資金力不足やメディア露出不足が解消されるならば臥薪嘗胆でそれを受け入れるしかないのではないのだろうか。
教育、医療、スポーツ、芸術、というのは、やはり無料である事が理想だと思う。なぜならば、そういうものを多くの人が格差無しに享受できる事によって、より発展や進歩が促進されるから。しかし、そういうものを無料で多くの人に提供するためには、やはりそれだけの資金力が必要となってきて、国や地域という単位で考えれば、資源豊か(あるいは何かしらの方法で豊富なエネルギー資源を作れる)などで莫大な資金を安定的に得られないと実現は難しい。そして、そうであるならば、どうしても使用料(享受するための料金)を支払ってもらうしかない、という事になってくる。

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

しかし、有料にする、という事は、当然、それを享受できない(あるいは享受しようとしない)人々というのが発生してきて、更には、その価格が高くなれば高くなるほど、それを享受できない(あるいは享受しようとしない)人々が多くなってしまう、という大問題がある。なぜそれを享受できない(あるいは享受しようとしない)人々が多くなってしまう事が問題なのか? その理由は明確であり簡単で、そういうものを享受できない(あるいは享受しようとしない)人々が増えれば発展や進歩が遅れて(あるいは衰退)してしまうから。質と量というのはどちらも重要で、質だけでも量だけでも安定的な発展や進歩は望めず、また、多様性を失う事も発展や進歩の妨げとなる。

という事で、ではJリーグの事を考えてみると、どうだろうか? やはりTV視聴にしてもスタジアム観戦にしても無料であれば最も良い。なぜならば、Jリーグの試合を多くの人が格差無しに享受できる事によって、よりJリーグの発展や進歩が促進されるから。しかし、Jリーグの試合を無料で多くの人に提供するためには、やはりそれだけの資金力が必要となってきて、そのためには企業や団体からのスポンサー料(あるいは寄付金)や無料放送局からの放映権料から莫大な資金を安定的に得られないと実現は難しい。そして、そうであるならば、どうしても視聴料やスタジアム観戦料を支払ってもらうしかない、という事になってくる。

しかし、有料にする、という事は、当然、Jリーグの試合を観ない(あるいは観ようとしない)人々というのが発生してきて、更には、その価格が高くなれば高くなるほど、Jリーグの試合を観ない(あるいは観ようとしない)人々が多くなってしまう、という大問題がある。なぜJリーグの試合を観ない(あるいは観ようとしない)人々が多くなってしまう事が問題なのか? その理由は明確であり簡単で、Jリーグの試合を観ない(あるいは観ようとしない)人々が増えればJリーグの発展や進歩が遅れて(あるいは衰退)してしまうから。ヘビーなJリーグファンもライトなJリーグファンもどちらも重要で、どちらかだけでは安定的な発展や進歩は望めず、また、どちらかに偏り過ぎて多様性を失う事も発展や進歩の妨げとなる。

つまりは、Jリーグでの2ステージ制復活の問題というのは、実はここに根幹がある、という事。現実問題として、Jリーグの人気はもし微減であったとしても下降状態にある。その原因は大きく2つで、資金力不足とメディア露出の不足。必ずしもそうは言えない部分もあるが、やはり資金力不足は質の低下(各クラブのチーム力の低下)を招くし、やはり質の低下(各クラブのチーム力の低下)とメディア露出の不足は新規客獲得の妨げとなってしまう。Jリーグのほとんどの試合が有料でしか視聴できなくなってから数年、明らかにJリーグの人気は下降もしくは停滞したと言える。ヘビーなJリーグファンだけでは成り立たなくなってくる可能性が高いのも現状だ。

2ステージ制の復活はJリーグの後退を示している。もしかしたらその通りかもしれない。しかし、現状の資金力不足やメディア露出不足を解消するためには、現状のままのやり方を続けるのも得策ではないと思うし、実際にそうなるかどうかはわからないが、2ステージ制の復活とプレイオフの導入によって資金力不足やメディア露出不足が解消されるならば、臥薪嘗胆でそれを受け入れるしかないのではないのだろうか。それで新規客が増えるならば喜ぶべき事でもあると思う。とにかく人気を回復させて資金力を高くしなければJリーグは衰退してしまう。資金力が低ければチーム力の向上や育成力の向上も難しく、Jリーグの質を向上させる事も難しい。ヘビーなJリーグファンに今以上の金銭的な負担をお願いするのも無理だろう。

問題の1つは、2ステージ制の復活とプレイオフの導入が、本当に資金力不足やメディア露出不足の解消策となるのか、という事だと思うが、それはやってみないとわからないと思う。但し、J2で行われたJ1昇格プレイオフは興行的に成功したようなので、2ステージ制はともかくプレイオフ(あるいはチャンピオンシップ)の導入には興行的には成功の可能性があると言えると思う。そして、もう1つの問題は、2ステージ制にする事によってJリーグの価値が低下するのではないか、という事になると思うが、個人的にはそこが最も心配である。個人的には2ステージ制よりも東西リーグ制にした方が良いのでは、とは考えているが、残念ながらそれにも確証は持てない。20年目のJリーグは岐路に立っており、とにかく良い方向へと進んでくれる事を願うしかない。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2013/09/20 11:45】 | Jリーグの話題全般 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<清武弘嗣は及第点のパフォーマンスも結果が欲しい。長谷部誠は代表戦での疲労も回復してパフォーマンスが向上。【 ニュルンベルク vs ボルシア・ドルトムント 】 | ホーム | 薄氷を踏むようなベスト4進出もJリーグの意地を見せ続ける柏レイソル。 【 アルシャバブ vs 柏レイソル 】>>
コメント
No title
すばらしい。
サッカーのブログを見たなかでプレーオフ導入に(リーグの後退を認識しつつも)賛成しているブログを始めてみました。
私もプレーオフ導入には消極的賛成の立場です。なぜなら明らかに入場者数、倶楽部の収入が減少傾向のなかで、売上UPの起爆剤になるのはここしかないでしょ。
(もちろん継続的な収入増でなく、一発の花火になる可能性も大ですが、導入が金銭的にマイナスになることはないですから)

また意見のなかにナビスコの位置づけを見直して、盛り上がる山をもう一つ作るという意見もありますが、確かにナビスコは決勝は盛り上がりますが、Jの最も高いステータスがJ1である以上、どんなに工夫を凝らしてもたかがしれている以上、現状のように若手を試す場という
位置づけでも充分意味があると思います。

なお、筆者の言う東西にわけるという案は非常に興味ありますね。確かに東西リーグの覇者によるプレーオフならJ1優勝のステータスは落ちませんものね(野球のメジャーリーグにたいですもんね)。

課題は2つで、ひとつはJ2降格の制度をどうするかになりますが、プレーオフに降格リーグ戦(またはトーナメント)を導入すると更に別に盛り上がっていいのではと思います。

もうひとつの課題は筆者が応援する地元のクラブ(トリニータ)のように、浦和やF東京のような地方にも足を運ぶありがたいサポータのいるクラブと対戦できないチームがでてくることですが、逆に近くのチームとの対戦が増えることでアウェイの参戦率が増えることで以外とマイナスにならないのかもしれません。
【2013/09/21 12:12】 URL | はまかぜ #-[ 編集] | page top↑
No title
Jリーグの人気低迷を打破したくて導入したのはわかりますが、メスを入れるのはここじゃないように思います。
プロ野球のクライマックスシリーズにならったのでしょうが、そもそもJリーグにはナビスコと天皇杯という二つのノックラウンド形式の大会が存在しており、もしそうした一発勝負の面白さで新規客を獲得したいならそちらの二つの大会の方法を改善するなどいくらでもやりようがあったはずです。またプロ野球を例に出すと消化試合は少なくなるかもしれませんが、それはあくまで当該チームの固定ファンは盛り上がってはいますが、ライト層の盛り上がりに貢献しているとは言いがたいのが現状です。そもそも提案した本人たちですらイマイチ内容がわかっておらず、詳しい優勝決定方法は後日発表だなんてわかりにくいシステムで新規客が獲得できるとは思いませんし、そうした1シーズンの中の1試合の比重が薄くなるような制度のなかでファンも選手も必死になってプレイしたり応援したりできるのでしょうか。プレイオフだけ盛り上がるなんてことになるんじゃないでしょうか。そうなったら存在意義はどこにあるのでしょう。
一時の人気でお客は来るかもしれませんが、試合が面白くなければそうしたお客さんは冷たいですからバーッて離れていってしまいます。そして試合の面白さの根幹をなすのはやはり選手たちのプレイであり、その選手たちの意志を顧みない制度が成功するとは思いません。
必要なのは新規を獲得することではなく、新規で来たお客さんを根付かせる努力の方なのではないでしょうか。
【2013/09/20 14:24】 URL | アンディ #-[ 編集] | page top↑
No title
現状でいくらかの改革を受け入れなければいけない部分もサポは分かっていると思います。
問題はどこまで受け入れるかと、決定までの過程だと思います。
個人的にはプレーオフは仕方ないと思っていて、しかし2ステージ制には反対しています。
ここはリーグ戦の位置づけが大きく変わってしまうので。
新規ファン開拓についても複雑でとっつきにくいのではないかと。
さらに既存サポの猛反対を受けてまで変える価値があるのかどうか。
プレーオフについてはプロ野球も複雑な思惑ながら実施しており、これを宣伝に使うことには賛同します。
ただし個人的にはナビスコカップを絡めることと、ACLの挑戦権を加えることで一年間の総仕上げのプレーオフに昇華して欲しいです。
ナビスコカップの位置づけを見直す機会にもなり、今のプレーオフ構想にはもちろん反対です。
さらには日程の問題もあり、チーム数を変えるところまで踏み込んで欲しいです。
そこまで考慮してサポの理解を求めなければサポは反発するでしょう。
【2013/09/20 12:01】 URL | ヤン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2649-4d9d9dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |