柏レイソル vs 名古屋グランパス 【 攻撃の厚みと守備の連携。良い攻撃は良い守備から。 】
試合 :J1リーグ 第17節
開催日:2012年7月7日
結果 :名古屋グランパス勝利
スコア:「1-2」
得点者:ケネディ レアンドロ・ドミンゲス OG

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ 柏レイソル

FW:澤昌克
MF:ジョルジ・ワグネル レアンドロ・ドミンゲス 水野晃樹
MF:大谷秀和 茨田陽生
DF:橋本和 近藤直也 増嶋竜也 那須大亮
GK:菅野孝憲

FW:工藤壮人
MF:ジョルジ・ワグネル 澤昌克(田中順也) レアンドロ・ドミンゲス
MF:大谷秀和 茨田陽生(栗澤僚一)
DF:橋本和 近藤直也 増嶋竜也 那須大亮
GK:菅野孝憲

基本的にはカウンター型のチームなので、守6攻4、というバランスの中で、攻撃的なポジションの2~4枚だけでフィニッシュまで、それで基本的には良いと思うのですが、そこから更に攻撃の厚みを出したい場合に、守備的なポジションから1枚もしくは2枚、誰が積極的に攻撃参加するのか、そこだったかなと思います。

今までその役割を担っていたのは右SBの酒井宏樹。しかし、その酒井は移籍しましたから、この試合の出場メンバーで言えば、大谷、茨田、栗澤、橋本、那須、誰が行くのか、そこをこれからは考える必要があるかなと思います。前半の左右のSHであるジョルジ・ワグネルと水野は自分で仕掛けるタイプなので、それならば茨田(栗澤)もしくは大谷。

後半はレアンドロ・ドミンゲスが右SHの位置へ入りましたので、それならば右SBである那須。守6攻4、というバランスの中で得点を取れているならば問題は有りませんが、それでは難しい試合となった場合に、そこからいかに、守5攻5、守4攻6、という比率へスムーズにバランスを崩さずシフトするのか。そこかなと思います。

そして、守備の方で気になったのは、CBとSBの間。そこを狙われてドリブルで突破されたりパスを通されたり、特に増嶋と那須の間はやられていたので、そこの修正は必要かなと感じました。SBの那須がもう少し絞った位置から守備をスタートさせ、那須がボールホルダーへ対応した場合には、増嶋はラインよりも人を意識して対応する。

つまり、横のコンパクト性と、那須と増嶋でのアタック&カバーの連携と、その2つの事をもう少し確実にやる必要があると思います。また、そのあたりはケネディのポストプレーに対する守り方としても共通しているところがあり、一人がケネディに対応した時に、しっかり周囲の選手も連携して挟み込んだりカバーしたりする。その意識をもう少し高く持つ必要もあったかなと思います。

ACLが敗退という事で終了し、その後は調子を上げている柏レイソル。また、FWを若い選手に切り替え、前線での機動力と守備力を担保できるようになった事、それも調子が向上した要因になっているのかなと思います。しかし今度は、酒井が抜けた事による、攻撃の厚み、という部分を解決する必要があるような気がします。


○ 名古屋グランパス

FW:金崎夢生 ケネディ 永井謙佑
MF:藤本淳吾 小川佳純
MF:ダニルソン
DF:阿部翔平 田中マルクス闘莉王 ダニエル(増川隆洋) 田中隼磨
GK:楢崎正剛

FW:ケネディ
MF:田中輝希 藤本淳吾 永井謙佑
MF:吉村圭司 ダニルソン
DF:阿部翔平 田中マルクス闘莉王 増川隆洋 田中隼磨
GK:楢崎正剛

組織的な部分でなかなか良い内容のサッカーができていない、という事はあるにせよ、個々の選手の能力は高いですから、ケネディのパフォーマンスが上がってきた、という事もありますし、とりあえずは、堅守カウンターで、攻撃は個々の選手の力をいかに100%発揮させるのか、そういうサッカーでも良いのかなと思います。

CBのタイプの問題から、あまりDFラインは高くできない、という事を考え、それでも、縦に全体が間延びしないように、縦のコンパクト性を保てるように、という事をきちんとやるためには、やはり前が少し下がった位置からプレーをスタートさせる必要がある。名古屋にはスピードとドリブルの力を兼ね備えた選手が多くいますから、逆に明確な堅守カウンターサッカーをやった方が、今はより機能するような気がします。

そしてそのためには、「4-1-2-3」よりも「4-2-3-1」にして、よりサイドが思い切って前へ行けるようにする、その方が良いかなとも思います。例えば、CBに闘莉王と増川、ボランチにダニルソンとダニエル、トップ下に小川か中村、左SHに金崎か永井、右SHに藤本か玉田、そういう布陣にしてみるのも面白いかなと思います。

選手間の距離が遠かったり、ピッチを広く使ったり、そういうオープンなサッカーは、個の力を活かす、という部分では理に適っていて、そういう意味では今のようなサッカーでも名古屋というチームには適しているのかな、とは思いますが、しかし、攻守に安定したバランスの良いサッカーをやるためには、もう少しクローズさせたサッカーもやる必要があるかなと感じます。

守備の時にはきちんとクローズし、攻撃になったらオープンになる。現在名古屋は第4位という位置にいますが、得点数は少ないし、失点数も際立って少ないわけでもない。つまり、個の力という事に比重を置くサッカーをやりながらも、シンプルで良いので、守備や中盤のところでは個の力だけではない部分を作り上げる。そこが求められている部分かなと思います。

得点数が少ないので、どうしても、前の方の問題であったり、攻撃の有り方に問題があるのかな、と思ってしまうところもあると思うのですが、良い攻撃は良い守備から、というのは然りなので、まずは守備の方から適切な修正を行って欲しいと思います。そうすれば、増川のパスミスの多さ、阿部の空中戦の弱さ、それを目立たせないようにする事もできるのではないかなと思います。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/07/10 11:45】 | Jリーグ2012 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<U-23ニュージーランド戦 【 足下を見て。前を見て。自分を見て。相手を見て。そこに答えがある。 】 | ホーム | 清水エスパルス vs 川崎フロンターレ 【 まずはサイドを起点にするサッカーと個々の選手のミス 】>>
コメント
Jリーグ記事ですが、新潟にも抜かれて下が札幌しかなくなったガンバ大阪の試合の評価もそろそろお願いします。
【2012/07/12 22:25】 URL | ノロイ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2257-3eb19674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |