F東京vs横浜FM 「両チーム共にパフォーマンスがイマイチだった試合」
試合 :第21節
開催日:2009年8月16日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:無し

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
○ FC東京 「主力4人を欠き苦しい試合も米本に期待感」

FW:カボレ 平山
MF:羽生 田邊
MF:金沢 米本
DF:徳永 今野 茂庭 椋原
GK:権田

怪我で石川、累積警告で梶山、虫垂炎の手術で長友、そして、ブルーノ・クアドロスという4人の主力を欠いての試合となりました。そして、石川のところには田邊、梶山のところには金沢、長友のところには椋原、ブルーノ・クアドロスのところには茂庭という布陣でありました。
前半、試合は完全にマリノス攻勢で、マリノスの出足の速さにFC東京が押し込まれる、そのような展開でしたが、やはりそこでは、絶好調の石川、中盤でチームの組み立て役を担う梶山、縦への運動量がある長友、彼らの不在というものが強く感じられました。但し守備面では、マリノスの方の最後の部分でのミスや精度の無さに救われていた部分もありましたが、押し込まれながらも水際の所で防ぎ通して、前半は「0-0」で終了。
後半、やはり序盤の展開としては、前半に引き続きマリノスペースで、しかしそこでも失点をせずに守り通していると、中盤の時間帯には、放り込むような形の攻撃から平山とカボレの2人でシュートまで至るシーンが2回程あり、そこからの少しの時間帯はFC東京が攻勢に出る、そのような展開でありました。
そして、後半の終盤になってくると、試合を通して気温29度以上、湿度50%前後、という状態でありましたから、両チーム共に運動量が落ちてきて、特にハイプレス型のサッカーをするマリノスの運動量が落ちたことによって、ボランチの米本などが積極的に攻撃参加できるようになり、試合としては互角という展開となりました。しかし、結局試合としては、両チーム共に無得点無失点のスコア「0-0」、スコアレスドローの引き分けということになりました。
この試合、FC東京としては苦しい試合でした。カボレと平山の2トップは、日本代表クラスの守備陣を揃えるマリノス相手に前線で上手くポストプレーが出来ず、田邊はプレーに精彩を欠き、金沢は梶山のようにゲームを作れるようなタイプではなく、そして、椋原に関しては、守備では良いプレーが何度も見られましたが、攻撃にまで力を発揮する余裕は無かったような感じで、なかなか反撃もままならない、そのような状態でした。
しかし、この試合の中で唯一良いパフォーマンスを見せていたのが米本で、最近は米本の評価も高まってきているようですが、確かに攻守においてその能力の高さの片鱗を感じさせていました。細身ですがフィジカルコンタクトに特に弱いということも無く、インターセプトやプレスに出る鋭さや足下の柔らかさがあり、リズミカルなパス捌きなどはボランチとして効いているなぁと感じました。現在の日本代表には、アンカー的な役割で威力を発揮できる選手が不足していますので、米本のような選手がもう一回り成長してくれたら、その期待感というのは強く感じた、個人的にはそのような試合でありました。


○ 横浜Fマリノス 「こういう試合で勝てるかどうかが重要」

FW:渡邊
MF:狩野 山瀬 長谷川
MF:松田 小椋
DF:小宮山 中澤 栗原 田中
GK:飯倉

この試合は、渡邊を1トップ、その下に3枚、左に狩野、中央に山瀬、右に長谷川、ダブルボランチには守備に強い松田と小椋という2枚、左SBに小宮山、右SBに田中、CB2枚に中澤と栗原、GK飯倉という布陣でした。
ダブルボランチとCB2枚、その中央に守備に強い選手を4枚並べて、両SBが高い位置を取り、中盤から前線のハイプレスによって相手を押し込めるという、いつものマリノスの戦い方でしたが、やはり「横浜Fマリノス 勝負弱さを生んでいる3つの原因」という記事で書いたように、このような試合での勝負強さ、という部分ですよね。
この試合、FC東京の方は4人の主力選手を欠き、明らかにチームとしてのパフォーマンスは低かった訳で、そしてそのなかで、マリノスは7割から8割がた攻勢に試合を進めていたのですが、結局は最後の部分でのミスや精度の無さによって得点が奪えない、そしてまた、勝たなければならない試合で「0-0」の引き分けという結果で終ってしまう、この辺りの勝負弱さというものが、現状のマリノスの成績の上がらなさの直接的な原因となっているように思います。
個々のプレーとしては、随所に光るプレーが見られたりする訳ですが、シュートの精度然り、クロスボールの精度然り、その最後に至る最も重要な部分でミスが出る、精度を欠く、そして、綺麗に最後まで崩していこうというプレーが多くなるなかで、細かいプレーや連携の攻撃が相手の守備引っ掛かる、相手に寄せるための時間を与えてしまう、ということでありました。
そして、ハイプレス型のサッカーの欠点であり、現状のマリノスの最も危険な部分でありますが、どうしても後半になってくると全体的な運動量が落ちて、この試合ではFC東京側のパフォーマンスの低さに救われていましたが、相手に主導権を握られる時間帯が増えていく、ということでしたから、この辺りはもう既にマリノスの欠点として明白になってきている部分であると思いますので、もう少しそこは個人としてもチームとしても改善しておきたい部分であると感じます。
ハイプレス型のサッカー続けるならば、そのハイプレスの時間帯を明確に決めて、そこでは今よりも、もっともっとハイプレスを仕掛けて得点を奪ってしまい、その後は堅守カウンター型に切り替えるとか、逆に、堅守カウンターから試合に入って、後半勝負のハイプレス型にするとか、そのような戦い方もあると思いますし、または、もう少しポゼッションで試合をコントロールする、カウンター型で試合をコントロールする、そのように運動量のバランスを取りながら90分という試合をバランス良く戦う、そういうことが戦い方として必要であると思いますし、現状のマリノスにおいては、チームとして成熟させていかなければならない部分であると思います。
攻撃的な選手には若い選手が多いので、その若い選手たちがもう少し経験を積み、もう一回り成長できれば、そういう戦い方も自然に出来るようになってくるとは思いますので、そういう部分には大いに期待しておきたいところかなと思いますね。


このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【2009/08/17 11:45】 | Jリーグ2009 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<名古屋グランパスのベストな布陣を考えてみる。 | ホーム | 名古屋Gvs川崎F 「チームとしての完成度に差。川崎フロンターレが快勝」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1436-318d8b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |