森保ジャパンに求めたい個の力を伸ばすための戦い方。
今回の五輪代表というのは、日本開催、東京五輪の代表、という事になるので、より一般的な注目度が高くなると予想される。つまり、メダルを取る、という結果に対して、より期待される、という事。しかし、五輪競技の1つとして、ではなく、サッカーとして、日本サッカーとして、という観点で考えれば、基本的にはUー23という年齢制限があるチームで戦う事になるので、育成段階のチームである、という重要な要素がある。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/01/25 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ウズベキスタン戦(Uー21) 【 もう少しシンプルでリスクを減らしたサッカーを。 】
試合 :AFC Uー23選手権 トーナメントステージ 準々決勝
開催日:2018年1月19日
結果 :ウズベキスタン代表勝利
スコア:「0-4」
得点者:シディコフ ハムダモフ ヤフシボエフ ヤフシボエフ




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/01/20 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
森保ジャパンの選手たちに伸ばしてもらいたい個の力。
個人的には、特にアンダーカテゴリーのサッカーにおいては、複雑であったり高度であったり、または、ある1つのやり方に偏重するような戦い方というのは推奨しない。むしろ、特にアンダーカテゴリーのサッカーにおいては、よりシンプルな戦い方をしながら、個の力を伸ばす、セオリーをきちんと身に付ける、という事により重点を置いてもらいたい。従って、森保ジャパンの選手たちに現時点で求めたいのは以下に書く通り。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/01/18 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
北朝鮮戦(Uー21) 【 今回の失点の形に対する解決策が必要だと思う。 】
試合 :AFC Uー23選手権 グループステージ 第3戦
開催日:2018年1月16日
結果 :Uー21日本代表勝利
スコア:「3-1」
得点者:柳貴博 三好康児 キム・ユソン オウンゴール




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/01/17 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
タイ戦(Uー21) 【 特に個の質の向上は急ぐ必要があると思う。 】
試合 :AFC Uー23選手権 グループステージ 第2戦
開催日:2018年1月13日
結果 :Uー21日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:板倉滉




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/01/14 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パレスチナ戦(Uー21) 【 この試合で気になった事は主に2つ。 】
試合 :AFC Uー23選手権 グループステージ 第1戦
開催日:2018年1月10日
結果 :Uー21日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:板倉滉




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2018/01/11 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Uー17W杯総括。ハイレベルなテクニック。しかしフィジカルには大きな差が。
総じてテクニックの高い選手が多い印象だった。久保建英と中村敬斗を筆頭に、上月壮一郎、平川怜、福岡慎平、そして、左SBの鈴木冬一と、フランスやイングランドを相手にしても、テクニック面では同等かそれ以上だったと思う。しかし、6得点を奪った初戦のホンジュラス戦以外は、フランス戦では1得点、ニューカレドニア戦でも1得点、それから、イングランド戦では無得点と、高いテクニックが得点にはあまり繋がらなかった。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2017/10/19 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イングランド戦(Uー17) 【 ポジティブな戦いができたと思う。 】
試合 :Uー17W杯 決勝トーナメント 1回戦
開催日:2017年10月17日
結果 :イングランド勝利
スコア:「0-0(3PK5)」
得点者:

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2017/10/18 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニューカレドニア戦(Uー17) 【 決勝トーナメントに入ってからが本当の勝負。 】
試合 :Uー17W杯 グループステージ 第3戦
開催日:2017年10月14日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:中村敬斗 ジェノ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2017/10/15 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ