本田圭佑とACミランのこれからについて。其ノ二。
「4-3-2-1」において本田が2列目で起用される場合、本来の「4-3-2-1」は「4-3-1-1-1」でなければならない、という事を以前にも書いたが、つまり、2列目の2枚の内の1枚、2シャドウの1枚、ダブルトップ下の1枚、と表現したとしても、その2枚の役割は同じではなく、1枚は3列目の「1」を主に担う攻守のリンクマン、1枚は2列目の「1」を主に担うアタッキングサード内での崩し(仕掛け)役、という役割分担になる必要がある。例えば、2列目の「1」がデル・ピエロで3列目の「1」がジダンであるとか、2列目の「1」がカカで3列目の「1」がセードルフであるとか、そういうイメージ。

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

そして、という事は、本田がどちらの役割を主に担うのか、つまり、2列目の「1」としてアタッキングサード内での崩し(仕掛け)役を主に担うのか、3列目の「1」として攻守のリンクマン役を主に担うのか、という事が第一の重要なポイントとなってきて、先日のスペツィア戦では、もう1枚の2列目の選手がロビーニョであったので、自然と本田の役割は3列目の「1」としての攻守のリンクマン役となっていたが、そこがカカとなった場合には、本田とカカ、どちらが主に2列目の「1」の役割でも3列目の「1」の役割でも良く、ある意味では、そこをどちらにするのか、という事が、新監督セードルフの最初の仕事となるかもしれない。

但し、本田に3列目の「1」としての攻守のリンクマン役を任せる場合には、もしセードルフが自分と同じである事を本田に求めるのであればそうなると思うが、その場合には2つの問題点というのがあって、1つには、本田はもっと前でプレイしたがるだろう、という事であり、2つには、先日のスペツィア戦でも何度かそういうシーンがあったが、3列目の「1」の方をやる場合には、カウンター攻撃になった時に、本田が低い自陣の位置から長い距離を独力のドリブルで前へとボールを運ばなければならず、しかもそれをある一定水準以上の縦への速さをもってやれなければならず、果たしてそれを本田が及第点でできるかどうか、という事。

日本代表で「4-3-2-1」を考えた時に、例えば、本田が1トップ、岡崎と香川が2シャドウ、という配置だとおそらく機能しないと思うのは、それだと岡崎が2列目の「1」としてアタッキングサードでの(仕掛け)役を主に担わなければならなくなるからで、従って個人的には、日本代表で「4-3-2-1」をやるのであれば、岡崎が1トップ、本田と香川が2シャドウ、という配置の方がおそらく機能すると思っているのだが、但しその場合は、本田が2列目の「1」、香川が3列目の「1」、であった方が良いと思っていて、なぜかと言えば、前述もしたように、3列目の「1」はカウンター攻撃になった時に、ある一定水準の縦への速さをもって自陣の低い位置から長い距離を独力のドリブルで前へとボールを運ばなければならないから。

従って、バロテッリ、カカ、本田、という3人で前の3枚を組んだ場合には、本田が2列目の「1」の役割を主に担い、カカが3列目の「1」の役割を主に担った方が、おそらくは機能するのではないかと思う。そして、もっと言えば、おそらくは、前の3人は、1トップにロビーニョ、2列目の「1」に本田、3列目の「1」にカカ、であるか、1トップにカカもしくはロビーニョ、2列目の「1」に本田、3列目の「1」にモントリーヴォ、であるか、どちらかである方が機能するのではないかと思う。本田は、前田やハーフナーとがそうであるように、ポストプレイヤータイプの1トップとはあまり相性が良くない。但し、バロテッリは走力も高い選手だと思うので、バロテッリが主に裏へ走るようなプレイをしてくれれば、本田との相性は良くなる可能性はある。

もちろん、こういうシステムや選手同士の機能性や相性の前に、本田のパフォーマンス自体が低ければダメなのは言うまでもないし、当然、バロテッリやカカやロビーニョやモントリーヴォのパフォーマンスも低ければダメなのは言うまでもない。それから、相手のパフォーマンスやシステムや戦術に左右されるのも言うまでもない。しかし、そういう事を抜きにして考えれば、おそらく、3列目の「1」としてセードルフ的な役割を担わせるのは本田やカカではなくモントリーヴォが一番で、残りの前の2枚を、バロテッリ、パッツィーニ、ロビーニョ、エル・シャーラウィ、カカ、本田、という6人の中から選択する、という方法がベターなのではないかと思う。そして、もしそうしたくないならば、やはり「4-3-2-1」ではないシステムを使う必要があるのではないだろうか。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


関連記事
【2014/01/18 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<「4-3-1-2」と「4-3-2-1」の違い。「4-3-2-1」と「4-1-2-3」の違い。 | ホーム | 香川真司と本田圭佑と長友佑都から考える「日本らしさ」や「日本らしいサッカー」という事への否定というか疑念。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/19 05:47】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2721-be4e744e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |