FC2ブログ
今回の南米選手権で得られたと思う成果。そして、得られなかったと思う成果。
五輪代表からフル代表へ、ではなく、フル代表から五輪代表へ、という事では、その目処が立った選手が数人いた事が成果の1つになると思う。ウルグアイ戦とエクアドル戦でスタメン出場した、久保、三好、板倉、杉岡、岩田、という5人。冨安はもうフル代表の選手だと言えるので、その冨安を除いた前述の5人の選手が、ウルグアイ戦とエクアドル戦でスタメン出場した東京五輪世代の選手たちであるが、特に久保と三好と板倉の3人については、フル代表でも戦力になると、森保監督に判断されたのではないかと思う。


選手評価 エクアドル戦 【 岡崎慎司。久保建英。中島翔哉。三好康児。柴崎岳。板倉滉。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。前田大然。安部裕葵。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/06/27 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
基本的には「4-1-2-3」をベースにした方が良いと思う。
例えば日本代表でも、

中島翔哉    大迫勇也     堂安律
   南野拓実     柴崎岳
        遠藤航
長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹

こういう「4-1-2-3」をベースにして、

        大迫勇也
中島翔哉    南野拓実     堂安律
     遠藤航   柴崎岳
長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹

こういう「4-2-3-1」へ変形したり、

     南野拓実  大迫勇也
中島翔哉            堂安律
     遠藤航   柴崎岳
長友佑都 吉田麻也  冨安健洋 酒井宏樹

こういう「4-4-2」へ変形したり、
という事を目指した方が良いと思う。


選手評価 ウルグアイ戦 【 岡崎慎司。安部裕葵。中島翔哉。三好康児。板倉滉。柴崎岳。杉岡大暉。岩田智輝。冨安健洋。植田直通。川島永嗣。上田綺世。久保建英。立田悠悟。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

「4-5-1」で守るのか「5-4-1」で守るのか。しかしそれでも。【 イタリアvsポーランド 】Uー21欧州選手権2019 有料:100円:サポートもお願いします!

選手評価 チリ戦 【 上田綺世。久保建英。中島翔哉。前田大然。中山雄太。柴崎岳。杉岡大暉。原輝綺。冨安健洋。植田直通。大迫敬介。安部裕葵。三好康児。岡崎慎司。 】 有料:100円:サポートもお願いします!

チリ戦の日本代表の悪かった部分と良かった部分。中島は守備意識が低かったのではなく左サイドにいないのが戦術だった。 有料:100円:サポートもお願いします!




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/06/23 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
選手評価 エルサルバドル戦 【 永井謙佑。南野拓実。堂安律。原口元気。伊東純也。橋本拳人。小林祐希。畠中槙之輔。昌子源。冨安健洋。シュミット・ダニエル。山中亮輔。室屋成。大迫勇也。中島翔哉。久保建英。柴崎岳。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2019年6月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-0」
得点者:永井謙佑 永井謙佑


選手評価 ポルトガル戦(Uー22) 【 小松蓮。伊藤達哉。神谷優太。松岡大起。田中碧。舩木翔。長沼洋一。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。波多野豪。小川航基。岩崎悠人。旗手怜央。 】 有料:100円




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/06/11 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5つのチェックポイント。森保監督の3バックのシステム。
1つには、攻撃時にWBが、どれだけ高い位置を取れているかどうか。但し、正確に言えば、どれだけ良いポジショニングができているかどうか、であり、3バックのシステムのメリットとしては、ピッチの横幅を広く使ったビルドアップができる、という事が1つで、また、ポゼッション力を高めるにおいても、大外のサイドの選手が起点となる、そこがボールの収めどころになる、という事は重要なポイントで、張っていたり、もしくは、良きタイミングで上がれるポジショニングなのか、という事がチェックポイント。

選手評価 ポルトガル戦(Uー22) 【 小松蓮。伊藤達哉。神谷優太。松岡大起。田中碧。舩木翔。長沼洋一。田中駿汰。岡崎慎。大南拓磨。波多野豪。小川航基。岩崎悠人。旗手怜央。 】 有料:100円




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/06/09 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
選手評価 トリニダード・トバゴ戦 【 大迫勇也。中島翔哉。堂安律。柴崎岳。守田英正。長友佑都。酒井宏樹。畠中槙之輔。昌子源。冨安健洋。シュミット・ダニエル。南野拓実。伊東純也。原口元気。室屋成。小林祐希。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2019年6月5日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:

韓国戦(Uー20) 【 テクニック的には優れているはずなのに、なぜそうなってしまうのか。やはり、そこを考えなければならない。 】 有料:100円




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/06/07 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気になるのは香川真司と中山雄太。
● キリンチャレンジカップへ向けてのメンバー

川島永嗣 権田修一 シュミット・ダニエル 大迫敬介
槙野智章 昌子源 畠中槙之輔 冨安健洋 植田直通
長友佑都 酒井宏樹 室屋成 中山雄太
小林祐希 柴崎岳 橋本拳人 守田英正
中島翔哉 堂安律 原口元気 伊東純也 久保建英
香川真司 南野拓実
岡崎慎司 鈴木武蔵 大迫勇也

● コパ・アメリカへ向けてのメンバー

川島永嗣 小島亨介 大迫敬介
板倉滉 立田悠悟 冨安健洋 植田直通
杉岡大暉 菅大輝 岩田智輝 原輝綺
中山雄太 松本泰志 渡辺皓太 柴崎岳
中島翔哉 伊藤達哉 三好康児 久保建英 安部裕葵
岡崎慎司 前田大然 上田綺世




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/05/25 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
森保ジャパンのサッカーを解説。その正体は継承による複合体。
まず前提の1つにあるのはミハイロ・ペトロヴィッチのサッカー。「3-4-2-1」というシステムで、攻撃時には2ボランチの1枚がDFラインに下がりビルドアップに参加、「4-1-4-1」というシステムに変化し、前線に5枚、更には、SBと化したCBも攻撃参加、という攻撃的な戦い方。但し、この戦い方は攻撃的過ぎるので、「4-1-4-1」に変化するのは同じだが、より「5-4-1」でブロックを作って守るの比率を上げ、それが功を奏してサンフレッチェ広島を5年間で3回の優勝に導いた。

そしてそれを、「4-2-3-1」もしくは「4-4-2」でもやろうとしている、と考えると森保ジャパンのサッカーは解りやすい。従って、攻撃時には、SHはワイドよりも中寄りの位置、ハーフスペース、「3-4-2-1」におけるシャドーのような位置取りをして、尚且つ、両SBは高い位置へと上がり、「2-2-5-1」あるいは「2-2-4-2」という形になる。ちなみに、その時の後ろのボランチとCBの配置については、「2-2」ではなく「3-1」である時もあるが、そこは特に重要ではない。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/05/15 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボリビア戦から感じた、この先のチーム作りについて。
前半の攻撃も悪かったわけではなく、
ボールを動かしながら相手の守備をどちらかのサイドに寄せて、
特に右サイドに寄せてから大きなサイドチェンジのパスで左の乾へ、
という攻撃では決定機も作ったし、
何回かは良い形も作ったし、
右サイドも縦へ抜け出せたり押し込む事ができた時には、
そこからのクロスで何回かはチャンスも作ったし、
という事だったのが、やはり、乾は決定力を欠き、
鎌田と宇佐美はなかなか最後のところでは良いプレーができず、
そして、香川も、中盤で起点となるところでは効果的な存在だったのだが、
香川自身が仕掛けて突破しなければならないシーン、
あるいは、香川自身が最後のフィニッシュのところでシュートまで、
というシーンではプレーが成功せず、
そういう事が結局は無得点に終わった原因だったかと。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/04/04 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コロンビア戦から感じた、この先のチーム作りについて。
コロンビア戦、やはり前半は、とても良かった。
最初の方に1回だけ危ないシーンはあったが、
日本はコンパクトな守備ブロックを作り、
個々の選手たちの攻から守への切り替えも速かったので、
かなり良い守備もしていたし、
攻撃は中島を起点に何回もシュートを放ったり決定機を作ったり、
足りないのは得点という結果だけ、という感じだった。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2019/04/03 11:39】 | 森保ジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ