三都主が抜け、もし阿部が入ったらを仮定してみる
来年のACLの組合せが決まり、浦和レッズはシドニーFCなどと同組となった。三都主が移籍し、もし阿部が入団したなら、来季はどうなるのか、浦和レッズを考えてみた。

その他の面白いサッカー記事・コラムを読みたい方は人気blogランキングへ
三都主が抜けるということは、左サイドのポジションが空くということになる。当然そこを埋める第一候補は相馬ということになる。まず、ここは問題ないだろう。もし相馬がダメでも、平川を左に回したり、永井や田中達也あたりを左ウイングに起用することも考えられる。三都主が抜ければ攻撃力が少しダウンすると思われるが、それほど大きなダメージとはならないと思う。

問題は阿部だろう。まだ正式に決まったわけではないので、ここからは仮定の話である。浦和には鈴木&長谷部という抜群のボランチコンビがいる。それなのに浦和が阿部獲得を模索するのは何故だろうか? もちろん層の薄さというものはある。今季終盤でも鈴木と長谷部にシーズン疲労というものが見られた。特に鈴木は代表もフル出場しており、かなり肉体的にはきつかっただろうと思う。しかし、この2人の代わりとなるようなボランチは酒井ぐらいしか見当たらない。もし阿部が入るならば、ボランチの層は格段に厚みを増す。また、阿部はDFとしても優秀な選手。終盤、主力DFが相次いで怪我で離脱し苦しんだ浦和にしてみれば、守備のユーティリティープレイヤーである阿部の存在は心強いものとなると思う。

その他の面白いサッカー記事・コラムを読みたい方は人気blogランキングへ

しかし、それは阿部を控えと考えれば、という話になる。けれども、阿部は今や日本代表にも欠かせない選手。それだけのネームバリューと実力のある阿部をベンチウォーマーにしておくわけにはいかない。考えられるとすれば、堀ノ内に代えて阿部をDFに入れることだろうか? それともポンテを外し、長谷部を前に上げ、鈴木&阿部というボランチにするのだろうか? しかし、そこには小野という存在もいる。浦和が阿部獲得を目指す真意というものがいまひとつ見つけられない。まさかオジェックが希望していることではあるまいし、フロントが勇み足で阿部獲得に動いているならば、一抹の不安は拭い切れない。メンバーを集め過ぎて使い切れず、内紛、崩壊、などという方向に向かわなければいいのだが・・・。

その他の面白いサッカー記事・コラムを読みたい方は人気blogランキングへ

ただ、一つ思うことがある。それは闘莉王のこと。彼もどうやら海外移籍を望んでいるのではないかと密かに思っている。もしフロントがその動きを逸早く察知して、それで阿部獲りに動いているとすれば素晴らしいことだと思う。今の浦和にとって守備の要である闘莉王が抜けることは、三都主が抜ける以上に痛いものがある。しかし、もしそうなったとしても、阿部がいればとりあえず安心であると思う。高さというものは無くなってしまうが、闘莉王よりも堅実に守備をこなす阿部の方が安定感がある。ボランチの守備負担も減ることだろう。
今までのJリーグであれば、優勝チームから選手が流出してしまう、なんてことは無かったが、これからはそういうことが増えてくるかもしれない。果たしてそれは歓迎すべきことなのか、それとも忌むことなのか、これから先を見てみなければ分らないところである。

記事に賛同してくださる方。
記事が面白かったと思ってくださる方。
このブログを応援してくださる方。
他のサッカーブログを閲覧したい方。


人気blogランキング

を「ポチッ」とよろしくお願いします。
また、最後まで読んで下さった方も是非応援のクリックお願い致します。


【2006/12/22 22:10】 | Jリーグ2006 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<天皇杯準々決勝 浦和レッズ vs ジュビロ磐田 | ホーム | Jリーグ選手移籍監督去就(12月22日現在)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/199-56b410d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |