サウジアラビア戦 アジアカップ最終予選 2006年11月15日
すでにアジアカップ出場を決めている日本とサウジアラビアが1位通過と2位通過をかけて戦う試合となった。また、アウェイで負けている日本がその雪辱を晴らす試合ともなった。
日本のスタメンは、巻と我那覇のツートップ。中村憲剛とアレックスの攻撃的MFに鈴木の1ボランチ。左ウイングに駒野、右ウイングに加地。3バックは、今野、闘莉王、阿部。GKは川口となった。
結果は3-1で日本の勝利。前半CKから巻のヘディングシュートのこぼれ球を闘莉王が決めて先制。2点目は攻め上がった今野のセンタリングに我那覇が頭で上手く合わせてゴール。しかし、PKを取られ1点返され、前半は2-1で終了した。
後半に入り、3点目は、今野のフィードから駒野が抜け出し、そのセンタリングに飛び込んだ加地がニアで潰れ、最後は我那覇が左足で決めた。後半ロスタイムにも途中交代で入っていた高松がPKを獲得。そして、それを志願してキッカーとなった闘莉王が外すというオチまでついて(笑)、日本はサウジに快勝した。

この試合、結果的には日本が快勝したが、内容的にどうだったかと問われれば、微妙なところ。

まず、とにかくミスが多かった。サウジのモチベーションがあまり高くなく、ガチガチの激しい守備をしてこなかったので、日本が細かいミスからピンチを招いても、それほど危うい展開にはならなかった。
日本はサウジのお株を奪うような堅守カウンターぶりで、セットプレーから先制点を奪えたのが大きかった。これによってサウジのプランが崩れ(サウジは2点差以上で負けなければ1位通過)、明かに混乱していた。
また、日本が今までのスタイルとは異なる、つまり、サウジが今までに抱いていた日本のスタイルとは異なる、ポゼッションを理想としない堅守カウンターで、ラインを低く守ってきたり、マンツーマンディフェンスのサッカーをしてきたので、そういう意味でもサウジは混乱していたように見えた。

このような試合だったので、オシムジャパンが良かった、と言えるかどうか迷いがある。2得点の起点となったのがストッパーの今野であったこともどう評価するべきか? しかし、個人では良い動きを見せた選手が何人かいた。それは、我那覇、中村、駒野、加地、闘莉王。我那覇は2得点でしかもポストプレーがしっかりと機能していた。中村は中盤で必ず相手を抜くことができるし、パスの配給役として良い動きを見せていた。駒野と加地はサイドで運動量が多く、攻守に効果的な動きを見せ、駒野に関しては、アレックスとのコンビで左サイドから攻撃を組み立てていた。闘莉王は最後PKこそ外したものの、中央で安定した守備を見せ、先制点を奪い、フィードでも質の高いボールを配給していた。

そういう意味では、今回のサウジ戦は、組織力よりも個人力で快勝した試合と言えるかもしれない。3-1と快勝しながら内容的に良かったかどうか微妙だと感じたのは、これが理由なのだろうと思う。


日本人選手評価(10点満点)

巻  :4点:周囲と連携が取れていない。
我那:7点:2得点でポストプレーも安定。今回のMVP。
三都:6点:駒野とのコンビで左サイドをチャンスメイク。
中村:6点:パスの配給役として機能。
駒野:6点:攻守に大活躍。
加地:6点:どちらのゴール前にも顔を出す素晴らしい運動量。
鈴木:6点:1人で守備したので少し苦しかったが頑張った。
今野:6点:キレのある動きで攻守に貢献。ただしPKも与えてしまった。
阿部:6点:クレバーな守備で安定。
闘莉:7点:闘莉王が攻めに参加できるシステムだったので攻守に活躍。
川口:6点:危険な場面は無かった。
羽生:5点:目立ったプレー無し。
山岸:4点:三都主に比べ守備がいまいち。
高松:5点:決まらなかったが素晴らしいシュートあった。


今日のオシムジャパンのキーポイントは、駒野、アレックス、中村、加地のライン。この4人が攻守に運動量を増やすことで「トータルフットボール」を具現化させていた。この4人が状況によって、DF、ボランチ、攻撃的MF、FW、と全てをこなす。今野、阿部、闘莉王、が攻めに参加すれば誰かがそこを埋め、守備時はボランチやサイドバック、攻撃時は攻撃的MFやウイング型のFWになる。駒野のセンタリングに加地が飛び込んだり、今野がアシストした場面などによく表れていたと思う。
しかし、良かったことばかりではない。この4人が低い位置にポジショニングしすぎて、攻撃参加し遅れた時には、押し込まれてしまうし、攻撃参加して戻りきれない時には、中盤の底やサイドの裏に大きなスペースが出来てしまう。そうなると決定的なピンチを招いてしまうことになる。

従がって、このシステムを採用すると、

「攻守の切り換えが生命線」

ということになる。攻守の切り換えが少しでも遅れれば、ズルズルと崩れてしまう可能性が高い。ジェフ千葉が同じようなサッカーをしていると思うが、良い時と悪い時の差が激しいのは、このことに起因している。

しかし、それにしてもオシムはジェフの選手が好きですな(笑) 羽生や山岸、巻はもういいので、前田と野沢を出して欲しかった。高松は使ったのに、前田と野沢を使わなかった差はどこにあったのでしょうかね? 今回は結果にこだわったからでしょうか? 

結果は3-1で快勝したのに、なんだかモヤモヤが残った、2006年オシムジャパンの最終戦でした。

記事に賛同してくださる方。
記事が面白かったと思ってくださる方。
このブログを応援してくださる方。
他のサッカーブログを閲覧したい方。

人気blogランキング

を「ポチッ」とよろしくお願いします。
また、最後まで読んで下さった方も是非応援のクリックお願い致します。

関連記事
【2006/11/16 00:00】 | オシムジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<サウジ戦後のオシムの会見 | ホーム | 韓国戦 U-21北京五輪日本代表 交流戦>>
コメント
今年最後の代表戦、ここ数試合に比べ良くなっていると思いました。来年のアジアカップは3連覇してほしいですね。アジア圏内でもたつくわけにはいきません。
【2006/11/16 07:10】 URL | アクセス #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/154-20180e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |