もし日本代表の監督がミハイロ・ペトロヴィッチだったら。もし日本代表でミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーをやるとしたら。
現在(第27節)終了時点で首位のサンフレッチェ広島と第3位の浦和レッズ。
この2チームに共通しているのはミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーである事。
今季のJリーグでは最も結果を残せているサッカーでもあるこのシステムを日本代表でやったらどうなるのか?
今回はそれを少し考えてみたいと思います。

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW:        前田遼一
MF: 香川真司   本田圭佑   岡崎慎司
MF:     遠藤保仁  長谷部誠
DF:長友佑都 今野泰幸  吉田麻也 内田篤人
GK:        川島永嗣

「4-2-3-1」でこのメンバー。
これが現在の日本代表のベースですが、
これをそのまま「3ー4-2-1」というシステムに移行させてみると、

FW:        前田遼一
MF:     香川真司  本田圭佑
MF:長友佑都 遠藤保仁  長谷部誠 岡崎慎司
DF:   今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK:        川島永嗣

こんな感じですね。
それでこれが、

FW:        前田遼一
MF:長友佑都 香川真司  本田圭佑 岡崎慎司
MF:        長谷部誠
DF:今野泰幸 遠藤保仁  吉田麻也 内田篤人
GK:        川島永嗣

攻撃の時にはこうなって、

FW:          前田遼一
MF:  香川真司            本田圭佑
MF:       遠藤保仁  長谷部誠
DF:長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人 岡崎慎司
GK:          川島永嗣

守備の時にはこうなる。

まあ、何となくですが、やれない事もなさそうですね。
しかし、個人的に気になるところは、
前田、遠藤、長谷部、今野、内田、この5人のところで、
そこを一気に良さそうな選手に代えてみると、

FW:        岡崎慎司
MF:     香川真司  本田圭佑
MF:長友佑都 阿部勇樹  今野泰幸 内田篤人
DF:   槙野智章 吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

個人的にはこんな感じ。
これで、
阿部と今野はどちらが最終ラインに下がる方でも良いと思いますが、

FW:        岡崎慎司
MF:長友佑都 香川真司  本田圭佑 内田篤人
MF:        今野泰幸
DF:槙野智章 阿部勇樹  吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

攻撃の時にはこうなって、

FW:          岡崎慎司
MF:  香川真司            本田圭佑
MF:       阿部勇樹  今野泰幸
DF:長友佑都 槙野智章 吉田麻也 栗原勇蔵 内田篤人
GK:          川島永嗣

守備の時にはこうなる。

CBのところを槙野と栗原にしたのは、
やはり空中戦の強さが欲しかったからで、
攻撃時に栗原が右SBとなる、
という事には少し不安が残りますが、
そこを除けばいけるかなと思います。

そして、ボランチのところは、
CBにもなれて、1ボランチにもなれて、
という事で阿部と今野の2人ですね。

また、1トップのところは、
守備の時には孤立した1トップになる事がある、
という事を考えて、
ポストプレイヤータイプではなく、
ポストプレーもある程度できる、
DFの裏へ抜け出せるタイプの選手、
という事で岡崎にしました。

但し、今度この布陣で少し心配になるのは、

FW:        岡崎慎司
MF:長友佑都 香川真司  本田圭佑 内田篤人
MF:        今野泰幸
DF:槙野智章 阿部勇樹  吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

攻撃時のこの時の長友と内田が機能するのか、
という部分で、
しかし、例えばそこを、

FW:        岡崎慎司
MF:乾貴士  香川真司  本田圭佑 清武弘嗣
MF:        今野泰幸
DF:槙野智章 阿部勇樹  吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

乾と清武に代えてみたらどうなるのかと言えば、
上図のような攻撃時には良いですが、

FW:          岡崎慎司
MF:  香川真司            本田圭佑
MF:       阿部勇樹  今野泰幸
DF:乾貴士  槙野智章 吉田麻也 栗原勇蔵 清武弘嗣
GK:          川島永嗣

こちらの守備時の時には少し不安ですね。

そうなってくると、
攻撃を重視するのか守備を重視するのか、
そこに大きな別れ道がありそうです。

ちなみに、

FW:        岡崎慎司
MF:     香川真司  本田圭佑
MF:長友佑都 阿部勇樹  今野泰幸 内田篤人
DF:   槙野智章 吉田麻也 栗原勇蔵
GK:        川島永嗣

こちらの方を主力とした場合には、
宇佐美と乾、遠藤と長谷部、そこは逆でも良いと思いますが、

FW:        佐藤寿人
MF:    宇佐美貴史  遠藤保仁
MF:乾貴士  細貝萌   長谷部誠 清武弘嗣
DF:   水本裕貴 高橋秀人 伊野波雅彦
GK:        西川周作

こういうセカンドチームにするか、

FW:        佐藤寿人
MF:     乾貴士   清武弘嗣
MF:酒井高徳 遠藤保仁  長谷部誠 酒井宏樹
DF:   水本裕貴 高橋秀人 伊野波雅彦
GK:        西川周作

こういうセカンドチームにするか、
更には、

FW:       宇佐美貴史
MF:    ハーフナー  前田遼一
MF:乾貴士  遠藤保仁  長谷部誠 清武弘嗣
DF:   水本裕貴 高橋秀人 伊野波雅彦
GK:        西川周作

こういうセカンドチームにするとか、
様々にパターンは考えられると思いますが、
個人的には、

FW:岡崎慎司(前田遼一、ハーフナー、佐藤寿人)
MF:香川真司(乾貴士、宇佐美貴史) 本田圭佑(清武弘嗣、遠藤保仁)
MF:阿部勇樹(細貝萌) 今野泰幸(長谷部誠)
DF:長友佑都(酒井高徳) 内田篤人(酒井宏樹)
DF:槙野智章(水本裕貴) 吉田麻也(高橋秀人) 栗原勇蔵(伊野波雅彦)
GK:川島永嗣(西川周作)

現時点ではこんな感じになるのかなと思います。

という事で、
ミハイロ・ペトロヴィッチのシステムをやった場合には、
いわゆるウイングバックと呼ばれるポジションに、
攻撃的な選手を起用するのか守備的な選手を起用するのか、
そこに大きな悩みが生まれてきそうですね。

また、ウイングバックにどのような選手を選ぶのか、によって、
セカンドチームのウイングバック以外のポジションの選手を誰にするのか、
そこが大きく左右されてくる、
という事になりそうな気がします。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/10/05 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<現地メディアによる評価という「ものさし」への懸念。監督や選手の発言が絶対的な真実や正しさであると認識してしまう事への懸念。 | ホーム | 内田スタメンフル出場。しかし好調時のパフォーマンスまでにはもう少し。【 シャルケ vs モンペリエ 】>>
コメント
ミハイロビッチさんのサッカーは基本的に守備を念頭においたサッカーだと思っていて、
格上を意識した場合、代表でも面白いと個人的には感じました。

ただ長友はともかく内田は合ってないでしょう。
彼はビルドアップに良さが出る選手であって、あの監督のフォメではビルドアップは後ろ5枚の仕事。
WBの仕事はサイドアタッカの役割とサイドの守備なので、守備不安ですがまだ酒井宏樹の方がいいと思います。
まあここはきっついポジションなんで誰がやっても難しいとは思いますが…。

あとおっしゃる通り栗原のビルドアップ能力は低すぎて。栗原なら3バックの真ん中トゥーさんでいいじゃないですか。(toザック笑)
監督ミハイロビッチなら守備時がっつりライン下げるわけですからトゥーさんの高さはより強調されますし、
5バックだからこそ前に潰しに出るトゥーさん得意のプレーもしやすいはず。
トゥーさんでいいじゃあないですか……
【2012/10/12 10:48】 URL | #-[ 編集] | page top↑
面白い記事ですね。
現実的に今のメンバーに充てて考えると、ボランチの場所には阿部以外にも高橋なんかが入りそうですね
【2012/10/06 16:32】 URL | あ #YqzQT8Bs[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2324-b01dbfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |