アルゼンチン戦 「パーフェクトな前半。アルゼンチンから3点を奪い快勝。18年ぶり決勝T進出。」
試合 :FIFA U17 World Cup Mexico 2011 予選グループB 第3戦
開催日:2011年6月25日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-1」
得点者:高木大輔 植田直通 秋野央樹 フェレイラ

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ U-17日本代表

FW:高木大輔 南野拓実 野沢英之
MF:喜田拓也 秋野央樹
MF:深井一希
DF:早川史哉 植田直通 新井純平 川口尚紀
GK:牲川歩見

FW:鈴木武蔵 南野拓実 松本昌也
MF:喜田拓也 秋野央樹
MF:鈴木隆雅
DF:早川史哉 植田直通 新井純平 川口尚紀
GK:牲川歩見


前半4分、南野がポストプレーで落としたボールを右へ展開し、右SBの川口が相手と上手く入れ替ってドリブルし左足でシュート。そのリフレクトしたボールを高木が押し込んで日本が先制しました。その後も日本がリズミカルにパスを回して縦に速く攻め、また、守備でもハイプレスが良く効いて、攻守共にアルゼンチンを上回る試合を見せます。そして、前半20分、CKから植田がヘディングシュートを決め、前半で日本が2点のリードを奪いました。

日本はバルセロナと言うよりもアーセナルのような戦い方で、ハイプレス、シンプルでリズミカルな縦に速い攻撃、そして、最後のところでは前を向いてドリブルで仕掛け、決定力も高い、というパーフェクトな戦い方を見せ、前半はアルゼンチンに全く良いところを出させませんでした。まさに、前回のフランス戦で書いたような、フランス戦の前半の守備、フランス戦の後半の攻撃、それが同時にできれば、という事をこのアルゼンチン戦ではやっていました。

そして、後半に入ってからも、前半と同じクオリティのサッカーを続けていた日本が優勢で試合を進め、やや膠着状態になりつつあるかな、と感じ始めた後半29分、素早いスローインから高木に代わって途中出場で左ウイングに入っていた鈴木武蔵が抜け出し、その鈴木武蔵からのセンタリングを秋野が押し込んで、日本が3点目を奪いました。

その後は、後半40分には交代の時に生まれた一瞬の油断を突かれてアルゼンチンに1点を返されてしまいましたが、試合はそのままスコア「3-1」で終了、日本が快勝という試合になりました。同時刻に行われたフランス対ジャマイカの試合が引き分けだったため、日本は2勝1分0敗の勝点7、予選グループBを首位通過、という事になりました。

この試合の日本のサッカーがどれだけ素晴らしかったのか、というのは、観客の反応によく表れてしましたね。前半はイーブンな感じでしたが、後半からは明らかに日本に対する声援が増え、日本が攻撃すると歓声が起こっていました。そして、逆に、アルゼンチンがクオリティの低い直接FKなどを蹴ってしまうと、ブーイングが起こっていました。

アルゼンチンも「4-3-3」で、やろうとしているサッカーは日本と近かったと思いますが、その差が出たのは全体の運動量や守備への献身性だったかなと思います。日本がパス&ムーブ+ハイプレスのサッカーを全員がサボる事なくやり通したのに対し、アルゼンチンの方はその全体の運動量や守備への献身性という部分が日本に比べて低かったかなと感じました。

個の力としては互角かアルゼンチンの選手の方が高いかな、という感じでしたが、全体の連動性というのは日本の方が明らかに高くて、ポゼッション率は互角、シュート数はアルゼンチンの方が上、という事でしたが、見た目の印象としては日本の方が上回っていたようにも感じました。それぐらい日本の方が内容的に上回っていた、という事ですね。

但し、褒めてばかりでもあれなので、課題と言える部分も書いておくと、やはりフランス戦から気になっているのは、ちょっとパスミスが多いかな、という部分と、まだ、1本、2本、パスが多くなってしまっている場面がある、という部分ですね。どうしても、コンセプトとして速くパスをつなぐ、という事をやっているので、状況判断無しに焦ってパスを出してしまうシーンも多々あって、そこはこれから改善していって欲しいなと思います。

そして、その原因としては同じだと思いますが、まだ、バイタルエリアのところ、仕掛けに入るところ、フィニッシュにかかるところ、そこでの選択肢がパス優先になっているところがあって、不必要なパス交換が、1回、2回、と続くようなシーンも多々あり、そこも、まずは前を向いて仕掛ける、シュートを狙う、というプレーを最優先の選択肢にできるよう、これからは改善していって欲しいなと思います。

そして、そのために必要なのは、やはり、事前の状況判断、ボールが来る前の段階での状況把握と判断、または、プレーのイメージ、そこになってくるかなと思います。その足りなさを運動量や連動性でカバーする、というのも1つの手段ではありますが、相手や環境や状況によってはそれでカバーできないという事も多いので、それでも出来るだけ同じようなクオリティのサッカーがやれるように、個としての事前の状況判断力、プレーのイメージラインを描く力、というのを高めていって欲しいなと思います。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2011/06/25 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クウェート戦選手評価 「過酷な環境で何ができたのか? できなかったのか? この経験を糧に成長する事が重要。」 | ホーム | クウェート戦 「問われたのはタフさ。そしてアイデア。経験が一番の財産。」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1868-b3024720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |