グループステージ第1戦。グループAからGまでの感想。
グループA 第1戦 ロシアvsサウジアラビア

ロシアW杯の開幕戦。スコア「5-0」でロシアが勝利。近年のロシアというのは、攻撃は決定力不足、守備も力不足、という印象だったので、やはり、この試合の大勝には驚いた。但し、ロシアが云々というよりも、どちらかと言えば、サウジアラビアが悪い時のサウジアラビアになってしまっていたのかな、という印象だった。悪い時のサウジアラビアというのは、とにかく、失点しはじめると止まらなくなってしまう。それはおそらく、まずは守備から、という感じのサッカーを志向しないからだと思うのだが、やはり、アジアレベルの国がW杯で戦うにおいては、そういう感じだと厳しいのかなと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/19 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
引き分けであっても勝ったに等しい、最小得失点差での負けであっても悪くはない。
【 初戦、コロンビア戦のスタメンは? 】

        大迫勇也
乾貴士     香川真司    武藤嘉紀
     長谷部誠  柴崎岳
長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
        川島永嗣

岡崎と昌子が別メニュー調整している、という事もあるし、個人的には、「4-2-3-1」よりも「4-3-2(ワイド)-1」の方が良いと思うが、システムはどちらになるにしても、初戦、コロンビア戦のスタメンは、上記の11人で良いのかなと。とにかく、しっかりと動ける選手、フィジカル的にもメンタル的にも、しっかりと戦える選手、そういう選手たちを11人並べる、という事が重要だと思う。そこは、外野の人間には判断できないので、しっかりと直前まで見極めて、ベターな11人を選んでもらいたい。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/18 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
優秀な監督とそうではない監督の差となる要素の1つ。
その場で判断する、というのは、本当に難しい。つまり、想定外の事が起こった時に、その想定外の事が起こってから判断する、というのは、本当に難しい、という事。2014年、ブラジルW杯の時の事を考えてみても、コートジボワール戦では、前から嵌め込もうとする日本の守備を、無効化させるような戦い方をコートジボワールはしてきて、しかし、そうなった場合のプランBの守り方を、日本は用意していなかった。更には、ドログバが途中交代で入ってきて、おそらく、途中交代でドログバが入ってくる事は想定内だったと思うが、その影響力や個の力の強さについては想定外だったのだと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/17 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
崩されての失点はありません、というのは、最低限の守備しかできていません、という事。
崩されての失点はありません、というのは、日本代表というのは、大体そうで、もしかしたら忘れているだけかもしれないが、完全に崩されての失点というのは、近年の日本代表では、ほとんど記憶に無い。しかしながら、それでも失点するので、だからこそより問題なのであり、つまり、完全に崩されてはいないが、一本の縦パスやアーリークロスから失点する、PKを含むセットプレイから失点する、PA外からのシュートで失点する、どこかの局面の1つの崩されだけで失点する、そして、カウンターから失点する。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/16 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パラグアイ戦選手評価 【 昌子源。植田直通。東口順昭。中村航輔。酒井宏樹。大迫勇也。原口元気。宇佐美貴史。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年6月12日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-2」
得点者:ロメロ 乾貴士 乾貴士 オウンゴール オルティス 香川真司




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/15 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パラグアイ戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。乾貴士。武藤嘉紀。山口蛍。柴崎岳。酒井高徳。遠藤航。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年6月12日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-2」
得点者:ロメロ 乾貴士 乾貴士 オウンゴール オルティス 香川真司




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/14 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
岡田ジャパンのシステムと守備+ザックジャパンの攻撃パターン+アギーレジャパンのビルドアップの方法+ハリルジャパンの攻撃のコンセプト。
          大迫勇也
原口元気                武藤嘉紀
     乾貴士  長谷部誠 遠藤航
  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
          中村航輔

やはり、まだ試されていないシステムは「4-1-4-1」ぐらいなので、パラグアイ戦は、それをやってみた方が良いと思う。相当以前から、個人的には、このシステムを推しているが、ポイントの1つは、最終ラインを3枚にせず、4枚のままで横幅を5枚なり6枚なりで守れる事と、横幅が5枚である状態を最終ラインではなく中盤のラインで作れる事。やはり、最終ラインが3枚になる形はサイドのスペースが気になるし、特に現在の日本の場合には、いかにCBの守備に頼らないか、つまり、いかに相手の攻撃をMFとSBのところで止めるのか、いかにそこで相手の攻撃の威力を落とさせるのか、という事が重要になってくると思うから、それを考えると「4-1-4-1」が良いと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/12 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
スイス戦選手評価 【 槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。武藤嘉紀。乾貴士。酒井宏樹。柴崎岳。香川真司。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年6月8日
結果 :スイス代表勝利
スコア:「0-2」
得点者:ロドリゲス(PK) セフェロビッチ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/11 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スイス戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。宇佐美貴史。原口元気。長谷部誠。大島僚太。長友佑都。酒井高徳。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2018年6月8日
結果 :スイス代表勝利
スコア:「0-2」
得点者:ロドリゲス(PK) セフェロビッチ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/06/10 11:45】 | 西野ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ