スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
セルビア戦選手評価 【 柿谷曜一朗。本田圭佑。香川真司。岡崎慎司。清武弘嗣。遠藤保仁。長谷部誠。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2013年10月11日
結果 :セルビア代表勝利
スコア:「2-0」
得点者:タディッチ ヨイッチ

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

日本代表選手評価

FW:柿谷曜一朗
MF:香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
MF:遠藤保仁 長谷部誠
DF:長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK:川島永嗣

FW:岡崎慎司
MF:香川真司 本田圭佑 清武弘嗣
MF:遠藤保仁 細貝萌
DF:長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK:川島永嗣

FW:ハーフナー・マイク
MF:乾貴士 本田圭佑 清武弘嗣
MF:遠藤保仁 細貝萌
DF:長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK:川島永嗣


柿谷曜一朗

遅攻であろうが速攻であろうが、少し下がってボールを受け前を向きドリブルで仕掛ける、というプレイをしなければ、柿谷を起用している意味が半減する。DFラインの裏を狙い続ける事も重要だが、最前線で頑張る事も必要だが、ボールが来なければ意味が無いし、レベルの高いCBにしっかり対応されている場合には、それだけを狙っていても難しいだろう。柿谷のようなタイプの選手がCFをやる場合のヒントはバルセロナにある。CFをやるメッシやネイマールやセスクにある。彼らから学び取って欲しい。


本田圭佑

独力でボールを持ち上がるスピードに欠ける本田は、カウンター攻撃の時のトップ下としては厳しいと思う。だからCSKAの監督は、本当ならば本田はボランチで起用したいのではないかと思う。カウンター攻撃で本田を活かすとしたらCFかボランチ。しかしボランチ起用は守備力に問題があるし、本田の高い位置での起点力や得点力を捨てる事になるのでもったいない。従って、本田はやはりCFで起用するべきだと思う。その場合のトップ下には香川もしくは柿谷。そうすればカウンター攻撃の時でも本田が活かされると思う。


香川真司

ボディバランスが悪くなっているような感じがする。以前よりもボール扱いの時の足の動きがぎこちなくなっているような感じがする。守備での献身性がグッと高まり、スライディングタックルをする回数が格段に増えているのも印象的で、そういう部分ではタフさが出てきて良くなったとは感じているが、しかし、パワーを生み出すためにボディバランスとテクニックを犠牲にしては意味がない。短所は長所を損なわない程度に補うべき。メッシやルーニーのようなフィジカルの強さを身に付けようとするとマイナスになると思う。

それから、やはり香川の良さを引き出すためには、香川がボールを持って前を向いた時に、その縦位置に誰かが入るようにして欲しい。「2つのプレイにおける香川真司と周囲の選手との関係について」。このエントリーでも書いたが、香川のために前のスペースを空けるよりも、香川のために前で壁パスの壁役となる選手が存在した方が良い。この試合であった香川のチャンスのシーンも本田がそうした事によって生まれているし、清武が香川の縦位置に入った時にも香川の良さが出た。もちろん柿谷(CF)にもそうして欲しい。


岡崎慎司

SHでは、ゴール前に入る回数は今の程度で良いと思う。後はタイミングで、右サイドからダイアゴナルにPA内へと走り、左からのパス(クロス)や縦パス(スルーパス)をオフサイドにならずにDFラインの裏で受ける、その良きタイミングを見つけ出して欲しい。そして、CFとして起用された場合には、猪突猛進にDFラインの裏を狙うだけの選手にならない事が必要。相手が攻撃に人数をかけていて守備が薄くなっていたならば別だが、そうではない場合には、とにかくサイドや中盤のスペースでプレイする事も考えて欲しい。


清武弘嗣

中盤を活性化させる力はあるのだが、脱アジアレベルを相手にした場合には、決定的な仕事をする力に欠ける、という感じだろうか。但しそれでも、中盤が煮詰まっている場合には、清武を途中投入して流れを変える、という交代采配は使えるような気がする。また、2列目の選手で疲労が少しでも見えてきた選手がいたら、その選手と清武をすぐに交代させる、という交代采配をするのも良いかもしれない。更には、遠藤と長谷部に代えて細貝(山口)と清武を入れ、「4-1-2-3」というシステムに変えるのも面白そうだ。


遠藤保仁

ザックは本田と遠藤を使い過ぎ(頼り過ぎ)かなと思う。特に守備意識を高くさせた現在では本田と遠藤を酷使し過ぎるとマイナスが大きくなると思う。遠藤の能力はもう固定化されていて、どういう相手や状況の試合ならば活躍できるのかできないのか、守備にもパワーを使わせればどれぐらいのプレイ時間と試合数で体調不良になってしまうのか、という事はある程度決まってきている。ザックのやりたいサッカーにおいて遠藤(レジスタ的な選手)は欠かせないのかもしれないが、そのためにも3ボランチにするべきなのではないだろうか。


長谷部誠

攻撃では、前に上がり、本田と香川との良い連携でチャンスを作った。柿谷(CF)に対して質の高いロングフィードを出してチャンスを作った。右サイドの岡崎や内田に良いパスを配給していた。しかし、守備では、中盤での守備力は長谷部が支えているとは言え、ゴール前では遠藤と同じように弱さや悪さが目立つ。という事は、やはりアンカーなり3ボランチなりの必要性という事が、この試合でも示されていたのではないだろうか。長谷部が最も活きるポジションは3ボランチの右。なぜザックは3ボランチを捨ててしまったのだろうか?



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2013/10/13 11:45】 | ザックジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<セルビア戦選手評価 【 長友佑都。内田篤人。今野泰幸。吉田麻也。川島永嗣。細貝萌。ハーフナー・マイク。乾貴士。 】 | ホーム | セルビア戦 【 アウェイでの戦い方の基礎が身に付いていない。攻撃でも守備でもセオリーとなるプレイの仕方や考え方が身に付いていない。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2671-28285814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。