C札幌vs鹿島A 「鹿島連覇! 安定した力を発揮して優勝!」
試合 :第34節
開催日:2008年12月06日
結果 :鹿島アントラーズ勝利・優勝
スコア:「0-1」
得点者:野沢

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ 鹿島アントラーズ

FW:興梠 マルキーニョス
MF:本山 野沢
MF:中後 青木
DF:新井場 伊野波 岩政 内田
GK:曽ヶ端

○ コンサドーレ札幌

FW:ダヴィ 砂川
MF:西谷 藤田
MF:上里  西
DF:坪井 西澤 西嶋 池内 
GK:佐藤


これが最終節に優勝がかかる、
試合の妙というものなのか、
または、
もう既に降格が決定しており、
失うものが無いチームと、
最後に優勝をかけて戦う試合の妙というものなのか、
立ち上がりは札幌の方が優勢で、
しかし、
鹿島は慎重に慎重に戦い、
その札幌攻勢の時間帯を、
大きなピンチを作らずに防ぎ、
結局は野沢が得点を決める、
これが優勝できるチームの底力なのだろうと、
私は感じました。

最近の試合では、
得点を取れていないマルキーニョスも、
まあ、
この試合でも決定的なチャンスを、
何度も外していましたが(苦笑)、
それでも、
前線で守備に懸命にプレーし、
チーム全体としても、
リードした後は、
巧みにボールを回して、
ボールをポゼッションして、
勝利を、
そして、
優勝を、
確実に手に入れようとするサッカー、
それが具現化できるサッカー、
これは本当に強さなのであろうと、
私は思います。

最後の3試合は、
全て「1-0」での勝利。

鹿島のデータ分析をした時に、
鹿島は後半での失点率が高い、
そのような傾向が出ていた訳ですが、
しかし、
最後の3試合では、
厳しい試合を競り勝ち、
後半に崩れることをしなかった、
この結果を出さなければならないところで、
確実に結果を出していける、
その個としての、
チームとしての強さ、
これが優勝の要因なのだろうと思います。

怪我で途中から離脱してしまいましたが、
小笠原もこの優勝に大きく貢献したと思いますし、
その小笠原が不在になった後も、
中後と青木、
このボランチコンビが、
その穴をしっかり埋めて、
若い興梠と内田、
この2人も確実に成長を見せて、
鹿島にとっては、
この優勝、
実り多きものになったように思います。

鹿島アントラーズの選手たち、
そして監督、
その関係者の皆様、
本当に優勝おめでとうございます。

2007年は浦和が、
2008年はガンバが、
ACLで王者に輝きました。

そういう意味でも、
来年こそは、
鹿島がACLで王者の栄冠に輝けることを、
大きく期待しています。

最後にもう一回、

鹿島アントラーズ、
優勝おめでとう!


実力通りの優勝であったと、
心から思います。


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。




【2008/12/06 16:52】 | Jリーグ2008 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<東京Vvs川崎F 「この結果よりも今後が重要」 | ホーム | ガンバ大阪をデータも使って分析。>>
コメント
ロベルト・ジーコ・ロッシさん、コメントありがとうございます。

なるほど、その収集されたデータに関しましては、またいつの日にか参考にさせて頂きたい日が来るかもしれませんので、その時には宜しく御願い致します。やはり、連戦が続いたり、暑い時期は、後半になるとパフォーマンスが落ちる、ということなのでしょうね。そういう意味でも、終盤に「1-0」で最後の3つの戦いを勝ったというのは、底力があった、ということなのかなと思いますね。
【2008/12/12 22:16】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
Jube様

 ご依頼の有ったデータ収集を行いました。
 分析結果は、連戦が続く&暑い時期は後半の失点が続くというある意味 あたりまえの事が判りました。

 1 8節から10節(4/27~5/3)
  GW及びACL予選(4/23,5/7)の時期
 2 18節と23節を除く15節から24節(7/5~9/13)

 データ収集はエクセルで行っておりますので、メールを頂ければ添付して返信します。
【2008/12/12 18:57】 URL | ロベルト・ジーコ・ロッシ #-[ 編集] | page top↑
ロベルト・ジーコ・ロッシさん、コメントありがとうございます。

私の分析によると、ではなく、データ数値として、鹿島の前半失点数は9、後半失点数は21ですから、どう見てもこれは、前半より後半の方が明らかに失点が多いですよね。しかし、失点数ということだと、もっと後半の失点数が多いクラブが当然ありますから、失点数が多い、ではなく、同一クラブで比較して、前後半では後半の方が失点率が高い、ということですね。
それから、「後半失点試合の気温、相手チームの最終順位を上位&中位&下位に分けた時の傾向、失点後の状態が、まだ勝ち越し&同点&リードを許す&点差が広がったの割合を分析」ということですが、私もそれで何が解かるのか楽しみですので、逆に、ロベルト・ジーコ・ロッシさんがその分析をしてみた報告を私にして下さると嬉しいですね。
【2008/12/10 22:57】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
ご返事ありがとうございました。
Jube様の分析によると鹿島アントラーズは試合後半に失点が多いとの事ですが、後半失点試合の気温、相手チームの最終順位を上位&中位&下位に分けた時の傾向、失点後の状態が、まだ勝ち越し&同点&リードを許す&点差が広がったの割合を分析して頂いたら幸いです。
【2008/12/10 21:59】 URL | ロベルト・ジーコ・ロッシ #-[ 編集] | page top↑
ロベルト・ジーコ・ロッシさん、コメントありがとうございます。

そうですね、本山と野沢、この2人が不在になったり、パフォーマンスが落ちたりすると、チーム力が落ちますし、新井場、内田、この2人の存在も大きいですから、そのバックアッパー選手が欲しいですよね。マルシーニョの代わりに獲得する選手に期待というところですね。
【2008/12/09 22:24】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
jube 様

はじめまして。
大分トリニータ戦から始まった3戦全て1-0の最少得点差での完封勝利をこの優勝への重圧がかかった最終局面で実行出来る所にこのクラブの試合運びのうまさ、先発及び交代選手を含めた戦術理解度の高さを改めて認識しました。
来年のリーグ3連覇及びACL優勝の為には、バックアッパー及び2列目選手の補強が必要だと考えています。

【2008/12/09 20:24】 URL | ロベルト・ジーコ・ロッシ #-[ 編集] | page top↑
ポポンデッタさん、コメントありがとうございます。

特に最後の3試合を「1-0」で勝利したというのは、勝負強さを証明していましたよね。また、小笠原が途中から不在でも優勝できた、これは素晴らしかったと思います。
【2008/12/06 22:34】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
鹿島は、今年は本来の力を出したとは言えなかったのに、ここぞと言うときの勝負強さは圧巻でしたね。

小笠原は試合に出ていなくても威圧感があったように思えますし、逆に居なかったからこそ、またそこでチームが一つになれましたね。優勝、連覇も納得です。
【2008/12/06 19:57】 URL | ポポンデッタ #DhJvz.UY[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1177-7c41bb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |