ニュージーランド戦 【 4得点できた理由と2失点してしまった原因とは? 】
試合 :キリンチャレンジカップ
開催日:2014年3月5日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-2」
得点者:岡崎慎司 香川真司 森重真人 岡崎慎司 ウッド×2

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 日本代表 】

FW:大迫勇也
MF:香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
MF:青山敏弘 山口螢
DF:長友佑都 吉田麻也 森重真人 酒井宏樹
GK:川島永嗣

FW:豊田陽平
MF:齋藤学 本田圭佑 清武弘嗣
MF:遠藤保仁 細貝萌
DF:長友佑都 吉田麻也 森重真人 酒井高徳
GK:川島永嗣


ニュージーランドが「4-1-3-2」というシステムで入ってきたので、その2列目の「3」のSHの選手が香川や岡崎に付かないと、香川と岡崎がその3列目の「1」の横のスペースに入ってきた時にはフリーになってしまい、それが主な理由で、日本が立ち上がりの20分以内に4点を奪う、という展開になった。しかし、4失点後のニュージーランドが「4-3-2(ワイド)ー1」(「4-5(3ボランチ)ー1」)というシステムに変えてきて、これだと香川や岡崎にはサイドボランチの選手もしくはSHの選手が、どちらかがしっかりと付く事になるから、それでもう日本の攻撃は停滞してしまった。では、相手が「4-3-2(ワイド)ー1」(「4-5(3ボランチ)ー1」)というシステムに変えてきてからは、どう攻めれば良かったのか、と言うと、その方法は2つ。

1つには、いわゆるグアルディオラのサッカーのようにポゼッションしながら崩す方法で、まずはサイドの高い位置に起点を作り、それによって相手のDFラインを引き下げると同時に横のコンパクト性を薄くさせて、相手がそうなるまでポゼッションしながら右へ左へと相手の守備を大きく揺さぶって、それから薄くなった中央(バイタルエリア)で起点を作り、そこからのパスをサイドの選手がサイドからダイアゴナルにゴール前へと走り込んで受けてゴールチャンスを作る、もしくは、サイドから中央のマイナスにラストパスを送ってゴールチャンスを作る、という方法。ちなみに、この攻撃ができたシーンというのが、完璧にではないが1回だけあって、それは長友からのマイナス角度クロスを遠藤が落として清武がシュートを放った、というシーンがそうだったのだが、やはり70分間で1回だけではあまりにも少なすぎる。

2つには、低い位置でポゼッションしながら相手を前に引き出して、特に中盤から前を自陣の方へと引き出して、そしてカウンターを狙う方法で、親善試合だったので、4点のビハインドとなっても相手が前に出て来てくれるかどうかはわからなかったが、あるいは、日本としてはこの方法をやって相手が前に出て来てくれなかった時に、残りの70分間をほとんど攻めずに終わる、という事はできなかったと思うので、この試合ではこの2つ目の方法というのはやり難かったとは思うが、親善試合ではなければこの方法は効果的であったと思う。ちなみに、この攻撃ができたシーンというのも何回かあって、特に本田がそのカウンターからゴール前に迫るパターンが多かったが、やはり、本田には縦へのスピードが無いし、ドリブルでの突破にもあまり威力を持っていないし、更には、大迫や清武などのパフォーマンスがイマイチだったりして、結局は得点には結び付かなかった。

従って、この試合の日本の攻撃に関して言うと、相手が「4-1-3-2」というシステムだった時に4点も奪ってしまう事ができた、という事に関しては高く評価できたが、相手が「4-3-2(ワイド)ー1」(「4-5(3ボランチ)ー1」)というシステムに変えてきた後からは、いわゆる、相手をきちんと見てどう攻めれば良いのかを考える、という事を選手たちが自分で考えてできていなかった、という事もそうだし、更には、ザックにしてみれば、勝ち負けよりも、今までやってきた事の復習であったり、個々の選手のパフォーマンスやコンディションを確かめたり、という事を優先していたのかもしれないが、ザックも相手の変化に対して何も策を講じなかった、という悪さがあったと思う。やはり、今までのやり方でダメになった時に、相手の変化に対応して自分たちのやり方も変える、という事ができないのが日本のサッカーにある大きな課題の1つである、という事が言えると思う。

そして、今度は守備に関して言うと、4点のビハインドとなったのに、ニュージーランドが守備的なシステムに変えた、という事について、もしかしたら不思議に思う人もいるかもしれないが、やはり、相手に攻められ続けていたら(相手の攻撃を防げずにいたら)攻撃はできないし、良い形で相手からボールを奪えなかったから良い攻撃へは繋げられないので、まずは守備から立て直す事で主導権を握り返せば良い攻撃も生まれるようになる、という事であり、この試合では実際にそうなったと言える。中央にコンパクトになっていたり、どちらか一方のサイドにコンパクトになっていたり、という日本の守備に対して、ニュージーランドはピッチの横幅を広く使ってサイドから攻め、結局それに日本は最後まで対応できずに2失点してしまった。最後のところでは、個の対応の悪さが、という事も確かにあったが、ザックジャパンの守備方法というのはサイド攻撃に弱いところがあって、やはりこの試合でもそれが出てしまっただけだったと言える。

相手がピッチの横幅を広く使ったサイド攻撃をしてきた時に、5バック気味であったり、3ボランチ気味の「4-5-1」という形にしてみたり、どうやってそれに対応して守るのか、という事は、やはりザックジャパンの大きな課題の1つだと思う。南アフリカW杯の時に、岡田ジャパンが3ボランチのシステムに変えたのは、4人ではピッチの横幅を守りきれない、5人にしなければピッチの横幅を守りきれない、という事が大きな理由だったので、もし4年が経った今でもそうであるならば、やはり同じようにする必要があるのではないだろうか。もしくは、4人のままでやるのであれば、サイドはある程度捨てて中央だけを固めて守る方法に変える、という事が必要だと思う。ちなみに、これは、縦ではなく横に対する守備をどうするのか、という事であるので、ハイプレスをするのかしかないのか、DFラインを高く保つのかそうしないのか、という事とは関係無い。そこは勘違いしないで欲しい。

それから、他にも、カウンターに対する守備であったり、セットプレイでの守備であったり、やはりまだザックジャパンの守備力の低さの原因となっている要素は改善されていなかったので、時間はかなり残り少ないが、W杯までには少しでもそこを改善しておいて欲しい。但し、どちらにしても、中央のゾーンを通ったカウンターをさせないためには、中央の選手がサイドの守備へと行かなくても良いようにしなければならないし、サイドから押し込まれて、ファールを犯してセットプレイを与えてしまったり、CKを与えてしまったり、という事をしないように(その回数を減らすように)しなければならないから、結局は、相手のサイド攻撃への対応をどうするのか、という事にはなってくる。さて、システムを変えるのか、選手を変えるのか、それとも、守る方法を変えるのか、ザックは決断をしなければならなくなってくると思う。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/03/06 11:45】 | ザックジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<ニュージーランド戦選手評価 【 岡崎と長友のパフォーマンスの高さが目立っていた。 】 | ホーム | 長友佑都は先発フル出場。W杯へ向けての手応えはあった? 【 ローマ vs インテル 】>>
コメント
固定的なサッカーから柔軟なサッカーへ。
ベルギー戦から、柔軟なサッカーへ向かうのかもしれないという期待をしていたため、個人的には残念な試合でした。
勝利はしましたが、コンフェデ杯あたりから浮き彫りになっている日本代表の本質的な問題点を再確認できた試合でした。
【2014/03/07 11:12】 URL | #-[ 編集] | page top↑
No title
いつも楽しく読ませて頂いております。いつも疑問に思うことがあります。試合後の批評(jubeさんの批評だけでなく他の方々の含め)を読むと、なるほどねと感心する事が多々あります。それで浮かんでくる疑問は、なぜ厳しい世界で監督として年月を積み重ねて来たのに、ブロガー(プロのサッカー界にいるわけでない、一般の方が多いとおもわれますが)の方が指摘する明白な問題点を修整出来ないのか?と言うこ事です。解任論が噴出していた頃もザックさんを辞めさせろと考えた事はありませんが、アジアでの予選を終え、その後脱アジアでの戦いでは特に守備に問題があるのは明白で、ザックさんはいずれ修正してくるだろうと考えていたのですが、改善は見受けられません。“システムを変えるのか、選手を変えるのか、それとも、守る方法を変えるのか”
W杯直前の合宿に変えるつもりなのでしょうか?直前に変えて機能するものなのでしょうか(343もなかなか機能しなかったのに、451ならすぐ適応できる?)?ザックさんは問題点を理解していて、わかりつつも修正しないのか(生粋のチャレンジャーで無謀な攻撃的戦術で行く気?)?それとも問題点を把握できてない?!それとも問題点を修整出来る有能な選手が足りない?モイーズなどを見ていると、問題点の把握も修正方法もわかっていないのでは?マタを補強するのはナンセンスなのにそれを決行するフロントも同じく無能なのか?と多くの疑問を感じます。グラディオラやモウリーニョなどが素晴らしい采配が出来るのは、それを可能に出来る有能な選手をかき集められるから?監督という人々について色々考えさせる事が多く、是非jubeさんの監督論を聞いてみたくなりました。
【2014/03/07 10:28】 URL | Nana #-[ 編集] | page top↑
No title
達観されていますね。ずっとこのブログを読んでいて、試合も一生懸命見ましたが、そこまでの戦術的駆け引きが読み取れませんでした。

ちなみにドイツ対チリ 1:0の試合を見ましたが、決定力という問題がありましたがサンチェスをはじめチリの動きがすごくて、チリがドイツを圧倒しているように見えました。

この試合のドイツ・チリの良さ・悪さはどいったところにあるのか、また日本に当てはめることはできないのか、知りたいものです。
【2014/03/06 18:45】 URL | た #-[ 編集] | page top↑
なるほど、2失点の理由よく理解出来ました。
とても分かりやすくて勉強になります。
【2014/03/06 15:51】 URL | #-[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/03/06 13:46】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2765-fb26adbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |