1999年 キリンカップ ベルギー戦
3世代の日本代表を同時に見比べてみるというのも面白いのではないかと思い、ジーコジャパンを振り返ると同時に、トルシエジャパンも振り返っていこうと思います。初回はトルシエジャパン3試合目となったキリンカップ、ベルギー戦です。

その他の面白いサッカー記事・コラムを読みたい方は人気blogランキングへ
スタメンは、ロペス、中田、藤田、相馬、伊東、名波、田坂、秋田、森岡、斎藤、川口。試合的には非常に退屈な内容。日本もベルギーも「3-6-1」というシステムで、中盤のプレスを強く意識しており、どちらも中盤での潰し合いに終始した。日本とベルギーに違いがあるとすれば、日本は中盤でボールを奪ったらパスを繋いで攻撃するが、ベルギーは縦へ放り込んでくること。しかし、このベルギーの放り込むサッカーというのが日本にとっては厄介で、中盤のプレスがなかなか機能しない。また、中田英寿は完全にマークされてキープもパス出しも思うように出来ない状態。さらに、逆に中田のところで奪われたボールからピンチになる場面も目に付いた。後半になってから少し全体的にベルギーのマークが緩んできたので、1~2回ぐらいヒデらしいプレーが見られたが、ほぼ封じ込まれていたと言えるだろう。ロペスのポストプレーもほとんど見られず、藤田も消えていた。ベルギーの攻撃陣に決定力が無かったのと、ラッキーもあって0-0で試合を終えたが、試合内容的には厳しいものとなった。
しかし良いシーンもあった。後半途中から藤田に代わりピッチに入った柳沢(代表4試合目)がドリブルからチャンスを作り、オフサイドで幻となったロペスのゴールを演出したり、ドリブルからシュートしたりと動きの良さが見られた。柳沢は各年代の代表で活躍してきた若手だけに、これからの将来が期待できそうな感じがした。

その他の面白いサッカー記事・コラムを読みたい方は人気blogランキングへ

日本代表選手評価(10点満点)

ロペ:3点:ポストプレーも機能せずシュートも少ない。
藤田:3点:持味である裏へ飛び出すプレー見られず。
中田:4点:マークで完全に潰された。
相馬:5点:左サイドからセンタリングするも精度がもう少し。
伊東:4点:良いプレーもあったがパスミスも多かった。
名波:3点:ボランチからの組み立てという仕事は皆無。
田坂:3点:存在感ない。
秋田:3点:3バックに戸惑い?
斎藤:4点:ソコソコ無難な感じ。
森岡:4点:井原を押し退けてのスタメン出場だが、真価はこれから問われることになると思う。
川口:6点:積極的な飛び出しでピンチを救った。
服部:5点:攻守にまあまあのデキ。
柳沢:5点:積極的なドリブルが光った。
奥 :出場時間短く採点すべきプレー無し。

トルシエのオフサイドを積極的に狙っていく3バックディフェンスは「半丁博打」的な部分があると感じた。ハマった時には威力がありそうだが、崩された時には完全に崩壊する危険性がある。これが次戦のペルーに通用するかどうか注目したい。

2007年1月9日 後記

まず田坂がスタメン代表だったことに驚いた(笑) また、伊東が金髪だったことにも(笑) まあ、それはともかくとして、ちょっと時代背景を説明。この試合はフランスW杯からちょうど1年を経た時期だったのだが、トルシエがフル代表の監督として初陣を飾ったのは1998年の10月(エジプト戦)と遅かったので、まだトルシエジャパンとしては3試合目(2試合目はブラジル)だった。森岡、柳沢、奥なども初代表に近く、世代交代を模索している時期だったと言える。高原、小野、稲本などゴールデンエイジ世代が主役になるのはまだ先のこと。
そして中田英寿だが、フランス杯後ペルージャに移籍しファーストシーズンから大活躍を見せたが、この試合では完全マークで機能できなかった。
しかし、柳沢、この試合では良かったですね(笑) ボールを受ける動きは今の方が上かもしれないが、ゴールへ向かうドリブルの意識などはこの時代の方が良かったような気がする。この時から成長したのかどうか判らない柳沢君ですね・・・(笑)

記事が面白かったと思ってくださる方。
このブログを応援してくださる方。

サッカー人気blogランキング

への応援クリック投票をよろしくお願い致します。
【2007/01/09 22:25】 | トルシエジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1999年 キリンカップ ペルー戦 | ホーム | プレイバックジーコジャパン ⑪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/229-f83aa213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |