岡田監督と小野技術委員長のコメントについて。
五輪後に岡田監督と小野技術委員長がコメントしていましたが、
その内容が個人的には結構気になったので、
今回はそのことについて書きたいと思います。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ 岡田監督のコメント

「それは向こうでも気になっていました。韓国は非常にいい試合をしていたんですけど、決勝トーナメントには出られなかった。はっきりいってオランダは、あれだけのメンバーがいて、決して大したサッカーはやっていなかった。内容からいって、いい試合をしていたとは絶対に言えないと思うんですけど、勝ち残ったと。その辺りは、アジアが、日本が自分たちの道を進まないと。暑くて相手が走れない、自分たちも走れない。それだと勝てない。だから自分たちの道を進んでいかないといけないのかなと、あらためて感じました」

このコメントで気になるのは、「アジアが、日本が自分たちの道を進まないと。暑くて相手が走れない、自分たちも走れない。それだと勝てない。だから自分たちの道を進んでいかないといけないのかなと」、という部分ですよね。「だから自分たちの道を進んでいかないといけない」が指し示すところの「自分たちの道」とは何なのでしょうか? もしかして、とにかく走る、ということでしょうか? 
これは一見すると正しいように思いますが、かなり危険な方向性だと、私は思いますね。正確なデータは手元にありませんが、おそらく日本の選手は、今でも結構多く走っていると思います。しかし、実際問題、それでも勝てないわけですよね。オシムの登場以来、日本サッカーは「走る」ことブームですが、オシムの「走る」とは運動量のことではないと思います。そこに「考えて」という言葉を必ず付けないと、大きく間違ってしまうように思いますね。
要するに日本サッカーの問題点の1つは、「走る=運動量=スタミナ」ではなく、「走る質」ということであると私は思います。運動量、走る量、それをガンガン増やしていけば勝てる、というのは幻想であると思います。確かに今は、技術もスピードもポジショニングも劣る日本が世界と戦っていく為には、相手より多く走る、ということが必要不可欠なわけですが、しかし、それが「日本サッカーの自分たちの道」「日本サッカーの目指す方向性」「理想の日本サッカー」「日本サッカーの日本化」ということに結論としてなってしまうと、それは違うように思います。
これからの日本サッカーが目指さなければならないことは、走る量ではなく、走る質、そうであるように思います。そしてやはり、個で勝てないから、という、これもマイナスの思い込みであると思いますので、そんなことを言わずに、個の能力と質を高めていくということ、まず第一に考えて欲しいと思いますね。ここ数年のJリーグの傾向を見ていると、走る質とかポジショニングとかよりも、とにかく運動量至上主義の傾向にあるように思いますので、これは悪い傾向であるように感じています。何でもそうですが、目指すべきは量より質であると、私は思います。
今年のユーロを観ていても解かりますが、結局、ロシアとクロアチアは優勝できませんでしたよね。この2つのチームの選手、特にクロアチアなどは、本当に、感動的なほど走って走って走りまくっていましたが、やはりそこには限界も感じました。1試合なり2試合程度良い試合をする、決勝Tには進出する、そこまでが最終目標ならば、とにかく運動量を増やして、という方向性でも良いとは思いますが、しかし、運動量至上主義は、そこまでが限界であると、私は思います。
やはり、1つの大会で優勝まで辿り着く為には、効率的に勝つ試合を何試合かはできなければならず、その高いところに最終目標を置くならば、ある程度の運動量は当然必要であるとしても、そのある程度のところまできたら、今度は質というところを、最大限まで追及していくことが必要であると思います。もし日本サッカーが運動量至上主義に突き進んでいくならば、この先に向けて、大いに危惧を感じますね。


○ 小野技術委員長のコメント

「ひとつは代表チームとして大切にしなければならないところ、岡田監督も言っていましたけど、われわれには卓越したフィジカルを持った個がいるわけではない。現段階では同じことをやっていては勝てないんだと。ほかのチームはやらないことを、こちらはどうやって築いていくかです」

「体格では劣っているかもしれない。でも、われわれのほうが優れているところも、たくさんあると思うんです。そういうところを目指して、反町監督も頑張って、そこをもっともっと貫いていく。そういうのを見て周りの国は「ダサいよ」というかもしれません。それでもわれわれは、日本人として持ってきたものをフルに発揮していく。プラスアルファのところをやっていかないといけないんじゃないかなと思っています」


「われわれには卓越したフィジカルを持った個がいるわけではない」「ほかのチームはやらないことを、こちらはどうやって築いていくか」このコメント、やはり気になりますよね。日本人の特性を活かしたサッカーをやっていく、ということは解かりますし、正しいような気もしますが、しかしそれを、「勝手な決めつけ」や「逃げの言い分け」にしてしまうと、間違ってしまうように思います。岡田監督が「吉田麻也あたりが、2メートル近いオランダの選手にどれだけやれるのかなと。ほとんど完ぺきに抑えていて『ああ、ここまでできるんだ』とか、ある程度できることは分かった上でも、確認をできた選手が何人かいたとは思っています」と言っていましたが、やっぱりそこに可能性を見出しているのに、期待を抱いているのに、フィジカルで勝負しない、というのは、おかしな話だと思います。
そもそも本当に、フィジカルで勝負しない、1対1で勝負しない、それで勝つサッカーが、できるのでしょうか? 日本人ってこうだよね、という逃げ口上のような気がして、あまり賛同できないですね。今回の五輪にしても、フィジカルということに関しては、吉田だけでなく豊田や森重、長友、この辺りの選手は決して負けていませんでしたし、高原にしても、ドイツの屈強なDF相手にフィジカルで競り合ってポストプレーできていましたから、必ずしも「われわれには卓越したフィジカルを持った個がいるわけではない」とはならないように思います。日本のDFは結構、フィジカルと高さだけが武器のFWは封じていると思いますね。この五輪ではマクブライドも封じたし、ドイツW杯でもビドゥカは封じましたからね。むしろ、日本が苦手としているのは、スピードとテクニックを持った選手なのではないかと思います。日本は南米と相性が悪いということも、それを証明しているように思います。そこをきちんと見ていれば、日本人はフィジカルが弱い、フィジカルで勝負できない、というのは、やはりマイナスの思い込みであるように、私は感じます。
小野技術委員長は、以前、日本代表緊急提言、という番組の中で、「マリーシアが無くても日本には武士道があるじゃないか、そういう気持ちでやって欲しいですね」ということを言っていましたが、武士道って、正々堂々正面から戦う、ということですよね? 何か言っていることが矛盾しているような気がします。まあ、それはともかく、もっとこう、固定概念で日本のサッカーを考えるのではなく、画一的に日本の選手を考えて日本サッカーの日本化と強化を考えるのではなく、日本にも様々なタイプの選手がいて、フィジカルの強い選手もいればスピードのある選手もいる、テクニックに長けた選手もいる、精神的にタフな選手もいる、知性に優れている選手もいる、その中で、その選手たちをどう活かしていくのか、更なるスペシャリストとしての強化をどう実行していくのか、そのような柔軟な発想で日本サッカーの強化を考えて欲しいなぁと思いますね。
「日本の選手は総じてフィジカルが弱い」「日本が世界と戦う為には運動量で勝負するしかない」「日本の選手の技術は高い」それらが本当に真実であるのか、もう一度考えてみる必要があるのではないかと、私は強く思います。これらのコメントは、五輪について、岡田現日本代表監督や小野技術委員長が何気なく言ったコメントではありますが、どうにも、日本サッカーの将来に向けて不安を感じさせる、そのような内容だったように、私は思います。


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。

【2008/08/16 11:45】 | 北京五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<3つの議題について皆様からの御意見を募集しています。 | ホーム | 惨敗から意地でも学ぶ。>>
コメント
るぅさん、コメントありがとうございます。

要するに、思い込みが激しいのと、見る目が無いのと、それが原因だと思いますね。そのようなポジションにいる人を有能な人に代えないと、日本サッカーは厳しいように思います。
【2008/08/22 23:01】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
どうも小野技術委員長も岡田も選手を平均化して結論を出しているように思います
特に「総じて」という言葉に凄く違和感を感じます
何故に個々を見ないのでしょうか?
それぞれに優れた選手を取り上げればそれを目標にして伸びてくる個もあると思うのですが
日本代表になるような選手を平均化した数値から判断するのは間違っていると思うのです
彼らは自分たちに個を認識できる知識が無いために個を選別して見る事が出来ないでいるという自覚が余りにも欠けているように思います
【2008/08/22 21:55】 URL | るぅ #-[ 編集] | page top↑
とりさん、コメントありがとうございます。

そうですね、私が言うところの運動量至上主義とは、40度近いコンディションでも運動量で上回って勝とうとか、ポジショニングとか個々のフィジカルやテクニックとか、そういうものを高めようとするよりも、とにかく運動量でそれを補ってしまえ、みたいなことが最優先の傾向として強まってしまうと、日本サッカーの強化にはマイナスなのではないか、ということですね。
【2008/08/18 00:07】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/08/17 14:26】 | #[ 編集] | page top↑
現時点での私見を述べさせていただきます。
「日本の選手は総じてフィジカルが弱い」
フィジカルというと高さやスピードなど色々あると思いますがここでは=強さのことを考えていると見受けられます。顕著に現れるのは球際の競り合いやタイトに付いた際のコンタクトでしょうか。その上で言うなれば精神論になりますがやはり気持ちではないでしょうか。「絶対にマイボールにする。ファールでも良いから止める」、相手あってのものですからガツンと一発かまして相手をひるませれば、それぐらいの気持ちでプレーすれば圧倒されることはないと思います。実際気持ちのこもったプレーというのは競り合いの時に良く用いられます。あとは駆け引きしだいである程度は抑えられるレベルにはあると思います。競り合いと言うのはスピードも重要になってきますから一概には言えませんが。スピードで身体入れられたりぶっちぎられてもフィジカルが、って言いますから。ただ、攻撃の時にフィジカルで圧倒は出来ないと思います。

「日本が世界と戦う為には運動量で勝負するしかない」
運動量至上主義とは思いませんがそれほどまでに走ってなかったのではないでしょうか。ドイツのオーストラリア戦で見たものは走れる日本でしたか?それにギリシャが勝ったEURO後、その影響から何か戦術的に変わったか?などと揶揄されましたが、世界的な流れかもしれませんがハードワークするようになったのは事実だとおもいます。走ってたからといって勝てるものではないですが、走らなければ負けます。日本に足りないものは山ほどありますが、1歩ずついくしかないのではないでしょうか?

「日本の選手の技術は高い」
賛同しかねます。仮に高いとしても、高いとされない選手(not日本人)が欧州でやっているのを見て、なぜプレーできているのかをもっと考えなければならないと思います。
【2008/08/17 10:43】 URL | とり #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1062-9f34c868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |