第93回天皇杯準々決勝4試合。全ての試合が延長戦。
【 サンフレッチェ広島 vs ヴァンフォーレ甲府 】
【 サガン鳥栖 vs 川崎フロンターレ 】
【 ベガルタ仙台 vs FC東京 】
【 大分トリニータ vs 横浜F・マリノス 】

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 サンフレッチェ広島 vs ヴァンフォーレ甲府 】

試合 :第93回 天皇杯 準々決勝
開催日:2013年12月22日
結果 :サンフレッチェ広島勝利
スコア:「1-1(3PK2)」
得点者:佐藤寿人 OG

「3-4-2-1」から守備の時には「5-4(フラット)-1」になるという同じ戦い方だった両チーム。地味な試合にはなったが、佐藤寿人の先制点は素晴らしかった。今季のJのベストゴールの1つになったのではないだろうか。同じような戦い方をした場合には、当たり前の事だが、個々の選手の質やパフォーマンスが上回っている方が勝利する、という場合が多く、そういう意味では、ヴァンフォーレ甲府はよく粘ったと思う。しかし、最後は、ホームでもあったし、J1を2連覇した、地力で勝るサンフレッチェ広島がPK戦を制して勝利。残り2試合。天皇杯のタイトルも獲得してサンフレッチェ広島の黄金時代を築けるかどうかに期待したい。

【 サガン鳥栖 vs 川崎フロンターレ 】

試合 :第93回 天皇杯 準々決勝
開催日:2013年12月22日
結果 :サガン鳥栖勝利
スコア:「0-0(2延長0)」
得点者:丹羽竜平 水沼宏太

レナトを欠き苦しい戦いとなった川崎フロンターレ。他にも、小林悠、大島僚太、登里享平、という選手たちも欠いていたが、やはりレナトのドリブルによる突破力は攻撃のキーポイントになっていたし、やはり川崎フロンターレの攻撃は、大久保、憲剛、レナト、という3人がセットになる事で高い威力を発揮できていたので、そのあたりの選手層というのは来季に向けての課題の1つと言えるかもしれない。サガン鳥栖はJ1リーグ戦の方で川崎フロンターレに2連勝しており、スタイル的にサガン鳥栖は川崎フロンターレとの相性が良いと言えると思う。この試合では日本代表入りを目指す豊田に得点は無かったが、勝ち進んだ事でアピールできるチャンスが増えた。

【 ベガルタ仙台 vs FC東京 】

試合 :第93回 天皇杯 準々決勝
開催日:2013年12月22日
結果 :FC東京勝利
スコア:「1-1(0延長1)」
得点者:ウイルソン 太田宏介 林容平

前半3分という早い時間にベガルタ仙台が先制。しかし、その後はお互いにチャンスを何回か作ったが決められず、特にベガルタ仙台は内容では上回っていただけに2点目を奪えなかったのは痛かった。という事で、そういう展開になると、よくある展開が待ち構えていて、後半48分、FC東京の太田が直接FKを決めて同点。更には、延長後半15分、FC東京の途中出場していた林が決めて逆転。試合終了間際に2つの得点を決めたFC東京がベガルタ仙台に逆転勝利となった。手倉森監督、ポポヴィッチ監督、両監督は今季限りでの退任が決まっているが、ベガルタ仙台には決定力のある選手が必要で、FC東京については準日本代表クラスの選手たちの覚醒が鍵になってくると思う。

【 大分トリニータ vs 横浜F・マリノス 】

試合 :第93回 天皇杯 準々決勝
開催日:2013年12月22日
結果 :横浜F・マリノス勝利
スコア:「1-1(0延長1)」
得点者:栗原勇蔵 森島康仁 富澤清太郎

勝利できた横浜F・マリノスではあるが、マルキーニョスがいなくなって変えなければならない部分もあるだろうし、一度きちんと整理した方が良いような気がする。今季良かった時の横浜F・マリノスと比べて、個の力に頼った攻撃や守備が多くなっていると感じられたし、攻守における動き方に全体的な連動性を少し欠くようになっていると感じられた。ライン、コンパクト、ポジションチェンジ、選手間の距離のバランス、そういう部分を一度きちんと整理した方が良いと思う。特にサガン鳥栖やサンフレッチェ広島はよく整理された戦い方をしてくるので危険な感じがする。大分トリニータについては、中盤における攻守の威力を高める必要があるのではないだろうか。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2013/12/23 11:45】 | 天皇杯・ナビスコ杯 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<岡崎慎司。乾貴士。清武弘嗣。長谷部誠。日本人ブンデスリーガーの2013-14シーズン前半期を総括。 | ホーム | 岡崎慎司が2得点1アシストの大活躍で逆転勝利に導く。 【 ハンブルガーSV vs マインツ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2699-3a621d86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |