U-23モロッコ戦 【 日本に勝利の風が吹いてきた。そして、その風を吹かせているのは守備力の向上。 】
試合 :ロンドン五輪 グループステージ 第2戦
開催日:2012年7月29日
結果 :U-23日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:永井謙佑

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ U-23日本代表

FW:永井謙佑
MF:大津祐樹 東慶悟 清武弘嗣
MF:扇原貴宏 山口螢
DF:徳永悠平 吉田麻也 鈴木大輔 酒井高徳
GK:権田修一

FW:大津祐樹
MF:永井謙佑 東慶悟 清武弘嗣
MF:扇原貴宏 山口螢
DF:徳永悠平 吉田麻也 鈴木大輔 酒井高徳
GK:権田修一

FW:永井謙佑
MF:齋藤学 東慶悟 清武弘嗣
MF:扇原貴宏 山口螢
DF:徳永悠平 吉田麻也 鈴木大輔 酒井高徳
GK:権田修一

FW:杉本健勇
MF:齋藤学 東慶悟 永井謙佑
MF:扇原貴宏 山口螢
DF:徳永悠平 吉田麻也 鈴木大輔 酒井高徳
GK:権田修一


日本に勝利の風が吹いてきましたね。そして、その風を吹かせているのが、やはり、守備の安定、という事だと思います。前半は、スペイン戦での疲労、それから、モロッコがどのような攻撃を仕掛けてくるチームなのか、そこを肌で感じる部分で対応できなかった、という事もあって、その時間帯にやられていたら勝利は難しかったかなと思うのですが、やはり、その時間帯を失点せずに凌ぎ切った、という事が大きかったと思います。

モロッコは、パワーとスピードを使って、個の力でゴリゴリとアタックしてくるような攻撃をするチームでしたが、もし今の日本がトゥーロン国際当時の守備力のチームだったら、前半で1失点もしくは2失点ぐらいはしていたかなと思います。しかし、OAの吉田と徳永が加わり、また、その他のUー23世代の選手たちにも、短い期間ながらの守備力(守備意識)の向上もあって、今ではもはや、安定した守備力が、このチームのストロングポイントになったかなと思います。

モロッコの1トップであったアムラバト。その強いフィジカルを活かしたボールキープには苦しめられましたが、しかし、そのアムラバトがボールを収めてから、そこからの攻撃のアイデアというのは、アムラバト個人としても組織全体としても欠けていて、そこは日本としては救われていた、という事はありました。また、そのアムラバトが後半で途中交代となり、それによってモロッコの前線の威力が落ちた事も、やはりそこは日本としては救われたかなと思います。

更には、何度かあった決定的なピンチのシーンを、やや神がかった守備で防いだ、という事もありましたが、しかし、その事に関しては、勝利に対しては必ず幸運も必要であり、むしろ、そういう幸運を呼び込める守備ができるようになっている、という評価でも良いと思います。攻撃力はそれなりに有る、しかし、守備力は脆弱、というチームから、攻撃力はそれなりに有り、守備力は安定、というチームへ強化された、それが今のUー23日本代表チームの姿かなと思います。

但し、安定感を一気に増している守備ではありますが、やはりまだ課題が無いわけではない。1つには、個としての1対1、そこでまだ負けているシーンも散見されていて、この試合の相手であったモロッコが、前述もしたように、アタッキングサードでの卓越したアイデアを持っていない相手だったから救われていましたが、決勝トーナメントに入ってからは、そこに威力を持っているようなチームと戦うと思いますので、とにかく1対1では絶対に負けない事、そこがポイントになってくると思います。

それから、2つには、CBとCBの間、SBとCBの間、そこを簡単にボールも人も通させてしまう、そして裏を取られてしまう、というシーンも散見されていましたので、そこはもっときちんとDFラインを横にもコンパクトにしておく、もしくは、そこの間のスペースをボランチが埋め、その場合にはトップ下が降りてボランチのスペースを埋め、という守備面の連携をもっときちんとやる、という事をやって欲しいと思います。

そして、攻撃面に関しては、永井であったり、日本の速攻を警戒して、まずモロッコは、守備の設定位置を低くしていましたが、やはりそれによって、あまり永井は良いプレーができず、前半の途中からは大津と永井の位置を交代、後半からは完全に、大津が1トップ、左に永井、という配置に変えていましたが、その采配は良いとして、とにかく以前から何度も言っているように、フィニッシュのところはもっと冷静に、という事ですね。

Uー23日本代表の決定力が低い原因というのは、多くの場合で、最後のところでの冷静さを欠いているからで、敏捷性やスピードだけでかわそうとしても、相手のシュートブロックの能力が高くて対応されてしまいますし、また、きちんと良いコースにシュートを飛ばさないと、やはりなかなか相手GKを外せませんので、一瞬だけ止まっても良いですから、きちんと冷静にコースを狙う、という事をやって欲しいと思います。香川などがそういうプレーをやっていますよね。

更にもう1つには、相手に寄せられる前に速くシュートを、という事だけではなく、一度相手の寄せをブロックしてからシュート、もしくは、一度相手と体と体を当ててから摺り抜けてシュート、それぐらいの余裕を持ってフィニッシュを考えて欲しいと思います。特にPA内に入ってしまえば、そこでの競り合いは攻撃側に有利ですから、とにかく最後のところで焦らない、という事が重要だと思います。

後半の途中から、第1戦を引き分けている、第3戦がスペインである、という状況のモロッコが少し前がかりになって、それに伴ってDFラインも高くなり、そこから再び永井を1トップに戻した采配がズバリ的中。相手DFとGKとのスピード勝負に勝った永井が無人のゴールにシュートを蹴り込んで、まさに劇的な得点の瞬間でした。そして、この1点を守り切った日本が2連勝、ここで早々と決勝トーナメント進出を決める、という結果になりました。

日本が五輪で決勝トーナメントへ進出したのは3大会ぶり。前評判は低かった今回の五輪代表ですが、やはり彼らの持つポテンシャルや成長力を信じてきて良かったと思います。そして、決勝トーナメントでも、この勢いのまま、1つ1つ勝ち進んで欲しいですね。失点せずに耐え凌ぐ強さがあれば、必ず自分たちのペースになる時間帯はありますし、また、必ず得点のチャンスも訪れますから、そういう戦い方を信じて勝ち進んで欲しいと思います。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/07/30 11:45】 | ロンドン五輪日本代表 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<南アフリカ戦(女子) 【 日本は第2位で通過。気になる控え組と宮間のパフォーマンス。 】 | ホーム | スウェーデン戦(女子) 【 無得点の攻撃に課題有り。無失点でも守備に課題有り。 】>>
コメント
東はハルジャへのマンマークをやってたように見えましたが。確かに変な動きでしたけどハルジャからのフィードがかなり強力でしたのでここをつぶさないと不味いのかなと。なんといっても元インテルですし(笑)東の守備力とスタミナは本物なのでマンマークには適任だったようにも思います。
あとモロッコが想像以上に守備的でこちらをリスペクトしてたのも印象的でした。ただスペイン戦での戦いぶりをみたらそうなるのかもしれませんね。

なんにせよ決勝トーナメント進出は決定しました。何色でもいいのでメダルがほしいものですね。
【2012/08/01 14:08】 URL | タタ #1jxB54a6[ 編集] | page top↑
修正力の無さが残念。だが、勝利の価値は大きい!
トップ下の東の位置、ずっと気になっていました。スペイン戦のように最終ラインにプレスに行く場面もありましたね。

相手の前線に人数を割く分バイタルは常に同数か不利の状態、フル代表なら本田、香川は自ら気をきかせて下がり気味のポジションを取ったと思います。ビルドアップ時もツートップのように振舞ってしまっていました。

思えば選手選考で忠実なメンバーを重視した時点で、修正力にはあまり期待出来なかったのかもしれませんね。この試合は相手の変化によって優勢になっていった要素が大部分だと思います。

ただ、このメンバーじゃなかったらスペイン戦の圧勝は無かったかもしれません。バランス、難しいですね。

とにかく、試合中、修正する兆しを見せることが出来なかったのが残念です。それでなくても、モロッコの前線の強力さは試合前からわかっていたので、東にセカンドボールやカバーリングをして欲しいと伝えることは出来たと思います。
【2012/07/30 13:53】 URL | Ryan #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2268-f52dc015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |