香川真司は後半15分から途中出場。とにかく一日でも早く香川を取り巻く環境が正常化してくれる事を強く願う。【 オリンピアコス・ピラエウス vs マンチェスター・ユナイテッド 】
試合 :CL 決勝トーナメント1回戦 1st.leg
開催日:2014年2月26日
結果 :オリンピアコス・ピラエウス勝利
スコア:「2-0」
得点者:ドミンゲス キャンベル

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 マンチェスター・ユナイテッド 】

FW:ファン・ペルシ
MF:ヤング ルーニー バレンシア
MF:キャリック クレヴァリー
DF:エヴラ ヴィディッチ ファーディナンド スモーリング
GK:デ・ヘア

FW:ファン・ペルシ
MF:ウェルベック 香川真司 ヤング
MF:キャリック ルーニー
DF:エヴラ ヴィディッチ ファーディナンド スモーリング
GK:デ・ヘア


ヤングが好きだね、モイズは。グループステージでの事を考えれば、当たり前のように香川を左SHのスタメンとして使えば良かったと思うのだが。上手くいかなかった(リードされるような展開になった)時に香川を使おうと考えていたならば尚更そうだよね。それに、もしCLの試合では、途中からであっても香川を使おうと考えていたならば、その前のプレミアリーグでのクリスタル・パレス戦では、香川の試合感覚を取り戻させたりパフォーマンスを上げたりするために、スコア「2-0」とリードした後には香川を使っておくべきだったのではと思う。結果論的には、香川の動きは悪くなかったので、そういう必要は無かったと言えるのかもしれないが、結果オーライで済むのであれば監督の仕事というのは簡単だよね。

2失点した守備については、ヴィディッチとファーディナンドのCBコンビではもう今はダメなのは想定内だったし、結果的には無失点だったクリスタル・パレス戦にしても、相手の攻撃にもう少しでもクリオリティがあったら2失点ぐらいはしていたかもしれない状態だったと思う。しかし、だからこそ、前線や中盤での守備のフィルターの威力も上げられる香川が必要なのであって、ヤングやヤヌセイよりも香川を使った方が良いのであって、ヤングやヤヌセイよりも香川の起用のプライオリティを上にしておいた方が良いのであって、香川よりもヤングやヤヌセイの方のプライオリティを高くするのであれば、マタみたいな選手を取るのではなく、守備力の高いDFやボランチをさっさと補強した方が理に適っている。

そもそも、サイド攻撃偏重の戦い方をすれば、守備になった時に、サイドのスペースを使われる→中央の選手がサイドへ守備に行く→中央の守りが薄くなって(後手後手になって)やられる、というパターンに陥るのが当たり前で、更に今のマンチェスター・ユナイテッドにはCBとボランチに守備力の高い選手がいないのだからそうなってしまうのは当たり前で、そこは運が良いとか悪いとかではないよね。味方DFにリフレクトしてシュートのコースが変わって失点というパターンが少なくないので、一見すると運が悪いだけのようにも感じられるが、運の要素だけで何度もそういう事が起こっていると考える方が不自然。やはりそうなる原因は前述したような事にあるわけで、そこを修正しない限りは何度でも同じ事が起こって失点し続けると思う。

攻撃に関しては、相手が弱ければ、クロス一辺倒の単調な攻撃でも、中央にファン・ペルシとルーニーがいれば、やはり得点を奪える可能性はかなり高くなるが、この試合のように、少しでも相手の守備にクオリティがあったり、ファン・ペルシとルーニーのパフォーマンスがイマイチになっていたり、という事になると得点が奪えなくなってしまう可能性が高くなる。そもそも、ファン・ペルシの決定力というのは、鬼のようにすごい時と全くダメな時とがあるし、ルーニーにも好不調の波はあるわけで、当然そういう事も考えてチーム作りをするのが監督の仕事となってくると思う。つまりは、香川のパフォーマンスが云々という前に、モイズのチーム作りにも問題があるのであって、そこを無視した香川への評価というのは全く意味が無いと言える。

2点ビハインドの状態の後半15分にウェルベックと香川は投入された。モイズは「どんどんボールを受けろ」と香川に指示を出していたらしいが、ボランチに下がったルーニーにしても最終ラインの選手にしても、香川を飛ばして前やサイドにパスを出す事が多く、しかし、モイズが求めている戦い方はそうであろうと多くの選手たちは思っているのだから、そうなってしまうのも当然だと思う。ルーニーが香川とのコンビネーションで良いプレイをしてくれたのは1回だけだった。それから、モイズが求めている攻撃方法であれば、クロスから決めようと多くの選手がゴール前に集まって交通渋滞を起こしてしまうのは当然で、「スペースがない。味方が自分のゾーンでプレーしている」、とファン・ペルシが不満を感じるのも自然だと思う。

トレンドの先頭集団にいるようなプレイスタイルの香川が、懐古的で古典的なイングランドスタイルのサッカーをする監督の下でプレイするはめになってしまったのは、とてもとても不幸としか言い様が無い。今のままではマタも同じ不幸を味合う事になると思う。ファン・ペルシもアーセナルにいれば良かったと後悔しているのではないだろうか。オリンピアコスとの2nd.legは3月19日。果たして香川の出場は再びあるだろうか? そして、もしあったとしてもこの試合が香川の最後の出場となってしまうのだろうか? チームを変えたり監督が交代となったりして、それまでは輝けなかった選手が光を放つようになる、という事例はいくらでもあり、現状の香川の苦境はクラブや監督のせいではない、という見解には説得力が無い。とにかく一日でも早く香川を取り巻く環境が正常化してくれる事を強く願う。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/02/27 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<コンディションが最優先の横浜F・マリノス。ターニングポイントとなるシーズンの川崎フロンターレ。 【 全北現代モータース vs 横浜F・マリノス 】【 川崎フロンターレ vs 貴州人和 】 | ホーム | 攻撃に課題有りのサンフレッチェ広島。攻守に課題有りのセレッソ大阪。 【 サンフレッチェ広島 vs 北京国安 】【 浦項スティーラーズ vs セレッソ大阪 】>>
コメント
香川が不憫ですね
いつも楽しく拝見させていただいております。

なかなかひどい内容でしたね。
ユナイテッドはCBからのビルドアップが遅い、中盤も棒立ちでプレスをかいくぐって前を向けず、サイドもヘルプにおりてこないため、締めるとこ締めて持たされていた印象ですね。
サイドにボールが入った時には守備が整っているので全く怖くない。
ルーニーが一人気を吐いていた印象です。

守備も、CB個々も問題ですがそれ以上にサイドや中盤との守備連動ができてないから、どこで奪うのかはっきりせず全部後手後手でした。失点は取られるべくして取られたものですね。香川投入後は少し押し込んでいるように見えましたが、相手が2-0で無理にラインあげずプレスの強度を下げたためで、これも持たされた印象ですね。

相手はスペイン人の監督ということもあってか、コンパクトでモダンな思った以上にいいチームでしたね。個々の選手のクオリティは劣りますが、特に守備、そこからの切り替えがとてもよかったと思います。
プレスのスピード、連携、チームとしてどこで奪うのかということが明確で、攻撃時も特にアイデアはないですがよく走り、またユナイテッドの穴である中央のスペースをきっちり使って、攻めもしっかりコンセプト通り、コレクティブなチームでした。

逆を言えば、個々が優れていても(昨年のプレミア覇者)こうもズタズタとは、サッカーがいかにチームスポーツであるかということが証明され、モイーズ監督がチームの適切なスタイルを構築できていないということがはっきりしたと思います。
ほんとにわからないのだと思います。研究していないのでしょうか。

旧時代のフィジカルサッカーを駆逐するため現代ではプレッシングが発展し、また肉弾戦に持ち込ませずDFをきりさく戦術などが発達してきました。

モイーズ監督のサッカーは不勉強にもほどがあると思います。
エバートンでの実績は評価できるものですが、世界のトップを争うマンチェスターユナイテッドの監督としては余りにも不勉強かと。
サッカーは個人能力が高いものを並べれば結果が出るようなテレビゲームとは違うのです。

また駄文を長々申し訳ありません。
香川が悪くなかったので、余計不憫でしかたがないです
【2014/02/28 01:19】 URL | mosoul #-[ 編集] | page top↑
全くもって香川のせいではないですね。
間違いなく第一にモイズで次はフロントです。

マタではなく、補強するならエッシェンをとるべきでした。

CBは、ファーディナンドとウ゛ィディッチはすでに計算が立たなくなりましたし、信頼できるCBがいないのに補強しないなんて・・・

今攻撃が機能しないのは、攻め方が悪いんじゃなくて守備が安定しないのが悪いということにモイズが気付いているのかすら疑問です。
【2014/02/27 17:13】 URL | 蒼龍 #-[ 編集] | page top↑
No title
更新おつかれさまです
いつも読ませてもらってます
私も早く香川が正しく評価されて正常化されてほしいと願います(正常化って言い得て妙ですねw)

ちなみにフットボールチャンネルのクルピ監督の記事
http://www.footballchannel.jp/2014/02/04/post24627/ は読みましたか?
クルピさんの言ってるように香川を取り巻く環境が変わらないのなら移籍するということもけして間違っていないですよね>CLでのプレイは1ヶ月ぶりでしたがさび付いていなかったと安心しましたし
移籍するならリーガに言ってほしいですね

最近の記事では「オシムの提言」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/26/kiji/K20140226007666240.htmlもよかったです
オシムさんの言葉には選手に対する愛が感じられますね。日本代表が調子が悪かったときでも長期的な視野に立って発言していましたからね。
記事の [大事なのは自信を失わないこと。現在の苦しみは、少年が大人になる時に熱を出すようなもの。必ず過ぎ去り、一回り成長する。欧州に来た時の大志を忘れず、チャンスが来た時の準備をしてほしい。 ]には胸が熱くなりました
 長々とコメント失礼しました
試合のマッチレポも面白いですがショートコラムも楽しみにしています、ありがとうございました。
【2014/02/27 16:03】 URL | 鷹富士 #-[ 編集] | page top↑
全く同感です
なにも付け加えることない、非の打ち所がない内容ですね。素人ブロガーの皆様はともかく、世の識者の方々にはjubeさんの論をスタンダードにして考えていただいてもいいのでは?とすら思ってしまいます。

ところで、いつもこのブログを読んでいて思うのは、jubeさんの文体とか口調がときどき変化して、面白いなあ、ということです。ときにはインタビューを受けているかのような文体になったりするのが謎で、むしろそこが魅力だと思いますが、何か書き手として影響を受けた人、手法などあるのでしょうか。
単に気分で書き分けてらっしゃるのかもしれませんが…。
それはそれで凄いですねぇ。
【2014/02/27 12:05】 URL | panicbuyers #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2758-9730620f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |