オーストラリア戦選手評価 【長友佑都、今野泰幸、栗原勇蔵、内田篤人、川島永嗣、清武弘嗣、酒井宏樹、伊野波雅彦】
試合 :2014年ワールドカップ アジア最終予選 第3戦
開催日:2012年6月12日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:栗原勇蔵 ウィルクシャー(PK)

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ 日本代表選手評価(10点満点)

FW:前田遼一
MF:香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
MF:遠藤保仁 長谷部誠
DF:長友佑都 今野泰幸 栗原勇蔵 内田篤人
GK:川島永嗣

FW:前田遼一
MF:本田圭佑 清武弘嗣
MF:遠藤保仁 長谷部誠
DF:長友佑都 今野泰幸 伊野波雅彦 酒井宏樹
GK:川島永嗣


長友佑都:6点

安定感がありますね。オーストラリアは右からの攻撃に威力を持っていたので、日本にとっての左、つまり、長友のサイドは守備負担が多く、あまり攻撃に出られなかったのは仕方なかったかなと思います。左サイドは、前の2人が香川と遠藤なので、どうしても右と比べると守備力が低くなってしまい、従って長友の守備力というのが守備の生命線となってきますが、とても良いパフォーマンスを見せていたように思います。

後は、長友をもっと攻撃的に使うためには、CBとボランチのところでのビルドアップの力であったり、システムとして、CB2枚と右SB1枚、それで3バックになる形、もしくは、ボランチの1枚が下がって来て、CB2枚とボランチ1枚、それで3バックになる形、その完成度を高める必要があるかなと思います。今のように、割と遠藤と内田が前に行くやり方であると、自然に長友の攻撃参加は少なくなるかなと思います。


内田篤人:5点

動揺する必要は全く無かったのですが、動揺してしまいましたね。内田は、大きなミスがあったり(あれは審判の判定がおかしかったのでミスではありませんが)、自分のところをガンガン攻められてやられ出してしまうと、その動揺が結構すぐ表情に出てしまうところがあって、それだけならまだしも、その後のプレーにまで影響が強く出てしまい、プレーがおかしくなってしまう傾向があるので、そこは1つ内田の課題かなと思います。

しかし、全体的なプレーとしては、もう1つドリブルで切り込もう、中へ切り込んで左足でシュートを撃とう、そういうチャレンジが見られていましたし、そこも含めて悪くはなかったと思います。オフサイドにはなりましたが、前田へ出したロングフィードも惜しかったと思います。自分の武器を発揮しつつ、課題と言える部分を克服しようとする、そのチャレンジというのは、これからも諦めずに続けて欲しいと思います。


栗原勇蔵 :6点
今野泰幸 :7点
川島永嗣 :7点

栗原は、昨季はとてもパフォーマンスが落ちていて、しかし、今季からは少しずつ上がっている傾向が見られていて、更には、アゼルバイジャン戦、ヨルダン戦、と長い時間を試合で起用する事ができましたから、吉田の不在をきちんと埋める事ができていたかなと思います。吉田と比べて身長は低くても、栗原の方が吉田よりも空中戦には強いので、また、吉田はどちらかと言えばリベロやスイーパータイプなので、将来的には吉田と栗原のCB、そうなってくれる事を個人的には期待しています。

今野に関しては、やはり、地上戦での対人守備であったり、カバーリングの鋭さであったり、そこについては卓越していますね。相手の1トップであったケーヒルが、空中戦には強いとは言え、190センチとかあるような選手ではありませんでしたし、また、ケーヒルは最前線に張り付いてポストプレーをしよう、というプレーをしている事が多かったので、そこも今野にしてみたら守りやすかったかなと思います。

むしろ、1人退場になってから、ケーヒルが中盤に下がった時の方が怖くて、それで今野のところへ飛び込まれての空中戦となったら危険だったのですが、この試合のケーヒルはポストプレーをしよう、という意識の方が強く、それが日本にとっては、ありがたかったかなと思います。1トップにコンディションやパフォーマンスの良い選手がいなかったのか、それとも別の理由があったのか、とにかく、オーストラリアは少しFWの戦力に苦しんでいるのかもしれません。

そして、川島については、最初の大きなピンチ、あれを防いだ、という事だけでも、この試合の結果を良い方向へ導いたように思います。但し、相変わらず、少しDFラインの選手との意思の疎通や連携が悪いところがあって、それがアジアカップの頃からあまり改善されていない、その事がやや気になりますね。イタリア人監督にしては(偏見?)、ザックはあまりGKの事については言わないのですが、そこが少し気になるところではあります。


清武弘嗣 :評価点無し
酒井宏樹 :評価点無し
伊野波雅彦:評価点無し

酒井と清武をワンセット、みたいな使い方をしていますね。内田に代えて駒野ではなく酒井だった事は、堅実な采配をするザックにしては少し驚きでしたが、もしかしたら、その後に清武を出す、という計算があったのかなと思いました。但し、思っている以上には、清武と酒井の連携というのは見られていないですね。それを考えると、清武と酒井の2人は、五輪代表の方へ完全に渡しても良いかなと思います。宮市もですね。

それよりも、乾であったり、安田であったり、または、国内組で活躍している選手であったり、そういう選手を招集した方がメリットがありそうな気がします。乾や安田に与えたチャンスというのが少ないので、あまりザックの好きなタイプの選手なのではないのかもしれませんが、乾は2列目ならどこでも起用できますし、ボランチでも起用できますし、また、安田は左右どちらのSBも可能、攻撃的な位置でも起用可能、という選手なので、控えに置いておくメリットは高そうな気がします。

伊野波に関しては、後半47分からの出場だったので、特に無しですね。しかし、次の第4戦、9月11日のイラク戦では、おそらく出番が回ってくると思いますので、とにかくまずは1対1、対人守備の強さ、そこを高めて欲しいと思います。もう1枚は、吉田が復帰してくると思うので大丈夫だとは思いますが、個人的には、槙野をCBで試してみても良いかなと思っています。この3連戦での結果が良かったので、多少は余裕もありますからね。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/06/15 11:45】 | ザックジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オランダvsドイツ 【明暗を分けた2列目の守備意識。オランダは2連敗で崖っぷち。】 | ホーム | オーストラリア戦選手評価 【前田遼一、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、長谷部誠、遠藤保仁】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2235-2dda2ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |