ガンバ大阪 vs ジェフ千葉 第31節
昨日、浦和が敗れ、勝てば勝点差3に縮められるガンバ大阪。そして「リトルオシムジャパン」とも言える注目のジェフ千葉の試合。結果は1-0でガンバ大阪が逃げ切って勝利、首位と勝点差3に迫り、2位に浮上した。
試合展開は「全体的にDFラインを低くして守備重視のカウンターを狙う」ガンバ大阪と「いつも通りのオシムサッカーをする」ジェフ千葉となった。

この試合でも勝負の明暗を分けたのは「決定力」。最近こればかり言っている気がするが、本当に「決定力」が勝負を左右する試合が多いので仕方ない。

ジェフは、巻が1回、要田が1回、山岸が4回、阿部が1回、合計7点入ってもおかしくないチャンスがあったが、全て外してしまい、結局、無得点。
対するガンバの決定的なチャンスは2~3回程度だったが、そのうちの1回をマグノ・アウベスが素晴らしいテクニカルなシュートで決めて、それが決勝点となった。
シーズン終盤に入り、どのチームも負傷者や疲労の目立つ選手が増えてきた状況で、勝負を決める最後の力は、FWを中心とした攻撃陣の得点力=決定力であることが痛感させられる。

ジェフ千葉は決定力の問題もあるが、それと同様に、とにかくミスが多い。個々の選手のパス技術、ドリブル技術、シュート技術、判断力、などが本当に未熟だ。言葉は悪いが、ハッキリ言ってヘタクソである。見ていて実にイライラする。オシムジャパンと全く同じ「リトルオシムジャパン」とも言えるサッカーをするジェフ千葉はこれで4連敗。天皇杯でJ2札幌に敗れたことも含めれば5連敗である。

巻は前半で交代となったが、イビチャよりもアマルの方が、巻を見切るのが早かったようだ。「怪我で」とアマルは言っていたが、前半を見る限りでは全くそんな様子はなかった。
その巻だが、本当にガッカリするプレーがあった。それは、左サイドから上がったクロスを頭で中へ折り返した場面。多少角度が無かったとは言え、ほぼフリーで、ゴールはすぐ目の前、そして得意のヘディングシュートに絶好のボールであった。それにも関わらず全くシュートの意識無く中へ折り返した。

「得点という結果を出していないFWを誉めるのは禁止」

にしたいくらいだ。「守備で貢献している」とか「フリーランで周囲が活きる為のスペースを作っている」とか「潰れ役や汚れ役になって貢献している」とか、そういって擁護すると、そのFWはMFやDFに変身してしまう。

「点を取れないFWはFWじゃない!」

そう強く主張したい。得点を取っていないFWを擁護すると、そのFWの得点への意識が薄れてしまい、最終的には点を取る意欲や感覚まで失ってしまう。我々のような個人のサッカーファンから大手サッカーメディアまで、正しい評価で選手を批評しないと、絶対日本サッカーは強くならない。

ガンバ大阪の方は、遠藤、播戸、橋本を欠いて苦しい状態だったが、昨日アビスパ福岡に勝った川崎フロンターレ同様、とにかく勝てて良かった。攻撃のガンバが守り切って勝ったことは価値ある勝利だった。試合後、宮本の気合の入った雄叫びがこの試合を象徴していた。気迫という意味では浦和や川崎を上回っている。自分たちがチャンピオンだというプライドだろうか? 

これで浦和レッズが勝点65、ガンバ大阪が勝点62、川崎フロンターレが勝点61、3チームが勝点を60台に乗せ、優勝争いは混沌としてきた。優勝するのは「チーム力ナンバーワンの浦和レッズ」か、「チャンピオンのプライドで優勝を諦めないガンバ大阪」か、それとも「勢いと粘りを見せる川崎フロンターレ」か、本当にワクワクしてきた。

記事に賛同してくださる方。
記事が面白かったと思ってくださる方。
このブログを応援してくださる方。
他のサッカーブログを閲覧したい方。

人気blogランキング

を「ポチッ」とよろしくお願いします。
また、最後まで読んで下さった方も是非応援のクリックお願い致します。

【2006/11/20 00:01】 | Jリーグ2006 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なぜいま「4-3-3」と「4-5-1」がトレンドなのか? | ホーム | 「名古屋G vs 浦和R」「川崎F vs A福岡」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/158-8a6ae8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |