薄氷を踏むようなベスト4進出もJリーグの意地を見せ続ける柏レイソル。 【 アルシャバブ vs 柏レイソル 】
試合 :ACL 準々決勝 第2戦
開催日:2013年9月18日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:ハザジ 栗澤僚一 近藤直也 ムアス

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

試合終了後には迷わずガッツポーズをした。準々決勝まで勝ち残れたJのクラブは1つだけ。しかも、その柏レイソルは今季のJ1リーグでは調子を上げられておらず、更には、ネルシーニョ監督が、辞める、やっぱり辞めない、という騒動を起こし、8月に行われたホームでの準々決勝の第1戦ではアウェイゴールを1つ奪われてのスコア「1-1」の引き分けという結果だったのだから、このベスト4進出をかけたアウェイでの第2戦への期待が少なかったのは否めないと思う。

但し、希望が全く無かった、という事でもない。第1戦を観た限り、個の力ではややアルシャバブの方が上かもしれないと感じた一方で、チームとしての成熟度はやや柏レイソルの方が上回っているのではないかと感じたし、また、今季のACLでの柏レイソルはアウェイ戦に強く、そこを考えればまだ希望を抱いている事ができた。ベスト4へ進出するための条件は勝ちか2点以上のアウェイゴールを奪っての引き分け。厳しいがJのクラブとしての意地を見せるしかない。

試合展開としては予想通りに厳しかった。前半10分にCKから先制点を奪われ、その直後の前半13分には相手のオウンゴールで同点に追い付き、そして、後半28分にはCKから逆転に成功したが、後半39分には同点に追い付かれてしまう。スコア「2-2」となり、このままのスコアで試合を引き分けに終わらせれば、アウェイゴールを2つ奪った柏レイソルのベスト4進出となるが、残り時間はアディショナルタイムも含めて約9分。その9分間をいかに忍耐強く戦って勝負強さを発揮するのか。まさにそこが問われたと言っても構わないと思う。

しかし、私が想像していた以上に柏レイソルの選手たちは冷静で、その9分間を難なく守り抜いて見せてくれた。柏レイソルはクラブ初となるACLでのベスト4進出。そして、JのクラブがACLでベスト4に進出できたのは4シーズン振りとなる。結果としては、第1戦も第2戦も引き分けで、アウェイゴールの差による薄氷を踏むようなベスト4進出ではあったが、やはりACLでの良い成績はJ1リーグでの良い成績よりも価値があるのではないだろうか。

ACLでの悪い成績はJリーグの価値を低くしてしまうと思う。どのような言い訳をしてみたところで、やはり良い結果を出さなければ価値は認めてもらえない。そして、日本代表はアジアでの高い地位を固めつつあるが、日本サッカーの両輪の一方であるJリーグがACLで良い成績を出せないままでは進歩が遅れてしまう。もっと言えば、JのクラブをCWCの決勝で欧州もしくは南米のクラブと対戦するところまで強くする事が日本サッカーの進歩への道でもあると思う。

柏レイソルの準決勝の相手は中国の広州恒大。最も倒しがいのある対戦相手と言えるだろう。守備をもう少し立て直し、是非とも柏レイソルにはACLでの優勝を手に入れてもらいたい。欧州では日本人選手たちがCLの試合に出場し良いパフォーマンスを見せている。もちろん、それはそれでとても素晴らしい事ではあるが、しかし、やはり日本サッカーの土台はJリーグ。そのJリーグのクラブが何シーズンもACLで不甲斐ない成績である事にプラスの要素は無い。柏の太陽が日本の太陽となってくれる事に強く強く希望を抱いている。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2013/09/19 12:09】 | Jリーグ2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<資金力不足やメディア露出不足が解消されるならば臥薪嘗胆でそれを受け入れるしかないのではないのだろうか。 | ホーム | 香川真司が左SHとしてスタメン出場。可能性をピッチで示し続ける事が明るい未来への道。【 マンチェスター・ユナイテッド vs バイヤー・レヴァークーゼン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2648-50ece757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |