天皇杯 準々決勝 【名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス】 【セレッソ大阪 vs ガンバ大阪】
○ 名古屋グランパス 「6PK7」 横浜F・マリノス
○ セレッソ大阪 「1-2」 ガンバ大阪
○ ジェフ千葉 「0-1」 鹿島アントラーズ
○ 大宮アルディージャ 「2-3」 柏レイソル

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ 名古屋グランパス vs 横浜F・マリノス

スコア「0-0」。「6PK7」でマリノスが勝利した試合でした。まず、その勝利したマリノスの攻撃ですが、グランパスの弱点である、中盤の底、バイタルエリア、PA付近、そのゾーンでの仕掛け、とりわけ、ドリブルでの仕掛け、そういう攻撃をもっと意識した方が良かったかなと思います。「4-2-3-1」のトップ下である中村俊輔をダイヤモンドの底として、1トップの小野を頂点として、その左右の中間地点に狩野と兵藤がいるような、コンパクトなダイヤモンドの形を作り、それによる中央突破ですね。

グランパスは「4-1-2-3」で、恒常的に中盤の底のゾーンには守備の弱さがあり、また、CBの闘莉王と増川は、更には、アンカーのダニルソンは、スピードやアジリティには欠けるタイプの選手なので、そこに対してどんどんショートパスとドリブルで仕掛ける、そういう攻撃をもっと意識した方が良かったと思います。そして、そうすれば、中村俊輔が直接FKを決めやすい場所でのファールも、もっと得られたかなと思います。マリノスの攻撃は、前の4枚の内の1人がボールを持った時に、他の3人の選手が早々にゴール前へ入ってしまい、そこで止まって待ってしまっている状態になっている攻撃が多かったので、そのあたりですね。

そして、残念ながら負けてしまったグランパスの攻撃については、ケネディや闘莉王などを1トップの位置に起用しない、機動力のある選手を前の5枚に並べた布陣で、それによる流動性の高い攻撃というのは効果的な部分もありましたが、しかし、もう少し、引き寄せる、引き出す、という事を意識した攻撃をした方が良かったかなと思います。マリノスは「4-2-3-1」もしくは「4-4-1-1」のような形で、トップ下の中村俊輔も「4-4」の守備ブロックに加わるようにして守り、ボールサイド、ボールがあるゾーン、そこに人数をかける守備をしていました。

という事は、必然的にボールが無いゾーンでの枚数というのは少なくなりますから、例えば、楔を入れてそこにマリノスの守備を引き寄せ、充分に引き寄せたら一度戻して、そこからサイドへ展開、もしくは、大きくサイドチェンジ、またそこから中央のCBやボランチの選手をサイドへ引き出して、最後はクロスボールからゴール前やバイタルエリアでフィニッシュ、という攻撃ですね。もちろん、そういう攻撃をやれていた時もあって、その時に何回か決定的なチャンスは作れていましたが、その引き寄せや引き出しを、もうワンテンポ我慢してやれれば得点に繋がったかなと思います。

更に、もう1つには、ロングシュート、ロングランニング、ロングフィード、つまり、もう少し「長さ」を使った攻撃をした方が良かったかなと思います。マリノスの戦い方は、ブロックを作って守り、場合によってはDFラインを高く上げてくる、前に食い付いてくる、それによってショートカウンターを狙う、というやり方をしていましたので、その逆を突いてロングランニングとロングフィードで攻撃する、という事ですね。そして、押し込んだ場合には、マリノスはゴール前に人数をかけますから、そうなったらロングシュート、という事ですね。

マリノスの守備は、闘莉王が攻撃参加した時に、人数的には足りているはずなのに、なぜかその攻撃参加した闘莉王へのマークが曖昧になっている事が多かったのですが、そこにも前述したような攻撃の有効性が見られていたと思います。また、グランパスの攻撃陣には、機動力やスピードに優れているような選手が多いのですが、そこにロングランニングの要素が足りていない、ロングランニングを武器とするような攻撃をパターン化させていない、という事もありますので、そこも1つ来季に向けての課題と言えるかなと思います。


○ セレッソ大阪 vs ガンバ大阪

遠藤の先制点、後半からの出場となった柿谷の同点ゴール、そして、延長戦での家長の得点でガンバ大阪が勝利した試合でした。まず、その勝利したガンバ大阪については、今野という選手を使って、中盤の守備力を高めるのか最終ラインの守備力を高めるのか、その選択がポイントになっているのではないかと思います。そして、個人的には、以前からも書いているように、遠藤と今野の適性ポジションであったり、中盤での守備力の重要性であったり、という観点から、遠藤トップ下、今野ボランチ、という「4-2-3-1」の方が良いのかなと思っています。

そうする事によって、CBが岩下と中澤でやっていけるならば、全体的な守備力というのはアップすると思いますし、また、攻撃面でも、トップ下の位置で遠藤が幅広く動く事によって、更に良さが出てくるのではないかと思います。そして、レアンドロ、遠藤、明神、今野、中澤、岩下、というセントラルをしっかりさせる事によって、佐々木、二川、藤春、加地、という選手たちがサイドから仕掛ける攻撃を構築し、そこに威力を持たせる、という事がベストなのではないかなと思います。つまり、攻守、セントラルとサイド、そこのバランスを良くする、という事ですね。

そして、残念ながら負けてしまったセレッソ大阪については、まず、この試合での山口は「4-4-2」の左SHとしてスタメン出場し、後半、「3-4-2-1」に変えてからはボランチの位置でプレーしましたが、やはり2ボランチは扇原と山口で固定させた方が良いかなと思います。もし扇原が移籍してしまったとしても、山口を中盤の底で軸としたチームを作った方が良いかなと思います。また、もし横山をボランチとして使いたいのであれば、横山をアンカーにおいた扇原と山口との3ボランチにするか、もしくは、扇原をトップ下に上げた三角形の中盤の形にするか、どちらかの方が良いかなと思います。

そして、香川、乾、家長、清武、キム・ボギョン、このあたりの選手が抜けてしまった事による、攻撃陣の戦力不足に関しては、やはり、杉本、柿谷、南野、このあたりの選手の成長を図る事が一番かなと思います。まず、杉本はもう少しポストプレーの巧みさを、柿谷はもう少し勝利ための献身的なプレーを、南野はもう少したくましさを、という事になってくると思います。それぞれ既に武器と言えるような良さは持っていますし、それを発揮できてもいますから、そこはまたクルピ監督の育成手腕に高く期待したいところですね。後は、チームとしては、最終ラインの強度をもう少し、というところかなと思います。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/12/24 11:45】 | 天皇杯・ナビスコ杯 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<天皇杯 準々決勝 【大宮アルディージャ vs 柏レイソル】 【ジェフ千葉 vs 鹿島アントラーズ】 | ホーム | 【3】 日本人ブンデスリーガーたちの2012ー13シーズン前半期総括。>>
コメント
 セレッソ戦の遠藤選手のプレーを、本田選手が代表で出来ないのかなと思いました。
 本田選手は、キープは優れているが、大局を見てのプレーや、味方を活かす面では、遠藤選手より物足りない気がします。
 香川選手や岡崎選手は、パスの出し手とのコンビネーションで活きると思うのですが、岡崎選手はともかく、香川選手を本田選手が上手く使ってる記憶がありません。
 得点力の無いチームや、得点を狙う状況なら本田選手がボールの受け手に回って、シュートする意識が必要ですが、日本代表には上手く使えば、点が取れる選手がいます。
 本田選手が積極的に攻める意識を多く持ってプレーするより、見方を活かすほうに意識を置いたほうが、攻撃も守備にも良い影響が多いと思いました。
それにしてもガンバ、セレッソ共に主力選手の移籍などゴタゴタに見舞われた年だったので、両者ともに来シーズンがんばってほしいです。




【2012/12/25 16:46】 URL | maso #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2398-32c6068d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |