前編。「3-4-3 ダブルボランチ型」を機能させるにはどうしたらいいの?
と言う事で、今回は、前回のエントリーの内容を踏まえて、先日のキリンカップでザックジャパンがやった「3-4-3」にはトップ下がいなかった、つまり、「3-4-3 ダブルボランチ型」だった、という事について書いてみたいと思いますが、その前に、もう一度、ユニット、という事について書かせて下さい。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW:     前田
MF: 香川  本田  岡崎
MF:   遠藤  長谷部
DF:長友 今野  吉田 内田
GK:     川島

上記はアジアカップの時のザックジャパンの基本布陣ですが、なぜザックの「4-2-3-1」が「4-2-1-3」にかなり近いと判断しているのかと言うと、基本となるユニットが、「前田・香川・本田」「岡崎・遠藤・長谷部」、もしくは、「前田・岡崎・本田」「香川・遠藤・長谷部」、ではなく、「香川・前田・岡崎」「本田・遠藤・長谷部」、であったからですね。

これが、「前田・香川・本田」「岡崎・遠藤・長谷部」、もしくは、「前田・岡崎・本田」「香川・遠藤・長谷部」、こっちだったら、その「4-2-3-1」は「4-2-2-2」により近くなります。なぜならば、こっちの場合は、トップ下の本田が、FWのユニットの方に入るからですね。

つまり、本田が高い位置を取りすぎだ、もっと下がって中盤での組み立てに参加するべきだ、いや、本田が低い位置を取りすぎだ、もっと前で起点となるべきだ、という意見の相違が生まれてくるのは、どっちのユニットを基本としているのか、その違いから生まれてきている、という事になります。

要するに、「4-2-2-2」だと考えてその機能性を考えた場合には、本田は高い位置で起点となった方が良いという事になり、「4-2-1-3」だと考えてその機能性を考えた場合には、本田は低い位置で起点となった方が良いという事になる、という事ですね。

基本的には、サイドの高い位置に固定的に選手を置きたい場合には、中央は低い位置で起点となった方が良いという事があって、メッシがCFの位置よりもトップ下のような位置で起点を作る、イニエスタ、シャビ、とユニットを組むのも、それが理由という事ですよね。

FW:長谷川
MF:増田 マジーニョ ビスマルク
MF:本田 ジョルジーニョ
DF:相馬 奥野 秋田 名良橋
GK:佐藤

FW:興梠
MF:本山 マルキーニョス 野沢
MF:中田 小笠原
DF:新井場 伊野波 岩政 内田
GK:曽ヶ端

もう一例として、鹿島アントラーズの2つの黄金期を挙げておきたいと思いますが、この時のユニットは、「長谷川・マジーニョ・ビスマルク」「増田・本田・ジョルジーニョ」、そして、「興梠・マルキーニョス・野沢」「本山・中田・小笠原」、という事になります。

こう書くと、鹿島は2トップだ、もしくは、鹿島は3トップではない、という事を言われてしまうのですが、2トップだ3トップだ、というところから考えるのではなく、ユニットから考えるという事が重要で、そこから導き出されるものが正解の形、という事になると思っています。

そして、この2つの黄金期には、最初の黄金期の形は「4-3-2-1」という形に近い「4-4-2」で、次の黄金期の形は「4-4-1-1」に近い「4-4-2」である、という違いがあるのですが、どこでその違いが出てくるのかと言うと、ビスマルクと小笠原、ジョルジーニョと野沢、そこという事になります。

つまり、最初の黄金期の場合は、SHであるビスマルクが中へ入ってトップ下となり、そのビスマルクが空けたスペースにボランチであるジョルジーニョが上がって行くという攻撃の形だったので、だから「4-3-2-1」に近かったという事になります。

そして、次の黄金期の場合は、ボランチである小笠原が上がってトップ下となり、野沢も上下動が基本的な動きなので、だから「4-4-1-1」に近い、という事ですね。野沢はもっとポジションを流動的に動いてプレーしている、という反論があるかなとは思いますが、それは、流れの中では当然そういう事もある、というだけで、基本的には、縦のサイドを上下動するのが役割、という事ですね。

従って、野沢と本山はSHではない、という御意見も頂きましたが、基本的な役割はサイドにあるので、やはりSHと表記して間違いではないと思っています。CHという表現は、OMF、DMF、どっちも担うような選手に対して使いますが、そこにはサイドという事は含まれていないので、本山と野沢に使うのは違う、という事になります。

ちなみに、個人的には、CHという表現は曖昧なので嫌いです。どっちにしても、CHとは言っても、主に攻撃を担う選手、主に守備を担う選手、というのは分かれてくるので、OMF、DMF、と表記した方が分かり易いと思っています。

と言う事で、ここからやっと、先日のキリンカップでザックジャパンがやった「3-4-3」にはトップ下がいなかった、つまり、「3-4-3 ダブルボランチ型」だった、という事について入っていきたいと思いますが、なぜユニットの話を長々としたのかと言うと、そこが理解するためのポイントになるからですね。


後編へ続く。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2011/06/16 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<後編。「3-4-3 ダブルボランチ型」を機能させるにはどうしたらいいの? | ホーム | 後編。4バックと3バックはどこが違うの? そしてその機能性の話。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/06/23 20:07】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/06/16 16:18】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1859-fed93e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |