U-23スペイン戦 【 計算された勝利。プラン通りになった結果の勝利。決して偶然や奇跡ではない。 】
試合 :ロンドン五輪 グループステージ 第1戦
開催日:2012年7月26日
結果 :U-23日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:大津祐樹

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ U-23日本代表

FW:永井謙佑
MF:大津祐樹 東慶悟 清武弘嗣
MF:扇原貴宏 山口螢
DF:徳永悠平 吉田麻也 鈴木大輔 酒井宏樹
GK:権田修一

FW:永井謙佑
MF:齋藤学 東慶悟 清武弘嗣
MF:山村和也 山口螢
DF:徳永悠平 吉田麻也 鈴木大輔 酒井高徳
GK:権田修一


素晴らしかったですね。トゥーロン国際で得た2つ事。個としては、脱アジアレベルの選手たちとの1対1、その強さや速さや巧さを経験した事が、やはり活かされていると思います。そして、組織としては、守備面で左SBとCB、そこにOA(オーバーエイジ)の選手を入れて、それによってきちんと守備の安定感を高める事に成功した。まずは、この部分を上手く修正し高められた事が、この試合の勝利に繋がったと思います。

更には、ニュージーランド戦での失敗から、本大会では同じミスを絶対に繰り返してならない、という意識の高まりを得た事も、やはり大きかったと思います。そして、そこから今度は、ではどうやって本大会では戦うのか。まずは初戦のスペイン戦ではどう戦うべきなのか。その答えを求めてベラルーシとメキシコと戦い、しっかりその2つのテストマッチで答えを見つけられた事。そこも、この試合の勝利に大きかったと思います。

個としても組織としても、日本がやらなければならない事はハッキリしていました。1つには、8人もしくは9人で、まずはしっかり守備をする事。バイタルエリアで起点を作り、サイドの選手がダイアゴナルな動きでゴール前へ入って行く。それが基本的なスペインのサッカーの攻撃方法なので、その2つをやらせなければ、その2つにしっかり守備対応できれば、スペインの攻撃力を削ぎ落とす事ができる。

そして、2つには、スペインはGKからでも、必ず足下で繋いでビルドアップする、攻めようとする、という事もありますから、そこに対して、スペインのGKやCBの選手に対して、必ずハイプレスを仕掛ける、という事。やはりこれをしっかり威力を持ってやれた事で、スペインの攻撃の組み立てを多くの場面で封じ、更には、そこでボールを奪えた事で、多くのチャンスを作れたばかりか、スペインに退場者を出させました。

それにしても、この試合の1トップだった永井は凄かったですね。こういう試合であればこそ、永井という選手の1トップが最高に活きた、という事もありましたが、それでも永井のスピードと献身的な守備というのは、やはりこの試合の勝利に対して、その貢献度が高かったと思います。モロッコ戦とホンジュラス戦では1トップに誰を起用するのか、そこはまだ相手によるとは思いますが、この試合では、永井の1トップは大成功だったと思います。

もちろん、永井だけではなく、その他の全ての選手に関しても、この試合でのパフォーマンスは高かったと思いますし、また、吉田と徳永、この2人のOAの選手の活躍というのも、永井と同じぐらい、この試合の勝利という結果に大きかったと思います。ロンドン五輪を戦うこのチームというのは、招集に関する制約が多く、なかなかチームとしての積み上げができなかった訳ですが、トゥーロン国際後から短い時間でベターなチームは作り上げる事ができた。そう評価できるかなと思います。

但し、これはあえて言う必要も無いとは思いますが、初戦で勝点3を得たからと言って、スペイン相手に勝利したからと言って、まだグループステージを突破したわけではない。思い返してみれば、アトランタ五輪では、日本は初戦でブラジルに勝利し、3試合で2勝1敗だったのにも関わらず、グループステージで敗退してしまいました。つまり、そういう事が起こる可能性もあるので、次の試合でも地に足を付けて、しっかり戦って欲しいと思います。

そして、これはまだこの先を見てみないと判断できませんが、おそらくスペインはまだ100%の状態ではなかったと思いますから、まだ初戦では6割か7割ぐらいの力や完成度で入って来たと思いますから、そこはきちんとこの試合の判断材料にしておくべきかなと思います。但し、仮にそうであったとしても、スペインをあそこまで混乱させた、スペインに最後はパワープレーをさせた、というのは、やはり気持ちが良かったですね(苦笑)。

最後に、次のモロッコ戦に向けて、大津と酒井宏樹の怪我が心配なところですが、そこは、この試合で控えや途中出場だった選手たちが、しっかり補ってくれるものと思います。怪我の具合によっては、大津と酒井宏樹の2人を、無理させてまで、次の試合でも使う必要は無いと思います。やはり、1つの大会は、選ばれたメンバー全員で戦うべきだと思いますから、そこは迷う事無く判断して欲しいと思います。

という事で、ロンドン五輪、グループステージ第1戦、日本はスペイン相手にスコア「1-0」で勝利、という素晴らしい結果を出しました。この試合での勝利は、スペイン相手の勝利というのは、計算された勝利であり、プラン通りになった結果の勝利であり、決して偶然や奇跡ではなかったと思います。決定力さえもう少し高ければ、スペイン相手に2点差や3点差で勝てていた、それぐらいの素晴らしい試合だったと思います。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/07/27 11:45】 | ロンドン五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<スウェーデン戦(女子) 【 無得点の攻撃に課題有り。無失点でも守備に課題有り。 】 | ホーム | カナダ戦(女子) 【 まずは確実に勝点3。常に一番遠くにいる選手を意識してプレーする事の重要性。 】>>
コメント
これまで戦った中で一番上手い相手に対してこれまでで一番良い試合をするとはびっくりです。
どこでボールを奪うための連動したプレスに行くのか、何を最低限やらせてはいけないのかをはっきりさせていて、奪ってから素早く攻めることを高いレベルで行っていたのは本当に賞賛に値します。

ただ、かなり毎回のフォアチェックありきな戦い方なので体力もきついしスペインほど後ろで繋いでくるチームばかりではないですよね。モロッコやホンジュラス相手にはこの試合とは違う形で、これまでやってきたボールを持つサッカーで噛み合ってるところを見たいというのもあるので、臨機応変に戦えるところを世界に見せつけてほしいです
【2012/07/29 01:08】 URL | な #-[ 編集] | page top↑
守備→攻撃
グループリーグの中の勝ち点3を得た、ただそれだけというには、あのスペインが相手だけに興奮さめやらぬものがありますね。

かねてからおっしゃられている、堅い守備からペース(ポゼッションではなく)を握るということがしっかり出来ていましたね。
それから、バルセロナがそうであるように、弱点ともいえるセットプレーからの得点。そしてその1点を攻撃的に守りきり掴んだ勝利。

この勝利を自信にして、これからの試合に臨んでいってほしいものです。
【2012/07/27 23:28】 URL | musicpiero #-[ 編集] | page top↑
相手が下手くそだと自分達のボール保持率があがるだけ。でも、u-23日本代表のテクニックは断続的なのでボール保持率は高くなくて良いと思う。ずっともってても崩せなくてミスって失点が多かったので。
【2012/07/27 15:01】 URL | #-[ 編集] | page top↑
ここのところ毎試合のように失点していたため、優勝候補のスペインには何点取られてしまうんだろうと思っていたのでまさか買つとは。
あの運動量が厳しい日程の中いつまでも続くとは思いませんが、予選は突破して欲しいです。
まぁ、決定的なところでシュートを外しまくっていては難しいでしょうけれど。

それと清武選手のパスミスが目立ちます。
攻勢の場面でああも連発しているようではいつか足元をすくわれるのでは。
【2012/07/27 12:41】 URL | 鈴木 #d1QejynI[ 編集] | page top↑
日本人の運動量と瞬発力はやはり客観的に見ても脅威ですね。それから、ハイプレスとブロックの守備の併用、このブログさんでも言っていたことが完璧でしたね。ただ、この堅守速攻の形でいくのなら、宇佐美要らなくなっちゃったなとは感じました。そこは残念です。交代が斎藤ですからね、どんたけ序列低いんだっていう。あれで、左辺は死にましたけど。あと、結局山村、ボランチは何なんだ?それから、いつもそうなんですけど、本番近づいたらポゼッション放棄しますよね。最初からそうしてよ(笑)と思いますね。

【2012/07/27 12:26】 URL | アゲポよ #-[ 編集] | page top↑
例えるなら
桶狭間の戦い!今後天下布武の時代がくれば嬉しいことこの上ない!
【2012/07/27 12:21】 URL | ニニ #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2266-93a609f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |