スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ラトビア戦へ向けての招集メンバーについて。大津祐樹と高橋秀人の存在が示す事。全く新しい選手の模索というのは厳しいと考えられる現状。
GK:川島永嗣 権田修一 林卓人
DF:今野泰幸 吉田麻也 伊野波雅彦 水本裕貴
DF:長友佑都 内田篤人 酒井高徳 酒井宏樹
MF:遠藤保仁 長谷部誠 高橋秀人 細貝萌
FW:本田圭佑 大津祐樹
FW:香川真司 岡崎慎司 乾貴士 清武弘嗣
FW:前田遼一 ハーフナー・マイク

記事を読む前に、
◎ サッカー人気blogランキング ◎
○ にほんブログ村 サッカーブログ ○
○ サッカー FC2 Blog Ranking ○
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

「右でも左でもトップ下でもFWでもプレーできる。」とザックが評した大津が今回のサプライズ招集だと思いますが、もう1つ上のレベルで威力を見せて欲しいCFなのか、本田と同じようにフィジカルで勝負できるトップ下なのか、本田と香川を中央で同時に使いたい場合の左サイドなのか、それとも、大津が右サイドで威力を発揮すれば、岡崎をCFもしくは左サイドに、清武をトップ下もしくは左サイドに、という事なのか、その全ての可能性を模索しての大津の招集だったのかなと思います。

個人的には、やはり大津に担ってもらいたいのは、日本代表であるならばCFもしくは左サイドですね。CFであるならば、フィジカル的な強さと180センチという身長があり、前田とハーフナーにはあまり期待できないスピードもある、という部分での期待感はあると思います。そして、左サイドであるならば、香川を中央で起用して左右のサイドに大津と岡崎、という事であったり、また、乾と宇佐美ではタイプが似過ぎているので、左サイドは乾もしくは宇佐美と大津にして、そこにバリエーションを持たせる、という事ですね。

次点としては右サイドで、それによって岡崎もしくは清武を右サイドではないポジションで起用できるようにして、岡崎であればCFもしくは左サイド、清武であればトップ下もしくは左サイド、そして、香川はトップ下、という構想にも期待感はあると思います。トップ下に関しては、確かに本田と似たようなフィジカルの強さを備えている大津ではありますが、しかし、本田のような司令塔タイプの選手ではないので、より2トップに近い形、というバリエーションを求めているのであれば、という感じですね。

しかし、問題は大津のパフォーマンスのクオリティで、攻守における1つ1つのプレー、そこがVVVフェンロでのプレーを見ていてもまだまだ荒削り、大雑把、という感じは否めず、フィジカルや運動量などの身体能力に頼り過ぎて技術が向上していない、という感じは否めず、そこが意外性や爆発力の原動力となる魅力は確かに有りますが、果たしてそれがW杯という舞台で発揮できるのかどうか、そこが懸念されるところですね。もう少しでも1つ1つのプレーの質を高めないと、というのが大津の今の現状かなと思います。

そして、もう1つ注目したいのはボランチのところで、高橋秀人が恒常的に招集されるようになっている、という事ですね。これまでの交代起用の傾向からすると、高橋は遠藤の控え的な立場としてザックは考えているのかなと推測するのですが、そうなると2ボランチをより守備的にする可能性もあるのかな、という事が1つ。更にもう1つには、3ボランチのアンカーとしての細貝もしくは高橋、3バックの中央としての高橋、そういう可能性も視野に入れているのかな、という事ですね。

遠藤をトップ下で、という事であれば、2ボランチは長谷部と細貝と高橋で考える、という事が1つ。細貝を長谷部の控え、憲剛のような選手を遠藤の控え、と考えれば、3ボランチのアンカーとして高橋を考える、という事も1つ。そして、3バックの中央であれば、今野の控えとして高橋、という事も1つですね。香川をどの位置で起用するのか。守備力強化のための2ボランチの守備的化や3ボランチへの模索。「3-4-3」への可能性。大津と高橋の存在はその重要なピースになると考える事もできるかなと思います。

そして、国内組の多い少ない、新たに試す選手の少なさ、そこが問われたようでもありますが、水本、酒井宏、酒井高、高橋、細貝、乾、大津、ハーフナー、このあたりの選手はまだ試されている段階だと思いますので、そう考えると、国内組の多い少ない、新たに試す選手の少なさ、という事については、まだ許容の範囲内にあるのかなと思っています。とにかく代表は時間が少ないので、主力と考えている11人もしくは22人ぐらいの選手間でのシステムの浸透度や連携の向上、という事も重視しなければなりませんから、これからは、全く新しい選手の模索というのは難しいのかな、という気がします。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、


◎ サッカー人気ブログランキング ◎

○ にほんブログ村 サッカーブログ ○

○ サッカー FC2 Blog Ranking ○

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2013/02/02 11:45】 | ザックジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<香川真司が1アシストの【 マンチェスター・ユナイテッド vs サウザンプトン 】と香川真司の出場は無かった【 フラム vs マンチェスター・ユナイテッド 】。 | ホーム | 大前元紀は後半29分から途中出場。コミュニケーションと個の力による高いパフォーマンス、その2つがポイント。 【 ボルシア・メンヘングラードバッハ vs フォルトナ・デュッセルドルフ 】>>
コメント
 w杯本番の先発FWに関してこの段階では、前田選手以外ないと思います。
 中盤には攻撃に長ける選手がいて、アジアの予選では彼らでも十分に得点することができました。ですが、W杯で上位進出をする為には、おそらく守備に労力の大半を使うことが考えられるので、中盤選手が攻撃に参加できる機会はそんなに多くないと想像できます。
 そこで必要になってくるのが、得意な型がはっきりした、局地戦に強いFWだと個人的に思っていました。ザック監督は、得点確率の高いセットプレーに活路を求めて、ハーフナー選手を起用していたと思うのですが、どうも上手くいっていません。
先発で起用されるFWは、得点以外も求められるますし、相手の力が上ならなおさらです。それをこなせるのは前田選手以外ないと思います。



【2013/02/03 08:00】 URL | maso #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2423-9a77e329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。