コパアメリカ開幕戦はドロー。手探り状態のアルゼンチン。【アルゼンチンvsボリビア】
試合 :コパアメリカ2011 グループA 第1戦
開催日:2011年7月2日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:エジバルド アグエロ

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ アルゼンチン

FW:テベス メッシ ラベッシ
MF:カンビアッソ バネガ
MF:マスチェラーノ
DF:ロホ G・ミリート ブルディッソ サネッティ
GK:ロメロ

FW:テベス
MF:ディ・マリア メッシ ラベッシ
MF:バネガ マスチェラーノ
DF:ロホ G・ミリート ブルディッソ サネッティ
GK:ロメロ

FW:テベス
MF:ディ・マリア メッシ アグエロ
MF:バネガ マスチェラーノ
DF:ロホ G・ミリート ブルディッソ サネッティ
GK:ロメロ

○ ボリビア

FW:エジバルド マルティンス
MF:カンポス バカ
MF:ワルテル ロブレス
DF:グティエレス リベロ ラルデス アルバレス
GK:アリアス

FW:アルセ マルティンス
MF:カルドソ チャベス
MF:ワルテル ロブレス
DF:グティエレス リベロ ラルデス アルバレス
GK:アリアス


アルゼンチンが「4-1-2-3」、ボリビアが「4-4-2」、というスタートでした。但し、アルゼンチンの「4-1-2-3」は、バルサと同じようにメッシが主に中盤でプレーしていたので、「4-4-2 ダイヤモンド型 2トップがワイド」、という感じですね。一方、ボリビアの方は、FW、MF、DF、という3ラインをコンパクトにした、オーソドックスな「4-4-2」でした。

従って、アルゼンチンの方は、バルサと同じように、メッシ、カンビアッソ、バネガ、というトライアングルがどれだけボリビアのバイタルエリアのところを攻略して行けるのか、そこがポイントになっていて、一方のボリビアの方は、2トップがどれだけ前線で起点を作れるのか、そこがポイントになっていたと思いますが、そこはお互いにまずまずだったかなと思います。

しかし、アルゼンチンの方は、メッシと組む2人がイニエスタとシャビではないので、やはりバルサのようにはそこに威力を出せない、という事もありましたし、また、バルサのようにやるのであれば、ウイングであるテベスとラベッシがもっと幅広く動いて、ポジションを流動的に動かないと機能性が生まれないと思うのですが、そういう動きがほとんど無くて、ボリビアの守備を崩せた回数が少なかったかなと思います。

と言う事で、前半はスコアレスで折り返す事になり、アルゼンチンは後半スタートからカンビアッソに代えてディ・マリアを入れ、「4-2-3-1」という形に変えてきました。ところが、さあこれでどうなるのか、と思った矢先の後半2分、CKから先制点を奪ったのはボリビアの方でした。バネガはトラップしようとしたのでしょうか? やはり素直に蹴ってしまった方が良かったのではないかと思います。

さて、これで1点のビハインドとなってしまったアルゼンチンですが、カンビアッソに代えてディ・マリアを入れた事、システムを「4-1-2-3」から「4-2-3-1」に変えた事、これには一定の効果が出ていて、バネガが3列目の位置でボールを捌き、メッシが2列目の中央で起点を作り、ディ・マリアとラベッシがサイドを縦に仕掛け、テベスがゴール前で得点を狙う、というシンプルな攻撃ができるようになったので、前半よりも攻撃の機能性は上がっていました。

そうなってくれば、後は最後の崩しのところやフィニッシュところでの精度、もしくは、センタリングの精度、そこだけという感じになっていましたが、しかし、ラベッシのパフォーマンスがイマイチで、なかなかシュートまで至らない攻撃が続いてしまっていました。そこで、後半26分、アルゼンチンはそのラベッシに代えてアグエロを投入してきます。ポジションはラベッシと同じ右サイドでした。

そして、このアグエロの投入という交代采配が的中しました。後半31分、素早くリスタートし、ディ・マリアからのクロスボールをゴール前に上がっていた右SBのサネッティが胸で落とすと、それをアグエロがボレーで決めて、やっとアルゼンチンが同点に追い付きます。しかし、その後は両チーム共に得点を奪う事はできず、試合はそのままスコア「1-1」で終了、開幕戦は引き分けという結果に終わりました。

試合後の感想としては、ボリビアは良く守った、アルゼンチンはこれからだろうな、という感じでした。アルゼンチンの方はまだ手探りみたいな感じがあって、ここから試合を重ねる事によってチーム状態が上がってくるのではないか、という気がします。但し、もしこのままの状態であれば、優勝というのは少し厳しいのかな、という気もします。

次の試合、システムを「4-1-2-3」にするのか「4-2-3-1」にするのか、それは分かりませんが、どちらにしてもディ・マリアとアグエロはスタメンで使った方が良いのかな、という気がします。テベス、メッシ、アグエロ、という3トップで、ディ・マリアをセントラルに起用した「4-1-2-3」でも良いと思いますし、この試合の後半途中からの配置の「4-2-3-1」でも良いと思いますが、どしらにしてもこの2人を使った方が良いかなという気がしました。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
【2011/07/02 14:22】 | コパアメリカ2011 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<FCポルト所属の2人の選手のパフォーマンスがまだこれからという感じだった。【コロンビアvsコスタリカ】 | ホーム | (女子)メキシコ戦 「32歳。円熟のプレーを見せる澤穂希。ハットトリック。4大会ぶり決勝T進出。」>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/07/02 16:09】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1879-53631561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |