川崎Fvs鹿島A 「首位の名古屋を追い駆ける重要な試合にしては凡戦」 J1第30節
試合 :J1第30節
開催日:2010年11月14日
結果 :鹿島アントラーズ勝利
スコア:「1-2」
得点者:ヴィトール 中田 小笠原

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ 川崎フロンターレ 「バイタルの守備の悪さが2失点の原因」

FW:   矢島  ジュニーニョ
MF: 楠神     ヴィトール
MF:   稲本  憲剛
DF:伊藤 菊地  井川 森
GK:     相澤

どちらもカウンター型のチームで、しかも、どちらも慎重な立ち上がりでしたから、牽制し合うような感じで、上手くカウンターの形になった時だけチャンスを作る、という感じでした。
しかし、そうではあった訳ですが、どちらもまずは守備をしっかりしてから、という事であった割には、守備があまり良くなくて、川崎の方は、人は揃っているのに、バイタルエリアのところでの守備が悪くて、ファールが多かったり、スペースを作ってしまったり、そこにいる選手をフリーにしてしまったり、という状態になっていて、結局、同点に追いつかれた失点も、バイタルでFKを与えてしまった事が原因の1つでありますし、そして、逆転のゴールも、相澤の負傷でJ初出場となったGK杉山の判断ミスという事もありましたが、その前には、バイタルからDFラインの裏へ走った野沢を、ボランチもCBも全くケアしていなくて、そういう甘さが招いた2失点だったと思う訳ですね。
一方、攻撃の方は、鹿島の方の守備にも甘さがあって、特に、ジウトンと中田浩二がいる左サイド、川崎にとっては右サイドですが、そこから簡単に崩していけるところがありましたので、先制点も、楠神が右サイドを個人技で突破しセンタリング、それを矢島がニアで合わせ、そのヘディングシュートはバーに弾かれてしまいましたが、そのリフレクトしたボールをヴィトール・ジュニオールが押し込んで、というものでありました。
この前半20分の先制点の後、少しの間、川崎が攻勢となる時間帯があって、先制点の形と同じように、右サイドから崩して決定的なチャンスを作ったりしていた訳ですが、結果論的に言えば、この攻勢の時間帯に2点目を奪ってしまえなかった、という事が、敗戦という結果に繋がってしまったのかなぁと思います。
と言う事で、後半17分に逆転されてしまってから、まだ時間的には30分ぐらい残されていた訳ですが、サイドから崩して何度か良い形を作るも、得点を奪うには至らず、スコア「1-2」、ホームで相性の良かった鹿島相手に逆転負け、という事になってしまいました。
とにかくこの試合で気になったのは、稲本と憲剛というボランチのところでの守備で、もちろん、SHのヴィトールと楠神も含めてそうなんですが、ちょっとその中盤の選手の守備というのが悪かったですし、特に守備対応に関して、何か動きに精彩を欠いてる、ボーっとしている、反応が鈍い、という感じがしました。


○ 鹿島アントラーズ 「コンパクト性の低下が気になる」

FW:    マルキーニョス
MF: 遠藤  本山  野沢
MF:   中田  小笠原
DF:ジウトン 伊野波 岩政 新井場
GK:     曽ヶ端

まずは、ちょっとジウトンが、攻守に悪いパフォーマンスで、攻撃参加が多くなかった割には、中途半端な高さにいるなどポジショニングが悪く、また、1対1でも簡単に縦に突破されてしまうところがあって、失点シーンもそうでしたが、何度もその左サイドから突破されてピンチを作ってしまうところがあり、ボランチの中田浩二も含めて、鹿島の左サイドは再構築が必要かなぁ、という感じがしました。
但し、そういう個人レベルの話ではなくても、何となく最近の鹿島というのは、良かった時と比べて、そのコンパクト性や連動性というものを欠いてきているような気がするんですよね。コンパクト性を欠けば、一人一人の走る距離が長くなってしまったり、連動性が悪くなってしまったり、という事になってきますから、それが攻守における機能性を下げているように思います。
最近では本山をトップ下に使って、そのコンパクト性の落ちを、中盤の人数を増やす事で補おうとしているのかな、とは思いますが、この試合を見る限りでは、それは全く効果的にはなっていない、とは言いませんが、ソコソコぐらいにしか効果的にはなっていない、という感じがして、それは結局、2列目が云々というよりは、ボランチとサイドバック、そこの運動量とか意識の低下という事が、そのコンパクト性の低下という事の原因になっていると、個人的には思うからですね。
首位名古屋を追い駆けるという意味で、この試合に勝利できた事は大きかったと思いますが、しかし、実力で勝利を捥ぎ取ったというよりは、川崎の方がチャンスで外し続けてくれた事、また、バイタルの守備が甘く、J初登場のGKが判断ミスをしてくれた事、そういう川崎の悪さによって勝利できた、という感じがしましたので、優勝という事には、もう少しチームとしての質の高いパフォーマンスが欲しいかなと思いますね。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2010/11/15 11:45】 | Jリーグ2010 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学ぶ事ができずに、才能が活かせない事ほど、恐ろしい事はない。 | ホーム | 内田も長谷部もコミュニケーションで状況を改善したい。また、ヴォルフスブルクとシャルケは同じような問題を抱えている。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1592-c7bfb18d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |