日本のサッカーファンの新時代の幕開け。確実に日本のサッカーファンのレベルアップを感じる事ができた。
今大会のW杯で、日本サッカーの新時代がスタートする、そのような嬉々とする思いに、私はかられているところであります。それは、日本がアウェイのW杯で初勝利したからでもなく、ベスト16に進出したからでもありません。私が今大会で感じ取った変化は、日本のサッカーファンの意識の変化、考え方の変化であり、そこに日本サッカーの新時代の幕開けを感じたからであります。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

今回のW杯では、選手が守備的なサッカーをするという決断を下しました。そして本田は「大会前に多くのファンが応援してくれたことだけじゃなくて、多くの人が批判してくれたことも僕は感謝しています。批判してくれる人がいなかったら、ここまでも来れたかどうかも分からない出来だったんでね、W杯前は」と言いました。私はどうしてもそこに、何らかの因果関係を感じてしまう訳であります。

つまり、その何らかの因果関係とは何かと言えば、日本のサッカーファンの多くが、守備的なサッカーしても良いと言った。むしろ、守備的なサッカーをするべきだと言った。現実を真摯に受け止めて、弱小国は弱小国らしいサッカーをしても良いと言った。むしろ、そうするべきだと言った。理想を追求すれば、攻撃的なサッカーをすれば、結果はどうであっても構わない、そういう声は少なかった。むしろ、泥臭くても良い、他国のサッカーファンから面白くないと言われても構わない。結果に拘って、勝利だけに執念を燃やす。そうやって勝つ事に最善を尽くして、とにかく結果を出して欲しいと求める声が多かった。そういう日本のサッカーファンの声が、選手たちの背中を強く押した、そう思えてならない訳であります。

もし日本のサッカーファンの多くが、理想を追求すれば、攻撃的なサッカーをすれば、結果はどうであっても構わない、と言っていたら、つまりは、ハイプレス&ポゼッションのサッカーを肯定し、その戦い方でセルビアと韓国に惨敗しても、それに対して批判していなかったら、それに対して「NO」ではなく「YES」と言っていたら、当然、選手もそれで良いんだと考えると思う訳です。もしそうなっていたら、その声に反してまで、わざわざ選手が守備的なサッカーを選択するという事は、絶対に無かったと思う訳です。

但し、ここで1つだけ、きちんと皆様に申し上げておきたいのは、私は別に守備的なサッカーの信者でも無いし、未来永劫、日本は守備的なサッカーをやるべきだ、と思っている訳でも無いし、守備的なサッカー=日本らしいサッカー、だと思っている訳でも無い、という事ですね。当然、将来的には、最終的に行き着く先としては、魅せるサッカーで結果も出せる、そういうサッカーができる国になって欲しいとは、100%、120%、そう思ってはいる訳であります。

ただ今は、そのための準備が、まだまだ全く整っていないと思っていますし、それは例えるならば、小中学生のチームに、大学生やJリーグのチームみたいなサッカーをしろ、と言っているようにしか、聞こえない訳です。私の感覚から言わせてもらえれば、なぜそんな飛び級みたいな事をしたい、するべきだ、と考えている人が存在してるのか理解できないし、なぜそれが正しいと主張する人が存在しているのか、それが理解できない訳です。

もちろん、それで成功しないとは、絶対には言えない訳で、それで大成功する可能性もあるとは思っていますが、しかし、それで失敗した時のリスクとか、ダメージとかは、計り知れないと、私は思う訳です。もし飛び級みたいな方法で失敗した時には、日本のサッカー自体が、立ち直るのに相当な時間を要するほどのダメージを受けてしまう、そのように思う訳であります。

現状を考えてみても、ドイツW杯で惨敗した日本サッカーが、今回の南アフリカW杯でも同じように惨敗していたら、いったいどういう事になっていたのか、それを想像すると恐ろしくなります。4年前どころか、8年前どころか、20年ぐらい前に戻って、また1からやり直して、今から10年20年かけて日本サッカーを立て直す、という事になっていたら、とてもじゃないけど、付き合いきれないですよね。

それでもまだ、絶対に立ち直るという確証があるならいいですが、しかし、そんなものが、あるはずも無い訳で、20年どころか、30年経っても40年経っても立ち直らない、その可能性だってありますし、二度と立ち直る事ができなくなってしまう、そういう事だって可能性はある訳ですよね。二段抜かし、三段抜かしで、日本サッカーが強くなっていかなくてもいい。そうする事で、階段から滑り落ち、ゼロからやり直す事になったり、再起不能になってしまうリスクを背負うぐらいなら、1段1段でも確実に階段を登って、強くなっていってくれた方が、個人的には、長くサッカーが楽しめて嬉しいと感じます。

日本はイタリアでもなければブラジルでも無い。イタリアとかブラジルは、何度もW杯で優勝していますから、イタリアなどが、そろそろ守備的なサッカーから脱皮して、魅せて結果も出せるサッカーに変っていこうというチャレンジをする事は賛成だし、ブラジル国民が、守備的なサッカーで勝っても面白くない、認めない、という感情を持つ事は、全く不思議でも何でもないとは思いますが、日本はまだ、やっとアウェイのW杯で初勝利したばかりの国で、ベスト16以上は進出した事が無い国で、そういう国が、自分たちのポテンシャルを無視して、度外視して、高い山に登ろうとする事は、命を捨てに行くのと、同じでありますよね。

しかし、日本のサッカーファンは、やはり賢明な人が多くて、そういう選択肢を選ぶ人は少なかった。むしろ、現場の人間であるとか、いわゆる評論家と呼ばれている人であるとか、元サッカー選手であるとか、そういう人たちの方に、焦りにも似た感情で、無謀なチャレンジを勧める人が多かった。そして、それにストップをかけたのが、サッカーファンの方だった。これは、素晴らしい事だと、私は思う訳です。そしてそういう事が出来た事が、私には、日本サッカーの新時代の幕開けとなる、なった、そのように強く思っている訳であります。

これで、日本サッカーには、ハッキリと、未来への道筋が見えてきました。まずは、脱アジアを相手にしても、通用する守備を構築し、それを絶対に失わないようにしながら、カウンターで得点できる攻撃力を身に付けていく、という事。そして、それが出来たら、ポゼッションでも攻撃できる力を養っていく、という事。そして最終的には、魅せて結果が出せるサッカーに辿り着く、という事。そして、それを着実に推し進めて行くには、その1段1段、階段を登っていくスピードを速めるためには、個の力を高めていくしかないんだ、という事、それしかないんだという事が、ハッキリ見えてきたと、私は思う訳です。

日本サッカーがレベルアップしていくためには、その環境や土壌が、まずはレベルアップしていかなければならない、これは然りだと思う訳でして、そしてそれは、指導者だけであるとか、設備だけであるとか、マスコミだけであるとか、そういう事では絶対に無くて、それと同じぐらい重要、もしかしたら、それ以上に重要なのが、サッカーファンのレベルアップであるという事、これが然りだと思う訳です。そして、今回の南アフリカW杯を廻る動きの中で、確実に日本のサッカーファンのレベルアップを感じる事ができた、そう私は思っていますので、これでまた暫くは、日本サッカーはレベルアップをし続ける事ができる、そのように思い、今は嬉々としている訳であります。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2010/07/09 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<決勝トーナメント 1回戦2試合 準々決勝3試合 戦評 | ホーム | 追い込まれた岡田ジャパンから有終の美へ チームを蘇らせた要因とは何であったのか? 【オシムー岡田】ジャパンの軌跡 part4>>
コメント
CSKA352さん、コメントありがとうございます。

現実というのは、青臭い理想ばかりを掲げていてもダメで、
高い理想をハッキリとイメージとして描くという事は重要ですが、
上ばかりを見て歩いていたら足下の小石に躓いて転んでしまいますから、
全てを確認しながら進んでいく事が大切であると私は思います。
先ばかりを見て焦って急ぐのではなく、
確実な1歩を進むスピードを早くするという事、
それが重要な事であると思います。
多くの方は、現実を見られるようになって、
それを楽しめるようになったのだと思います。
スペインみたいなサッカーじゃないと楽しくないというのは、
サッカーを本当の意味で楽しめていないと思います。
むしろ、そういう考え方に囚われている方が、
成長を望めないと私は思います。
そして、オランダのように、
目先の結果に囚われてアンチフットボールをするということは、
やはりダメという事ですよね。
【2010/07/19 19:05】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
拝見しました
とおく将来を見ておられたのですね。
多くを要求するのは良くないですね。
でも実力以上に消極的なのももったいない気がします。
できるだけ子供のままでいたいというならだれも無理は言いません。

日本サッカーが感じている壁。
まだ点を取りに行って取れない。それだけな気もします。
でも格上相手でも相手の隙を突いてなら取れる能力を各人は持っている。特にセットプレイではどの相手にも脅威を与えられると感じました。

受身の守備と相手の隙を突くサッカーは、相手が攻めてきて、ミスもあることを前提としています。
相手が今大会のスペインのようにボールを失うことが少なく、無謀に攻めることもなく、守備の隙も限られたチームには子どものように何もできないことでしょう。

私は主体的にボールをとりに行って、運んでゴールへ結びつけるために攻撃的なサッカーを続けてもらいたいです。
トルシェのときのようにチームとしてリスクを冒す試みがあってもよいでしょう。
オシムのようにあとはリスクを冒せばよい状況を作って、「走れ!」と激励し続けるのも良いでしょう。
ジーコのように比較的点を取れそうな人だけを使い続けるのもまあ手としてはあるでしょう。

辛いときは守って、凌いで勝つのもいいけど
やっぱサッカーはボールとれてみんなで運んで、取りたいときに点が取れないと
やってるほうも観てる方も十分には楽しめないでしょう。成長も望めない気がします。
目先の結果にとらわれないで、負けても進歩や努力を評価して自分たちでフットボールをすることを目指して欲しいです。

拙い意見をコメント欄にて失礼致します。
【2010/07/19 17:39】 URL | CSKA352 #kkvArRkk[ 編集] | page top↑
nozさん、コメントありがとうございます。

nozさんを含め、この大会期間中も、
多くの皆様にコメントをして頂き、
私も感謝しております。
皆様のコメントによって本文の内容が補完され、
より良きものになっている事、
私としては本当にありがたい事だと感じています。

今大会は、
サッカーの本質やトレンドというものが、
よく表れた試合が多かったように思います。
そして、その中で、
日本のサッカーが何をしていかなければならないのか、
長・中・短のスパンで、
明確に見えたような気がします。

そして、それを間違わずに方向付けしていくのは、
サッカーファンでもあるという事、
それも明確に見えたような気がします。
1人1人の声は小さくても、
必ずそれは、何らかの形で、
現場の人たちに届くはずだと思いますので、
これからも真剣に熱意を持って、
皆様と共に、
日本のサッカーに意見を提示していきたいと思います。
【2010/07/13 21:34】 URL | 管理者jube #-[ 編集] | page top↑
 今大会では、インターネットやブログのおかげで多くのファンの声が広がり論議・批判も広がり、協会発表やマスコミ・評論家だけの一方通行な情報だけでなく、本当にサッカーファンの声が表に出れた。そのおかげで、正誤はともかく、たくさんの考え方を見聞きし、私自身とても勉強になりました。ブログを運営している方がたの努力に感謝します。特にJubeさんのブログは秀逸で、勝手に無責任な立場でコメントさせていただき大変ご厄介になっております。
 W杯も終わり、振り返ると上位3チームは全てトータルフットボールの流れをくむチームとなりましたね。トータルフットボールが花開いたバルセロナ。他リーグの選手主体ながら元祖のオランダ。ファンハールのバイエルン・ミュンヘン。過去ロングボール・フィジカルでドカンだったドイツのイメージが、クローゼの思わぬ方向への成長でより感じ取れます。
 40年前のトータルフットボールは正にOパーツで既に完成されており、今でも完全再現は出来ていない(する意味があるかどうかはまた別)しかし、それを基礎に発展したサッカーが強国では当たり前になりつつある。
 要は全員守備・全員攻撃・ポジションの互換性・主導権の保持という部分ももちろんではあるが、スペースの創造・活用、スペースの消し方といったものの源流が、全てそこにある。
 スペインの様に華麗なパスサッカーに目が奪われるのは仕方ないが、トータルフットボールの攻撃性だけでなく、守備への転用も見逃せないと思う。イタリアはその方法でカテナチオ→ゾーンプレスを生みだしたが、現在はオフサイドトラップ崩しが浸透し、攻撃に目を奪われ、沈んだ。そして、上位のチームは攻撃力を有しながら守る時はしっかり守れる。
 日本の場合、オシムがトータルフットボールに取り組み、マンマークとゾーンの組合せ、マークとスペースをローテーションする画期的な守備戦術を作ろうとしていたが、完成にはいたらなかった。監督が代わり、ハイプレス・ポゼッションに取り組んだが、スペースの創造・活用・消し方の基礎が無いため、攻撃ではパス回しのみ、守備ではかえってスペースを空けると言った結果になった。それを改善するには、守備は人数でスペースを埋め、攻撃ではスペースを作るのではなく、あるスペースを使う。必然的に堅守カウンターとなった。
 堅守もカウンターも特に戦術と呼ぶ程ではなく、パスやトラップと同じ意味で基本なんですよね。W杯前、この基本を突き詰めた結果、体格とフィジカルのみが物を言うアスリート優勢のサッカー界になることが個人的には嫌だったので、8強に個人技の優れた中南米が多く残り、トータルフットボールの流れをくむ国が優勝を争ったのがとても嬉しい。
 日本は脱皮を目指し、足りないものが見えた。出来るサッカーで結果を残したこと。そのポテンシャルを考えると将来が楽しみで嬉しかった。個人的には、スペインではなく(チリでもなく)オランダの育成を学び、個の能力を上げ、それを基礎に日本のサッカーを積み上げて欲しいと感じました。真面目な日本人だとドイツっぽくなるのかなぁ。そう考えると、4年前オシムには現在のサッカー界が見えていて、トレンドを読みそれに取り組んだ様に思う。基礎を充実し、4年後のトレンドを見据えて強化していってほしい。
 正しいかどうかは別として、単なるファンがこんなことを考え、誰かに伝える事が出来る。
こんなことの繰り返しが日本のサッカーに微力でも役に立てばと思います。私の場合、Jubeさんに寄生してですが(感謝)
【2010/07/13 12:36】 URL | noz #-[ 編集] | page top↑
jの 試合がたのしみですね。
【2010/07/13 11:17】 URL | 123 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1518-02762c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |