清武スタメンフル出場。ボールに多く触れない現状を打破する必要性有り。【 ハノーファー vs ニュルンベルク 】
試合 :ブンデスリーガ 第5節
開催日:2012年9月27日
結果 :ハノーファー勝利
スコア:「4-1」
得点者:シュティンドル フシュティ ヤ・コナン×2 チャンドラー

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ ハノーファー

FW:ヤ・コナン シュラウドラフ
MF:フシュティ シュティンドル
MF:ピント アンドリーセン
DF:ラウシュ ハギ エギマン チェルンドロ
GK:ツィーラー

FW:ディウフ アブデラウエ
MF:フシュティ シュティンドル
MF:ピント シュミデバッハ
DF:ラウシュ ハギ エギマン チェルンドロ
GK:ツィーラー

○ ニュルンベルク

FW:ペクハルト
MF:エスヴァイン 清武弘嗣 マク
MF:シモンズ バリチュ
DF:ピノラ クローゼ ニルソン チャンドラー
GK:シェファー

FW:ペクハルト ポルター
MF:バリチュ 清武弘嗣 ゲプハルト
MF:シモンズ
DF:ピノラ クローゼ ニルソン チャンドラー
GK:シェファー

FW:ペクハルト ポルター
MF:フォイルナー 清武弘嗣 ゲプハルト
MF:バリチュ
DF:ピノラ クローゼ シモンズ チャンドラー
GK:シェファー


前半21分、ニュルンベルクは両SBが高い位置に上がっている状態となっていて、つまり、後ろが2バック状態になっていて、その時にハノーファーは前に3人が残っており、FWのシュラウドラフが右サイドに流れてボールを受けると、そこからのクロスがPA内左サイドにいた左SHのフシュティへ。そして、そのフシュティからPA内中央へ入って来た右SHのシュティンドルへラストパス。これがこの試合の先制点でした。

続く前半29分、今度は左SBと2CBでワイドな3バックのようになり、そこからビルドアップをスタートさせようとしたところ、GKからのパスを受けた右CBのニルソンが相手の左SHのフシュティにボールを奪われてしまって、そのままそのフシュティにゴールを奪われてしまいました。という事で、前半で2点のビハインドとなってしまったニュルンベルクは、後半に2枚交代を行って「4-1-3-2」へ。

しかし、後半9分、再び右SBのチャンドラーからのバックパスを受けたCBのニルソンが、今度はFWのヤ・コナンにボールを奪われてしまい、そのままそのヤ・コナンにゴールを決められてニュルンベルクは3失点目。そして、後半12分には、その2失点の原因となってしまったニルソンを交代させたのですが、それでも後半19分、バックパスのミスからボールを奪われてニュルンベルクは4失点目。

その後、後半29分にチャンドラーのミドルシュートでニュルンベルクは1点を返しましたが、試合はそのままスコア「4-1」で終了、ハノーファーの快勝、ニュルンベルクの完敗、という試合結果になってしまいました。この試合のニュルベルクの失点は、全てハノーファーのハイプレスによって、ボールを奪われてしまったり、ミスを誘発させられてしまったり、という事が原因で、ニュルンベルクはもっとポゼッションの力を全体的に高めないと厳しいかなと思います。

そして、清武については、そんなニュルンベルクというチームにおいて、唯一の、しっかりボールを収められる、質のあるパスを配給できる、という存在ではあるのですが、やはり清武の周囲をボールが行ったり来たりする、清武にパスが出される事が少ない、という事で、そこはどうにかしなくてはならないかなと思います。監督や味方の選手に、もっとパスを出してもらうように強く要求する、そういう事もやっていく必要があるかなと思います。

ここまでの試合で、清武は素晴らしいミドルシュートで1つ得点は取りましたが、しかし、それでもセットプレーでのキッカーとしての高い評価にとどまっているのかな、という感じで、やはりその現状は打破する必要があるのかなと思います。日本人選手は、テクニックやスピードはあるけれども、フィジカルや球際での競り合いには弱く、ボールをロスする事が多い、そんな印象を持たれているのかもしれない、という気もしました。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/09/29 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香川スタメン出場。素晴らしい得点を決める。失敗を恐れずにチャレンジして成功率を高めたい。【 マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム 】 | ホーム | 長友スタメン出場。1アシスト。3バックシステムの中で長友を活かすには? 【 キエーヴォ vs インテル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2318-156dc8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |