを感じる必要は無い。そのなかで自分をどう活かすのか。
2015/10/28
【 香川真司 】 素晴らしいプレイで3つの得点を生み出した香川。 【 ドルトムント vs アウグスブルク 】
2015/10/27
【 本田圭佑 】 1人少なくなった相手に薄氷の勝利。本田は後半44分に出場。 【 ミラン vs サッスオロ 】
2015/10/26
【 岡崎慎司 】 やはりヴァーディのパートナーは岡崎がベターだと思う。 【 レスター vs クリスタル・パレス 】
2015/10/25
乾貴士の現在地。エイバルでのスタートは順調。中盤のクオリティを上げられる選手になりたい。
2015/10/24
【 香川真司 】 少し低い位置から中央へ入って行くかサイドへ行くかという選択肢があった方が良いのかなと。 【 ガバラ vs ドルトムント 】
2015/10/23
【 本田圭佑 】 チェルチやスソよりも明らかに本田のパフォーマンスの方が上。 【 ミラン vs インテル 】
2015/10/22
本田圭佑が「4-1-2-3」の「3」の右サイドで起用されるようになった場合の3つの利点。
2015/10/21
【 香川真司 】【 武藤嘉紀 】 良さと課題の両方が出た試合。 【 マインツ vs ドルトムント 】
2015/10/20
【 岡崎慎司 】【 吉田麻也 】 流れが良くなるまで我慢。前半の守備的な戦い方の中でどうやって得点を奪うのか。 【 サウザンプトン vs レスター 】
2015/10/19
【 本田圭佑 】 勝てた試合でも引き分け。根本的な問題を解決しなければ復調は難しい。 【 トリノ vs ミラン 】
2015/10/18
イラン戦後の本田と清武と岡崎のコメントから、前半と後半、距離感、カウンターとセットプレイ、という事について。
2015/10/17
イラン戦選手評価 【 米倉恒貴。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。西川周作。原口元気。清武弘嗣。柏木陽介。岡崎慎司。丹羽大輝。南野拓実。 】
2015/10/16
イラン戦選手評価 【 武藤嘉紀。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。柴崎岳。長谷部誠。 】
2015/10/15
イラン戦 【 これぐらいの強さのある相手と数多く戦わなければならない。 】
2015/10/14
本田圭佑のボディ・バランスについて。重心の位置と上半身と下半身の強さの比率。
2015/10/13
欧州サッカーにおける日本人選手の真の活躍を望むのであれば、日本のメディアが批判するべきなのは、本田ではないはずだ。
2015/10/12
シリア戦選手評価 【 長友佑都。酒井高徳。槙野智章。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。清武弘嗣。武藤嘉紀。 】
2015/10/11
シリア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】
2015/10/10
シリア戦 【 アジアを主戦場として守備力をどこまで上げられるのか。そこが問題だと思う。 】
2015/10/09
本田がピッチに立っている時の方が明らかに得点率が高く失点率も低い。
2015/10/08
どこが過激発言? 本田は言うべき事を言っただけ。いつかは誰かが言わなければならない事を言っただけ。
2015/10/07
【 本田圭佑 】 チームもメディアも本田をスケープゴートにするのはやめて正しい方向に進んでもらいたい。 【 ミラン vs ナポリ 】
2015/10/06
【 香川真司 】 不完全燃焼。5失点。しかし順当な結果か。 【 バイエルン vs ドルトムント 】
2015/10/05
【 岡崎慎司 】 守備は100点に近い。攻撃は難しいゴールを決めようとしない事。 【 ノーウィッチ vs レスター 】
2015/10/04
皆様への質問。日本代表(ハリルジャパン)について。
2015/10/03
ハリルジャパン。シリア戦とイラン戦へ向けてのメンバーについて。
2015/10/02
個人的に選ぶシリア戦とイラン戦へ向けてのメンバー22人。
2015/10/01
岡崎慎司と本田圭佑が得点を取るにはどうすれば良いのか?
2015/09/30
【 香川真司 】 1点目の時のギンターへのパスは見事。チームは残されている課題を克服しなければならない時期に入った。 【 ドルトムント vs ダルムシュタット 】
2015/09/29
【 本田圭佑 】 本田外しは解決策にならず。 【 ジェノア vs ミラン 】
2015/09/28
【 岡崎慎司 】 今の起用のされ方では良いバイオリズムに入れない。 【 レスター vs アーセナル 】
2015/09/27
本田圭佑とシニシャ・ミハイロヴィッチのACミラン。トップ下の仕事。2トップとトップ下の正しい関係性。本田のベスト・ポジションについて。
2015/09/26
【 香川真司 】 対策に対する対策とターンオーバーのやり方。 【 ホッフェンハイム vs ドルトムント 】
2015/09/25
問題は本田よりも2トップ。本田はきちんと仕事をしている。日本のメディアならば援護射撃を。
2015/09/24
【 本田圭佑 】 本田が縁の下の力持ちになってチームを支えているのは間違いない。 【 ウディネーゼ vs ミラン 】
2015/09/23
【 香川真司 】 辿り着いたベスト・ポジション。復活だけではなく進化も感じられる。 【 ドルトムント vs レヴァークーゼン 】
2015/09/22
【 本田圭佑 】 本田へのブーイングは恥ずべき行為。 【 ミラン vs パレルモ 】
2015/09/21
【 岡崎慎司 】 まずはフィジカル・コンディションの回復を。次に強い当たりに対するプレイにアイデアを。 【 ストーク vs レスター 】
2015/09/20
【 武藤嘉紀 】 スピードとフィジカルでは通用しているのが最大の強味。 【 マインツ vs ホッフェンハイム 】
2015/09/19
【 香川真司 】 内容としては良くなかったが、それでも逆転勝利。香川は後半から出場し、中盤の攻守の機能性を上げた。 【 ドルトムント vs クラスノダール 】
2015/09/18
【 武藤嘉紀 】 高い可能性を感じさせるポテンシャルと成長速度の早さ。 【 シャルケ vs マインツ 】
2015/09/17
【 岡崎慎司 】 スタメン出場も前半だけで交代。しかし岡崎を代える必要はあったのか? 【 レスター vs アストン・ヴィラ 】
2015/09/16
【 本田圭佑 】 ミランが得点できなかった原因。本田の悪かった部分と良かった部分。ミハイロヴィッチの采配。 【 インテル vs ミラン 】
2015/09/15
【 長谷部誠 】【 大迫勇也 】 1アシストを含む3得点に絡む活躍だった長谷部。やはり移籍した方が良いと思う大迫。 【 フランクフルト vs ケルン 】
2015/09/14
【 香川真司 】【 清武弘嗣 】【 酒井宏樹 】 スルーパスとセットプレイで魅せた清武。4試合で15得点の攻撃を牽引する香川。 【 ハノーファー vs ドルトムント 】
2015/09/13
W杯アジア2次予選3試合の総括とハリルホジッチへの最初の評価。
2015/09/12
アフガニスタン戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。武藤嘉紀。遠藤航。 】
2015/09/11
アフガニスタン戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。原口元気。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】
2015/09/10
アフガニスタン戦 【 この試合についての皆様の満足度はどれぐらい? 良かった部分はどこ? 悪かった部分はどこ? 】
2015/09/09
日本のクロスからの攻撃の威力を高めるための5つの修正点。
2015/09/08
ハリルホジッチをスケープゴートにする事はかなり恥ずかしい。
2015/09/07
カンボジア戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。森重真人。吉田麻也。西川周作。宇佐美貴史。興梠慎三。原口元気。 】
2015/09/06
カンボジア戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。武藤嘉紀。本田圭佑。山口蛍。長谷部誠。 】
2015/09/05
カンボジア戦 【 安堵の勝利。しかし根本的な問題というのは解決されていない。 】
2015/09/04
ハリルホジッチの評価と本当に日本が強豪国の仲間入りをしたいのであれば。
2015/09/03
カンボジア戦とアフガニスタン戦のポイント。タイムアタック的なノルマの達成に取り組んでもらいたい。
2015/09/02
【 本田圭佑 】 本田はミランから移籍した方が良いと思う。 【 ミラン vs エンポリ 】
2015/09/01
【 香川真司 】 【 原口元気 】 1アシストなど3得点に絡む大活躍の香川。1トップとして難しかった原口。 【 ドルトムント vs ヘルタ 】
2015/08/31
【 武藤嘉紀 】【 酒井宏樹 】 2得点。高い成長力を見せる武藤嘉紀。その反対の酒井宏樹。 【 マインツ vs ハノーファー 】
2015/08/30
カンボジア戦とアフガニスタン戦のメンバー発表のハリルホジッチのコメントから。かなり引いてくる相手との戦い方の基本について。
2015/08/29
香川と本田を「2」のポジションで起用した「4-1-2-3」が良いような気がする。W杯アジア予選のカンボジア戦とアフガニスタン戦に挑むメンバーについて。
2015/08/28
【 原口元気 】 フル出場で及第点のパフォーマンス。問題は最後のところでのクオリティ。 【 ヘルタ vs ブレーメン 】
2015/08/27
【 本田圭佑 】 退場者が出たせいで前半39分に交代。やはりまずは守備をきちんとしないと今季のミランも低迷してしまうと思う。 【 フィオレンティーナ vs ミラン 】
2015/08/26
【 武藤嘉紀 】 2つの決定機でシュートを外してしまったが総合的な評価としてはポジティブ。 【 メンヘングラードバッハ vs マインツ 】
2015/08/25
【 香川真司 】 1ゴール。かつてのパフォーマンスを取り戻しつつある香川。 【 インゴルシュタット vs ドルトムント 】
2015/08/24
【 岡崎慎司 】 ラニエリ監督と岡崎に思案の時が訪れたような気がする。 【 レスター vs トッテナム 】
2015/08/23
【 香川真司 】 1ゴール1アシストの活躍。そして大逆転勝利だが戦い方は良くなかった。 【 オッド vs ドルトムント 】
2015/08/22
【 武藤嘉紀 】 難しい状況ではあるが、とにかく個の成長のためだと思って頑張って欲しい。 【 マインツ vs インゴルシュタット 】
2015/08/21
現有戦力での「4-3-1-2」でのトップ下は本田圭佑であるべき。
2015/08/20
【 大迫勇也 】 開幕戦で1得点。フィジカルや技術のレベルをもうワンランク。 【 シュツットガルト vs ケルン 】
2015/08/19
【 岡崎慎司 】 1得点。2得点に絡む活躍。守備でも高く貢献。2試合で存在感を示す。 【 ウェストハム vs レスター 】
2015/08/18
【 長谷部誠 】【 乾貴士 】 SBではなく中盤で。サイドよりも中央で。 【 ヴォルフスブルク vs フランクフルト 】
2015/08/17
【 香川真司 】 1アシスト。2つの得点に絡む活躍。チームも香川も好調なスタート。 【 ドルトムント vs メンヘングラードバッハ 】
2015/08/16
東アジアカップ2015。貢献度あるいは活躍度ランキング。
2015/08/13
中国戦選手評価 【 米倉恒貴。丹羽大輝。槙野智章。森重真人。東口順昭。興梠慎三。浅野拓磨。柴崎岳。 】
2015/08/12
中国戦選手評価 【 川又堅碁。武藤雄樹。宇佐美貴史。永井謙佑。遠藤航。山口蛍。 】
2015/08/11
中国戦 【 卑屈にならず弱さを認めて努力する。それが唯一の最善だと思う。 】
2015/08/10
中国戦(女子) 【 勝利したが試合後にはイライラの方が多く残った。 】
2015/08/09
韓国戦選手評価 【 太田宏介。遠藤航。槙野智章。森重真人。西川周作。川又堅碁。宇佐美貴史。浅野拓磨。 】
2015/08/08
韓国戦選手評価 【 興梠慎三。倉田秋。永井謙佑。山口蛍。柴崎岳。藤田直之。 】
2015/08/07
韓国戦 【 改善はあったが力不足。引き分けという結果が彼らの現在の実力。 】
2015/08/06
韓国戦(女子) 【 名を捨て実を取る。悔しい負け無しに人は成長しない。不安や嘆きなどいらない。努力あるのみ。 】
2015/08/05
北朝鮮戦選手評価 【 川又堅碁。武藤雄樹。宇佐美貴史。永井謙佑。谷口彰悟。山口蛍。藤春廣輝。遠藤航。槙野智章。森重真人。西川周作。柴崎岳。興梠慎三。浅野拓磨。 】
2015/08/04
北朝鮮戦 【 攻守の問題点はハッキリしている。 】
2015/08/03
北朝鮮戦(女子) 【 この敗戦をどれだけ悔しいと感じられるかが鍵。 】
2015/08/02
東アジアカップメンバー。観てみたい2つの布陣。
2015/07/26