V神戸vs名古屋G 「名古屋、優勝に向けてのカウントダウン。しかし、やはり簡単にはいかない」 J1第27節
試合 :J1第27節
開催日:2010年10月23日
結果 :名古屋グランパス勝利
スコア:「1-2」
得点者:玉田 ダニルソン ポポ

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ ヴィッセル神戸 「個人技、コンビネーション、高めないと結果は厳しい」

FW:     ポポ
MF:     ボッティ(吉田)
MF:小川 三原  エジミウソン 田中
DF:茂木 北本  小林 石櫃
GK:     徳重

FW:     ポポ
MF: 小川  森岡  吉田
MF:   三原  田中
DF:茂木 北本  小林 石櫃
GK:     徳重

FW:     ポポ
MF: 田中  森岡  吉田
MF:   三原  松岡
DF:茂木 北本  小林 石櫃
GK:     徳重

サイドでの攻防、という試合でした。名古屋は中盤をワンボランチではなくダブルボランチにしてきて、その分だけサイドバックがいつもより多く攻撃参加する、特に右SBの田中隼磨が多く攻撃参加する、という戦い方をしてきて、神戸はそれにいきなりやられてしまいました。左から移動してきてゴール前に入っていた玉田を完全にフリーにしてしまいましたね。絶対に失点しないという強い気持ち、立ち上がりの集中力、それが欠けていたかなと思います。
しかし、神戸の方も右サイドからの攻撃でチャンスを作れていて、前線の選手が右サイドに流れたり、右SBの石櫃が攻撃参加してきてセンタリングを入れたり、そういう攻撃からチャンスを作れていました。但し、なかなか最後のところでは上手くいかなくて、得点というのは取れなかったですね。そして、前半30分には直接FKから2点目を許してしまい、2点ビハインドで折り返す事になりました。
と言う事で、これはちょっと厳しい試合になるかなぁ、と思った訳ですが、後半、金崎が負傷退場でピッチを去ると、名古屋の攻撃が威力を失ってきて、それに加えて、どんどん全体的な運動量も落ちてきたので、それからは神戸の方に流れが傾きはじめ、後半25分、前半からチャンスを作っていた右サイド、吉田のクロスにファーでポポがヘディングシュート、これが決まって、神戸が1点を返します。
そしてここからは、交代采配なども行い、神戸が試合終了までペースを握り、攻め続けるような試合展開となった訳なんですが、どうしても次の1点、同点ゴールというのが遠くて、結局は、そのままスコア「1-2」でタイムアップ、神戸の敗戦という事になってしまいました。決して良く無かった名古屋。金崎、闘莉王、ケネディ、満身創痍のような状態になっていただけに、同点ゴールが決められなかった、この試合を引き分けにできなかった、というのは、神戸にとっては悔やまれるかなぁと思います。
しかし、そうやって名古屋が自ら少しづつ落ちていったので、神戸は健闘する事ができましたが、攻撃も守備も、前回観た時よりも向上していたという事は無かったなぁ、という感じがしました。攻撃に関しては、シンプルな縦への攻撃、サイドからの攻撃、という事なんですが、とにかく最後のところの一歩、ワンプレー、そこが上手くプレーできれば、大きなチャンスになっていたし、得点も奪えていたかな、という攻撃が多くて、それは一人ひとりの個人技、という事もそうですし、コンビネーションという部分でも、後一歩足りていないかなぁ、という感じなんですね。従って、個人技の部分というのは、すぐには解決できない部分ではあると思いますが、コンビネーションの部分というのは、すぐにでも高められる部分があると思いますので、そこをもう少し頑張って高めていって欲しいかなぁと思いますね。
そして、守備に関しては、ちょっとゴール前でも中盤でも、緩いかなぁと思います。相手選手に対して個々がタイトに厳しく守備対応する、というのはもう少しできると思いますし、マークの確認であるとか、お互いに指示を出し合ってとか、そうやってフリーな選手を作らない、アタックとカバーという守備をしっかりやる、それはすぐにでもできるはずだと思いますので、まずはそういう事をきちんとやる、という事を徹底していかないと、強い守備というのは生まれてこないかなぁと思いますね。


○ 名古屋グランパス 「ラストスパートできる総力があるかどうか」

FW:     ケネディ
MF: 玉田  マギヌン  金崎
MF:   ダニルソン 小川
DF:阿部 増川  闘莉王 田中
GK:     楢崎

FW:     ケネディ
MF:マギヌン ブルザノビッチ 玉田
MF:   ダニルソン 小川
DF:阿部 増川  闘莉王 田中
GK:     楢崎

FW:     ケネディ
MF:玉田 ブルザノビッチ 杉本
MF:   ダニルソン 小川
DF:阿部 増川  闘莉王 田中
GK:     楢崎

前節、新潟戦の4失点を受けて、その修正として、ワンボランチからダブルボランチに変えてきたのだと思いますが、それは確かに効果があって、ワンボランチの時よりは守備が安定していた、そのようには思いましたが、後半になって金崎が負傷でいなくなり、攻撃が威力を落としてから、そこから更に全体的な運動量というのが落ちてしまって、神戸にサイドを起点にされた大きな展開による攻撃をされてしまうようになると、かなり押し込まれて反撃できなくなってしまい、失点もしてしまいました。
それから、これはちょっと前々のシーズンを思い起こしてしまうのですが、なぜかグランパスの守備陣というのは、リードしている時とか、または、シーズンに終盤になってくると、DFラインというのがバタバタしてきて、集中力を欠いたような、凡ミスのようなプレーをやってしまう、という事が目立ってきて、この試合ではそういうバタバタから失点には繋がらなかったから良かったですが、場合によってはそれで2失点していてもおかしくないようなモノだったので、それはかなり気になりましたね。闘莉王が加わってDFラインの安定感を増した今季ですが、その闘莉王も、どうも疲労の色が濃くなってきたなぁ、という感じがしますので、さて、ここは1つピクシーの悩み所になりそうですね。
そして、攻撃面に関しては、玉田、ケネディ、金崎、闘莉王、この4人のパフォーマンスが名古屋の生命線であると思うのですが、この試合では、ケネディは動きに精彩を欠いていましたし、金崎と闘莉王は負傷してしまいましたし、玉田も得点を取ったシーン以外では特に目立った良いプレーというのが見られませんでしたので、ラスト7試合、そこでの最後の踏ん張り、頑張り、ラストスパートができるかどうか、それが優勝できるかどうかの分かれ目になってくるような気がしました。
こういう状態になった時に、控えの選手であるとか、眠っているマギヌンとかブルザノビッチとかのパフォーマンスが上がってきて、チームを勝利に導くような活躍を見せてくれれば良いのですが、果たしてそれがあるのかどうか、重要なポイントになってきそうな気がしますね。まさに残りの7試合は総力戦。チームの総力がどれだけあるのか、または、それを発揮できるのか、優勝に向けて、正念場になってきたなと思います。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2010/10/28 11:45】 | Jリーグ2010 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<長友のパフォーマンスは安定しているが、チームは低迷中。 キエーボvsチェゼーナ セリエA 第8節 | ホーム | F東京vsA新潟 「FC東京にとっては悪くない結果。新潟にとっては痛い結果」 第27節>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1576-e2d97856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |