浦和レッズ vs ヴァンフォーレ甲府 第32節
さて、Jリーグも大詰。ガンバ大阪はアビスパ福岡、川崎フロンターレは清水エスパルス、そして浦和レッズはヴァンフォーレ甲府と対戦した。
結果は浦和レッズが3-0で勝利。ガンバ大阪が引分け、川崎フロンターレが敗れたため、浦和レッズは次節勝利すれば自力優勝が決まるところまできたことになる。そして、川崎フロンターレは残念ながら優勝が消えた。

浦和は前節4バックできたが、今回はいつもの3バックに戻してきた。対する甲府もいつもの「4-3-3」。全体的に動きが良く、特にバレー、茂原、藤田の動きが良かった。前半、DF秋本が2枚目のイエローカードで退場するまでは、どちらかと言えば甲府の方が内容は良かったように見えた。浦和の方は明らかにプレッシャーで動きが止まっていた。気合が空回りしているようにも見えた。それを象徴していたのが2本あったワシントンのPK。浦和は前半で2本のPKを獲得し、2本共にワシントンが蹴ったが、どちらも甲府GK阿部に止められてしまう。優勝へのプレッシャーというのはこんなにも凄いものなのだろうか。名手ワシントンが2回もPKを外すとは驚きである。甲府は10人になってしまったが、後半もしかしたら、と思わせる試合ぶりで前半を終えた。

しかし、やはりチーム力、個々の選手の違いというのは歴然としていて、後半は浦和の一方的な展開となる。後半立ち上がり早々に山田→ワシントンで1点決めると、解き放たれたように浦和の攻撃が火を吹く。圧巻だったのは山田が決めた2点目。フリーでボールを受けた山田はドリブルで甲府ゴールに切り込んでいく。そして、相手DFを1人2人とかわすと、そのままカーブをかけたテクニカルで豪快なシュートを甲府ゴールに突き刺した。そして、前半2つのPKを外したワシントンがCKからさらに追加点を上げ、終わってみれば前半の苦戦が嘘のような快勝となった。

浦和は、前半のPK2連続失敗を取り戻す2ゴールをワシントンが決め、山田も決め、大きく優勝へと前進した。残り2試合だが、次節で優勝を決める可能性は限りなく大きくなったと言えるだろう。

甲府の方は、こう言っては失礼かもしれないが、この戦力の割には素晴らしいサッカーをしている。DF陣に戦力が整えば来季は台風の目に成り得るチームだと思う。

人気blogランキング

記事に賛同してくださる方。
記事が面白かったと思ってくださる方。
このブログを応援してくださる方。
他のサッカーブログを閲覧したい方。

人気blogランキング

を「ポチッ」とよろしくお願いします。
また、最後まで読んで下さった方も是非応援のクリックお願い致します。

人気blogランキング

【2006/11/24 00:15】 | Jリーグ2006 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<セルティック vs マンチェスター・U CL | ホーム | 交流戦4試合総合選手評価 U-21北京五輪日本代表>>
コメント
サンキュー甲府!! 貧乏だけど貧乏なりに頑張れっ!!
^^)/ ビバッ!!
【2006/11/24 00:22】 URL | 勇介 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/162-010cfa4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |