田中隼磨の退場で苦しい展開に。闘莉王をトップに上げて健闘したが及ばず。【名古屋グランパスvs浦和レッズ】
試合 :J1リーグ 第8節
開催日:2012年4月28日
結果 :浦和レッズ勝利
スコア:「1-2」
得点者:マルシオ・リシャルデス 金崎夢生 マルシオ・リシャルデス(PK)

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ 名古屋グランパス

FW:永井謙佑
MF:玉田圭司 金崎夢生
MF:小川佳純 ダニルソン 藤本淳吾 田中隼磨
DF:増川隆洋 田中マルクス闘莉王 ダニエル
GK:楢崎正剛

FW:田中マルクス闘莉王
MF:永井謙佑 藤本淳吾
MF:磯村亮太 中村直志
DF:阿部翔平 増川隆洋 ダニエル 小川佳純
GK:楢崎正剛

○ 浦和レッズ

FW:ポポ
MF:柏木陽介 マルシオ・リシャルデス
MF:梅崎司 阿部勇樹 鈴木啓太 平川忠亮
DF:槙野智章 永田充 坪井慶介
GK:加藤順大

FW:原口元気
MF:柏木陽介 小島秀仁
MF:梅崎司 阿部勇樹 濱田水輝 平川忠亮
DF:槙野智章 永田充 坪井慶介
GK:加藤順大


前半23分、カウンターのような縦に速い攻撃となり、柏木→マルシオ・リシャルデス→柏木→梅崎、とパスが繋がって梅崎が左サイドを抜け出すと、そこからのマイナスのパスを受けたマルシオ・リシャルデスが右足で狙い済ましたシュート。それが見事に決まって浦和レッズが先制点を奪いました。前の3枚だけでも、攻め切れる、得点を取れる、個人技で得点を取ってしまえる、そうなってくるとやはり強いですね。

しかし、後半27分、名古屋グランパスが押し込み、最後は闘莉王が頭で落としたボールに金崎が走り込んでシュート。それが決まってスコア「1-1」の同点となります。なかなか大きくクリアする事ができなくて、左右から何度もクロスボールを入れられてしまい、という展開からでしたが、最後のところ、金崎の動きに対応できなくて、浦和のゴール前の守備は動いた選手に対して反応が遅れるという傾向があり、そこが少し気になります。

という事で、前半は同点のまま折り返したわけですが、後半22分、田中隼磨がPA内でハンド。2枚目のイエローカードで退場。そして、そのPKをマルシオ・リシャルデスがきっちり決めて、これで浦和がスコア「1-2」と再びリードする展開となりました。その後、名古屋は1人少なくはなってしまいましたが、闘莉王を1トップに上げて、「4-2-2-1」のような形にして、パワープレー気味の攻撃で浦和のゴールを脅かします。

しかし、後半38分にはマルシオ・リシャルデスに代えて濱田を投入、その濱田に闘莉王をマークさせるなどした浦和がそのまま逃げ切りに成功。スコア「1-2」で浦和レッズの勝利、という試合結果になりました。浦和はこれで今季5勝目。8試合で5勝1分2敗。良い感じですね。名古屋はこれで今季2敗目。8試合で4勝2分2敗。こちらも特に調子が悪いという事は無さそうです。この試合も田中隼磨の退場が無ければ、という感じでした。

但し、名古屋について少し気になったのは、守備の設定位置、ボールの奪い所、それがどこなのか、そこが少し曖昧な感じがして、5バック気味になるようであれば、中盤や前線の選手がもう少し下がって来て守備ブロックをきっちり作った方が良いと思いますし、逆にもう少し前で守備をしようという事であるならば、ウイングバックも含めた中盤と前線がもう少し横にコンパクトにしないと、効果的なハイプレスにはならないかなと思います。

攻撃に関しては、この試合の「3-4-2-1」のような形であるならば、やはり名古屋も浦和と同じく、前の3枚の威力、という事が1つと、もう1つ名古屋の場合には、3バックの中央にいる闘莉王の攻撃参加、それがポイントになるかなと思います。同じ3バック、「3-4-2-1」でも、浦和はボランチの1枚が下がって4バックのようになり、サイドのCBがSBのようになって攻撃参加する形、名古屋は3バックの中央が攻撃参加する形、という違いがありました。

ダニルソンと藤本淳吾のダブルボランチ気味。しかし、どちらかと言えばダニルソンのワンボランチ気味。闘莉王が攻撃参加した時には、ダニルソン、ダニエル、増川、という3人がきっちり残って、他の6枚が攻撃参加した闘莉王の動きに連動してアタックを仕掛け、それで攻め切ってしまえるようにしておく、それが重要になるかなと思います。3枚がきっちり後ろに残っていたとしても、あまりスピードの無い3枚なので、カウンターを受けてしまうと大いに危険ですからね。

一方の浦和については、大枠での完成度というのは既に高いので、後は個々の選手のパフォーマンス次第になるかなと思います。気になるのは、1トップのポポもしくは原口がもう少し良いパフォーマンスを出せれば、もっと攻撃力や得点力は上がってくるかな、という1トップの選手のパフォーマンスの問題と、守備に関しては、前述もしましたが、PA内での守備、相手の動いた選手にしっかり対応するようにする事、そこに改善の余地があるかなと思います。

「5-4-1」のようになってカッチリ守る。超守備的な戦い方で黄金期を築いた選手たちが4人いるという事で、その事に関してはしっかりできている。更には、全体的な部分でのミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーへの順応性という事に関しては、それを熟知している柏木と槙野がいるという事で浸透度が早いのかな、という気がします。後は、左ウイングバックの梅崎、この選手が機能していて、そのパフォーマンスが高いという事も、今季の好調さには大きいかなと思います。梅崎の復活は個人的にもすごく嬉しいですね。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/04/29 11:45】 | Jリーグ2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宇佐美、岡崎、酒井、日本人選手3人がスタメン出場。宇佐美と岡崎は後半途中交代。【バイエルン・ミュンヘンvsシュツットガルト】 | ホーム | ザックジャパンの「3-4-3」について。機能性の話。4バックとの違い。薄れる「3-4-3」をやる意義。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2197-9819a6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |