G大阪vsパチューカ 「実力でのCWC第3位」
試合 :CWC08’3位決定戦
開催日:2008年12月21日
結果 :ガンバ大阪勝利。
スコア:「1-0」
得点者:山崎

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
へのクリックをお願い致します。
○ ガンバ大阪

FW:播戸 山崎
MF:ルーカス 橋本
MF:遠藤 明神
DF:安田 山口 中澤 加地
GK:藤ヶ谷


2年連続でJのクラブがACLを制覇、
そして、
2年連続でJのクラブがCWCで3位に輝く、
ほんの2年前までは、
想像もできなかったことが、
現実になっている訳で、
しかも前年はレッズがアフリカ王者を、
今年はガンバが北中米カリブ王者を倒したのでありますから、
ホームアドバンテージがあるとは言え、
誇りに感じて良いのではないでしょうか?

やはりパチューカは全体として、
パス回しは上手いですし、
個々の技術も高いですが、
それをガンバの守備が、
バランスの良さとプレスの強さ、
それで完封して、
更に、
パチューカは前の試合よりも、
守備に慎重になってきたにも関わらず、
それから得点も奪った訳でありますから、
個人的には、
やはり実力での勝利であったと感じています。

パチューカは慣れない土地での長期滞在で、
疲労が蓄積している、
そのようなことも言っていましたが、
しかし、
ガンバの方が中2日で、
休みが1日少なかった訳でありますから、
そのハンデは無かったと、
私は思いますね。

やはりこの試合の勝敗を分けたのは、
どちらの守備が威力を持っていたのか、
どちらがDFの裏を狙う意識が高く、
どちらがその抜けた裏で決定的な仕事ができたのか、
そこにあったと思います。

そして、
そのポイントで、
個人的には、
ガンバの方が確実に上回った、
そのように思います。

守備では全体的にコンパクト性を終始保って、
流れの中でもセットプレーでも、
DFラインのコントロールを精密にし、
安田の裏を突かれたら、
ルーカスがサボらずにその穴をカバーするなど、
高い意識が見られましたし、
もちろん、
コンパクトにした中でのプレスも、
確実にパチューカの攻撃の威力を失わせていたと思います。

また攻撃では、
播戸と山崎という選手の特性を最大限に活かし、
明らかな意図を持って裏を狙わせ、
カウンターのような形でサイドにボールが渡ったら、
ダイレクトで中へ折り返していくなど、
思わず「いいね、いいね」と言ってしまう攻撃が、
何度も見られました。

そういう意味では、
結果だけでなく、
内容でも上回った、
そのような3位決定戦での勝利であったと、
私は思います。

但しこれで、
周囲の評価の基準が上がってしまったことは確かで(苦笑)、
来年もしJのクラブがACLで優勝を逃したり、
CWCで3位になれなかったりすると、
もしかしたら、
厳しい評価をされてしまうのかな、
とも思ったりします。

まあでもこれは、
進歩の証でもあると思いますし、
嬉しい悲鳴でもあると思いますし、
今や日本代表はW杯に出場するのが最低限、
アジアカップでも良い結果を出すのが当然、
そのようになってきているのと同じであると思いますから、
その周囲の期待は当然であると思いますし、
そのプレッシャーの中で戦うことが、
更なる成長への試練でもあると思いますので、
是非ともそれを乗り越えてもらって、
我々を喜ばせて欲しいと思います。

リーグ戦では振るわなかったですが、
ACL、
そして、
CWCでは、
本当に素晴らしい試合を、
ガンバは何度も見せてくれました。

特に、
ACLでのアデレード戦、
CWCでのマンチェスター・U戦、
そのガンバの素晴らしい戦いというのは、
多くの人の心に焼き付いたと思います。

ガンバ大阪の選手を含め関係者の皆様、
CWCでの第3位、
本当におめでとうございます。
弱者たるサッカーをせず、
最後まで自分たちのスタイルを貫いてのこの結果、
心の底から素晴らしいと感じています。


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

への応援クリック投票をポチッと宜しくお願い致します。


UEFA全125試合


【2008/12/22 11:45】 | Jリーグ2008 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<重要な試合になればなる程、如何にシンプルにできるのか? そして、そのシンプルなプレーのクオリティが勝敗を左右する。 | ホーム | J1監督08年評価総評 [9]>>
コメント
nozさん、コメントありがとうございます。

そうですね、やはり、個人でも組織でも、常に前を向こうとする意識、技術、それは最重要であると思いますし、前を向いて仕掛ければ何かが起こるかもしれない、と言うことで、それが攻める姿勢の1つでもあるのかなと思います。そして、このCWCで見せたガンバの攻撃性というものは、ただ単に守勢に回らない、ということではなく、常に攻める意識、崩そうという意識、その為のプレーをやり続けよう、ということであったと思いますので、それは素直に素晴らしいと感じました。来季もACLに出場できるよう、頑張って欲しいですね。
【2008/12/22 22:48】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
素晴らしい内容・結果でしたよね
以前からJubeさんのおっしゃっていた「前を向いて仕掛ける」ことの重要性がでていましたよね。
CWCでのガンバは特に自陣からでもマイボールを生かすため、前を向いて仕掛けることのできる選手につなぐ。バックパス・横パスもそのためにある。そんなプレーが徹底されており、その点だけでは参加チームNO1だった気がします。同じパスサッカーのパチューカに勝てたのもコンデション以上にその点がより出ていたと個人的に感じます。自陣からつなぐのは途中で取られるリスクもあり、前の選手の動きだし(仕掛ける)がないと、結局パスを回すだけになりかねない。チーム状態が良くないとパスは回るが点が入らない。Jでもガンバもそんな試合をすることもありましたよね?今季のオフトジュビロのように状態が悪ければ、自陣でのパスリスクを徹底的に排除という戦略もあります。ただし、相手が強ければ安全策のクリアは相手に攻撃権を数多く渡す結果にもなる。攻守のバランスがとれてこそ出来るものではありますが、特に素晴らしかったように思います。
 ガンバが次回のACL・CWCに出るには天皇杯優勝しかないですね。このような貴重な経験・素晴らしい内容と結果を出してくれたからにはぜひ来年も出てほしいと思います。
【2008/12/22 13:41】 URL | noz #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1194-7913cf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |