スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
香川スタメン出場。同点ゴールをアシスト。更に良くなる可能性が見えた試合。【 リヴァプール vs マンチェスター・ユナイテッド 】
試合 :プレミアリーグ 第5節
開催日:2012年9月23日
結果 :マンチェスター・ユナイテッド勝利
スコア:「1-2」
得点者:ジェラード ラファエル ファン・ペルシ(PK)

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ リヴァプール

FW:スアレス
MF:シェルヴィ
MF:ボリーニ アレン ジェラード スターリング
DF:グレン・ジョンソン アッゲル シュクルテル ケリー
GK:レイナ

FW:スアレス
MF:ヘンダーソン アレン ジェラード サエズ
DF:グレン・ジョンソン キャラガー シュクルテル ケリー
GK:レイナ

○ マンチェスター・ユナイテッド

FW:ファン・ペルシ
MF:ナニ 香川真司 バレンシア
MF:キャリック ギグス
DF:エヴラ エヴァンス ファーディナンド ラファエル
GK:リネガー

FW:ファン・ペルシ
MF:ギグス 香川真司 バレンシア
MF:キャリック スコールズ
DF:エヴラ エヴァンス ファーディナンド ラファエル
GK:リネガー

FW:ファン・ペルシ
MF:ギグス ハビエル・エルナンデス ウェルベック
MF:キャリック スコールズ
DF:エヴラ エヴァンス ファーディナンド バレンシア
GK:リネガー


主にボランチに対して守備をしながら、下がる必要がある時は中盤の低い位置まで下がって守備をする、そこは良かったですよね。そして、スペースにポジショニングしてパスを受ける、そこも良かったですよね。しかし、やはりもう少し時間を作りたいですよね。ボールを持った香川に相手が引き寄せられるまで待って、それで味方の選手をフリーにして、それからパスを出したいですよね。

更には、この試合では、以前までの試合と比べて、随分と、ボールを受けて素早く前を向いてプレーする、という事をやるようになっていましたが、しかし、それでもまだ、フリーでボールを受けているのにワンタッチでパス、横パス、バックパス、というシーンも何回かあって、そういうシーンはもっともっと無くして欲しいと思います。もっと強い気持ちでプレーして欲しいと思います。

後半6分、左から右へ、香川がファン・ペルシとクロスするような動きでPA内の右ゾーンへ入って行き、そこでバレンシアからのセンタリング気味のパスを胸で落とすと、それを受けた右SBのラファエルがテクニカルなシュートを決め、これが香川のアシストとなったマンチェスター・ユナイテッドの同点ゴールでした。大きく幅のある動きで相手を制する、という、香川の特性が発揮されたプレーだったと思います。

そして、後半は、香川が下がってボールを受け、ボランチのスコールズもしくはキャリックが前に上がる、という連携の動きも見られるようになり、ようやくそういう連携にも高まりが見え始めたのかなと感じました。とにかく、香川が良いパフォーマンスを見せるためには、動きの幅の広さ、という事が重要な要素で、無理して密集地帯でプレーしないようにする事、それが鍵になっていると思います。

もしくは、別の言い方をすれば、小さな動きで相手に競り勝とうとしない事、プレーするゾーンに強くこだわらない事、という事ですね。そして、そこに、しっかりボールを収めて時間を作り相手を引き寄せる、という事も加わってくると、香川無双の試合がマンチェスターユナイテッドでも見られるようになるかなと思います。まずは得点を取る方よりも組み立ての方を重視する。そこがポイントですね。

という事で、試合の方は、後半36分、カウンター、ボールを奪ったバレンシアが一気にゴール前までドリブルして倒され、そのPKをファン・ペルシが決めてスコア「1-2」とマンチェスター・ユナイテッドが逆転。それと同時に香川はハビエル・エルナンデスと交代、という事になりましたが、試合はそのままスコア「1-2」で終了し、開幕からの5試合で4勝1敗、首位のチェルシーに次ぐ2位に浮上、という結果になりました。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/09/24 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<長友は右SBとしてスタメンフル出場。インテルは守備陣に戦力補強が必要。 【 インテル vs シエーナ 】  | ホーム | 吉田スタメンフル出場。及第点のパフォーマンスで勝利に貢献。【 サウザンプトン vs アストン・ヴィラ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2313-223365c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。