「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。
「4-4」による守備ブロック、4バック、
最も守り難い場所はCBとSBの間のところ。
それは文字通りCBとSBの間のスペースを指す事もあれば、
サイドのやや中央寄りというスペースを指す場合もあるが、
とにかくそこのスペースが最も守り難い。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2017/05/30 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハイプレス&ショートカウンターの至上主義になる事は、ハイプレス&ポゼッションの至上主義になる事と変わらない。
そもそもとして、戦い方の基本というのはカウンター。なぜならば、攻撃の最大チャンスは相手が攻撃している時であり、また、カウンターは省エネでもあるから、カウンターで戦って勝てるならば、そうした方が長く良い状態で戦える。特に現時点の日本の立ち位置を考えると、W杯のような大会では、日本に対しては勝点3を得たいと考えて戦う相手が多いと思うから、日本はカウンターで戦った方が有利になる。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2016/11/03 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビルドアップと「4-1-2-3」と「4-2-3-1」についての考察。
4バックで、相手がハイプレスだった場合には、ビルドアップの時に最終ラインのところで数的同数になりやすいので、ボランチの1枚が下がり、最終ラインのところを数的優位の状態にして、相手のハイプレスをかわしやすくする。そして、相手がハイプレスである、という事は、相手の最終ラインの裏、もしくは、相手の中盤、そこには必ずスペースが生まれているので、そこにパスを入れ込んだり、そこにドリブルで侵入したりして、攻める、相手の守備を崩す、という事になる。但し、相手がハイプレスではなかった場合には、あるいは、途中でハイプレスをやめた場合には、この方法をやると、この方法をやり続けると、相手のカウンター攻撃に、相手の堅守カウンター戦術に、とてもハマりやすくなってしまう。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2014/11/27 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「4-3-1-2」と「4-3-2-1」の違い。「4-3-2-1」と「4-1-2-3」の違い。
イングランドのプレミアリーグやオランダのエールディビジは、イングランドのプレミアリーグは変化を模索するようにもなってきているが、それでもやはり伝統的なオーソドックスな戦術やシステムというのが主流で、そこまで戦術志向ではないと言える。ドイツのブンデスリーガは、多くのクラブが攻撃的である方に舵を切るようになっていて、また、テクニックの方に比重を傾けるようになっているが、やはり戦術志向が伝統的に一番強いのはイタリアのセリエで、とりあえず今回は「4-3-1-2」と「4-3-2-1」の違いと「4-3-2-1」と「4-1-2-3」の違いについて書いてみたいと思う。

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2014/01/19 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
最新版の「3-4-3」によるトータルフットボールと言えるインテル(ワルテル・マッツァーリ)の「3-5(3ボランチ)-1-1」。
【 インテル 】

FW:           パラシオ
MF:           アルバレス
MF:長友佑都 タイデル カンビアッソ グアリン ジョナタン
DF:     ジョズス ラノッキア カンパニャーロ
GK:         ハンダノヴィッチ

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2013/09/23 12:00】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バルセロナはメッシを活かすチームではなくメッシが活かすチームであること。ザックジャパンは香川を活かすチームではなく香川が活かすチームであること。
グアルディオラ時代のバルサを取り戻すためには、世代交代と戦力補強、サイドの高い位置の機能性(ウイングと書かないのは従来の典型的なウイングとは少し異なるため)、そこがポイントになるのは間違い無いと思うのですが、実はもう1つ大切な事があると思っていて、それは何かと言えば、メッシを活かすチームではなく、メッシが活かすチームになる、という事ですね。どちらも、メッシ依存、メッシ頼み、という意味では変わらないですが、「 all for one one for all 」、一人がみんなのために、みんなが一人のために、そこの、メッシがみんなのために、という部分が、グアルディオラのバルサでは重要なポイントになっていたと個人的には思っています。

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2013/05/06 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
攻撃的なスタイルのチームを作ろうとすると時に、最も重要な事は、何枚で守るのか、何枚で守れるのか、という事。バルセロナとレアル・マドリードから考察。
基準を「4-4」もしくは「5-3」の8枚とするとすれば、8枚でも守れなければ「4-5」もしくは「5-4」の9枚にする、という事になるし、8枚で守れていれば「4-3」もしくは「3-4」の7枚にする、更には、7枚で守れているなら「4-2」や「3-3」の6枚にする、という事ですね。

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2013/04/19 15:55】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ファーガソンの「4-4-2 ダイヤモンド型」についての考察。現状の問題点とそれを解決するためのポイントとは?
ファーガソンは、中盤をダイヤモンド型にしている、と言っていますが、ダイヤモンド型の中盤の形には大別して2種類有り、つまり、「4-3-1-2」の3ボランチ型と「4-1-3-2」の2列目3枚型。そして、ファーガソンの発言を聞いていると、その意図としては「4-3-1-2」の3ボランチ型なのかな、と思うのですが、しかし、実際の試合においては、香川とクレヴァリーは2列目のサイドの位置でプレーしている事も多く、実質的には「4-1-3-2」に近くなっているように感じます。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2012/10/27 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
なぜ日本人FWが得点を取れないのか? 日本サッカーの組織力をもっと高めるためにはどうすれば良いのか?
日本人FWの大きな特徴の1つは、個人での打開力が無い事。つまり、個人技だけで得点を取ってしまう能力が低い、という事ですね。日本人選手には優秀なパサーが多い。しかしその事が、FWの「個人技だけで得点を取る」という能力の必要性を低下させ、もっと言えば、それを悪とするようなところもある。やはりこの文化というのは、変えていかなければならないと思っています。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
続きを読む
【2011/12/28 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ