鹿島AvsJ磐田 「かつての黄金カードも今は昔。世代交代と守備の強化が必要。」
試合 :J1第32節
開催日:2010年11月23日
結果 :ジュビロ磐田勝利
スコア:「1-2」
得点者:前田 ジウシーニョ 岩政

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ 鹿島アントラーズ 「鹿島が優勝できなかった原因が明確に見えた試合」

FW:(大迫)興梠  マルキーニョス
MF: フェリペ(遠藤)  野沢(佐々木)
MF:   中田  小笠原
DF:ジウトン 伊野波 岩政 新井場
GK:     曽ヶ端

前半4分はジウトンのミスから左サイドを崩されて失点。前半13分は粘りの無い守備対応から右サイドを崩されて失点。どちらもまずはサイドでの守備が悪かった事が原因なんですが、もう1つには、中田、小笠原、伊野波、岩政、というセンターの対応だと思う訳です。
ものすごく極端な話をすれば、ボールというのはどうでもいいんですよね。人にさえ付いていれば、人さえ抑えていれば、簡単にはやられない訳です。ところがこの試合の失点したシーンの鹿島のセンター4枚というのは、人を全く見ていなくて、ボールばっかり見ていて、よく「ボールウォッチャーになってる」という言い方をしますが、まさにその状態になっていました。
1失点は、前田がバイタルで起点となって、最後も前田がゴール前に入ってきて得点を決めた訳ですが、その起点となってからシュートを撃つまでの間、誰も前田を捉えていなかった訳です。前田がボールを持った時に、その対応には岩政が出ていて、そこに中田浩二が戻ってくる。そして前田がボールをサイドへ叩いた後、岩政はゴール前へ戻り、伊野波とジウトンがサイドの対応に出ていく。しかし、伊野波とジウトンは寄せきれずセンタリングを上げられてしまい、ゴール前には、ニアに岩政、中央に新井場、ファーに野沢、という感じにはなっていましたが、その走り込んできた前田に対しては、誰も付いていなかった訳ですね。
じゃあ、この時に誰が前田をケアしておかなければならなかったのかと言えば、岩政か中田浩二、だったと思う訳です。岩政がゴール前に戻らずにそのまま前田に付いて、中田浩二がゴール前に戻る。もしくは、岩政が中田浩二に前田のマークを受け渡して、中田浩二が最後まで前田に付いている。そうすれば、フリーでヘディングシュートを撃たれるという事にはならず、失点は防げたかもしれないと思う訳ですね。
そして前半11分の失点は、サイドに開いてボールをキープした前田に対して、新井場が対応していて、そこに野沢が戻ってくる訳ですが、ジュビロの左SBである山本脩斗がオーバーラップしてきて、前田の裏を通って縦へ抜け出す時に、新井場と野沢、どっちが前田に付いて、どっちが山本脩斗に付いていくのか、その意思疎通が無く、どちらも中途半端に前田に対応して簡単にパスを出され、山本脩斗にあっさり縦へ抜けられてしまい、また、ゴール前で得点を決めたジウシーニョに対応していたのはジウトンであった訳ですが、そこの1対1でも簡単にジウトンはジウシーニョの動きにやられてしまって、ニアに走られて簡単にゴールを決められてしまった訳です。
要するに、どちらの失点のシーンでも、鹿島の選手というのはボールしか見てなくて、人を見ていないので、あっさり失点してしまっている訳ですね。結局、鹿島は、この後、前半の44分にCKから岩政の得点で1点返し、後半も決定的なチャンスを再三作って、川口の神懸り的なスーパーセーブが無かったり、ミラクルなジュビロの守備というのが無ければ、2点や3点奪って逆転勝利、という事にはなったと思いますが、しかし、強かった時の鹿島というのは、この前半の2失点という事が無かった訳で、そうすればジュビロの守備が神懸って1点しか奪えなかったとしても、そのまま「1-0」とかで勝っていた訳ですよね。
従って、まずはジウトンのパフォーマンス、というのをどうにかしなければいけませんし、また、伊野波もサイドへ出ていくなら、その時は必ず止めなければいけませんし、更には、岩政と中田浩二、そこもきちんと連携を確認し、特に中田浩二にはもう少しきちんと守備をしてもらわなければなりませんし、そして、小笠原も、この失点のシーンで全く守備に絡んでいない、というもボランチとしておかしい訳で、それは例えば、2失点目のシーンですが、新井場と野沢が対応に行った時に、小笠原も戻ってきて、相手が2枚に対し3枚で対応するとか、また、この時に伊野波も岩政もボールサイドのニアへ寄っていた訳ですが、そこで小笠原が、俺がニアを埋めに入るから、CBの2枚はきっちり中央にポジショニングを取れ、という事をやっていれば、それで失点を免れた可能性というのは大きかった訳で、そういう少しのところでの悪さというのが鹿島のチーム力を落としているし、中田浩二と小笠原の能力が落ちてきているのではないか、運動量が落ちてきているのではないか、スタミナが落ちている分だけ集中力や判断力を欠いてきているのではないか、という部分だと思う訳ですね。
さて、この辺りの部分というのを、オリヴェイラ監督はどう修正してきますでしょうか? ジウトンに関しては、そのパフォーマンスを大幅に向上させなければなりませんし、それができないならば、新たな選手を使う必要があると思いますし、小笠原と中田浩二のところも、彼らのパフォーマンスを全盛期の水準にまで戻せないようであれば、新たな選手を使っていくしかないと思いますし、それとも、新たなシステムや戦術に変える事によってそこを修正していくのか、そこがこの先は問われてくるようになりそうですね。


○ ジュビロ磐田 「川口に神が降りてなかったら大量失点の試合」

FW:   前田  ジウシーニョ(金沢)
MF: 成岡      西(菅沼)
MF:   那須  上田
DF:脩斗 イ・ガンジン 大井 康裕
GK:     川口

FW:   菅沼  前田
MF: 成岡(岡田)  康裕
MF:   那須  上田
DF:金沢 イ・ガンジン 大井 脩斗
GK:     川口

前田はとても好調ですね。それは、結果という事も然る事ながら、動きの量もとても多くて、常に動きながらボールを受けている、常にフリーになれるスペースにポジショニングしてプレーしている、という事ができていますから、元々、テクニックや得点感覚というのは優れていますし、日本人選手の中ではフィジカルも強い選手なので、そういうオフザボールの動きができれいれば、活躍できるのは然りだと思います。
但し、この試合は鹿島の方の守備が少し悪くて、前半15分以内にあっさり2得点できてしまったので、それが結果的には勝利を呼び込みましたが、全体的な攻守のデキというのは、はっきり言って悪かったかなと思います。
攻撃面は、前述の通り、前田の高いパフォーマンスというのがそれを牽引していて、鹿島の守備対応の悪さもあって、2得点できた訳ですが、その後というのは、攻撃は前田と西の個人技だけに頼ってしまっているという部分が大きくて、また、カウンターになった時も、繋ぎの部分でミスが出て攻め切れなかったり、もう少し前田と西以外の選手のパフォーマンスが高ければ、という感じがしました。
そして、守備面は、明らかにDFラインの下がりというのが早過ぎて、それでもDF4枚とMF4枚で作る守備ブロックが、日本代表のようにきっちり統率のある動きでコンパクトというのをできていればあれなんですが、そこがまだルーズな部分があるので、鹿島の攻撃陣に、PA付近、バイタルエリア、そこで比較的簡単にプレーさせてしまうところがあって、結局それが、PA付近やバイタルエリアでのファールの多さ、被FK数の多さという事に繋がっていましたし、CKも多く与えてしまっていて、前半44分には失点をするという事になって、更には、これはミラクルが起きて失点を免れましたが、後半にはまたCKから同じく岩政のヘディングシュートで決定的なピンチを作る、という事になってしまっていた訳ですね。
その他のシーンでも、川口の神懸り的なスーパーセーブが無ければ、2点や3点奪われていてもおかしくない決定的なピンチのシーンというのがあって、はっきり言ってこの試合に勝てたのは幸運だったという部分が大きかったと思いますから、この先に向けては、やはり守備の部分の修正を大いに図らない事には、来季も同じような感じになってしまうかなと思いますね。まずは、中盤での守備、前線からの守備、そこを強化する事が必要で、そこの強化が成されれば、DFラインが簡単に下がってしまうという事も無くなりますから、そこを重点的に強化して欲しいなと思いますね。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2010/11/25 11:45】 | Jリーグ2010 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<UAE戦 「今までの試合の中でデキは一番悪かったが、ワンチャンスをモノにし、守り切る強さを身に付けて優勝! 金メダル!」 | ホーム | イラン戦 「おっしゃぁ!! 逆転勝利で決勝進出だ!!! 永井の逆転ゴールは圧巻だった!」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1600-0ca60536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |