ハーフナースタメンフル出場。サイドやトップ下の選手とポジションを流動的にできるCFへの期待。【 ユトレヒト vs フィテッセ 】
試合 :エールディビジ 第7節
開催日:2012年9月29日
結果 :フィテッセ勝利
スコア:「1-2」
得点者:ファン・ヒンケル ボニー ムレンガ

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ ユトレヒト

FW:ゲルント ファン・デル・フン
MF:オール アサレ サロタ
MF:カリ
DF:ブルトハイス ヴァイテンス ファン・デル・ホールン ファン・デル・マーレル
GK:ラウテル

FW:ゲルント ムレンガ
MF:オール バドイェク シェパーズ
MF:カリ
DF:ブルトハイス ヴァイテンス ファン・デル・ホールン ファン・デル・マーレル
GK:ラウテル

○ フィテッセ

FW:レイス
MF:ハーフナー・マイク ボニー イバラ
MF:テオ・ヤンセン ファン・ヒンケル
DF:ファン・アーンホルト ファン・デル・ヘイデン カシア カラス
GK:ヴェルトハウゼン

FW:ボニー
MF:ハーフナー・マイク ファン・ヒンケル プレッペル
MF:テオ・ヤンセン チョマー
DF:ファン・アーンホルト ファン・デル・ヘイデン カシア カラス
GK:ヴェルトハウゼン


ユトレヒトは「4-1-3-2」。フィテッセはハーフナーが左SHの位置に入った「4-2-3-1」。前半は、ユトレヒトの前の「3-2」のところでのプレスが強く、どちらかと言えば劣勢だったフィテッセ。しかし、後半になってから、1トップにレイス、トップ下にボニー、だった配置を入れ替え、1トップにボニー、トップ下にレイス、という配置に変えた事によって2得点を生み出しました。

ボニーを最前線に置き、相手の前の「3-2」のゾーンを飛ばしてロングボールを蹴る攻撃ができるようになった、という事が1つ。そしてもう1つには、レイスが2ボランチのところまで下がって、3ボランチのようになる守備にした事によって、中盤での守備が強化されたのと同時に、2ボランチの1枚のファン・ヒンケルがより前線へ飛び出せるようになった、という事もありました。

後半10分、ファン・ヒンケルがその前の攻撃で前に残っていて、中盤でボールを奪ったところからボニーにボールが収まり、そのボニーからのパスを受けたファン・ヒンケルが決めてフィテッセが先制点。そして、後半15分、先制点と同じように中盤でボールを奪ったところから、レイスとボニーで中央を突破してフィテッセが2点目。最前線の起点力と中盤の守備力を強化した事によって生まれた2得点でした。

しかし、ユトレヒトの方も、後半16分、FWの1枚をファン・デル・フンという選手からムレンガという選手に交代させたところ、そのムレンガという選手のパフォーマンスが高く、かなり前線でフィテッセのDFを苦しめるようになっていたのですが、後半26分、左からのクロスを、右から左のニアへ走り込んで来たそのムレンガが決めて、これでユトレヒトも1点を返してスコア「1-2」となりました。

ムレンガには試合終了間際にも左からのセンタリングをヘディングで決められそうになっており、それはGKヴェルトハウゼンのファンセーブでなんとか防ぎましたが、フィテッセとしてはとても危なかったですね。という事で、1点のリードを守りきったフィテッセがスコア「1-2」で勝利、という試合結果になりました。これでフィテッセは開幕からの7試合を5勝2分0敗とし、現在はトウェンテに次ぐ2位となっています。

そして、左SHとしてスタメンフル出場を果たしたハーフナーについては、この試合では結果は出せませんでしたが、得点を取るという部分以外の守備や起点という部分の能力を、今は成長させている最中、という事ですね。もしハーフナーが守備や起点という部分の能力を大きく成長させれば、日本代表において、サイドやトップ下の選手とポジションを流動的にできるCFになる事ができますから、そこには強く期待しておきたいところです。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/10/03 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<内田スタメンフル出場。しかし好調時のパフォーマンスまでにはもう少し。【 シャルケ vs モンペリエ 】 | ホーム | 長友スタメンフル出場。攻守に高いパフォーマンスで勝利に貢献。【 インテル vs フィオレンティーナ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2322-b0172b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |