J1リーグ2013総括。僕らのJリーグから世界のJリーグへ。
サンフレッチェ広島と横浜F・マリノスにチーム力の差は無かったと思う。結果論として、サンフレッチェ広島が優勝できた理由、横浜F・マリノスが優勝できなかった理由、というものを探す事はできるが、やはりサイコロを投げて3が出たか4が出たかぐらいの差だったのではないだろうか。サンフレッチェ広島は昨シーズンよりも苦しんだ今シーズンだったと思うが、守備力という土台がしっかりと築かれていたのが大きかったと思う。横浜F・マリノスはベテラン組の活躍が素晴らしかったが、特に中村俊輔のパフォーマンスは素晴らしかったと思う。俊輔のパフォーマンスは代表チームにいなくても代表チームへ大きな良い影響を与えたのではないかと感じる。

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

第3位の川崎フロンターレも、大久保嘉人、中村憲剛、稲本潤一、などのベテラン組の活躍がチームを牽引していた。紆余曲折あったシーズンだったが、「4-4-1-1」で、1トップに大久保、トップ下に憲剛、SHにレナト、という布陣がハマり、風間理論のサッカーも浸透し、優勝を狙える土台を作り上げられたシーズンだったと思う。そして、かなり惜しかったと思うのは第4位のセレッソ大阪で、11あった引き分けを2つ勝利に変えられていたら優勝できていた。柿谷と山口は言うまでもなく、杉本、南野、扇原、山下、など注目したい選手が多く、レヴィー・クルピ監督は再びチームを去るが、やはり来シーズンへの期待は大きく膨らむ。

第5位の鹿島アントラーズについては、守備がもう少し立ち直れば今季であってもACL圏内は狙えるだろうと以前にも書いたが、失点率を、優勝を狙うなら1以下、ACL圏内を狙うのであれば1.5以下、にまで下げておきたい。世代交代の過渡期にあるが、大迫の成長が著しく、柴崎も順調に伸びているし、ベテラン組もまだまだ健在で、DFラインの戦力をアップさせれば来季はACL圏内に入れるような気がする。第6位の浦和レッズは、良くも悪くもミハイロ・ペトロヴィッチのサッカー通りの結果と内容だったと思う。ミハイロ・ペトロヴィッチのサッカーが優勝へと辿り着くためには、やはり後一歩の工夫や戦い方の幅広さが必要なのではないだろうか。

第10位の柏レイソルはACLで頑張ってくれたと思う。個人的には代表の1トップ争いに工藤も加えて欲しい。第11位の名古屋グランパスはストイコビッチ監督のラストシーズンとなった。ピクシーはグランパスに選手としてだけではなく監督としても多くのポジティブな物を落としてくれたが、2010年の優勝後はチームに上積みをもたらす事はできず、今季限りでの監督退任は仕方なかったのかなと思う。第14位の大宮アルディージャについては、2013年のJ1リーグの前半期の主役だったが、個人的には不可解だと感じたズデンコ・ベルデニック監督の更迭後は大失速し、やはりフロントの責任というのは大きく問われる事になるだろうと思う。

最後に、第17位でJ2への降格となってしまったジュビロ磐田についてだが、黄金期の後、ずっとその過去の栄光に囚われ続け、低迷してもハンス・オフトが指揮した短い期間を除けば現実的な視野を持てず、その結果が2013年での降格へと繋がってしまったような気がする。J2での立て直しに期待したい。という事で、2013シーズンのJ1はサンフレッチェ広島の最終節での逆転優勝で幕を閉じ、横浜F・マリノスが大粒の涙を流す結果となって終了した。2015年からは2ステージ制へと戻る事が決まったJ1。それが吉と出るか凶と出るかはまだ知り得ないし予想も難しいところだが、とにかく資金面だけでも良い方向へと進んで欲しいと強く願っている。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2013/12/09 11:45】 | Jリーグ2013 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<香川真司は今の感じのパフォーマンスを継続させていれば良いと思う。【 マンチェスター・ユナイテッド vs シャフタル・ドネツク 】 | ホーム | 日本がグループステージを突破できる可能性は現時点で30%から40%ぐらいかなと。>>
コメント
No title
  私は現在のJ1は、いくつか合併して、資本力の強化と、出場枠減少による、選手間の競争を煽るようにすべきと思います。
 その中から、今年ACLを制した、広州恒大のようなクラブがいくつか作れればと思います。今回巨大な戦力の前に、J、アジアのクラブはなすすべ無しでした。
 資金があれば、有名選手を招くことが出来、海外に出なくても、国内で多くの日本人選手、クラブが勉強できます。海外進出も抑えられ、香川、本田的な選手が欧州、アフリカ、南米の有名選手とプレーすれば、人気も出て、アジアでかなりの地位を確保でき、日本全体の底上げに繋がると思います。
その昔、メキシコ銅から得られた教訓で、一部の選手が強くなっても、日本全体の底上げには繋がらないと学んだはずなのに、今も一部の選手が海外に出ている状況は良くないと思います。
 
 
 
【2013/12/09 20:37】 URL | maso #-[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/12/09 12:06】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2693-c5df307e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |