プレイバックジーコジャパン ⑨
キリンカップ2005、ペルー戦とUAE戦です。この2試合でジーコジャパンは最悪の内容での2連敗。いづれも0-1の敗戦だった。もしジーコを更迭するタイミングがあったとすれば、ここだったかもしれない・・・。

その他の面白いサッカー記事・コラムを読みたい方は人気blogランキングへ
2005年5月22日 キリンカップ 日本 VS ペルー

最終予選バーレーン戦から二ヶ月程経過し久々の国際Aマッチ。ペルー代表とUAE代表を迎えたキリンカップの第一戦。最終予選再開も間近に迫っており、成熟されたジーコジャパンを見せられるかが課題となる試合となった。中村と中田英寿は所属チーム事情で召集されず、小野と高原はUAE戦までに合流する予定。加地と中澤は召集されているが怪我で出場できない。そんな状況でスタメンは、FW鈴木・玉田、トップ下に小笠原、ボランチ遠藤・福西、左アレックス、右三浦淳宏、DF坪井・宮本・田中、GK川口という布陣となった。
結果は後半ロスタイムにペルーのカウンター一発が決まり0-1で日本の敗戦。試合展開としては前後半合わせて終始堅守カウンターを狙うペルー対攻めあぐねる日本という形だった。
試合後の率直な感想としては「バーレーン戦で日本がやられる形はこういう試合だな」「ペルーに狙い通りの試合をやられたな」ということだった。ペルー代表は攻めになっても3~4人しか攻撃に参加してこない。これはバーレーンの戦い方と全く同じだ。日本でのバーレーン戦では運良く日本が勝利したが、アウェーでのバーレーン戦では今回のペルー戦のように負ける可能性が十分ある。バーレーンとペルーを比べればペルー代表の方が格上であることは確かだが、モチベーション的にはバーレーンの方が上のはずだから危険度はアップする。
ガチガチに守ってくる相手を崩すには「ドリブルでの突破力」と「ロング又はミドルシュート力」というのが必要となってくる。サイドからセンタリングを上げても日本の場合相手ディフェンダーを上回る高さと強さを持ったフォワードがいないので得点の臭いを感じない。この試合でも得点の臭いを感じたのは遠藤や稲本や三浦のミドルシュートだけだった。しかしそれも威力や精度に欠ける部分がある。
現状のジーコジャパンではなかなか打開策を見出せない。バーレーン戦を考える時、小野や中村や中田英寿のミドルシュート力やフリーキックからの直接ゴールに期待するしかなさそうだ。もしそれも通用しないなら最悪でも引分けられるように対策を練る方が上策だろう。

日本人選手評価短評(10点満点)

鈴木:3点:フィジカルを活かしたボールキープもできずゴールも遠い。
玉田:3点:強引なドリブル突破を期待したが不発。シュートもなし。
小笠:4点:無難なパス回しだったが存在感は示せなかった。
三都:5点:左サイドを個人技で突破しチャンスメイクする場面は多かったが決定的シーンにはつながらず。
三浦:5点:不慣れな右サイドながら攻撃の起点になったがもう一歩。
福西:4点:無難にこなすも見せ場はなし。
遠藤:4点:ミドルシュートを狙ったのは評価できるが見せ場は少なかった。
田中:3点:90分守ってもロスタイムで失点を許しては全て台無し。
宮本:3点:リベロとして積極的なインターセプトや攻撃参加が見られたが・・・。
坪井:3点:久々の代表スタメンも起用には疑問。
川口:3点:ロスタイムの失点は防げた・・・???
大黒:5点:前線でのポストプレーやシュートを狙う動きは光るものあり。
稲本:5点:アグレッシブな攻撃参加で存在感を示した。
本山:4点:少ない時間だったがチャンスメイクできていた。

とにかく日本選手は「南米選手」と「堅守カウンターチーム」に弱い。この二つが揃ってしまうと日本選手の持味がすっかり消えてしまう。南米選手と対等に試合できるようになるには、まだまだ時間が必要のようだ。

その他の面白いサッカー記事・コラムを読みたい方は人気blogランキングへ

2005年5月27日 キリンカップ 日本 VS UAE

ペルー戦で負けてはいけない負け方で負けてしまったジーコジャパンだが当然UAE戦では修正されていると思っていた。アウェーバーレーンの摸擬戦としてはペルーもUAEも最適な相手だった。しかし、その2国相手に連続0-1で敗戦、しかも課題であったカウンターからの攻撃であっさり失点してしまうなど、不安ばかりが増大した強化試合となった。ジーコは試合後「もしワールドカップに出場したいならば(批判しないで)選手や日本代表を応援してほしい」と語っていた。しかし現実はそう甘くはないだろう。サッカーに限らずオリンピックではもはや「出場することに意味がある」という時代ではなくなっている。日本人選手はメダルを期待され、選手自身もメダルを目標としている。それと同じように日本サッカーは「ワールドカップに出場する」ことではなく「ワールドカップで日本代表が活躍する」ことを求められているのだ。日本が初めて出場したフランスワールドカップの時と同じだと思ってほしくない。状況も明らかに異なる。フランスワールドカップの時は100%国内リーグ所属の選手だけだった。しかし、それから7年経過し海外クラブで活躍できる選手も増え、海外クラブでチームの中心として10番を背負う日本人選手まで出てきている状況なのである。その状況でアジア予選を突破できないというのは許されないことであると言ってもよい。選手の実績を見るとき、日本、韓国、イラン、という3国はアジアを相手にした予選で敗退が許される状況ではないのだ。つまり、これだけの選手を揃えながら格下のアジア各国代表に負けるということは全て監督に責任が圧し掛かって当然なのである。ペルー戦ではまだ許されたが、UAE戦でのこの負け方は軽く見過ごすができない。
なぜ日本代表はカウンターサッカーに弱いのか? それはJリーグを見ていても明らかで、2005シーズン中断までの成績を見てみると、堅守からのカウンターを戦術としているクラブが上位を占めている。これは日本人選手が堅守カウンターサッカーに対抗する手段を持っていないからだ。相手ディフェンダーに囲まれてもボールをキープできるフィジカルの強さ、相手を2人3人と抜いていける突破力のあるドリブル、相手守備の数的有利を無にするミドルロングシュートの威力と決定力。これのうち一つでも武器として備えていないと相手守備を打ち破って得点することは不可能だ。
キリンカップ2試合を通じて多かったのがサイドからのセンタリング。日本代表は再三サイドからセンタリングを上げてゴールを狙うのだが、ことごとく相手ディフェンダーの林に跳ね返される。しかもそれを何度も繰返す。たまにクロスに合わせてシュートまでもっていくシーンも見られたが、相手ディフェンダーにしっかり身体を寄せられていたり、シュートコースを塞がれていたりするので、見かけほどチャンスにはなっていない。フォワードも再三裏を狙う動きをしていたが、裏にはペナルティーエリア程のスペースしかなく、相手ディフェンダーも数的有利を確保しているので時間的余裕もない。そこでボールを受けてシュートまでもっていきさらに得点を決める精度のあるシュートを放つのは非常に難しい。と言うより不可能に近い。そういう場合、フォワードはポストプレーでチャンスメイクしたり、囮となってゴール前のスペースを作る役割を果たさなければならない。そして攻撃的ミッドフィルダーやボランチがミドルロングシュートを決めるというのが堅守カウンターサッカーを崩す理想的な方法だ。日本代表がそれを全くできていなかったと言う訳ではない。小野や稲本、遠藤や小笠原がミドルロングシュートを狙うシーンも何回かあった。しかし、威力と精度がない。しかもそれをチーム全体の統一された意識としてやっいるようには感じないのだ。つまり狙ってそうゆうプレーをしていないということだ。
通用しないのに同じようなサイド攻撃を繰返す。ディフェンダーが一対一で簡単に振り切られる。ミドルロングシュートの威力と精度に欠ける。相手守備を左右上下に揺さぶるようなゲームメイクやパス回しができていない。これだけ欠点のあるジーコジャパンが「幸運」だけでワールドカップに出場しても、ドイツでボロボロに打ちのめされるだけだと思うのである。「もしこのままジーコジャパンが進化しないならばドイツワールドカップに出場してほしくない」それが私の個人的な正直な気持である。

日本人選手評価短評(10点満点)

鈴木:2点:中盤まで下がってボール受けては出場させてる意味がない。最前線でポストプレーしてこそ価値がある。
大黒:5点:正確なポストプレーでチャンスメイク。今後も期待できる。
小笠:2点:パスのつなぎ役でトップ下に入れている訳ではない。相手守備を揺さぶるゲームメイクが必要。
三都:3点:サイドからのセンタリングが通用しないならばどうするのか?応用力のある攻撃参加を。
加地:2点:右ウイングバックの選手ではない。
福西:3点:小野とのコンビが噛み合わず。
小野:4点:センタリングやミドルシュートでチャンスを演出したことは評価できるが、もっとゲームを作るプレーが求められているはず。
田中:3点:評価に値するようなプレー無し。
宮本:3点:守備を統率するのが役割なのでは・・・?
坪井:1点:代表クラスの選手ではない。起用はジーコの責任だ。
川口:3点:アジアカップの時の神通力は無くなったのか?
玉田:3点:評価に値するようなプレー無し。
稲本:3点:評価に値するようなプレー無し。
本山:3点:評価に値するようなプレー無し。

日本選手はミドルロングシュートの威力が弱い。精度も低い。テクニックが上昇しても戦術に関する頭脳(センス)が10年遅れている。ジーコも現代サッカーに追いついていないが、選手もサッカーに関して勉強不足。スポーツは身体・精神・頭脳でやるもの。頭(センス)の悪い選手が素晴らしい選手になることはない。選手はただプレーするのではなく常に考えながらプレーするべきだ。

記事が面白かったと思ってくださる方。
このブログを応援してくださる方。

サッカー人気blogランキング

への応援クリック投票をよろしくお願い致します。
【2007/01/08 00:19】 | ジーコジャパン試合 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<プレイバックジーコジャパン ⑩ | ホーム | プレイバックジーコジャパン ⑧>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/225-53b24639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サッカー、FIFA 、ワールドカップ
サッカー、FIFA 、ワールドカップ、サッカー用品、日本代表、情報 サッカー、FIFA 、ワールドカップ【2007/01/08 10:26】
| ホーム |