乾貴士は左SHで先発出場し後半38分までプレー。細貝萌は後半46分に交代出場し数分間だけプレー。日本人選手に対する要求の高まり。 【 レヴァークーゼン vs フランクフルト 】
試合 :ブンデスリーガ 第18節
開催日:2013年1月19日
結果 :レヴァークーゼン勝利
スコア:「3-1」
得点者:ボエニシュ キースリンク シュールレ マイアー

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

○ レヴァークーゼン

FW:シュールレ キースリンク カストロ
MF:ロルフェス ベンダー
MF:ライナルツ
DF:ボエニシュ トプラク ヴォルスハイト カルバハル
GK:レノ

FW:ヘゲラー サム 細貝萌
MF:ロルフェス ベンダー
MF:ライナルツ
DF:ボエニシュ トプラク ヴォルスハイト カルバハル
GK:レノ

○ フランクフルト

FW:マトムル
MF:乾貴士 マイアー アイグナー
MF:ロデ シュヴェグラー
DF:オチプカ ルス ザンブラーノ ユング
GK:トラップ

FW:オクシャン
MF:キッテル マイアー アイグナー
MF:ロデ シュヴェグラー
DF:オチプカ ルス ブッチャー ユング
GK:トラップ


フランクフルトは相変わらずプレスのフィルターが弱いチームですね。簡単に言えば、1列目、2列目、3列目、4列目、そこが守備の時に連動できていない。最初の失点はCKからでしたが、2失点目と3失点目は、プレスの連動性が低いために相手の攻撃を送らせたり止めたりする事ができず、バイタルエリアがガラ空きになってしまい、というパターンの失点でした。リズム、と言うと、攻撃のリズムばかりが言われがちですが、もちろん、守備にもリズムというのはあって、つまり、守備に連動性が無い、というのは、守備にリズムが無い、という事ですね。

それでも、これまでの試合は攻撃力で押し切ってきた訳ですが、なぜかこの試合では攻撃にもスムーズなリズムが無く、つまり、巧みなパス回しからサイドの乾とアイグラーがドリブルで仕掛ける、というパターンをほとんど作れていなくて、従ってチームも乾も最初から最後まで低調なパフォーマンスでした。後半33分、マイアーによる得点は素晴らしい個人技によるものでしたが、なかなかチームが攻守に機能していない中でもマイアーのような光る個人技を見せる。清武もそうですが、やはり乾にもそれぐらいの力が要求されていると思います。

結局、今は日本人選手に対する要求というのは以前と比べて高くなっていて、ジャパンマネーを得るためだけのお飾りではなく、例えばこの試合だったら乾が悪いリズムを変えてチームに勢いをもたらす、チームを牽引する中心的な存在としてのパフォーマンスを見せる、そこまでの働きを期待されていて、特にブンデスリーガにおける日本人選手の地位というのは大きく上がっていますから、当然、その期待の裏返し的な評価の厳しさ、という事は出て来ますから、その壁を打ち破っていかないと先には進めない、という事ですね。

そしてそれは、清武と乾だけではなく、もちろん、内田、長谷部、細貝、岡崎、宇佐美、などなど、全ての日本人選手に対しても同じように言える訳で、日本人選手ならこんなものかな、という時代から、日本人選手ならこれぐらいやってくれないと満足できない、という時代になった事による期待感に応えていけるかどうか、そこだと思います。例えば、Jリーグにおけるブラジル人選手に対する、ブラジル人選手ならこれぐらいやってくれないと満足できない、という事と同じだと思います。そこはもし理不尽に感じても仕方の無いところだと思います。

中心的な役割。中心的な存在。そこが今の主に欧州でプレーしている日本人選手たちのキーワードで、その期待感や要求の強さというのは、日本人が日本人選手に対して思うよりも外国人が日本人選手に対して思う方が大きいのではないかと感じますから、それに対して応えていけるメンタリティの強さと更なる能力アップと、かなり求められてきていると思います。そしてそれが、海外でプレーする事によって大きな成長が望める、という事でもありますし、また、成功すればより多くの報酬を得る事ができる、という事ですよね。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2013/01/23 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<長友佑都は後半からMFとして途中出場。能力をフルに発揮できない状況がもどかしい。このままストラマッチョーニでインテルは大丈夫? 【 ローマ vs インテル 】 | ホーム | 長友佑都は右ウイングバックとして後半12分まで出場。どこが悪いのか? どの選手が悪いのか? それを見誤った両監督。 【 ローマ vs インテル 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2413-20f71ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |