浦和レッズvsFC東京 ガンバ大阪vs京都パープルサンガ 第33節
今回は。勝てば優勝が決まる浦和レッズの試合と、最終節の直接対決まで望みをつなぐ為にも負けられないガンバ大阪の試合を分析します。
FC東京 vs 浦和レッズ

優勝へのプレッシャーからかレッズの選手は前半から勝ち急ぐような雰囲気が感じられた。そして、前節の試合同様、意気込みが空回りしているようでもあった。システムもスタメンもいつもの通り。しかし、ワシントンの調子が下降気味で、この試合はジャ-ンにマークされたので、ワシントンにいつものような威力は感じられず、結局チームとしても無得点で終わってしまった。FC東京の守備が良かったというわけではないので、レッズの選手の心理状態の問題だろう。特に後半の終盤は、ガンバ大阪の試合が2-2の引分け状態できていたので、その状態ならこちらも引分けで優勝できる、というのも心理的に与えた影響が大きかったと思う。とにかくガンバ大阪が勝利したので、優勝は最終節まで持ち越されたが、勝てば文句無く、引分けでも優勝できるのだから、レッズ有利は揺るがない。最後ホーム駒場で優勝の喜びを爆発させてほしい。

対するFC東京は良くも悪くもない状態。ここ数試合で攻撃力は高まっているが、それに比例するように守備力が下がっている。気になるのは右サイドバックの徳永とボランチの梶山。この両選手ともに一つ前のポジションに上げた方が良いのではないかと思う。徳永はボランチに、梶山は攻撃的MFにである。どうも見ていると徳永はセンタリングの精度があるわけでもないし、スピードが凄くあるわけでもないので、持味の運動量が活かせるボランチの方が良いと思う。さらに梶山は、運動量と守備力が低いので(頑張ってはいるが・・・)キープ力やシュート力が発揮できる攻撃的なポジションに使った方が良いはず。ルーカスの下に、左から鈴木、梶山、石川、と並べ、ダブルボランチに今野と徳永という「4-5-1」が今のメンバーではベストのシステムだと思う。


ガンバ大阪 vs 京都パープルサンガ

ガンバは引分けでも優勝が無くなるので勝たなければならず、京都も負ければ降格決定となるので是非にも勝たなければならない試合。試合は京都が先制し、ガンバが逆転し、京都が追い付き、最後は後半ロスタイムにマグノ・アウベスがハットトリックとなる3点目を決めて3-2と勝利した。

ガンバはとにかくマグノ・アウベスの気迫が物凄かった。絶対に勝つ、絶対に点を決める、という気迫が前半からビシビシと伝わってきた。多少気迫が空回りして、エゴイスティックなプレーが目立ったが、やはりストライカーというのはこうでなくてはならない。CKからの1点目はゴールを見ずに反転しての素晴らしいシュート、2点目もまるで「デルピエロゾーン」ならぬ「マグノ・アウベスゾーン」とも呼びたくなる「左45度からの巻いたシュート」を決めた。そして優勝に望みをつなぐ値千金の3点目は、後半ロスタイム、家長のセンタリングにヘディングシュート。これもゴール角をきっちり狙った素晴らしいゴールだった。
守備ではもう毎度御馴染のザルぶりで、いまさら言うこともないのだが、なんで田原とパウリ-ニョのツートップのマークがあれほど緩いのか、全く理解できない。ストッパーでもボランチでもよいからもっとタイトな守備ができないとかなり厳しい。

一方、京都はこれで降格が決定してしまったわけだが、その原因は「選手の個人能力」にあるとしか言えない。やろうとしているサッカーはきちんとしているのだが、選手が役割をこなしきれていないのが原因だ。手島、角田、というアンダー世代の日本代表で活躍した選手が2人も3バックにいるのに、彼等の能力が活かされていない。さらに、中盤でもしっかりスペースを埋めたりプレスにいく守備をしているのだが、個人の一対一で負けてしまうので、監督にはどうにもならない。攻撃に関してはパウリ-ニョ頼みで、パートナーを組みFWや攻撃的MFに良い人材が不在だ。今京都に必要なのは「若手の育成に長けた監督」だろう。選手個人個人のレベルアップがなければJ1では生き残れない。


さて、これでレッズとガンバの勝点と得失点差はどうなったのかと言うと、レッズの勝点は69で得失点差は+38、ガンバは勝点66の得失点差+33。つまり、最終節の直接対決は、ガンバがレッズに3点差以上の得点差をつけて勝たなければならず、圧倒的にレッズが有利となる。レッズの優勝は90%以上決まったと言える状況。12月2日は駒場に赤い嵐が巻き起こりそうだ。

ちなみにJ2の方では、横浜FC、がJ1昇格を決めました。城は引退しますが、カズや山口などベテランの多い横浜FCがJ1でどのような戦いを見せるのか楽しみですね。

人気blogランキング

記事に賛同してくださる方。
記事が面白かったと思ってくださる方。
このブログを応援してくださる方。
他のサッカーブログを閲覧したい方。

人気blogランキング

を「ポチッ」とよろしくお願いします。
また、最後まで読んで下さった方も是非応援のクリックお願い致します。

人気blogランキング

【2006/11/27 00:11】 | Jリーグ2006 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シンメトリー(symmetry)ではない方が強い? | ホーム | 城彰ニ引退決意>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/165-6eeef254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |