世代交代を断行する横浜Fマリノス。しかし、ヴェルディの二の舞の危険性も・・・。
横浜Fマリノスが、松田直樹と山瀬功治に戦力外通告を出したようです。
他にも、坂田、河合、清水、という選手たちにも戦力外通告を出したようですね。
今回はそのことについて少し。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

松田に関して言うと、
確かに怪我という事が増えてきていると思いますし、
ピッチ上のパフォーマンスに関しても、
全盛期を過ぎているとは感じます。

しかし、松田が戻ってきて、
彼がボランチに入る事によって、
守備が安定を取り戻した試合があったと、
個人的には感じています。

従ってそこを天秤に掛けて、
もちろん年俸という事もあると思いますが、
総合的な判断でどう決断するのか、
という事になるのだと思いますが、
そこはかなり難しいところなのかなと思います。

但し、黄金時代を作ったジュビロの選手たちも、
その多くが最終的にはチームを離れましたし、
闘莉王も自らの意志で浦和を離れ、
名古屋で優勝を果たしましたし、
レアル・マドリードの象徴でもあったラウルもチームを離れ、
内田の所属するシャルケ04で頑張っているように、
やはり選手というのは、
必要とされているチームでプレーするのが一番だと思いますから、
そういう気持ちで松田にはこれからも頑張って欲しいなと思います。

そして、山瀬に関して言うと、
これは今季のパフォーマンスを考えても、
ちょっと解せないなぁと思います。

小野裕二が台頭してきて、
中村俊輔が復活してきて、
兵頭などの若手選手も台頭してきた。
しかし、そうであるからと言って、
彼らが出場できなくなる時期もあるだろうし、
そのパフォーマンスを落とす時期もあるだろうから、
その時に山瀬のような力のある選手がいるかどうかというので、
かなり大きく異なってくるように思います。

やはり山瀬の場合にも、
年俸という事なのでしょうか?
マリノスはそんなに財政難になっているのでしょうか?
マリノスの財政状況とか選手の年俸がいくらなのかとか、
そのあたりの事というのは、
私は詳しく知らないので、
そこはよく分かりませんが、
山瀬に対しての戦力外通告というのは、
個人的にはとても残念に思いますね。

それから、河合、清水、坂田、という選手にも戦力外通告、
という事なんですが、
松田と河合の2人を放出して、
ボランチやCBのところは大丈夫なんでしょうか?
中澤も離脱中で先はどうなるのか分かりませんし、
槙野とか永田へ、
獲得のオファーを出しているようですが、
これはもう獲得できるという事になったのでしょうかね?
もしそうならなかった時には、
守備陣の戦力ダウンが心配ですね。

更には、長谷川、田中、渡邊、という若い選手たちには、
他のクラブからオファーがきているようでありますし、
最悪の場合には、
チームが崩壊してしまう危険があるように感じます。

かつての日本サッカー、
Jリーグを牽引してきた、
マリノスとヴェルディ。

世代交代に失敗。
急激な世代交代を断行したために、
チーム力が落ちてJ2に降格してしまったヴェルディ。
どうやらクラブ消滅の危機は回避されたようですが、
その立て直しには多くの時間を要すると思いますし、
ヴェルディがかつてのような強豪クラブに復活できるかどうかというのは、
かなり先が見えていないのかなとも思います。

果たしてマリノスの場合は、
大丈夫でしょうか?
ヴェルディの二の舞になる事だけは、
なんとしても避けて欲しいなと思いますね。

一度落ちてしまったクラブというのが、
そこから這い上がるのは、
かなり険しい道のりになると思います。

成績が落ちればチーム人気は落ちて、
J2に降格すればそれは尚更で、
そうなれば更なる財政難になりますから、
それは完全に負の連鎖に陥ってしまうことになり、
そこから抜け出すのは至難の業になると思います。

世代交代は絶対に必要で、
それをやらなければチームは強さを保っていけませんが、
そこは細心の注意を払って上手くやらなければ、
成功させなければならない訳で、
そしてそれは、
ゆるやかに、
周囲の人が気が付かない程度に、
少しづつ世代交代というのをやっていくのがベストだと、
個人的には考えています。

あまりに急激な世代交代というのをやって、
それが最終的な成功に繋がった事例というのを、
私は見た事がありませんので、
今回のマリノスの判断が結果的にどうなるのか、
かなり気になりますし、
大きな懸念を感じるところであります。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2010/11/29 11:45】 | Jリーグ2010 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フォルカー・フィンケ監督今季限りでの退任。やろうとしていたサッカー自体を変えるのではなく、必要だったのはやろうとしたサッカーを高めるための修正力。 | ホーム | サッカーと社会。成功した日本代表の立て直しから考える、日本社会の成功する立て直しの方法とは? という事について。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1604-7431b3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |