第93回天皇杯決勝。準々決勝からの流れも重要だった決勝戦。 【 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 】
試合 :第93回 天皇杯 決勝
開催日:2014年1月1日
結果 :横浜F・マリノス勝利
スコア:「2-0」
得点者:齋藤学 中澤佑二

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 横浜F・マリノス 】

FW 端戸仁
MF 齋藤学 中村俊輔 兵藤慎剛
MF 富澤清太郎 中町公祐
DF ドゥトラ 中澤佑二 栗原勇蔵 小林祐三
GK 榎本哲也

【 サンフレッチェ広島 】

FW 佐藤寿人
MF 高萩洋次郎 石原直樹
MF ファン・ソッコ 森崎和幸 青山敏弘 ミキッチ
DF 水本裕貴 千葉和彦 塩谷司
GK 西川周作

明けましておめでとう御座います。2014年も宜しくお願い致します。2013年のJ1リーグを最終節での逆転で制したサンフレッチェ広島。そして、逆転されてしまった横浜F・マリノス。サンフレッチェ広島はJ1と天皇杯の二冠を、横浜F・マリノスはリベンジを、という事で注目された天皇杯の決勝戦でしたが、試合は前半で2得点を奪った横浜F・マリノスがスコア「2-0」で勝利、優勝、という結果になりました。サンフレッチェ広島は、準々決勝と準決勝を延長PK戦まで戦い、また、準決勝と決勝は中二日だったために、やはり横浜F・マリノスよりもフィジカルコンディション的に厳しかったように感じました。

正直、そうなるのではないかと予想はしていたのですが、従って、準決勝のPK戦のようにGK西川の大活躍がポイントになるのではないかと準決勝のエントリーでも書いたのですが、やはり現実的には厳しかったですね。Jリーグはクラブ間の力が均衡していて、また、この試合は2013年のJ1リーグで優勝を最後まで競い合ったクラブ同士の対戦となりましたから、やはり少しでもフィジカルコンディション的に良い方のクラブが有利だったかなと思います。そして、どちらも守備力の高いチームで、そうなってくると、どうしても先制点を奪ったチームの方が展開的に有利にもなりますし、そういう部分でもサンフレッチェ広島は厳しくなったかなという気がします。

一方の横浜F・マリノスは、心配されていた1トップ起用の端戸も機能し、俊輔や中澤やドゥトラなどのベテラン組にも大きな疲労は見られず、全体的にも個々の選手のパフォーマンスでサンフレッチェ広島を上回れていたかなと思います。そして、横浜F・マリノスの選手の中では、この試合でのパフォーマンスとしてはもう一つでしたが得点を決めた齋藤学、中盤の守備の要としてこの試合でもシーズンリーグでも高いパフォーマンスを見せた富澤清太郎、この2人はザックジャパンに選ばれてもおかしくはないのではないかと思いますね。特に富澤清太郎は中盤の守備力を上げるために良い人材なのではないかと感じます。

という事で、2013年は、J1リーグ優勝がサンフレッチェ広島、ナビスコ杯優勝が柏レイソル、天皇杯優勝が横浜F・マリノス、という結果となり、個人的には納得感のある結果だったと思っています。そして、W杯イヤーとなる2014年がスタートしました。Jリーグについても、GKの大移動がありそうですし、ガンバ大阪がJ1に戻ってきて、FC東京の監督にはチェゼーナ時代に長友の監督だったマッシモ・フィッカデンティが就任、ACLの出場権も獲得したセレッソ大阪には今季までFC東京の監督だったランコ・ポポヴィッチが、名古屋グランパスのピクシーの後任には西野朗監督が、など、今からとても楽しみです。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/01/01 21:45】 | 天皇杯・ナビスコ杯 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香川真司は後半16分から途中出場。後方の守備力を上げなければチームは安定的な強さを取り戻せない。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム・ホットスパー 】 | ホーム | 2013年も御愛読頂き、ありがとうございました。そして、今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2708-a721d152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |