2006年10月4日 親善試合 日本 vs ガーナ
オシムジャパンの5試合目。対戦相手は独W杯で決勝Tに進出したアフリカの強豪ガーナ。明らかに格上の相手となった試合で、オシムジャパンの現在の力量が測られる試合となった。
結果は残念ながら0-1で敗戦。試合展開としては、どちらが有利に進めていたとは言えない展開だったが、結局最後は身体能力と決定力の差で負けたと言えるだろう。

オシムジャパン今日のスタメンは、川口、阿部、今野、水本、鈴木、三都主、駒野、遠藤、山岸、佐藤寿人、巻となった。システムは、判断するのが難しいが、おそらく「3-4-3」又は「3-6-1」のような「3-5-2」だったのではないかと思う。
駒野を右サイドで起用し、巻を1トップ、山岸と佐藤寿人を2シャドウ的なシステムだった。さらに、両サイドも駒野と三都主がサイドにはり出すのではなく、守備時には中央ボランチ的な動きをして、山岸も三都主も左サイドの守備に回れない時は、鈴木がカバーする動きをしていた。
もっと端的に言ってしまえば、攻撃時は「3-4-3」、守備時は「5-4-1」という形だったと考えれば理解しやすいと思う。しかし、それにしても、

「システムが複雑すぎるのでは?」

と思ってしまう。この試合を見ても、選手たちは守備の役割に追われて一杯一杯だったように見えた。現時点で、若手主体なので、4年後には完成している、ということを考えれば問題ないように思えるが、果たしてオシムの抱く理想形が完成できるのか不安でもある。
あまり難しいことからやらず、簡単なことから初めて、少しづつオシムの理想に近づけていった方が良いのではないだろうか。オシムのスパルタ教育が、吉と出るか凶と出るか、難しいところだ。

選手評価(10点満点)

巻 :3点:スタメンはもう勘弁して、オシムさん。
佐藤:4点:守備に貢献していた。FWなのに・・・。
山岸:6点:初なので点数甘め。次も見たいということで。
三都:5点:システム上、中央でのプレーが多くて・・・。
駒野:6点:右なら動きは良い。攻守に貢献。
遠藤:4点:スタメンはもう勘弁して、オシムさん。(2回目)
鈴木:6点:左サイドのカバーに回りながら攻撃にも参加は○。
今野:6点:不慣れなDFながら十分活躍。ボランチでの起用を望む。
水本:6点:相手に競り負けることもなく、十分守りの要として機能していた。
阿部:5点:無難な守備だったが・・・。
川口:7点:再三の好セーブ。今日は当たり日。
羽生:特に採点すべきプレー無し。
二川:特に採点すべきプレー無し。
我那:6点:巻よりポストプレー良い。巻より我那覇スタメンを望む。
播戸:5点:ボールが来ないと真価は問えない。
中村:6点:遠藤よりボールの配給役として機能していた。
長谷:6点:持味は出たと思う。

問題はやっぱり攻撃だろうと思う。「5-4-1」と守備的なこともあったが、1失点はよく守ったと、ある程度評価したい。しかし、その反面、守備に戻った9人が攻撃時に上がりきれないことが問題で、これは選手にしてみればかなりキツイ要求だと思う。「トータルフットボール」とはそういうものだが、それには攻守&運動量でかなり高いレベルの能力が要求され、さらに、1トップのFWには高い決定力と個人での突破能力が必要とされる。
また、遠藤や中村などの役割の選手に、イタリア代表ピルロ並の能力が求められる。果たして日本がこの高度な戦術を自分のものとできるだろうか? 

次の対戦相手はインド。今度はかなり格下の相手だけに、大量得点という結果が求められる。ガーナ戦では守備での手応えを得たが、インド戦では攻撃の成果を見せてほしい。

関連記事
【2006/10/05 00:03】 | オシムジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ガーナ戦:甘い評価、そして、厳しい意見の必要性 | ホーム | 試合前日:超守備的布陣での練習>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/112-1482b0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |