天皇杯 準決勝 【ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ】 【横浜F・マリノス vs 柏レイソル】
○ ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ 「1-0」

○ 横浜F・マリノス vs 柏レイソル 「0-1」

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ

1つ歯車が噛み合えば、という事は、やはりあるのだと思います。もちろん、天皇杯4回戦からのガンバ大阪の噛み合った1つの歯車というのは、今野をボランチに起用した事、2ボランチに守備の強い選手を2枚並べた事、という事ですよね。守備力、すなわち、相手の攻撃に耐える力、相手の攻撃を弾き返す力、そして、相手のボールを奪う力。ポゼッションサッカーに必要なのは、相手にボールを奪われない力だけではなく、相手のボールを奪う力もである。

それから、天皇杯でのガンバ大阪の強さの要因となっているのは、GKの安定とトップ下遠藤の有効性、という事でもあると思います。中央に攻撃力を求めるならばサイドには守備力を、サイドに攻撃力を求めるならば中央には守備力を、そういうバランスの重要性は然りだと思います。どのようなシステムやスタイルであろうとも、また、その方法論は異なっても、守備力の重要性というのは変わらず、守備的な守備、攻撃的な守備、そこに違いがあるだけだと思います。

一方、これがジョルジーニョ監督の最後の試合となってしまった鹿島アントラーズについては、やはり、攻撃のもう一歩、という部分だったと思います。大迫は良いパフォーマンスを見せていましたし、ドゥトラ、ジュニーニョ、という選手たちも悪くはなかったと思いますが、また、興梠、レナト、という選手たちもそこまで悪くなかったと思いますが、強かった以前までのアントラーズの攻撃と比べると、もう1つ工夫が足りない、という部分ですね。

そこにもう一人出てくれば、そこで3人目の存在を意識できていれば、もしくは、シュートに相手のGKのタイミングを外すような巧さがあれば、という事を強く感じます。シュートまでに費やす時間は同じでも、それを2人ではなく3人でやるとか、もしくは、速いテンポでの攻撃を布石として、意図的に緩急を使った攻撃をするとか、そしてそれを、個々の感覚と組織的な規律性と、その2つを同時にバランス良く存在させる事が、現在のアントラーズの攻撃の課題と言えるのではないかと思います。


○ 横浜F・マリノス vs 柏レイソル

マリノスは、今季のJ1リーグでも顕著であったように、得点力、という事ですね。マルキーニョスが加わった事によって、やはり少し得点力不足は解消されましたが、しかし、それでもマルキーニョスは全盛期を過ぎている選手なので、そのマルキーニョス頼みでは厳しいところがあると思います。また、中村俊輔も高い得点力があるような選手ではありませんから、そうなってくると、小野、兵藤、この2人がFWもしくはMFとして、どれだけ得点力の高い選手になれるのか、という事が重要になってくると思います。

そして、守備は、人数をかける事で高い守備力を保持させていますが、やはりもう少し守備の人数を減らしても守れる守備力を目指す必要があると思いますし、また、いかに中澤と栗原のところが強くても、そこを外されてしまえば一気に守備力が落ちる、という事はあって、そこで重要になってくるボランチとSBの守備力、そこにもテコ入れをする必要があると思います。簡単に言ってしまえば、ボランチとSBの個の守備力をもう少し、という事ですね。それでチーム力は1つ2つ簡単に上がるのではないかと思います。

レイソルに関しては、出場停止の選手が多い状況にあって、この準決勝という山を越えれば、とは思っていたのですが、よく踏ん張って勝利を得たなと思います。選手層が思っていた以上に厚かった、という事と、工藤の調子が上がってきている、という事と、その2つが決勝戦まで進めた要因になっているかなと思います。残念ながら、その工藤は累積警告で決勝戦の試合には出場できませんが、おそらくレアンドロ・ドミンゲスは出場すると思いますので、そのレアンドロ・ドミンゲスのパフォーマンスが鍵を握ってくるかなと思います。

攻守において、ベースはしっかり構築されているチームなので、采配による悪さが無ければ、更には、個々の選手に動きの悪さが無ければ、当然、優勝できるだけの地力は持っているチームだと思います。決勝での対戦相手となるガンバ大阪は、モチベーションも高いと思いますし、攻守におけるチーム力を立て直してきて勢いも出ているので、まずはそういうモチベーションや勢いで負けない事、そして、決定力を発揮する事、その2つが優勝へのポイントとなってくると思います。特に日本人選手にそこを期待したいですね。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2012/12/30 12:45】 | 天皇杯・ナビスコ杯 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2012年も御愛読頂き、ありがとうございました。そして、今年の日本サッカーを表す漢字一文字。 | ホーム | ハーフナー・マイク。安田理大。カレン・ロバート。2012ー13シーズン前半期総括。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2402-4cbd45e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |