スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北朝鮮戦選手評価。李忠成、香川真司、柏木陽介、岡崎慎司、遠藤保仁、長谷部誠。
試合 :2014年ブラジルW杯 アジア3次予選 第1戦
開催日:2011年9月2日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:吉田麻也

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ 日本代表(10点満点評価で採点)

FW:李忠成
MF:香川真司 柏木陽介 岡崎慎司
MF:遠藤保仁 長谷部誠
DF:駒野友一 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK:川島永嗣

FW:ハーフナー・マイク
MF:岡崎慎司 香川真司 清武弘嗣
MF:遠藤保仁 長谷部誠
DF:駒野友一 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK:川島永嗣


李忠成:5点

最前線として、そこでの相手DFとの駆け引き、という部分の成長は大いに感じられますから、そこは良いと思うのですが、しかし、この試合のように相手がスペースをほとんど与えてくれない場合には、個による駆け引きだけで相手の守備を崩すというのは難しいので、やはり他の味方選手との、流れの中でのポジションの流動性、というのが必要になってきますよね。

速攻の形になった時には、最前線にいて、そこでカウンターの起点となったり、一発のパスから裏を狙ったり、という事で良いと思いますが、しかし、遅攻の形になった時には、最前線の中央というポジションで起点になろう、そこで踏ん張って得点を狙おう、というプレーだけをする必要は無く、もっと自由に動いて、他の選手とポジションチェンジしながらチャンスメイクやフィニッシュを狙う、というプレーをした方が良いと思っています。

要するに、それによって、スペースを作りスペースを活かす、という連動性を生み出そう、という事であり、ロングランニングやダイアゴナルな動きによって相手の守備ブロックを突き破ろう、という事ですね。ザックはCFの位置からあまり動かない事を望んでいるのかな、という気はしますが、それだったらハーフナー・マイクの方が優れていると思うので、監督の望み通りではなくても、もっと幅広く動いた方が良いかなと思いますね。


香川真司:7点

柏木は頑張っていたとは思いますが、やはり本田のようにはまだ中央で起点を作れないので、もしくは、柏木は本田とは異なり動き回って起点を作るタイプなので、そういう部分で柏木との連動性というのがシックリきていなかった、という事がありましたから、サイドにいた時には、あまり良いプレーというのが出せなかったかなと思います。

もちろんそれでも、本田がいない、柏木がもう少し、という状態にあっては、香川を起点にせざるを得ないので、サイドでもそれを頑張ってはいましたが、やはり香川も柏木と同じように、幅広く動き回って起点を作るというタイプなので、サイドにいるとプレーゾーンやプレーする角度が限定されてしまい、なかなか上手く起点となれないかな、というのがありますよね。

後半の途中からは、ポジションを中央のトップ下の位置に移し、ピッチを縦横幅に自由に動けるようになった事で、水を得た魚のように躍動したかなと思います。香川が最も輝けるポジションはやはり中央のトップ下で、香川の左サイドというのは、本田を軸としたシステム、あくまで本田が中央で起点を作れるから、という事を前提としたものなので、そこは見誤ってはいけないなと思いますね。


柏木陽介:4点

やはりパワー不足だなと思います。香川のところでも書きましたが、柏木は香川と同じように、動き回って起点を作ったり、動きながらプレーをする事で良さを発揮するタイプなので、本田のようなフィジカルを身に付けろ、という意味でのパワー不足ではなく、より精度の高いパスやシュートを打つためであったり、一瞬の動きで相手をグイッと引き剥がすためであったり、そのためのパワーが不足している、という事ですね。

運動量はあっても、乾のようなスピードやクイックネスがある訳ではないので、やはりある程度はパワーで推進力を出さなければならないと思いますし(長谷部のドリブルのような感じですね)、また、シュートが浮いてしまう、シュートの時に余裕が出ない、というのは、体幹の弱さによって軸がブレてしまったり、寄せて来られる事を怖れてしまうからだと思う訳です。

清武がなぜ急に大きく伸びてきたのかと言えば、プレーに力強さが出てきたからで、テクニックとスピードにプラスして、プレーにパワーが乗る事で、一気に全てのプレーに安定感と精度が生まれてきたからなので、柏木に必要なのも、まさにそこであると感じています。W杯までにはまだ時間がありますから、パワー不足の解消を重点的に行い、更にレベルアップして欲しいなと思いますね。


岡崎慎司:5点

最近は、MFでのプレーがほとんどになっている、という事もあって、2列目の少しセントラル寄りのポジションで起点となろう、という動きが目立つような気がします。今までの岡崎の良さ、裏への動き出しであったり、ゴール前への飛び込みであったり、という部分は残しつつ、そのプラスαとして、香川や本田や清武のようなチャンスメイクも身に付けたい、という意識でプレーしているように感じます。

個人的には、それは良い事だと思っていますが、そのために必要な事は、テクニックという事よりも、ボールの受け方(向き)と判断力(サイドとセントラルの判断)なのではないかなと思っています。自分が仕掛けるべきか味方を使うべきか、という判断もそうですね。そこの質が向上してくれば、進化した岡崎が生まれてくるのではないかと思います。

パスを受ける時に、最初のトラップで前を向けるよう、もしくは、最初のトラップで相手をかわしてグイッと引き剥がせるよう、身体の向きを正しくする事が必要で、また、やはりSHもしくはウイングでもあるので、サイドを縦に突破してクロスを入れる、という仕事もしなければなりませんから、今はどちらをやる事が効果的なのかという判断を正しくする、という事も重要になってくると思います。


遠藤保仁:7点

チョン・テセもしくはパク・ナムチョルにマークされていたとは言っても、それほどガツガツ来ているという感じではありませんでしたし、割とルーズなところもありましたので、相手の守備ブロックの外では、比較的、楽にプレーできたのではないかと思います。その代わり、守備ブロックの中に入ろうとすると厳しく寄せられていましたので、前に上がっての仕事というのは、あまり出来なかったかなと思いますね。

試合がほぼ日本のワンサイドゲームとなったので、こういう展開になればなる程、遠藤に対する守備への不安というのは無くなって、安心して観ていられるようになりますね。最近は攻守において、遠藤と長谷部のダブルボランチは安定しているとは言え、そこを激しく攻められるような相手と戦っていない、という事もありますから、やはり守備のオプションは欲しいなとは思います。

そういう意味では、もしかしたら、次の試合のアウェイでのウズベキスタン戦というのは、守備重視で逃げ切るという展開になるかもしれませんので、その場合に、遠藤を外すのか、それとも、遠藤を残したまま、阿部や細貝などを入れて3ボランチにするのか、という事が、試されてくるかもしれませんね。


長谷部誠:7点

何度か、パスミスであったり、緩慢なプレーでボールを奪われたり、という事はありましたが、守備ではハイプレスを効かせたり、CBとの連携でチョン・テセとパク・ナムチョルを封じたりと、流石だなというプレーに終始していましたし、また、攻撃では特に後半からグイグイと前に出てくるようになって、ドリブルにシュートと、良いプレーを見せていました。

ヴォルフスブルクでは、トップ下、ボランチ、右SB、と便利屋的な使われ方をしていて、一番多く使われているのは右SBですが、やはり長谷部はトップ下であれボランチであれ、セントラルのポジションでプレーした方が、パフォーマンスは高いなと思いますね。そして、ボランチであれば、攻撃的な役割の方ですね。

ミスがもうちょっと少なくなれば、世界でもトップレベルと評価されるボランチの1人になれるかな、という気がします。遠藤がミスの少ない選手なので、余計にそれが目立つ、という事もありますね。この前のヴォルフスブルクの試合でも、右SBから1ボランチの位置に入った時に、トラップミスからピンチを作ってしまい、その直後に交代させられる、という事がありましたが、課題としてはそこかなと思います。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2011/09/04 11:45】 | ザックジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<北朝鮮戦選手評価。駒野友一、内田篤人、吉田麻也、今野泰幸、川島永嗣、清武弘嗣、ハーフナー・マイク。 | ホーム | 韓国戦(女子) 「ペース配分のミスで苦しむ。運動量が無ければ50%の性能落ち。」>>
コメント
おっしゃるように香川はトップ下に入って自由に動く方が輝いていましたね。

本田がトップ下に入って香川がサイドに入る時も、本田が下がったり左右に流れて香川が中央のスペースを自由に使える時の方が、得点のニオイがすることが多いと感じます。

韓国戦などは、本田中心のシステムでありながら、驚いたことに本田は途中から香川に全面的に合わせました。ポジションはともかく、これまでの試合でも周りが香川中心に動いた時間帯の方が、チームがより機能していたと思います。

まあなんだかんだ言われながら、W杯以降の国際Aマッチの得点アシスト数合計は途中アウトが多いにもかかわらず、香川がトップですし。存在感は徐々に増してきましたね。

W杯まではまだ時間がありますから、今後ザックがチームをどう進化させていくのか注目ですね
【2011/09/05 15:15】 URL | mobu #-[ 編集] | page top↑
ミスもありましたが長谷部とか素晴らしかったですよね。
某サッカージャーナリスト杉とはまるっきり正反対の採点です。
採点者によってこうも違うんですね。
【2011/09/05 02:45】 URL | 丸 #-[ 編集] | page top↑
管理人様の評価とほぼ同じです。岡崎の場合サイドよりトップにいて常にインザーキのように抜け出しのゴールを狙う方が適しているに感じます。サイドだとなかなか岡崎の良さだでないのでは?また今回に限り、2点目の起点となった長谷部の評価が7.5でも良いのではと思いました。
【2011/09/04 21:04】 URL | bach #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/1950-71f32ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。