浦和レッズvs横浜Fマリノス 第30節
Jリーグも残り5試合。第30節は優勝争いが大きく動いた節となった。レッズはマリノスに1-0で勝利。しかし、2位ガンバは鹿島に1-3と逆転負け。さらに3位フロンターレもFC東京に4-5で逆転負けし、ここにきてレッズが優勝争いに2歩以上リードする状況となった。
今節、優勝争いをする3チームのの明暗を分けたのは間違い無く「守備力」。浦和は坪井と堀ノ内という主力DFを2枚を欠き、さらに正GK山岸も不在。加えて右サイドの平川まで欠いて、まさに満身創痍の状態。しかし、代わりに出場した選手に加え、闘莉王、鈴木、長谷部、という浦和の守備を担ってきた選手たちが築き上げてきた守備力が、前節の3失点からすぐに立ち直ってきたことがものをいった。

ここでホームで試合できたという運も味方したが、やはり苦しい時に救ってくれるのは「守備力」ということだろう。そして決定力。ポンテからの折り返しを決めた山田のシュートは素晴らしいものだった。これが決まっていなければ、引分けや、もしかしたら負けることも有り得た試合だっただけに、この一発の価値は高い。

浦和はここにきて怪我人が増え、チーム力的には落ちてきているが、最少失点を誇る守備力があるので、優勝の可能性は大きくなってきたと言えるだろう。

一方、横浜Fマリノスの方は、水沼監督になってから目立った効果が表れていない。この試合ではいつもの3バックから4バックにして守備を重視してきたので、その効果はあったと思うが、とにかく全体的なパフォーマンスが低い。マリノスもレッズ同様主力が長年一緒にプレーしてきているにも関わらず、比較して選手同士の連携が悪い。
誰を軸にして、どういうサッカーをするのか、そして、怪我の多い状況をどう改善するのか、一度ゼロベースで抜本的な見直しが必要だろう。岡田監督から水沼監督に変えて、雰囲気を変えただけでは誤魔化せない。
特に気になるのが、松田、中澤、上野、奥、久保、などの元日本代表の肩書きをもつ選手たち。怪我も多いし、コンスタントに高いパフォーマンスを発揮できていない。どうも彼らに「甘え」のようなものがあるのではないかと思う。チームの中心となっている選手の「甘い」雰囲気というのは他の選手にも影響を与えるものである。
もしかしたら、思い切って、大島、坂田、山瀬、田中、栗原、那須、などの若手を中心にしたチーム作りを、今すぐにでもやり始めた方がいいかもしれない。

さて、今節はジェフがアルビレックスに0-3で敗れたことも気になりますが、試合を見ていないので何とも言えません。オシム監督はどう思ったのでしょうか? そっちも気になるところです・・・。

記事に賛同してくださる方。
記事が面白かったと思ってくださる方。
このブログを応援してくださる方。
他のサッカーブログを閲覧したい方。

人気blogランキング

を「ポチッ」とよろしくお願いします。
また、最後まで読んで下さった方も是非応援のクリックお願い致します。

【2006/11/12 00:04】 | Jリーグ2006 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<北朝鮮戦 AFCアジアユース選手権 決勝 | ホーム | U-21日本代表韓国戦メンバー発表>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/150-555e2782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |